F1チーム、予選Q3進出タイヤでスタートするルールの廃止に反対

2018年12月13日
F1 フォーミュラ1
F1チームは、グリッドの半分のクルマが中古タイヤでスタートするルールを廃止するという提案を拒絶した。

F1では2010年にQ3で使用していたタイヤセットでスタートするというルールが導入されたが、2014年から上位10名はQ2でベストタイムを記録したタイヤでスタートするようルールが変更された。

ピレリ、2019年のF1世界選手権の開幕4戦のタイヤ選択を発表

2018年12月11日
F1 ピレリ 2019年のF1世界選手権
F1の公式タイヤサプライヤーを務めるピレリは、2019年のF1世界選手権の開幕4戦のタイヤコンパウンドの選択を発表。新たな命名が採用あれ、2018年よりも硬めのコンパウンドが選ばれた。

ピレリは、2019年のF1世界選手権から新しいタイヤ命名システムを導入。ドライコンパウンドは7種類から5種類への削減され、最も硬いものをC1(コンパウンド1)、最も柔らかいものをC5(コンパウンド5))と名付け、各レースでハード(ホワイト)、ミディアム(イエロー)、ソフト(レッド)として配分する。

ピレリ 「F1の問題はタイヤだけの責任ではない」

2018年12月5日
F1 ピレリ
ピレリのカーレーシング責任者を務めるマリオ・イゾラは、F1を退屈にさせているのはタイヤだという見方に異論を唱えた。

最近、F1ドライバーはピレリとミーティングを開催し、ピットストップのために労わるのではなく、プッシュできる堅牢なタイヤが必要だと主張した。

ピレリは、2023年までF1の公式タイヤサプライヤー契約を確保している。

F1 | ピレリ、タイヤセーブよりも本気の走りを目指して方向転換?

2018年12月1日
F1 ピレリ
F1の公式タイヤサプライヤーであるピレリは、2019年に新しいコンパウンドを導入しても1ストップ戦略がチームにとって人気のある選択肢になることを示唆。2018年はコンパウンドを柔らかくしてアグレッシブな戦略が展開されることを目指したが、そのアイデアは失敗だったと認める。

今週のF1アブダビテストでは、2019年仕様のタイヤコンパウンドが初めて使用された。

F1 アブダビGP 決勝 | ピレリ タイヤ戦略解説

2018年11月26日
F1 アブダビグランプリ ピレリ
ピレリが、2018年のF1世界選手権 最終戦 アブダビGP 決勝でのタイヤ戦略を振り返った。

ルイス・ハミルトンが、予測通りのウルトラソフト – スーパーソフトと繋ぐ1 ストップ戦略で、2018シーズン最終戦をポール・トゥ・ウィンで制した。この日、ピレリのタイヤサプライヤー契約が2023年まで延長されることが発表された。

ピレリ、2023年までF1タイヤ供給契約を延長

2018年11月25日
F1 ピレリ
ピレリは、2020年から2023年のF1タイヤ供給契約を締結。単独サプライヤーとしてF1世界選手権へのタイヤ供給を継続することになった。

ピレリは、2011年以降、F1に単独でタイヤを供給してきた。しかし、2019年以降の契約にはDTMやヨーロッパF3選手権への供給で実績のある韓国のタイヤメーカーであるハンコクが入札を行い、FIA(国際自動車連盟)は2社の提案を評価していた。

ピエール・ガスリー 「今のF1タイヤは接近戦になれば3周でダメになる」

2018年11月17日
F1 ピエール・ガスリー トロロッソ・ホンダ
トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーは、現在のF1タイヤは別のマシンに接近するとすぐにパフォーマンスを失ってしまうとして改善を求めている。

F1ブラジルGPの週末、ドライバーはピレリとの会議に参加し、現世代のF1タイヤをどのように改善するべきかについてフィードバックを与えた。

ピエール・ガスリーは、別のマシンに接近した際にタイヤは“3周で使い物にならなくなる”として改善を求めた。

メルセデス、ピレリの来季のF1タイヤ変更の意思決定プロセスを批判

2018年11月16日
F1 メルセデス ピレリ
メルセデスのF1チーム代表トト・ヴォルフは、2019年のF1世界選手権に向けたタイヤ変更に関するピレリの意思決定プロセスを批判している。

今シーズン、ピレリは2019年のタイヤ変更について様々チームやドライバーの好みを非常に慎重に耳を傾けてきたが、噂されているより薄いドレッドには誰も満足していないとされている。

2018年 F1アブダビGP:各ドライバーのタイヤ選択

2018年11月14日
F1 アブダビGP
2018年のF1世界選手権 最終戦 アブダビGPでの各ドライバーのタイヤ選択をF1公式サプライヤーのピレリが発表した。

ピレリは、ヤス・マリーナ・サーキットにスーパーソフト(レッド)、ウルトラソフト(パープル)、ハイパーソフト(ピンク)という最も柔らかいコンパウンドを選択。レースではスーパーソフトとウルトラソフトのいずれか1セットを使用されなければならない。また、ハイパーソフトは予選Q3で使用しなければならない。残りの10セットはチームが自由に選択できる。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム