フォルクスワーゲンCEO、アウディとポルシェの2026年のF1参戦を断言

2022年5月3日
フォルクスワーゲンCEO、アウディとポルシェの2026年のF1参戦を断言
フォルクスワーゲンのCEOを務めるヘルベルト・ディースは、同グループの取締役会は、アウディとポルシェのF1参戦がコストよりも多くのお金をもたらすことで納得し、F1への参戦を決定したと語った。

ドイツの自動車メーカーが本社を置くヴォルフスブルクでのイベントで、ヘルベルト・ディースは、アウディとポリシェの計画についての取締役会による議論でいくつかの意見の相違を生まれたと認めた。

ゲルハルト・ベルガー 「レッドブル・ポルシェはクールな組み合わせ」

2022年4月21日
F1:ゲルハルト・ベルガー 「レッドブル・ポルシェはクールな組み合わせ」
元F1ドライバーのゲルハルト・ベルガーは、レッドブル・レーシングとポルシェとのパートナーシップが実現すれば、F1にとって“ワクワクさせる”組み合わせになるだろうと語る。

2026年にフォルクスワーゲン・グループが所有するポルシェとアウディのF1参入の話は長い間報じられており、レッドブル・レーシングとポルシェの組み合わせは、最も話題になっていパートナーシップのひとつだ。

アルピーヌF1 「ポルシェとアウディの待遇は既存メーカーと同じにすべき」

2022年4月19日
アルピーヌF1 「ポルシェとアウディの待遇は既存メーカーと同じにすべき」
アルピーヌF1のCEOを務めるローラン・ロッシは、フォルクスワーゲン・グループのF1参入を歓迎しているが、ニューカーカマーには既存のメーカーに公平な待遇を与えるべきだと強調する。

最近、フォルクスワーゲン・グループは、2026年に導入するされる新しいエンジン形式が最終確認が行われるのを待って、ポルシェとアウディのF1参入を決定することを発表した。

レッドブルF1、ポルシェと提携の噂の中で独自F1エンジンを着実に準備

2022年4月17日
レッドブルF1、ポルシェと提携の噂の中で独自F1エンジンを着実に準備
レッドブルは、現在のF1エンジンの凍結が終了する2026年F1シーズンから独自のパワーユニットを製造する。

ポルシェとの提携が噂されるなか、レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、2026年から独自のF1パワーユニットを構築するというチームの野心は非常に生きていると断言した。

マックス・フェルスタッペン、ポルシェとアウディのF1参入を歓迎

2022年4月16日
マックス・フェルスタッペン、ポルシェとアウディのF1参入を歓迎
レッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペンは、フォルクスワーゲン・グループの2つのブランドであるポルシェとアウディのF1参入に近づいているというニュースを歓迎している。

フォルクスワーゲンは声明の中で、2026年にポルシェとアウディがエンジンメーカーとしてF1に産有するという計画が「最終評価段階」に到達したことを確認した。

ポルシェ/アウディのF1参入計画によって新たなエンジン論争が勃発

2022年4月15日
ポルシェ/アウディのF1参入計画によって新たなエンジン論争が勃発
レッドブルは、2026年に参入する新しいF1エンジンメーカーにもっと寛大な譲歩を望んでいるが、ライバルはフォルクスワーゲン・グループからの前例のないエントリープランがどのように実現できるかについて懸念している。

2021年にチーム予算上限が導入された後、F1は、2026年に新しい技術規制とともに、エンジンメーカーの支出を制限することを計画している。これらの規制の最初の草案は6月の完成が目標とされているが、それまでに最初の枠組みが作成されている。

フェラーリF1代表、ポルシェ&アウディ参入に「ニューカマーの定義が必要」

2022年4月14日
フェラーリF1代表、ポルシェ&アウディ参入に「ニューカマーの定義が必要」
スクーデリア・フェラーリのF1チーム代表を務めるマッティアビノットは、2026年にF1が新しいエンジン形式を導入したときにポルシェとアウディがF1に参戦する可能性を歓迎した。

ポルシェとアウディのF1参戦の噂は過去数か月にわたって噂されてきたが、フォルス・グループの経営陣は今月初めにドイツのヴォルフスブルクで開催された会議でポルシェとアウディのF1エントリーの可能性に賛成票を投じた。

アウディ、同じVWグループのポルシェとは一線を画したF1参戦計画

2022年4月14日
アウディ、同じVWグループのポルシェとは一線を画したF1参戦計画
アウディは、同じフォルクスワーゲン・グループ内のポルシェとは一線を画したF1参戦計画を立てている。

当初、フォルクスワーゲン・グループはF1への費用効果の高いルートをターゲットにしており、ポルシェとアウディの両方がレッドブルとそのエンジン部門であるレッドブル・パワートレインズとの提携で恩恵を受けると考えられていた。

レッドブルF1代表 「ポルシェと交渉を行うことは論理的」

2022年4月13日
レッドブルF1代表 「ポルシェと交渉を行うことは論理的」
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、レッドブル・パワートレインズが2社間の将来のエンジンパートナーシップについてポルシェと話し合うことは“論理的”なことだと語る。

先週木曜日、フォルクスワーゲン・グループの監査役会は、アウディとポルシェのF1参入計画について話し合うために会議を開催。その後、フォルクスワーゲンが発表した声明では、アウディとポルシェのF1参戦計画は承認され、2026年の新しいF1エンジンレギュレーションが発表され次第、両ブランドのF1参戦が確認されることを示唆した。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム