レッドブルF1、予算上限への対応で154名の従業員をリストラ

2023年1月16日
レッドブルF1、予算上限への対応で154名の従業員をリストラ
レッドブルF1は、F1にコストキャップが導入された2021年に154人の従業員を解雇しなければならなかった。

昨年の終盤、マックス・フェルスタッペンの初のF1ワールドチャンピオンを獲得したシーズンにレッドブル・レーシングが支出を超過していたこと明らかになり、チャンピオンチームは予算上限関連の嵐の中心にいた。

レッドブルF1代表 「ホンダのエンジン要件に合わせてF1マシンを設計した」

2023年1月16日
レッドブルF1代表 「ホンダのエンジン要件に合わせてF1マシンを設計した」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、2019年にホンダF1とのパートナーシップを開始した際、ホンダの要件に合わせてF1マシンを設計することを進んで実行したと振り返った。

レッドブル・レーシングは、2018年にルノーとの困難な関係が終わった後、アルファタウリ(当時トロロッソ)と1シーズンを戦ってそのポテンシャルを証明したホンダのF1パワーユニットを2019年シーズンにRB15に搭載した。

角田裕毅、2023年F1シーズンはレッドブルに証明する最後のチャンス?

2023年1月14日
角田裕毅、2023年F1シーズンはレッドブルに証明する最後のチャンス?
角田裕毅にとって、2023年F1シーズンはアルファタウリF1、そして、レッドブルのジュニアドライバーとして今後もF1に残るための実力を証明する最後のチャンスになる可能性が高いとMotorsport Mondayは分析する。

レッドブルの姉妹チームは、創設以来、ジュニアドライバーにチャンスを提供してきた。多くの場合、レッドブルの育成プログラムは冷酷で、結果を出せないドライバーは到着したときとほぼ同じ速さで F1を去っていたが、成功した者はF1のスターとしてグリッドに並んでいる。

レッドブルF1、2023年F1マシン『RB19』を2月3日にニューヨークで発表

2023年1月14日
レッドブルF1、2023年F1マシン『RB19』を2月3日にニューヨークで発表
レッドブル・レーシングは、2023年F1マシン『RB18』を2月3日(金)にニューヨークで発表することを告知した。

2023年F1の「シーズンローンチ」と題されたイベントは、これまで発表されたどのチームよりも早い日付であり、ウィリアムズF1を3日上回った。姉妹チームであるスクーデリア・アルファタウリも2023年の発表会をニューヨークで開催するが、レッドブルよりも8日遅く2月11日を予定している。

レッドブルF1代表 「セバスチャン・ベッテルは何でもうまくこなせる男」

2023年1月13日
レッドブルF1代表 「セバスチャン・ベッテルは何でもうまくこなせる男」
レッドブルF1のチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、セバスチャン・ベッテルのF1後の人生は成功するだろうと予測している。

セバスチャン・ベッテルは、2010年から2013年の間にレッドブル・レーシングで達成された53回のグランプリ優勝と4回のワールドチャンピオンをもたらしたモータースポーツの頂点で15年以上過ごした後、昨年11月にアブダビでF1から引退した。

レッドブルF1技術者 「コストキャップは開発レースの規律を変えた」

2023年1月12日
レッドブルF1技術者 「コストキャップは開発レースの規律を変えた」
レッドブル・レーシングのチーフエンジニアであるポール・モナハンは、F1 のコストキャップの導入は、F1の開発レースの「規律を変えた」と語る。

F1は、2021年シーズンにF1史上初となる財務規制を導入し、チームの年間予算を1億4500万ドルに制限した。これは当初、年間500 万ドルずつ減少するように設定されていたが、経済情勢と2023年のインフレ率の急上昇を考慮して、追加の考慮が行われた。

マックス・フェルスタッペン 「F1マシンはアンダーステアでは速く走れない」

2023年1月12日
マックス・フェルスタッペン 「F1マシンはアンダーステアでは速く走れない」
マックス・フェルスタッペンは、F1マシンは「アンダーステアでは速く走れない」と述べ、レッドブル RB18のフラストレーションについて概説した。

マックス・フェルスタッペンは、2022年シーズンに合計15勝を挙げ、4レースを残してF1ワールドチャンピオンを獲得したが、タイトルのライバルであるシャルル・ルクレール(フェラーリ)は、最初の3つのイベントで2勝を挙げていた。

カルロス・サインツ 「2023年はレッドブルF1を倒す現実的なチャンス」

2023年1月12日
カルロス・サインツ 「2023年はレッドブルF1を倒す現実的なチャンス」
カルロス・サインツは、10年以上ぶりのF1タイトル獲得を目指しているスクーデリア・フェラーリが、2023年の勢力図でレッドブル・レーシングを追い抜く現実的なチャンスがあると考えている。

昨年、フェラーリは、シーズン開幕戦でワンツーフィニッシュという素晴らしいスタイルでスタートを切り、カルロス・サインツのチームメイトであるシャルル・ルクレールが最初の3レースで2勝を挙げた。

マックス・フェルスタッペン、他とは一線を画す独特なドライビングスタイル

2023年1月11日
F1王者マックス・フェルスタッペン、他とは一線を画す独特なドライビングスタイル
マックス・フェルスタッペンのオンラインレーシングチームTeam Redlineのチームメイトであるアデル・ケルクホフは、フェルスタッペンのドライビングスタイルの精度が他のF1フィールドとの重要な差別化要因であると考えている。

マックス・フェルスタッペンは、2022年のF1シーズンを支配し、22のグランプリで15勝を挙げ、3つのスプリントのうち2つを獲得し、シーズンの終わりから4レースとなる鈴鹿でタイトルを獲得した。
«Prev || ... 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 · 10 · 11 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム