2019年 F1 ロシアGP 決勝 | ピレリ タイヤ戦略解説

2019年9月30日
2019年 F1 ロシアGP 決勝
ピレリが、2019年のF1世界選手権 第16戦 シンガポールGP 決勝でのタイヤ戦略を振り返った。

メルセデスのルイス・ハミルトンがロシアグランプリを制した。2番グリッドからスタートしたハミルトンは、バーチャルセーフティカー導入周回中にミディアムからソフトへ交換する1ストップ戦略を採った。

F1ロシアGP 決勝 | 各ドライバーの持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想

2019年9月29日
F1ロシアGP 決勝
ピレリは、2019年 F1ロシアGPの決勝で各ドライバーが使用可能な持ちタイヤ数を発表した。

ピレリは、ソチ・オートドロームにC2(ハード/ホワイト)、C3(ミディアム/イエロー)、C5(ソフト/レッド)という3種類のコンパンドを選択。レースではC2とC3のいずれか1セットを使用されなければならない。

2019年 F1ロシアGP | 各ドライバーのタイヤ選択

2019年9月25日
2019年 F1ロシアGP
2019年のF1世界選手権 第16戦 ロシアGPの各ドライバーのタイヤ選択をF1公式タイヤサプライヤーのピレリが発表した。

ピレリは、2019年のF1世界選手権から新しいタイヤ命名システムを導入。ドライコンパウンドは7種類から5種類への削減され、最も硬いものをC1(コンパウンド1)、最も柔らかいものをC5(コンパウンド5)と名付け、各レースでハード(ホワイト)、ミディアム(イエロー)、ソフト(レッド)として配分する。

2019年 F1 シンガポールGP 決勝 | ピレリ タイヤ戦略解説

2019年9月24日
2019年 F1 シンガポールGP 決勝
ピレリが、2019年のF1世界選手権 第15戦 シンガポールGP 決勝でのタイヤ戦略を振り返った。

3番グリッドからスタートしたセバスチャン・ベッテルが優勝し、フェラーリに3連勝をもたらした。ベッテルは、ピットストップ戦略によって、チームメイトのシャルル・ルクレールを抜くことに成功した。ポールからスタートしたルクレールが2位でフィニッシュし、レッドブルのマックス・フェルスタッペンが3位を獲得した。セーフティーカーが3回導入されたフィジカル面で厳しいレースで、トップ7が同じ戦略を採用した。

F1シンガポールGP 決勝 | 各ドライバーの持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想

2019年9月22日
 各ドライバーの持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想
ピレリは、2019年 F1シンガポールGPの決勝で各ドライバーが使用可能な持ちタイヤ数を発表した。

ピレリは、ストリートサーキットとなるマリーナベイにC3(ハード/ホワイト)、C4(ミディアム/イエロー)、C5(ソフト/レッド)という最も柔らかいコンパンドを選択。レースではC3とC4のいずれか1セットを使用されなければならない。

F1 | 2021年用18インチF1タイヤの2日間のテストを完了…213周を走破

2019年9月14日
F1
ピレリは、2021年からF1に導入する18インチタイヤの2日間にわたる最初のテストを完了させた。

ピレリは9月12日(木)・13日(金)の2日間にわたってポール・リカールドでテストを実施。ルノーが18インチタイヤ用に改良した2018年型F1マシンの“ミュールカー”を提供し、リザーブドライバーのセルゲイ・シロトキンがテストを担当。初日に93周、2日目に119周、合計で213周を走りこんだ。

ピレリ、18インチF1タイヤのテスト初日に94周を走破

2019年9月13日
ピレリ、18インチF1タイヤのテスト初日に94周を走破
ピレリは9月12日(木)に2021年に導入する18インチのF1タイヤのテストを開始。94周を走破した。

現在、F1では13インチのタイヤが使用されているが、2021年のF1世界選手戦からはF1レギュレーション変更の一部として5インチアップされた18インチのF1タイヤが導入されることになっている。

【動画】 ピレリ、ルノーF1チームと18インチF1タイヤのテストを開始

2019年9月12日
【動画】 ピレリ、ルノーF1チームと18インチF1タイヤのテストを開始
F1の公式タイヤサプライヤーであるピレリは、9月12日(木)にルノーとともに2021年に導入される18インチのF1タイヤのテストを開始した。

F1に新しいレギュレーションが導入される2021年から、F1マシンが装着するタイヤは現在の13インチからより市販車に近い18インチタイヤへと変更になる。

2019年 F1シンガポールGP | 各ドライバーのタイヤ選択

2019年9月12日
2019年 F1シンガポールGP
2019年のF1世界選手権 第15戦 シンガポールGPの各ドライバーのタイヤ選択をF1公式タイヤサプライヤーのピレリが発表した。

ピレリは、2019年のF1世界選手権から新しいタイヤ命名システムを導入。ドライコンパウンドは7種類から5種類への削減され、最も硬いものをC1(コンパウンド1)、最も柔らかいものをC5(コンパウンド5)と名付け、各レースでハード(ホワイト)、ミディアム(イエロー)、ソフト(レッド)として配分する。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム