フェルスタッペン「ピレリのF1タイヤが保守的なのはタイヤ戦争がないため」

2023年1月23日
マックス・フェルスタッペン「ピレリのF1タイヤが保守的なのはタイヤ戦争がないため」
F1ワールドチャンピオンであるマックス・フェルスタッペンは、F1にタイヤ戦争がなくなったことで、ピレリはタイヤ開発、特に雨天用タイヤに関して非常に保守的なアプローチをとるようになったと考えている。

2011年、ピレリはブリヂストンの後を継いでF1の単独タイヤサプライヤーとなった。

レッドブルF1代表「ペレスの苦戦の要因は新型タイヤの狭いマージン」

2022年12月4日
レッドブルF1代表「ペレスの苦戦の要因は新型タイヤの狭いマージン」
クリスチャン・ホーナーは、セルジオ・ペレスの2022年F1シーズンにおけるタイヤの苦戦は、新しい18インチコンパウンドは最適化するために必要なマージンがわずかしかなかたことによる可能性があると考えている。

セルジオ・ペレスは、F1でのキャリアを通じて、特にザウバーとフォース・インディア時代で、タイヤマネジメントに関して最強のドライバーの1人としての評判を築いてきた。

ピレリF1責任者 「フルウエットタイヤの改善の必要性は認識」

2022年12月2日
ピレリF1責任者 「フルウエットタイヤの改善の必要性は認識」
ピレリのF1責任者であるマリオ・イゾラは、ピレリがフルウェット タイヤを改善する必要があることを認めている。

鈴鹿サーキットでF1日本GPが雨天でディレイになった後、4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルは、F1のレインタイヤを「がらくた」と表現。

新世代F1マシン導入で2022年F1シーズンはオーバーテイクが31%増

2022年11月27日
新世代F1マシン導入で2022年F1シーズンはオーバーテイクが31%増
新世代F1マシンの導入にとって、2022年のF1世界選手権はオーバーテイクが31%増加した。

2022年F1シーズンは、オーバーテイクを改善し、マシンがより接近して追従できるようにすることを目的として新しいF1レギュレーションが導入されたため、F1の「新時代」と呼ばれた。

F1、2023年は最もハードなC0コンパウンドを追加して6種類のタイヤ

2022年11月23日
F1、2023年は最もハードなC0コンパウンドを追加して6種類のタイヤ
ピレリは、2023年のF1世界選手権では、最も硬いC0コンパウンドを追加して6種類のタイヤで展開することを明らかにした。

F1は11月22日(火)にヤス・マリーナ・サーキットでポストシーズンテストを実施。これはピレリの2023年タイヤのテストが目的とだった。このセッションは、現在のC1とC2の中間にあたる新しいC1コンパウンドの最初の本格的なテストでもあった。

2022年 F1アブダビGP 決勝:タイヤ戦略解説

2022年11月21日
2022年 F1アブダビGP 決勝:タイヤ戦略解説
2022年のF1世界選手権 最終戦 アブダビGP 決勝でのタイヤ戦略をF1公式タイヤサプライヤーのピレリが解説した。

ワールドチャンピオンのマックス・フェルスタッペン(レッドブル)が、2022年最終戦のアブダビグランプリを制した。2位はフェラーリのシャルル・ルクレール、3位はレッドブルのセルジオ・ペレスだった。表彰台の3名は、いずれもP Zeroホワイト・ハードタイヤでフィニッシュした。

2022年 F1アブダビGP 決勝:持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想

2022年11月20日
2022年 F1アブダビGP 決勝:持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想
2022年 F1アブダビGPの決勝で各ドライバーが使用可能な持ちタイヤ数を公式タイヤサプライヤーのピレリが発表した。

ピレリは、第22戦の舞台となるヤス・マリーナ・サーキットにC3(ハード)、C4(ミディアム)、C5(ソフト)とレンジで最も軟らかいコンパンドをノミネートしている。決勝がドライな場合、2種類のコンパンドを使うことが義務付けられる。

2022年 F1アブダビGP:サーキット&タイヤコンパウンド情報

2022年11月18日
2022年 F1アブダビGP:サーキット&タイヤコンパウンド情報
2022年 F1 第22戦 アブダビGPが、ヤス・マリーナ・サーキットで開催される。公式タイヤサプライヤーのピレリがアブダビグランプリのタイヤについて解説した。

ピレリは、アブダビグランプリにレンジ内で最も柔らかいC3(ハード)、C4(ミディアム)、C5(ソフト)という3つのコンパウンドをノミネートした。

サーキットの特性は、タイヤにとって特に厳しいものではない。

2022年 F1ブラジルGP 決勝:タイヤ戦略解説

2022年11月15日
2022年 F1ブラジルGP 決勝:タイヤ戦略解説
2022年 F1 第21戦 フラジルGP 決勝でのタイヤ戦略をF1公式タイヤサプライヤーのピレリが解説した。

昨日のスプリントで優勝したジョージ・ラッセルが、チームメイトのルイス・ハミルトンを抑えて優勝し、メルセデスの今シーズン初優勝をワン・ツーで飾った。両ドライバーは、ソフト~ミディアム~ソフトと繋ぐ同じ戦略を採った。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム