フェラーリF1、ムジェロで2023年F1タイヤの最終テストを完了

2022年6月26日
フェラーリF1、ムジェロで2023年F1タイヤの最終テストを完了
スクーデリア・フェラーリは、チームにとって2023年F1タイヤの最終テストをムジェロで実施。シャルル・ルクレールとカルロス・サインツが走行を行った。

2023年のF1タイヤテストは、各チームに2回ずつ割り当てられており、スクーデリア・フェラーリは4月にシャルル・ルクレールとカルロス・サインツが参加してテストを実施している。

ピレリF1 「13インチタイヤならポーパシング問題はさらに悪化していた」

2022年6月25日
ピレリF1 「13インチタイヤならポーパシング問題はさらに悪化していた」
F1の公式タイヤサプライヤーであるピレリは、昨年までの13インチタイヤでは、F1のポーパシング問題はさらに悪化していただろうと考えている。

グラウンドエフェクトカーに生まれ変わった新世代F1マシンは、高速域で上下動を繰り返すポーパシングが一部のチームにとって頭痛の種となっており、特にチャンピオンチームであるメルセデスF1は、W13でこの現象を解消するために大きな課題に直面している。

2022年 F1カナダGP 決勝:タイヤ戦略解説

2022年6月20日
2022年 F1カナダGP 決勝:タイヤ戦略解説
2022年F1第9戦カナダグランプリ 決勝でのタイヤ戦略をF1公式タイヤサプライヤーのピレリが解説した。

カナダグランプリは、ポールポジションからスタートしたレッドブルのマックス・フェルスタッペンが2ストップ戦略で優勝した。ファステストラップは、フェラーリのカルロス・サインツが記録した。サインツも2ストップ戦略を採り、フィニッシュまでフェルスタッペンを猛追した。

2022年 F1カナダGP 決勝:持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想

2022年6月20日
2022年 F1カナダGP 決勝:持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想
2022年F1第9戦カナダグランプリの決勝で各ドライバーが使用可能な持ちタイヤ数を公式タイヤサプライヤーのピレリが発表した。

ピレリは、第9戦の舞台となるジル・ヴィルヌーヴ・サーキットにC3(ハード)、C4(ミディアム)、C5(ソフト)とレンジで最も軟らかいコンパウンドをノミネートしている。決勝ではハードとミディアムのいずれか1セットを使うことが義務付けられる。

2022年 F1アゼルバイジャンGP 決勝:持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想

2022年6月12日
2022年 F1アゼルバイジャンGP 決勝:持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想
2022年F1第8戦アゼルバイジャングランプリの決勝で各ドライバーが使用可能な持ちタイヤ数を公式タイヤサプライターのピレリが発表した。

ピレリは、第8戦の舞台となるバクー・シティ・サーキットにC3(ハード)、C4(ミディアム)、C5(ソフト)とレンジで最も軟らかいコンパウンドをノミネートしている。決勝ではハードとミディアムのいずれか1セットを使うことが義務付けられる。

ピレリF1、セバスチャン・ベッテルのウェットタイヤ批判に反論

2022年6月4日
ピレリF1、セバスチャン・ベッテルのウェットタイヤ批判に反論
ピレリのF1責任者は、モナコグランプリ後のセバスチャン・ベッテルのウェットタイヤ批判に反論した。

決勝前に雨が降ったことで、モナコグランプリでは全ドライバーがフルウェットタイヤでスタートしたが、全員が最も早くインターミディエイトタイヤに交換する機会を待っていた。

セバスチャン・ベッテル 「ピレリのF1ウェットタイヤは酷い」

2022年5月31日
セバスチャン・ベッテル 「ピレリのF1ウェットタイヤは酷い」
セバスチャン・ベッテルは、2022年のモナコグランプリを経験してもピレリのウェットタイヤについてほとんど語ることはできないとしている。

最初の2日間は暖かくドライなコンディションで行われていたが、日曜日の決勝は天気予報通り、モナコには雨が降った。雨は電源の問題を引き起こし、実際にモナコグランプリを開催する上で問題が発生した。

2022年 F1スペインGP 決勝:持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想

2022年5月22日
2022年 F1スペインGP 決勝:持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想
2022年F1第6戦スペイングランプリの決勝で各ドライバーが使用可能な持ちタイヤ数を公式タイヤサプライターのピレリが発表した。

ピレリは、第6戦の舞台となるカタルーニャ・サーキットにC1(ハード)、C2(ミディアム)、C3(ソフト)とレンジで最も硬いコンパウンドをノミネートしている。決勝ではハードとミディアムのいずれか1セットを使うことが義務付けられる。

2022年 F1スペインGP:サーキット&タイヤコンパウンド情報

2022年5月20日
2022年 F1スペインGP:サーキット&タイヤコンパウンド情報
2022年F1第6戦スペイングランプリが、バルセロナのカタルーニャ・サーキットで開催される。公式タイヤサプライヤーのピレリが2022年スペイングランプリのタイヤについて解説した。

2022年のスペイングランプリのタイトルスポンサーを務めるピレリは、昨年と同じくC1(ハード)、C2(ミディアム)、C3(ソフト)とレンジで最も硬いタイヤをレースに持ち込む。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム