2021年 F1スペインGP 決勝:持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想

2021年5月9日
2021年 F1スペインGP 決勝:持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想
ピレリは、2021年のF1世界選手権 第4戦 F1スペインGPの決勝で各ドライバーが使用可能な持ちタイヤ数を発表した。

ピレリは、カタルニア・サーキットに最も硬いレンジであるC1(ハード)、C2(ミディアム)、C3(ソフト)というコンパウドを選択。ゴムは同じだが、構造は2021年にむけて改良されている。決勝ではハードとミディアムのどちらか1セットを使用しなければならない。

2021年 第4戦 F1スペインGP:ピレリ タイヤコンパンド情報

2021年5月6日
2021年 第4戦 F1スペインGP:ピレリ タイヤコンパンド情報
2021年のF1世界選手権の第4戦 F1スペインGPがバルセロナのカタルニア・サーキットで開催される。公式タイヤサプライヤーのピレリが第4戦のタイヤについて語った。

昨年と初めて8月中旬にF1スペインGPが開催されたときと同じように、レンジ内で最も硬いタイヤがカタルニア・サーキットで使用される。C1(ハード)、C2(ミディアム)、C3(ソフト)は、先週末のF1ポルトガルGPと同じノミネートとなる。

2021年 第3戦 F1ポルトガルGP 決勝:タイヤ戦略解説

2021年5月3日
2021年 第3戦 F1ポルトガルGP 決勝:タイヤ戦略解説
2021年のF1世界選手権 第3戦 F1ポルトガルGP 決勝でのタイヤ戦略をF1公式タイヤサプライヤーのピレリが解説した。

メルセデスのルイス・ハミルトンが、2位に約30秒の差をつけてポルトガルグランプリを制した。2番グリッドからスタートしたハミルトンは、37周目にP Zeroイエロー・ミディアムからP Zeroホワイト・ハードへ交換する1ストップ戦略を採った。

2021年 F1ポルトガルGP 決勝:持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想

2021年5月2日
2021年 F1ポルトガルGP 決勝:持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想
ピレリは、2021年のF1世界選手権 第3戦 F1ポルトガルGPの決勝で各ドライバーが使用可能な持ちタイヤ数を発表した。

ピレリは、アルファルベ・サーキットに最も硬いレンジであるC1(ハード)、C2(ミディアム)、C3(ソフト)というコンパウドを選択。ゴムは同じだが、構造は2021年にむけて改良されている。決勝ではハードとミディアムのどちらか1セットを使用しなければならない。

F1:スプリント予選の週末のセッション構成とタイヤ配分

2021年4月29日
F1:スプリント予選の週末のセッション構成とタイヤ配分
F1チームは、2021年のF1世界選手権の3つのグランプリで土曜日に“スプリント予選”を実施するフォーマットをトライアルすることに合意。通常のグランプリ週末とはセッションの構成やタイヤ配分が異なる。

今年から通常のグランプリ週末では、金曜日に2回、土曜日の午前に1回と、60分間のプラクティスセッションが3回実施され、土曜日の午後に予選、日曜日に決勝という編成で行われる。

2021年 第3戦 F1ポルトガルGP:ピレリ タイヤコンパンド情報

2021年4月27日
2021年 第3戦 F1ポルトガルGP:ピレリ タイヤコンパンド情報
2021年のF1世界選手権の第3戦 F1ポルトガルGPがアルガルベ・インターナショナル・サーキットで開催される。公式タイヤサプライヤーのピレリが第3戦のタイヤについて語った。

開幕2戦では同じタイヤノミネート(C2/C3/C4)がレースで使用されたが、ポルトガルでの第2戦では最も硬いC1(ハード)が導入され、C2(ミディアム)、C3(ソフト)がノミネートされる。

ルイス・ハミルトン、ピレリの18インチのF1タイヤを初テスト

2021年4月21日
メルセデスF1のルイス・ハミルトン、ピレリの18インチのF1タイヤを初テスト
メルセデスF1のルイス・ハミルトンは4月20日(火)、2022年のF1世界選手権で導入されるピレリの18インチタイヤをテストした。

F1エミリア・ロマーニャGPで珍しいミスから挽回してマックス・フェルスタッペンに次ぐ2位でレースを終えてから2日後、7回のF1ワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンはイモラ・サーキットでピレリの18インチF1タイヤのプロトタイプを初めて味わった最新のドライバーとなった。

2021年 第2戦 F1エミリア・ロマーニャ 決勝:タイヤ戦略解説

2021年4月19日
2021年 第2戦 F1エミリア・ロマーニャ 決勝:タイヤ戦略解説
2021年のF1世界選手権 第2戦 F1エミリア・ロマーニャGP 決勝でのタイヤ戦略をF1公式タイヤサプライヤーのピレリが解説した。

エミリア・ロマーニャ・グランプリの決勝は、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン、インターミディエイト~ミディアムと繋ぐ戦略で優勝した。ピレリがタイトルスポンサーを務めるスリリングなイモラでのレースは、接触事故に伴うデブリ除去のために、34周目に赤旗中断となった。

2021年 F1エミリア・ロマーニャGP 決勝:持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想

2021年4月18日
2021年 F1エミリア・ロマーニャGP 決勝:持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想
ピレリは、2021年のF1世界選手権 第2戦 F1エミリア・ロマーニャGPの決勝で各ドライバーが使用可能な持ちタイヤ数を発表した。

ピレリは、イモラ・サーキットに昨年と同じC2(ハード)、C3(ミディアム)、C④(ソフト)というコンパウドを選択。ゴムは同じだが、構造は2021年にむけて改良されている。決勝ではハードとミディアムのどちらか1セットを使用しなければならない。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム