2019年 F1 スペインGP 決勝 | ピレリ タイヤ戦略解説

2019年5月14日
2019年 F1 スペインGP 決勝
ピレリが、2019年のF1世界選手権 第5戦 スペインGP 決勝でのタイヤ戦略を振り返った。

ルイス・ハミルトンが優勝し、メルセデスによるワンツーフィニッシュ記録は、開幕以来5戦連続へと更新された。レースは、1ストップと2ストップが入り混じる様相を呈していたが、後半のセーフティーカー導入が影響を及ぼし、上位勢は「フリー」ピットストップの機会を得た。

F1スペインGP 決勝 | 各ドライバーの持ちタイヤ数

2019年5月12日
F1スペインGP 決勝
ピレリは、F1スペインGPの決勝で各ドライバーが使用可能な持ちタイヤ数を発表した。

ピレリは、今回のF1スペインGPにC1(ハード/ホワイト)、C2(ミディアム/イエロー)、C3(ソフト/レッド)と最も硬いレンジのタイヤを持ち込んでおり、決勝ではハードもしくミディアムのいずれか1セットを使用されなければならない。

フェラーリ、ピレリの18インチのF1タイヤテストにマシンを提供せず

2019年5月11日
F1 フェラーリ ピレリ
フェラーリは、今年後半に行われるピレリの2021年の18インチタイヤ開発のためにテストカーを提供しないことが明らかになった。

以前、今年のピレリのテストのためにフェラーリ、メルセデス、ルノーの3チームがテストカーを供給することに合意したと報じられていた。

しかし、ピレリのカーレーシング責任者を務めるマリオ・イゾラは、実際にはメルセデス、マクラーレン、ルノーの3チームであることを明らかにした。

ピレリ 「ハースF1チームはタイヤ批判ではなくシャシーを見直すべき」

2019年5月8日
F1 ピレリ ハースF1チーム
ピレリのF1責任者を務めるマリオ・イゾラは、ハースF1チームはタイヤを批判するのではなく、自分たちのシャシーを見直すべきだと語る。

ハースF1チームのチームプリンシパルを務めるギュンター・シュタイナーは、“タイヤが選手権を支配している”としてピレリの2019年のF1タイヤを批判している。

バーニー・エクレストン、ウインドウの狭いピレリのF1タイヤを支持

2019年5月5日
F1 バーニー・エクレストン ピレリ
元F1最高責任者を務めるバーニー・エスレストンは、2019年のF1世界選手権で批判の的となっているピレリを支持している。

最近、ハースF1チームのチームプリンシパルを務めるギュンター・シュタイナーは、今年のタイヤ状況は“F1ではない”と批判した。

2019年 F1スペインGP:各ドライバーのタイヤ選択

2019年5月2日
F1 スペインGP ピレリ
2019年のF1世界選手権 第5戦 スペインGPの各ドライバーのタイヤ選択をF1公式タイヤサプライヤーのピレリが発表した。

ピレリは、2019年のF1世界選手権から新しいタイヤ命名システムを導入。ドライコンパウンドは7種類から5種類への削減され、最も硬いものをC1(コンパウンド1)、最も柔らかいものをC5(コンパウンド5))と名付け、各レースでハード(ホワイト)、ミディアム(イエロー)、ソフト(レッド)として配分する。

2019年 F1 アゼルバイジャンGP 決勝 | ピレリ タイヤ戦略解説

2019年4月29日
F1 ピレリ アゼルバイジャンGP
ピレリが、2019年のF1世界選手権 第4戦 アゼルバイジャンGP 決勝でのタイヤ戦略を振り返った。

予選順位そのままに、バルテリ・ボッタスが優勝、ルイス・ハミルトンが2位を獲得し、またしてもメルセデスがワンツーフィニッシュを達成した。トップ4が、ソフト‐ミディアムと繋ぐ1ストップ戦略を採用した。これと異なる戦略による最上位ドライバーは、フェラーリのシャルル・ルクレールだった。8番グリッドがらスタートしたルクレールは、ミディアムで長いオープニングスティントを走行し、その後ソフトへ交換した。

ピレリの18インチのF1タイヤテストに3チームがテストカーを提供へ

2019年4月24日
F1 ピレリ
ピレリが2021年の18インチのF1タイヤの走行テストを開始できるように3つのF1チームがミュールカーを提供すると報じられている。

ピレリは、2023年までF1に単独でサプライヤーとしてタイヤを供給することが決定しており、2020年シーズン末で現在の13インチから18インチにF1タイヤを切り替える。

2019年 F1アゼルバイジャンGP:各ドライバーのタイヤ選択

2019年4月17日
F1 アゼルバイジャンGP
2019年のF1世界選手権 第4戦 アゼルバアイジャンGPの各ドライバーのタイヤ選択をF1公式タイヤサプライヤーのピレリが発表した。

ピレリは、2019年のF1世界選手権から新しいタイヤ命名システムを導入。ドライコンパウンドは7種類から5種類への削減され、最も硬いものをC1(コンパウンド1)、最も柔らかいものをC5(コンパウンド5))と名付け、各レースでハード(ホワイト)、ミディアム(イエロー)、ソフト(レッド)として配分する。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム