2021年 第20戦 F1カタールGP 決勝:タイヤ戦略解説

2021年11月22日
2021年 第20戦 F1カタールGP 決勝:タイヤ戦略解説
2021年 第20戦 F1カタールGP 決勝でのタイヤ戦略をF1公式タイヤサプライヤーのピレリが解説した。

メルセデスのルイス・ハミルトンが、初開催となるカタールグランプリで優勝した。ポールポジションからC2コンパウンドのP Zeroイエロー・ミディアムタイヤでスタートしたハミルトンは、C1コンパウンドのP Zeroホワイト・ハードタイヤへ交換し、その後再度ミディアムタイヤへと繋いだ。この戦略は、最速戦略として予測されていたものだった。

2021年 F1カタールGP 決勝:持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想

2021年11月21日
2021年 F1カタールGP 決勝:持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想
ピレリは、2021年 F1世界選手権 第20戦 F1カタールGPの決勝で各ドライバーが使用可能な持ちタイヤ数を発表した。

ピレリは、ロサイル・インターナショナル・サーキットにC1(ハード)、C2(ミディアム)、C3(ソフト)と昨年よりもレンジのなかで最も硬いコンパウンドをノミネートしている。決勝ではハードとミディアムのいずれか1セットを使うことが義務付けられる。

2021年 第20戦 F1カタールGP:サーキット&タイヤコンパウンド解説

2021年11月19日
2021年 第20戦 F1カタールGP:サーキット&タイヤコンパウンド解説
2021年 第20戦 F1カタールGPがロサイル・インターナショナル・サーキットで開催される。公式タイヤサプライヤーのピレリが2021年F1カタールGPのタイヤについて解説した。

57周にわたって初開催されるF1カタールGPに向けて、ピレリはC1(ハード)、C2(ミディアム)、C3(ソフト)と最も硬いコンパンドを選択。この3種類のコンパウンドが選択されたのは今シーズンで5回目であり、最後となる。

2021年 第19戦 F1ブラジルGP 決勝:タイヤ戦略解説

2021年11月15日
2021年 第19戦 F1ブラジルGP 決勝:タイヤ戦略解説
2021年 第19戦 F1ブラジルGP 決勝でのタイヤ戦略をF1公式タイヤサプライヤーのピレリが解説した。

メルセデスのルイス・ハミルトンが、ミディアム~ハード~ハードの2ストップ戦略でブラジルグランプリを制した。トップ3のドライバーが同じ戦略を採った。

2021年 F1ブラジルGP 決勝:持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想

2021年11月15日
2021年 F1ブラジルGP 決勝:持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想
ピレリは、2021年 F1世界選手権 第19戦 F1ブラジルGPの決勝で各ドライバーが使用可能な持ちタイヤ数を発表した。

ピレリは、インテルラゴス・サーキットにC2(ハード)、C3(ミディアム)、C4(ソフト)と昨年よりも1段階柔らかいコンパウンドをノミネートしている。決勝ではハードとミディアムのいずれか1セットを使うことが義務付けられるが、スプリント予選の週末には各ドライバーはスタートタイヤを自由に選ぶことができる。

2021年 F1メキシコGP 決勝:持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想

2021年11月8日
2021年 F1メキシコGP 決勝:持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想
ピレリは、2021年 F1世界選手権 第18戦 F1メキシコGPの決勝で各ドライバーが使用可能な持ちタイヤ数を発表した。

ピレリは、エルマノス・ロドリゲス・サーキットにC2(ハード)、C3(ミディアム)、C4(ソフト)と昨年よりも1段階柔らかいコンパウンドをノミネートしている。決勝ではハードとミディアムのいずれか1セットを使うことが義務付けられる。

2021年 第18戦 F1メキシコGP:サーキット&タイヤコンパウンド解説

2021年11月7日
2021年 第18戦 F1メキシコGP:サーキット&タイヤコンパウンド解説
2021年 第18戦 F1メキシコGPがエルマノス・ロドリゲス・サーキットで開催される。公式タイヤサプライヤーのピレリが2021年F1メキシコGPのタイヤについて解説した。

前戦F1アメリカGPと同世に、F1メキシコGPも2年ぶりにカレンダーに戻ってきた。このレースでは、C2(ハード)、C3(ミディアム)、C4(ソフト)という中間のタイヤが選択された。これは2019年と同じ選択だが、2018年よりも1ステップ硬くなっている。C5はメキシコにとってあまりにもアグレッシブな選択だった。

「2022年F1マシンはそこまで遅くはならない」とピレリF1責任者

2021年11月4日
「2022年F1マシンはそこまで遅くはならない」とピレリF1責任者
ピレリのF1責任者を務めるマリオ・イゾラは、2022年F1マシンが今季の史上最速のF1マシンと比較して“そこまで遅くはならない”と語る。

後続マシンが追従しやすく、オーバーテイクを促進するために設計された次世代F1マシンは、2021年F1マシンよりも5秒以上遅くなるのではないかとの懸念がある。

2021年 第17戦 F1アメリカGP 決勝:タイヤ戦略解説

2021年10月25日
2021年 第17戦 F1アメリカGP 決勝:タイヤ戦略解説
2021年 第17戦 F1アメリカGP 決勝でのタイヤ戦略をF1公式タイヤサプライヤーのピレリが解説した。

ポールポジションからスタートしたレッドブルのマックス・フェルスタッペンが、2ストップ戦略で緊迫した戦術的レースを制した。フェルスタッペンは、オープニングラップでメルセデスのルイス・ハミルトンにトップを奪われた後、11周目にP Zeroイエロー・ミディアムからP Zeroホワイト・ハードへ交換し、3周後にピットストップを行ったハミルトンに対する『アンダーカット』に成功してトップの座を奪還した。
«Prev || ... 5 · 6 · 7 · 8 · 9 · 10 · 11 · 12 · 13 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム