2022年 F1日本グランプリ 決勝:タイヤ戦略解説

2022年10月10日
2022年 F1日本グランプリ 決勝:タイヤ戦略解説
2022年F1第18戦日本グランプリ 決勝でのタイヤ戦略をF1公式タイヤサプライヤーのピレリが解説した。

ドライコンディションで行われた予選でポールポジションを獲得したレッドブルのマックス・フェルスタッペンは、Cinturatoブルー・フルウエットを装着した再スタートでもトップを堅持した。

2022年 F1日本GP 決勝:持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想

2022年10月9日
2022年 F1日本GP決勝:持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想
2022年 F1日本グランプリの決勝で各ドライバーが使用可能な持ちタイヤ数を公式タイヤサプライヤーのピレリが発表した。

ピレリは、第18戦の舞台となる鈴鹿サーキットにC1(ハード)、C2(ミディアム)、C3(ソフト)とレンジで最も硬いコンパンドをノミネートしている。決勝がドライな場合、2種類のコンパンドを使うことが義務付けられる。

F1日本GPの悪天候で中止のピレリの2023年タイヤテストはメキシコで実施

2022年10月8日
F1日本GPの悪天候で中止のピレリの2023年タイヤテストはメキシコで実施
F1に公式タイヤサプライヤーであるピレリは、悪天候によって、F1日本GPのフリー走行2回目で計画していた2023年型のドライタイヤのテストスケジュールを変更せざるを得なくなった。

ピレリの2023年シーズンの準備を支援するために、F1チームは金曜日の鈴鹿サーキットでのFP2セッションを60分から90分に延長することに同意し、マークのない開発用ラバーを使用してテストを実施する予定だった。

2022年 F1日本GP:サーキット&タイヤコンパウンド情報

2022年10月5日
2022年 F1日本GP:サーキット&タイヤコンパウンド情報
2022年F1 第18戦 日本グランプリが、鈴鹿サーキットで開催される。公式タイヤサプライヤーのピレリが2022年 F1日本グランプリのタイヤについて解説した。

ピレリは、3年ぶりにF1が帰ってくる鈴鹿サーキットに、C1(ハード)、C2(ミディアム)、C3 (ソフト)というレンジのなかで最も硬いコンパンドを持ち込む。C1コンパウンドの今年最後の登場となる。

2022年 F1シンガポールGP 決勝:持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想

2022年10月2日
2022年 F1シンガポールGP 決勝:持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想
2022年F1第17戦シンガポールグランプリの決勝で各ドライバーが使用可能な持ちタイヤ数を公式タイヤサプライヤーのピレリが発表した。

ピレリは、第17戦の舞台となるマリーナ・ベイ市街地コースにC3(ハード)、C4(ミディアム)、C5(ソフト)とレンジで最も軟らかいコンパンドをノミネートしている。決勝がドライな場合、2種類のコンパンドを使うことが義務付けられる。

2022年 F1シンガポールGP:サーキット&タイヤコンパウンド情報

2022年9月30日
2022年 F1シンガポールGP:サーキット&タイヤコンパウンド情報
2022年F1第17戦シンガポールグランプリが、マリーナ・ベイ市街地サーキットで開催される。公式タイヤサプライヤーのピレリが2022年シンガポールグランプリのタイヤについて解説した。

シンガポールでは、ハードはC3、ミディアムはC4、ソフトはC5と最も柔らかい3つのコンパウンドが選択された(オーストリア以来初めて)。これらのコンパウンドは、マリーナベイトラックの典型的なストリートサーキットの特性に合わせて選択されており、高いレベルのメカニカルグリップを保証する。

2022年 F1イタリアGP 決勝:持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想

2022年9月11日
2022年 F1イタリアGP 決勝:持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想
2022年F1第16戦イタリアグランプリの決勝で各ドライバーが使用可能な持ちタイヤ数を公式タイヤサプライヤーのピレリが発表した。

ピレリは、第16戦の舞台となるモンツァ・サーキットにC2(ハード)、C3(ミディアム)、C4(ソフト)とレンジの中間の硬さのコンパンドをノミネートしている。決勝では2種類のコンパンドを使うことが義務付けられる。

F1:ピレリ、タイヤウォーマー廃止の2024年F1タイヤは「ゼロから開発」

2022年9月8日
F1:ピレリ、タイヤウォーマー廃止の2024年F1タイヤは「ゼロから開発」
ピレリのF1責任者であるマリオ・イゾラは、2024年シーズンに向けてF1タイヤを「ゼロから」開発する必要があると語る。

F1はタイヤブランケットの使用を段階的に廃止しているが、2024年からは完全に禁止される。

「単純にウォームアップを改善する異なるコンパンドを開発するだけでは十分ではない」とマリオ・イゾラは Sky Deutschland に語った。

2022年 F1オランダGP 決勝:持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想

2022年9月4日
2022年 F1オランダGP 決勝:持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想
2022年F1第15戦オランダグランプリの決勝で各ドライバーが使用可能な持ちタイヤ数を公式タイヤサプライヤーのピレリが発表した。

ピレリは、第15戦の舞台とザントフォールト・サーキットにC1(ハード)、C2(ミディアム)、C3(ソフト)とレンジで最も硬いコンパンドをノミネートしている。決勝では2種類のコンパンドを使うことが義務付けられる。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム