2020年シーズンはF1ドライバーごとのタイヤ選択制の廃止が決定

2020年6月21日
2020年シーズンはF1ドライバーごとのタイヤ選択制の廃止が決定
2020年のF1世界選手権の週末に配分する3つのコンパンドについて各ドライバーがそれぞれのタイヤ数を選択することができないことが正式に決定した。

ピレリは、各グランプリ週末に3種類のドライタイヤを用意しており、F1ドライバーは、練習、予選、レース自体で合計13セットを使用できる。

F1:ピレリ、序盤8戦のコンパウンドを発表…イギリス2連戦は異なる選択

2020年6月12日
F1:ピレリ、序盤8戦のコンパウンドを発表…イギリス2連戦は異なる選択
ピレリは、2020年のF1世界選手権の序盤8戦のタイヤコンパンド選択を発表。イギリスでの2連戦では異なるコンパンドを配分するというひねりが加えられた。

新型コロナウイルスの影響によって開幕10戦が延期・中止となっていた2020年F1世界選手権だが、7月5日にオーストリアのレッドブル・リンクでいよいよ再開。翌週もレッドブル・リンクで第2戦が開催される。

メルセデスF1 「18インチタイヤでF1マシンは最大2秒遅くなる」

2020年6月10日
メルセデスF1 「18インチタイヤでF1マシンは最大2秒遅くなる」
メルセデスF1のテクニカルディレクターを務めるジェームス・アリソンは、2022年にF1に導入される新しい18インチタイヤによってF1マシンはラップあたり最大で2秒遅くなると予測している。

18インチタイヤへの切り替えは元々は2021年のF1シーズンから導入される予定だった。しかし、新型コロナウイルスのパンデミックによって新しい技術規則の導入が1年延期されたことで、F1マシンはもう1年13インチタイヤで走ることになった。

ピレリ、2020年シーズンはF1チームごとのタイヤ選択制の廃止を検討

2020年5月17日
ピレリ、2020年シーズンはF1チームごとのタイヤ選択制の廃止を検討
ピレリは、新たなスケジュールで2020年のF1世界選手権が再開した場合、F1チームが各グランプリでタイヤを選択するシステムは廃止することになるだろうと語る。

新型コロナウイルスの世界的な大流行により、2020年のF1世界選手権は開幕から10戦が中止となり、現時点では7月上旬にオーストリアで再開する予定となっている。オーストリアとイギリスでの2レース開催を含め、合計で19戦が行われると考えられている。

「F1はレース再開について慎重を期するべき」とピレリF1責任者

2020年4月25日
「F1はレース再開について慎重を期するべき」とピレリF1責任者
ピレリのF1責任者を務めるマリオ・イゾラは、2020年のF1世界選手権の再開について慎重に計画するべきだと語る。

ピレリが拠点を置くイタリアは新型コロナウイルスにとって甚大な被害を受けている。救急救命士と救急車の運転手の資格をもつマリオ・イゾラは母国を救うためにボランティアで救急車の運転手を務めて感染者の支援をしている。

F1:ピレリ、18インチタイヤのテストを2021年まで延期

2020年3月26日
F1:ピレリ、18インチタイヤのテストを2021年まで延期
F1の公式タイヤサプイライヤーであるピレリは、18インチタイヤの導入が2022年まで延期されたことを受け、予定していたテストを翌年に延期した。

2021年に導入が予定されていた新しいレギュレーションの一環として、F1は現在の13インチタイヤから18インチタイヤにアップグレードする予定だった。しかし、新型コロナウイルスのパンデミックによって2020年のF1世界選手権は無期限延期の状態になっており、新レギュレーションの導入は2020年まで延期された。

ピレリ、2020年のためのF1タイヤの製造を停止

2020年3月24日
ピレリ、2020年のためのF1タイヤの製造を停止
ピレリは2020年のF1世界選手権のためのF1タイヤの製造を中止しました。

ピレリは、F1オーストラリアGPの中止によって1800セットのタイヤを廃棄処分。タイヤは英国で燃料として再利用された。タイヤはリムに取り付けた後に外すと損傷する可能性があるため、再利用することはできない。

ピレリ、F1スタッフが新型コロナウイルスに感染 / F1オーストラリアGP

2020年3月17日
ピレリ、F1スタッフが新型コロナウイルスに感染 / F1オーストラリアGP
F1公式タイヤサプライヤーのピレリは、F1オーストラリアGPの準備でメルボルンを訪れていたF1スタッフの1名が新型コロナウイルスに感染したことを明らかにした。

F1パドックで新型コロナウイルスの陽性反応が出たのはこれで2人目となる。F1オーストラリアGPでは木曜日の夜にマクラーレンのF1チームメンバーに陽性反応が出たことでチームは欠場を決断。

ピレリ、F1オーストラリアGPの中止で1800セットのタイヤを廃棄処分

2020年3月15日
ピレリ、F1オーストラリアGPの中止で1800セットのタイヤを廃棄処分
ピレリは、F1オーストラリアGPの中止によって1800セットのタイヤが廃棄処分されたことを確認。だが、タイヤは英国で燃料として再利用される。

フライアウェイレース後に未使用のタイヤを捨てることはピレリにとって新しいことではない。必要のない場合は、ウェットタイヤは500本以上廃棄されている。だが、F1オーストラリアGPの中止は通常よりも多くのタイヤが処分されることになった。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム