マクラーレン・ホンダ、ピレリの2018年F1タイヤをマニクールでテスト

2017年7月20日
マクラーレン・ホンダ F1
マクラーレン・ホンダは、19日(水)からフランスのマニクール・サーキットでピレリの2018年型F1ウィットタイヤのテストを実施している。

F1オーストリアGPとF1イギリスGPの2連戦の後、マクラーレン・ホンダは休むことなく仕事に没頭。ストフェル・バンドーンがステアリングを握り、ピレリの2018年型の雨天用コンパウンドで135周を走破した。

ピレリ:F1イギリスGP 決勝 タイヤ戦略解説

2017年7月17日
イギリスグランプリ
ピレリが、F1イギリスGPの決勝のタイヤ戦略を振り返った。

メルセデスのルイス・ハミルトンが圧勝でイギリスグランプリを制し、同グランプリ最多勝利タイ記録に並んだ。ハミルトンは、ポールポジションからスーパーソフトでスタートし、その後首位の座を譲ることなくソフトへと交換した。大半のドライバーがスーパーソフト-ソフトと繋ぐ1ストップ戦略を採用した。

ピレリ 「ベッテルとライコネンのタイヤ故障は異なる原因」

2017年7月17日
F1 イギリスグランプリ セバスチャン・ベッテル
ピレリは、F1イギリスGPでセバスチャン・ベッテルとキミ・ライコネンに起こったフェラーリのタイヤ故障は完全に異なる問題に起因するが最初の調査で示されたと述べた。

キミ・ライコネンとセバスチャン・ベッテルはレース終了間際にピレリのタイヤ問題に見舞われてピットインを余儀なくされた。

F1イギリスGP:各ドライバーのタイヤ選択

2017年7月10日
F1 イギリスGP
ピレリは、2017年 第10戦 F1イギリスGPの各ドライバーのタイヤ選択を発表した。

F1イギリスGPは、7月14日(金)~16日(日)にシルバーストーン・サーキットで開催される。

ピレリは、高速のシルバーストーンにミディアム、ソフト、スーパーソフトという硬いコンパウンドを選択。

F1オーストリアGP:各ドライバーのタイヤ選択

2017年6月28日
F1
ピレリは、2017年 第9戦 F1オーストリアGPの各ドライバーのタイヤ選択を発表した。

F1オーストリアGPは、7月7日(金)~9日(日)にシュピールベルクにあるレッドブル・リンクで開催される。

ピレリは、F1オーストリアGPにソフト、スーパーソフト、ウルトラソフトという最も軟らかいレンジのコンパウンドを持ち込む。

ピレリ:F1アゼルバイジャンGP 決勝 タイヤ戦略解説

2017年6月26日
ピレリ F1 アゼルバイジャンGP
ピレリが、F1アゼルバイジャンGPの決勝を振り返った。

今年のアゼルバイジャングランプリは、セーフティカーが複数回導入され、赤旗中断も発生した劇的な展開となった。このため、上位勢が採用するであろうとされた1ストップ戦略は選択肢から消え、各チームは、変化する状況への対応を余儀なくされた。

ピレリ、2017年 F1日本GPのタイヤ選択を発表

2017年6月23日
F1 日本GP 2017年
ピレリは、2017年に鈴鹿サーキットで開催されるF1日本GPに持ち込むタイヤ配分を発表。昨年よりも1段階軟らかいタイヤレンジが持ち込まれる。

F1チームは、ヨーロッパでのレースでは8週間前、フライアウェイレースでは14週間前にドライバーのタイヤコンパウンド選択をピレリに通知しなければならない。

ピレリ:F1カナダGP 決勝 タイヤ戦略解説

2017年6月12日
F1 カナダGP
ピレリが、F1カナダGPの決勝を振り返った。

多彩な戦略が展開されたカナダグランプリでは、メルセデスのルイス・ハミルトンが、ウルトラソフト-スーパーソフトと繋ぐ戦略で優勝した。2位と3位のドライバーも1ストップ戦略を採用したが、彼らは第2スティントをソフトタイヤで走行した。ルイス・ハミルトンは、ウルトラソフトで長い第1スティントを走行したことによって、トップを譲ることなくピットストップを完了した。

ピレリ、F1の技術を活用したカラードタイヤを導入

2017年6月9日
ピレリ
ピレリは、F1での技術を生かして開発した新素材とプロテクションシステムによってタイヤサイドウォール上に鮮明なカラーとその定着性を向上させた「P Zero カラーエディション」を日本市場に導入する。

ピレリの技術者は、F1で2011年から実現しているカラータイヤの経験を活用し、革新的なラベリングシステムをさらに改良。その結果、性能に影響を及ぼすことなく、カラーの光沢を維持し、色あせを防ぐ新素材が開発された。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム