メルセデスF1代表 「レッドブルの独自F1エンジン計画は非常に大胆な戦略」

2022年9月20日
メルセデスF1代表 「レッドブルの独自F1エンジン計画は非常に大胆な戦略」
メルセデスF1のチーム代表であるトト・ヴォルフは、レッドブルがポルシェとの交渉が決裂した後、独自のF1エンジンを構築する計画を進めることは「非常に大胆な戦略」であると考えている。

レッドブルは最近、2026年のF1パワーユニットプロジェクトでの協力をめぐるポルシェとの交渉を終了。新しいF1レギュレーションが施行されたとき、アウディがグリッド上の唯一のフォルクスワーゲン・グループのブランドとして残された。

メルセデスF1代表 「アンドレッティがポルシェを連れてくるなら話は別」

2022年9月20日
メルセデスF1代表 「アンドレッティがポルシェを連れてくるなら話は別」
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、11番目のF1チーム - アンドレッティ - 参入の可能性について言及。からた新しいF1エンジンサプライヤー - ポルシェ - を連れてくるなら話は別だと語った。

F1の人気が高まるにつれて、参入を希望するコンストラクターの数も増えている。アンドレッティ・グループは昨年から F1 への参入を試みてきたが、これまでのところ成功していない。

メルセデスF1代表 「F1の利益のためにもポルシェには参戦してほしい」

2022年9月16日
メルセデスF1代表 「F1の利益のためにもポルシェには参戦してほしい」
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、レッドブルとの交渉が決裂したポルシェが将来F1 グリッドに加わることを熱望していることを認める。

ポルシェは、2026 年からのパートナーシップの可能性についてレッドブルと協議していたが、両者が条件に同意できなかったため、交渉は決裂した。それでも、ポルシェは、今後もF1参入を目指していると主張している。

レッドブルF1代表 「ポルシェは少し先走っていた」

2022年9月11日
レッドブルF1代表 「ポルシェは少し先走っていた」
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、ポルシェとの提携をめぐる何か月にもわたす交渉が決裂し、合意に至らなかった理由を改めて説明した。

ポルシェは9月9日(金)の朝、レッドブルとの交渉が終了したことを発表。しかし、彼らは将来のF1への移行に引き続き関心を持っていると述べた。

F1 CEO 「ポルシェがF1に参戦しないことを決定しても問題はない」

2022年9月10日
F1 CEO 「ポルシェがF1に参戦しないことを決定しても問題はない」
F1 CEOのステファノ・ドメニカリは、ポルシェがF1に参加しないことを決定しても、F1は対処できるだろうと語る。

9月9日(金)、ポルシェはレッドブルとの交渉が決裂したことを声明で発表して長らく続いたパートナーシップの噂に終止符を打った。

クリスチャン・ホーナーは、チーム代表を辞任することを拒否したため、2026年のワークスポルシェ契約が最終的に決裂したとの噂をモンツァで否定した。

レッドブルF1代表、ポルシェとの交渉決裂の理由は「DNAがまったく異なる」

2022年9月9日
レッドブルF1代表、ポルシェとの交渉決裂の理由は「DNAがまったく異なる」
レッドブル・レーシングのF1チーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、F1での将来のコラボレーションに関するポルシェとの交渉は、2つの会社が「まったく異なるDNA」を持ってたことで決裂したと語った。

ポルシェは、ミルトンキーンズにあるレッドブル・パワートレインズの新しい施設で現在開発している 2026年のF1パワーユニットにバッジを付けるパートナーシップを追求していた。

ポルシェ、2026年のF1参戦にむけたレッドブルとの交渉決裂を正式発表

2022年9月9日
ポルシェ、2026年のF1参戦にむけたレッドブルとの交渉決裂を正式発表
ポルシェは、2026年のF1参戦にむけたレッドブルF1との交渉が決裂し、今後はもう協議を継続しないと言う結論に達したことを発表した。

新しいF1エンジンレギュレーションが導入される2026年のポルシェのF1参戦は、レッドブルF1とのパートナーシップになるとされ、7月末にリークされた文章によると、ポルシェはレッドブル・レーシングの株式50%し、現在の所有者であるレッドブルと対等なパートナーになるというものだった。

ステファノ・ドメニカリ 「ポルシェがF1参戦を断念しても他のメーカーが待機」

2022年9月8日
ステファノ・ドメニカリ 「ポルシェがF1参戦を断念しても他のメーカーが待機」
F1のCEOであるステファノ・どめにかりは、ポルシェのF1参戦計画が最終的に失敗したとしても、他の自動車メーカーがF1に参加するのを待っている状態であることを明らかにした。

ポルシェは、新しいF1エンジンレギュレーションが施行される2026年からレッドブルと提携することが期待されていた。

ポルシェ、レッドブルF1の乗っ取り失敗でF1参戦契約が白紙化?

2022年9月7日
ポルシェ、レッドブルF1の乗っ取り失敗でF1参戦契約が白紙化?
ポルシェは、レッドブルF1とのパートナーシップ契約についての交渉が決裂したことでF1参戦計画を取り下げる可能性もある。

ポルシェのF1参戦は当初からレッドブルF1とのパートナーシップだとされており、最初の詳細が明らかになった7月末にペースが上がった。リークされた文章によると、ポルシェはレッドブル・レーシングの株式50%し、現在の所有者であるレッドブルと対等なパートナーになるというものだった。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム