ジョージ・ラッセル、メルセデスのF1マシンで18インチタイヤをテスト

2019年12月9日
ジョージ・ラッセル、メルセデスのF1マシンで18インチタイヤをテスト
ジョージ・ラッセルは。2021年のF1世界選手権で導入されるピレリの18インチタイヤをメルセデスのF1マシンでテストした。

ピレリは、18インチタイヤの実車でのテストを開始。今月に入ってからルノーとマクラーレンがそれぞれ2日間のテストを実施していた。

ピレリ 「F1チームの70%が同意すれば来年も2019年タイヤを使用する」

2019年12月6日
ピレリ 「F1チームの70%が同意すれば来年も2019年タイヤを使用する」
ピレリのF1責任者を務めるマリオ・イゾラは、F1チームの70%=7チームが同意すれば、2020年も今年使用した2019年F1タイヤを供給することになると語る。

12月3日(火)と4日(水)の2日間にわたり、F1の全10チームがヤス・マリーナ・サーキットで2020年仕様のF1タイヤで走行。テストでは2019年仕様のF1タイヤも用意され、各チームが違いを比較した。

ピレリ、2020年に使用するF1タイヤの最終期限を12月9日(月)に設定

2019年12月5日
ピレリ、2020年に使用するF1タイヤの最終期限を12月9日(月)に設定
ピレリは、2020年のF1世界選手権で2020年仕様のタイヤを使用するか、もしくは2019年仕様のタイヤを継続使用するかどうかを12月9日(月)までに決定しなければならないとしている。

F1チームは、ヤス・マリーナ・サーキットで2日間のタイヤテストを実施。ピレリは、2020年と2019年の両方のタイヤを提供し、F1チームが両方のコンパウンドを比較できるようにした。

2019年 F1アブダビテスト | 総合タイム&使用タイヤ

2019年12月5日
2019年 F1アブダビテスト
2019年 F1アブダビテストが12月3日(火)・4日(水)の2日間にわたってヤス・マリーナ・サーキットで開催された。

ピレリは、2020年のC1~C5+C2Bの6種類のプロトタイプタイヤと、2019年仕様のC1~C5コンパウンドを用意。各チームは2日間で20セットを使用でき、12セットはピレリが指定し、残り8セットはチームが選択。両年度のコンパウンドを比較しながら、2020年に向けたデータ収集を行った。

ピレリ 「2020年F1タイヤへのドライバーの主観的な印象は良好」

2019年12月5日
ピレリ 「2020年F1タイヤへのドライバーの主観的な印象は良好」
ピレリのF1責任者であるマリオ・イゾラが2日間にわたって行われたF1アブダビテストを総括。2020年F1タイヤへのドライバーの印象は良好ではあるが、チームが望むのであれば2019年F1タイヤを継続することにオープンだと語った。

ピレリは、F1アメリカGPの金曜フリー走行で2020年F1タイヤをテストしたが、ドライバーからは特にリアのグリップについて不満の声が聞かれ、2019年F1タイヤを継続した方がいいとの声も挙がっていた。

2019年 F1 アブダビGP 決勝 | ピレリ タイヤ戦略解説

2019年12月2日
2019年 F1 アブダビGP 決勝
ピレリが、2019年のF1世界選手権 最終戦 アブダビGP 決勝でのタイヤ戦略を振り返った。

メルセデスのルイス・ハミルトンが、ミディアム~ハードと繋ぐ1ストップ戦略で今シーズン最終戦を制した。2位を獲得したレッドブルのマックス・フェルスタッペンも同じ戦略を採った。

F1アブダビGP 決勝 | 各ドライバーの持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想

2019年12月1日
F1アブダビGP 決勝
ピレリは、2019年 F1アブダビGPの決勝で各ドライバーが使用可能な持ちタイヤ数を発表した。

ピレリはアスファルトが滑らかなヤス・マリーナー・サーキット向けにC3(ハード/ホワイト)、C4(ミディアム/イエロー)、C5(ソフト/レッド)という最も柔らかいコンパンドが選択している。

3強チームでは、セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)のみがソフトタイヤでスタートし、それ以外のドライバーはミディアムタイヤでのスタートとなる。

カルロス・サインツ 「18インチF1タイヤでもドライビングスタイルは同じ」

2019年11月28日
カルロス・サインツ 「18インチF1タイヤでもドライビングスタイルは同じ」
マクラーレンのカルロス・サインツは、2021年にF1タイヤが13インチから18インチに変更になっても、ドライビングスタイルはほとんど変わらないだろうと語る。

ピレリは、18インチタイヤの実車でのテストを開始。今月、マクラーレンはポール・リカールで開発用の18インチタイヤをテストしており、カルロス・サインツは18インチタイヤを試した数少ないドライバーの一人だ。

ピレリ 「ファンはF1テレビ放送のタイヤグラフィックにまだ混乱している」

2019年11月26日
ピレリ 「ファンはF1テレビ放送のタイヤグラフィックにまだ混乱している」
ピレリは、今年F1放送に追加された新しいタイヤグラフィックにファンは依然として混乱していると考えている。

今年のF1日本GPからテレビ報道にはタイヤパフォーマンスを示すグラフィックが追加され、グリーンからレッドへと変化する各タイヤのグラフィックとパーセンテージが表示されるようになった。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム