F1 噂話:アウディはチーム、ポルシェはワークスパートナーで参戦希望

2021年10月16日
F1 噂話:アウディはチーム、ポルシェはワークスパートナーで参戦希望
F1に新しいエンジンレギュレーションが導入される2026年にフォルクスワーゲン・グループのアウディとポルシェがF1に参戦すると噂されている。同じグループ内で競合する2つのブランドだが、その戦略は異なるようだ。

F1は、2026年のF1パワーユニットでMGU-Hを廃止することで合意に至ったとされ、この決定はフォルクスワーゲン・グループのF1参入への道を切り開くものだとされている。

アルファタウリF1代表 「次世代PUはアウディ/ポルシェ参入の扉を開く」

2021年10月5日
アルファタウリF1代表 「次世代PUはアウディ/ポルシェ参入の扉を開く」
アルファタウリF1のチーム代表を務めるフランツ・トストは、2026年に導入が予定される新しいF1エンジン規則が、アウディ/ポルシェというフォルクスワーゲン・ブランドのF1参入への“扉を開く”と考えている。

現在、2026年のF1エンジン形式について議論が重ねられているが、フォルクワーゲン・グループが新しいエンジンルール下での参入を検討しており、既存のエンジンメーカーは、それを可能にするためにMGU-Hを廃止することに合意したと報じられている。

アウディ/ポルシェ、“セミファクトリーチーム”としてのF1参入を希望

2021年10月4日
アウディ/ポルシェ、“セミファクトリーチーム”としてのF1参入を希望
フォルクスワーゲン・グループは、2026年にアウディ/ポルシェの2つのブランドを“セミファクトリーチーム”のステータスでF1に参戦させたいと考えていると Auto Motor und Sport は報じている。

報道によると、既存エンジンメーカーは、フォルスクワーゲン・グループのブランドのF1参入のための妥協案として、2026年の新しいF1エンジンレギュレーションではMGU-Hを廃止することで合意に至ったと伝えられている。

VWグループ、2026年にポルシェとアウディの2社でF1に参入?

2021年9月30日
VWグループ、2026年にポルシェとアウディの2社でF1に参入?
F1は、2026年にポルシェとアウディという2つのフォルクスワーゲン・グループのメーカーをグリッドに迎える可能性があると Auto Motor undSport のF1エディターであるミハエル・シュミットが自信をもって予測する。

F1は、2026年以降の新しいエンジンフォーミュラを検討しており、既存メーカーに加えて、アウディとポルシェの代表者も一連の会議に出席している。

メルセデスF1 「フォルクスワーゲン参入のためなら妥協してもいい」

2021年9月15日
メルセデスF1 「フォルクスワーゲン参入のためなら妥協してもいい」
メルセデスは、フォルクスワーゲンがF1に参入できるように2026年の新しいF1エンジンレギュレーションで“妥協”したいと考えている。

F1イタリアGPの週末、モンツァではすべての利害関係者が集まって会議が開催され、新しいエンジンレギュレーションの導入が2025年から2026年に延期されることが決定された。

アストンマーティン、フォルクスワーゲンのF1参入の可能性を歓迎

2021年7月20日
アストンマーティン、フォルクスワーゲンのF1参入の可能性を歓迎
アストンマーティンのローレンス・ストロール会長は、フォルクスワーゲン・グループが、将来のF1にエントリーの可能性を「受け入れる」と語る。

F1の現在のエンジンは、新しいパワーユニットが導入される前の2024年シーズンの終わりまで使用されるように設定されており、提案に関する最新のサミットが月初めにオーストリアで開催された。

レッドブルF1首脳 「フォルクスワーゲンは4気筒エンジン導入を望んでいる」

2021年7月15日
レッドブルF1首脳 「フォルクスワーゲンは4気筒エンジン導入を望んでいる」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、フォルクスワーゲンは、2025年もしくは2026年に導入される次世代F1エンジンを4気筒エンジンに切り替えることを推進していると語る。

オーストリアで開催されたF1エンジンの会議にアウディとポルシェを傘下させたフォルクスワーゲン・グループは、新しいF1エンジン規則で四輪駆動を検討すべきだと主張していることが明らかになっている。

フォルクスワーゲン、傘下ブランドのF1参入の要件は四輪駆動?

2021年7月13日
フォルクスワーゲン、傘下ブランドのF1参入の要件は四輪駆動?
フォルクスワーゲンの傘下ブランドであるアウディとポルシェは、次世代F1エンジン規則に四輪駆動が採用されることを望んでいる。

先週、アウディとポルシェの両メーカーのCEOは、レッドブル・リンクで開催されたF1の会議に出席し、将来のエンジンルールについて話し合った。La Gazzetta dello Sport の記者であるアンドレア・クレモネシは、すべての利害関係者がハイブリッドコンセプトを継続しつつ、よりシンプルで安価にしているで基本的に同意していると伝えた。

ロス・ブラウン 「ポルシェとアウディのF1会議参加は前向きなステップ」

2021年7月10日
ロス・ブラウン 「ポルシェとアウディのF1会議参加は前向きなステップ」
F1のマネージングディレクターを務めるロス・ブラウンは、潜在的な新しいエンジンメーカーが今後5年以内にF1に参入することを「真剣に検討」していえると語る。

先週末、レッドブル・リンクでエンジン関係者が集まって会議が行われ、次世代のF1パワーユニットについて議論が交わされた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム