2019年 F1 ハンガリーGP 決勝 | ピレリ タイヤ戦略解説

2019年8月5日
2019年 F1 ハンガリーGP 決勝
ピレリが、2019年のF1世界選手権 第12戦 ハンガリーGP 決勝でのタイヤ戦略を振り返った。

メルセデスのルイス・ハミルトンが、レッドブルのマックス・フェルスタッペンとの劇的な接戦の末、残り4周時点でトップに立ち、ハンガリーグランプリを制した。ハミルトンは、終盤に2回目のピットストップを行い、フレッシュなP Zeroイエロー・ミディアムタイヤのアドバンテージを活かした。

F1ハンガリーGP 決勝 | 各ドライバーの持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想

2019年8月4日
F1
ピレリは、2019年 F1ハンガリーGPの決勝で各ドライバーが使用可能な持ちタイヤ数を発表した。

ピレリはハンガリーGPにC2(ハード/ホワイト)、C3(ミディアム/イエロー)、C4(ソフト/レッド)というコンパウンドを配分。決勝ではハードもしくミディアムのいずれか1セットを使用されなければならない。

2019年 F1ハンガリーGP | 各ドライバーのタイヤ選択

2019年7月30日
F1 ハンガリーGP
2019年のF1世界選手権 第12戦 ハンガリーGPの各ドライバーのタイヤ選択をF1公式タイヤサプライヤーのピレリが発表した。

ピレリは、2019年のF1世界選手権から新しいタイヤ命名システムを導入。ドライコンパウンドは7種類から5種類への削減され、最も硬いものをC1(コンパウンド1)、最も柔らかいものをC5(コンパウンド5)と名付け、各レースでハード(ホワイト)、ミディアム(イエロー)、ソフト(レッド)として配分する。

2019年 F1 ドイツGP 決勝 | ピレリ タイヤ戦略解説

2019年7月29日
2019年 F1 ドイツGP 決勝 ピレリ タイヤ戦略解説
ピレリが、2019年のF1世界選手権 第11戦 ドイツGP 決勝でのタイヤ戦略を振り返った。

猛暑の2日間の後、終始ウエットコンディション下で行われたドイツグランプリ決勝は、多くのピットストップや4回のセーフティカー導入を伴う混乱したレースとなった。最終的に、5回ピットストップを行ったレッドブルのマックス・フェルスタッペンがレースを制し、フェラーリのセバスチャン・ベッテルが2位を、トロロッソのダニール・クビアトが3位を獲得した。

F1ドイツGP 決勝 | 各ドライバーの持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想

2019年7月28日
F1ドイツGP 決勝
ピレリは、2019年 F1ドイツGPの決勝で各ドライバーが使用可能な持ちタイヤ数を発表した。

ピレリはドイツGPにC2(ハード/ホワイト)、C3(ミディアム/イエロー)、C4(ソフト/レッド)というコンパウンドを配分。決勝ではハードもしくミディアムのいずれか1セットを使用されなければならない。

ピレリ、2020年F1タイヤでのセバスチャン・ブエミ事故の原因特定が難航

2019年7月27日
F1 ピレリ セバスチャン・ブエミ
ピレリは、シルバーストーンで実施した2020年のF1タイヤテストでレッドブル・ホンダのF1マシンでセバスチャン・ブエミがクラッシュした件で、タイヤとマシンの両方の問題を疑っており、事故の原因はまだ調査中だと語った。

先週、レッドブルF1チームのリザーブドライバーを務めるセバスチャン・ブエミは、2日間のピレリのF1タイヤテストの2日目にレッドブル・ホンダ RB15で走行。高速の1コーナーでクラッシュを喫した。

F1 「劣化の激しいタイヤをピレリに要求したのは間違いだった」

2019年7月22日
F1
F1の上層部は、デグラデーション(性能劣化)の高いタイヤをピレリに要求したのは間違いだったと認めており、2021年のF1タイヤはドライバーが長くプッシュできる方向へと転換が図られるようだ。

FIAとF1のオーナーであるリバティ・メディアは、F1をより魅力的なレースにして、人気を高めることを目指して、2021年以降のレギュレーション変更に着手している。

セバスチャン・ブエミ、レッドブルとのF1タイヤテストで大クラッシュ

2019年7月20日
F1 セバスチャン・ブエミ レッドブル・ホンダ
レッドブルF1チームのリザーブドライバーを務めるセバスチャン・ブエミは、シルバーストーンで行われたピレリのF1タイヤテストでクラッシュを喫した。

元トロロッソのF1ドライバーであるセバスタン・ブエミは、2013年にF1離れて以降もレッドブルのF1開発をサポートしており、様々なシミュレーター作業やトラックでのテスト業務を実行している。

2019年 F1ドイツGP | 各ドライバーのタイヤ選択

2019年7月17日
2019年 F1ドイツGP 各ドライバーのタイヤ選択
2019年のF1世界選手権 第11戦 ドイツGPの各ドライバーのタイヤ選択をF1公式タイヤサプライヤーのピレリが発表した。

ピレリは、2019年のF1世界選手権から新しいタイヤ命名システムを導入。ドライコンパウンドは7種類から5種類への削減され、最も硬いものをC1(コンパウンド1)、最も柔らかいものをC5(コンパウンド5)と名付け、各レースでハード(ホワイト)、ミディアム(イエロー)、ソフト(レッド)として配分する。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム