マックス・フェルスタッペン 「2023年のフロントタイヤの強化は歓迎」

2022年8月12日
レッドブルF1のマックス・フェルスタッペン 「2023年のフロントタイヤの強化は歓迎」
レッドブル・レーシングのF1ドライバーであるマックス・フェルスタッペンは、ピレリが2023のF1年タイヤを改善しなければならないと感じているが、2022年F1マシンのハンドリングの問題は重量によるものだと語る。

2022年のF1世界選手権は、F1新時代の幕開けとなり、グランドエフェクトカーがグランプリに復活した。

2022年 F1ハンガリーGP 決勝:持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想

2022年7月31日
2022年 F1ハンガリーGP 決勝:持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想
2022年F1第12戦フランスグランプリの決勝で各ドライバーが使用可能な持ちタイヤ数を公式タイヤサプライヤーのピレリが発表した。

ピレリは、第13戦の舞台となるハンガロリンクにC2(ハード)、C3(ミディアム)、C4(ソフト)とレンジの中間の硬さのコンパンドをノミネートしている。決勝では2種類のコンパンドを使うことが義務付けられる。

2022年 F1フランスGP 決勝:持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想

2022年7月24日
2022年 F1フランスGP 決勝:持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想
2022年F1第12戦フランスグランプリの決勝で各ドライバーが使用可能な持ちタイヤ数を公式タイヤサプライヤーのピレリが発表した。

ピレリは、第12戦の舞台となるポール・リカール・サーキットにC2(ハード)、C3(ミディアム)、C4(ソフト)とレンジで最も硬いコンパウンドをノミネートしている。決勝では2種類のコンパンドを使うことが義務付けられる。

2022年 F1オーストリアGP 決勝:タイヤ戦略解説

2022年7月12日
2022年 F1オーストリアGP 決勝:タイヤ戦略解説
2022年F1第11戦オーストリアグランプリ 決勝でのタイヤ戦略をF1公式タイヤサプライヤーのピレリが解説した。

シャルル・ルクレールがオーストリアグランプリを制し、先週のシルバーストンでのチームメイトの勝利に続き、フェラーリを表彰台の頂点に導いた。シルバーストン同様、アクション満載のスリリングなレースとなった。金曜日にポールポジションを獲得し、土曜日のスプリントを制したレッドブルのマックス・フェルスタッペンをルクレールがくい止めました。

2022年 F1イギリスGP 決勝:持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想

2022年7月3日
2022年 F1イギリスGP 決勝:持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想
2022年F1第10戦イギリスグランプリの決勝で各ドライバーが使用可能な持ちタイヤ数を公式タイヤサプライヤーのピレリが発表した。

ピレリは、第10戦の舞台となるシルバーストン・サーキットにC1(ハード)、C2(ミディアム)、C3(ソフト)とレンジで最も硬いコンパウンドをノミネートしている。決勝では2種類のコンパンドを使うことが義務付けられる。

F1:2023年の2回の予選でQ1/Q2/Q3のタイヤ指定をトライアル

2022年6月30日
F1:2023年の2回の予選でQ1/Q2/Q3のタイヤ指定をトライアル
F1は、2023年の2つのグランプリの予選でセグメントごとに使用するタイヤを指定することをトライアルする。

F1は予選セッションのレギュレーションを改訂。修正されたフォーマットでは、各セグメントの終わりに敗退するドライバーの数や3部構成の予選セッションの構造に関して変更はない。

2023年F1タイヤはアンダーステア軽減でフェルスタッペンに有利?

2022年6月28日
2023年F1タイヤはアンダーステア軽減でフェルスタッペンに有利?
ピレリF1は、2023年により強力なフロントタイヤを導入し、マックス・フェルスタッペンを含む多くのF1ドライバーが現在の車で嫌うアンダーステアを軽減することを計画している。

グラウンドエフェクトカーに生まれ変わった2022年の新世代F1マシンは、以前からのエアロコンセプトから逸脱を示し、さまざまな特性をもたらした。また、追加の安全機能によって引き起こされる重量の増加に関連する結果の1つとして、主に低速でアンダーステアになりやすいことが挙げられる。

フェラーリF1、ムジェロで2023年F1タイヤの最終テストを完了

2022年6月26日
フェラーリF1、ムジェロで2023年F1タイヤの最終テストを完了
スクーデリア・フェラーリは、チームにとって2023年F1タイヤの最終テストをムジェロで実施。シャルル・ルクレールとカルロス・サインツが走行を行った。

2023年のF1タイヤテストは、各チームに2回ずつ割り当てられており、スクーデリア・フェラーリは4月にシャルル・ルクレールとカルロス・サインツが参加してテストを実施している。

ピレリF1 「13インチタイヤならポーパシング問題はさらに悪化していた」

2022年6月25日
ピレリF1 「13インチタイヤならポーパシング問題はさらに悪化していた」
F1の公式タイヤサプライヤーであるピレリは、昨年までの13インチタイヤでは、F1のポーパシング問題はさらに悪化していただろうと考えている。

グラウンドエフェクトカーに生まれ変わった新世代F1マシンは、高速域で上下動を繰り返すポーパシングが一部のチームにとって頭痛の種となっており、特にチャンピオンチームであるメルセデスF1は、W13でこの現象を解消するために大きな課題に直面している。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム