シャルル・ルクレール 「レッドブルF1の強さはバルセロナで顕著になる」

2024年6月15日
シャルル・ルクレール 「レッドブルF1の強さはバルセロナで顕著になる」
スクーデリア・フェラーリのF1ドライバーであるシャルル・ルクレールは、レッドブル・レーシングが比較的厳しいレース展開を経て、来週のスペイングランプリでは本来の強さを取り戻すだろうと考えている。

レッドブルの縁石やバンプに対する弱点は、マイアミ、イモラ、モナコ、カナダの過去4レースで明らかになった。RB20は、チームがまだ解決できていない前任者のいくつかの欠陥を受け継いでいる。

「メルセデスF1はアントネッリを起用すると聞いた」とヘルムート・マルコ

2024年6月15日
「メルセデスF1はアントネッリを起用すると聞いた」とヘルムート・マルコ
ヘルムート・マルコは、レッドブルが2024年末にマックス・フェルスタッペンの契約を失うかもしれないという噂を否定。メルセデスはアンドレア・キミ・アントネッリと契約した聞いていると語った。

少なくともつい数日前までは、レッドブルの権力闘争によりマックス・フェルスタッペンが契約解除条項を発動する可能性を、トト・ヴォルフがまだ待っていることはよく知られている。

角田裕毅 レッドブルF1昇格見送りもRBに利益「誰も無視できない存在」

2024年6月15日
角田裕毅 レッドブルF1昇格見送りもRBに利益「誰も無視できない存在」
角田裕毅のF1キャリアは、2025年のレッドブル・レーシング昇格が見送られたことで足踏み状態にあるが、親チームの損失はRBの利益になるかもしれない。

2021年に20歳の若さでF1デビューを果たした角田裕毅は、速さはあるものの、汚い言葉のラジオメッセージが話題となり、やや一貫性に欠ける短気なドライバーというレッテルを貼られた。

角田裕毅 レッドブルF1首脳が称賛「完成されたドライバーに成長した」

2024年6月14日
角田裕毅 レッドブルF1首脳が称賛「完成されたドライバーに成長した」
レッドブルF1のアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、角田裕毅を称賛し、「ダニエル・リカルドよりも優れている」と断言した。

ダニエル・リカルドはRBでF1に復帰して以来、一貫性を欠いており、今シーズン、第9戦カナダGPで、ようやくマイアミのスプリントでのポイント獲得に加えて、グランプリで入賞を果たした。

レッドブルF1 「パフォーマンスを損なわずに縁石乗り問題の解決は可能」

2024年6月14日
レッドブルF1 「パフォーマンスを損なわずに縁石乗り問題の解決は可能」
レッドブル・レーシングは、F1マシンの走行性能を損なうことなく、縁石やバンプでの問題の解決は可能だと確信している

レッドブル・レーシングは、モナコとモントリオールで厳しいレースを強いられた。2024年マシンRB20は、縁石やバンプの処理に特に適していないことが明らかになった。

マックス・フェルスタッペン レッドブルF1の開発が後押し「データは有望」

2024年6月14日
マックス・フェルスタッペン レッドブルF1の開発が後押し「データは有望」
マックス・フェルスタッペンの4年連続F1タイトル獲得への挑戦は、レッドブルの追撃勢が勢いを増す中、大きな追い風を受けている。

ジル・ビルヌーブ・サーキットはレッドブルにとって不利になるとは予想されていなかったが、フェルスタッペンは日曜日のカナダで重要な勝利を収め、ドライバーズランキングでフェラーリのシャルル・ルクレールに54ポイントの差をつけることができた。

レッドブルF1代表 セルジオ・ペレスの契約は「1+1=2だから2年契約」

2024年6月13日
レッドブルF1代表 セルジオ・ペレスの契約は「1+1=2だから2年契約」
レッドブル・レーシングのF1チーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、セルジオ・ペレスとF1チームの契約延長に関する詳細を明らかにし、チームに有利な柔軟性を示唆した。

レッドブルは先週のカナダGP前の火曜日に、不調が続くペレスがレッドブル・レーシングと2年間の契約延長に合意したと発表。角田裕毅、ダニエル・リカルド、あるいはカルロス・サインツJr.のいずれかがペレスの後任となるのではないかという憶測に終止符を打った。

レッドブルF1首脳 セルジオ・ペレス走行続行による“陰謀論”を否定

2024年6月13日
レッドブルF1首脳 セルジオ・ペレス走行続行による“陰謀論”を否定
レッドブル・レーシングはF1カナダGPで印象的な戦術をとったようだ。セルジオ・ペレスがクラッシュした後、彼らは大きなダメージを負ったレッドブルのドライブを続けさせた。セーフティカーを回避し、マックス・フェルスタッペンのリードを守るためだったようだ。

さらに、上記の説明はレッドブルチームがレースコントロールに状況を正直に説明したものであり、したがって公式文書にも記録されている。その書類の中で、レースコントロールはレッドブルの目的もマシンをピットに戻すことだったと述べている。

リアム・ローソン 「選べるならレッドブルF1に所属していたいけど…」

2024年6月13日
リアム・ローソン 「選べるならレッドブルF1に所属していたいけど…」
レッドブルF1のリザーブドライバーを務めるリアム・ローソンは、2025年のF1ドライバー市場で自分がどの位置にいるのかまったくわからないと認め、「そもそも分かるのかどうかも分からない」と語った。

レッドブル・レーシングと姉妹チームの RB のサードドライバーを務めるローソンは、2025年にレッドブルでフルタイムのシートを獲得する有力候補の1人だったが、セルジオ・ペレスと角田裕毅が先週契約延長にサインしたため、シートは1つしか残っていない。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»
 
F1-Gate.com ホーム