フェリペ・ナッセ 「ポルシェ 963の運転はF1ハイブリッド時代を彷彿」

2023年1月18日
フェリペ・ナッセ 「ポルシェ 963の運転はF1ハイブリッド時代を彷彿」
元F1ドライバーのフェリペ・ナッセは、新世代のIMSA GTPプロトタイプを運転していると、ターボハイブリッドのF1マシンでレースをしていたときのことを思い出すと語る。

2018年と2021年にアクション・エクスプレス・キャデラックでIMSAスポーツカーでチャンピオンシップを獲得したフェリペ・ナッセは、2015年から2016年にかけてザウバーにF1参戦し、オーストラリアでのグランプリデビュー戦で5位というベストリザルトを残した。

ウィリアムズF1、ポルシェへのチーム売却を否定

2023年1月17日
ウィリアムズF1、ポルシェへのチーム売却を否定
ウィリアムズ・レーシングは、ポルシェにF1チームを売却するとの噂を否定した。

ポルシェは、フォーミュラEのInstagaramアカウントで“重大発表”を告知。内燃エンジンを使用しないフォーミュラEのアカウントに「start your engines」と投稿したことで、F1に関連した発表なのではないかと推測を煽った。

ポルシェ 「フォーミュラEのInstagramでの投稿はF1とは無関係」

2023年1月17日
ポルシェ 「フォーミュラEのInstagramでの投稿はF1とは無関係」
ポルシェは、インスタグラムに投稿した不可解なメッセージがF1とは無関係であることを明らかにした。

ポルシェは、Porsche Formula EのInstagramアカウントをPorsche Motorsportに変更して上ですべての投稿を削除し、「start your engines」という謎めいたメッセージとともに2023年1月16日に重大な発表が行われるとの動画を投稿した。

ポルシェCEO 「レッドブルF1とは口頭で取引の約束に至っていた」

2022年12月20日
ポルシェCEO 「レッドブルF1とは口頭で取引の約束に至っていた」
ポルシェのCEOであるオリバー・ブルームは、レッドブルF1との契約交渉が破綻する前に2026年のF1パートナーシップに関して“ハンドシェイクディール(口頭での取引の約束)”を結んでいたと語った。

レッドブルは、新しいエンジンレギュレーションが導入される2026年F1シーズンのパートナーシップについて、ポルシェと交渉していることでしばらく知られていた。

ポルシェ 「フィットできない場合はF1はまったくやらない方がいい」

2022年12月11日
ポルシェ 「フィットできない場合はF1はやらない方がいい」
ポルシェのスポーティングディレクターであるトーマス・ラウデンバッハは、F1はまだ問題外ではないが、適切なパートナーを見つけなければならないと語った.

フォルクスワーゲン・グループが2つのブランドでF1に参入することに関心があると発表した後、ポルシェは2026年からのグリッド上の興味深いスポットの最有力候補のように見えた。フォルクスワーゲンは、アウディとポルシェと共にモータースポーツの最高峰に参加すること発表したが、ポルシェは今のところ確実ではない。

マクラーレン、メルセデスからポルシェのF1エンジン切り替えを否定

2022年11月28日
マクラーレン、メルセデスからポルシェのF1エンジン切り替えを否定
マクラーレン・レーシングのCEOであるザク・ブラウンは、チームが2026年にメルセデスからポルシェのF1パワーユニットに切り替える可能性があるという憶測に対処した。

マクラーレンは、ホンダとのワークスパートナーシップを終了した後、ルノーを経て、2014年シーズンまで搭載していたメルセデスのF1パワーユニットを過去2シーズンで走らせてきた。

F1、ポルシェとのサポートレース契約を2030年まで延長

2022年11月27日
F1、ポルシェとのサポートレース契約を2030年まで延長
F1はポルシェとのサポートレース契約を8年間延長。少なくとも2030年までポルシェ スーパーカップがF1カレンダーとともに開催される。

1993 年に初めて F1 のスケジュールに登場したポルシェ スーパーカップは、2023 年に 8 つのヨーロッパ ラウンドが開催される。2023年シーズンは 5 月にF1エミリア・ロマーニャGPのサポートとして開始され、9 月のF1イタリアGPで終了する。

ポルシェ、ウィリアムズF1チームと株式50%の買収で合意との噂

2022年10月25日
ポルシェ、ウィリアムズF1チームと株式50%の買収で合意との噂
ポルシェが、ウィリアムズF1チームの株式50%を買収することでほぼ合意に達しているとF1ジャーナリストのジャック・プローイュがF1アメリカGP後のZiggo Sportのレース後のレビューで明らかにした。

FIA(国際自動車連盟)は最新の声明で、ポルシェといくつかのF1チームとの間でも交渉が行われていることをすでに明らかにしている。ポルシェは、レッドブル・レーシングの買収を望んでいたが、チームは株式の50%を売却することを望んでいなかった。したがって、交渉は最終的に決裂した。

FIA 「ポルシェはまだF1参入にむけてF1チームと話し合っている」

2022年10月21日
FIA 「ポルシェはまだF1参入にむけてF1チームと話し合っている」
FIA(国際自動車連盟)によると、ポルシェは先月レッドブルとの将来のパートナーシップが破棄された後もF1参入に向けた努力を続けており、、F1チームと話し合っていると述べた。

水曜日に、FIAは、ロンドンでの会議の後、世界モータースポーツ評議会によって承認された最新の決定を詳述した報告書を発表。この報告書には、FIA会長のモハメド・ビン・スライエムの開会の辞が含まれており、この夏にF1が享受したポジティブな発展について述べた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム