2022年 F1サウジアラビアGP:ソフトとミディアムのタイム差は約0.6秒

2022年3月26日
2022年 F1サウジアラビアGP:ソフトとミディアムのタイム差は約0.6秒
2022年F1サウジアラビアグランプリ初日のフリー走行を終え、ピレリはソフトとミディアムのタイム差は約0.6秒と算出した。

初日のフリー走行ではシャルル・ルクレール(フェラーリ)がソフト(C4)で1分30秒074でタイムシートのトップに立った。FP1でも同じソフトタイヤでトップタイムを記録している。2番手にはFP1ではハード、FP2ではミディアムでタイムを出したマックス・フェルスタッペン(レッドブル)が続いた。

2022年 F1サウジアラビアGP:サーキット&タイヤコンパウンド情報

2022年3月25日
2022年 F1サウジアラビアGP:サーキット&タイヤコンパウンド情報
2022年F1第2戦サウジアラビアグランプリが、ジェッダ・コーニッシュ・サーキットで開催される。公式タイヤサプライヤーのピレリが2022年サウジアラビアブランプリのタイヤについて解説した。

最初の訪問から4か月も経たないうちに、F1はサウジアラビアに戻ってきた。ピレリは、レンジの中央にある化合物をもう一度選択。ハードはC2、ミディアムはC3、ソフトはC4となる。

2022年 F1バーレーンGP 決勝:タイヤ戦略解説

2022年3月24日
2022年 F1バーレーンGP 決勝:タイヤ戦略解説
2022年 F1開幕戦バーレーングランプリ 決勝でのタイヤ戦略をF1公式タイヤサプライヤーのピレリが解説した。

ポールポジションからスタートしたフェラーリのシャルル・ルクレールが、バーレーングランプリを制し、チームをワン・ツーフィニッシュへと導いた。 最初の2スティントをC3コンパウンドのP Zeroレッド・ソフトで走行したルクレールは、C2コンパウンドのP Zeroイエロー・ミディアムへ繋ぎ、残り11周時点のセーフティーカー導入周回中に再度ソフトへ交換してファイナルスティントを走行した。

2022年 F1バーレーンGP 決勝:持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想

2022年3月20日
2022年 F1バーレーンGP 決勝:持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想
2022年のF1世界選手権 開幕戦バーレーングランプリの決勝で各ドライバーが使用可能な持ちタイヤ数を公式タイヤサプライターのピレリが発表した。

ピレリは、開幕戦の舞台バーレーン・マリーナ・サーキットに昨年よりも1段階硬いC1(ハード)、C2(ミディアム)、C3(ソフト)とレンジで最も硬いコンパウンドをノミネートしている。決勝ではハードとミディアムのいずれか1セットを使うことが義務付けられる。

2022年 F1バーレーンGP:ソフトとミディアムのタイム差は約1.2秒

2022年3月19日
2022年 F1バーレーンGP:ソフトとミディアムのタイム差は約1.2秒
2022年F1バーレーングランプリ初日のフリー走行を終え、ピレリはソフトとミディアムのタイム差は約1.2秒と算出した。

バーレーングランプリ初日のフリー走行では、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・レーシング)がソフト(C3)で1分31秒936のベストタイムを記録。フェラーリのリ台を上回った。FP1ではピエール・ガスリー(スクーデリア・アルファタウリ)が同じコンパンドでタイムシートのトップに立った。

2022年 F1バーレーンGP:サーキット&タイヤコンパウンド解説

2022年3月18日
2022年 F1バーレーンGP:サーキット&タイヤコンパウンド解説
2022年 第1戦 F1バーレーンGPがバーレーン・インターナショナル・サーキットで開催される。公式タイヤサプライヤーのピレリが2022年バーレーンGPのタイヤについて解説した。

ピレリは、2022年シーズン開幕戦のバーレーングランプリに新しい18インチタイヤシリーズで最も硬いC1(ハード)、C2(ミディアム)、C3(ソフト)という3つのコンパウンドを選択した。このノミネートは、昨年のレースで行われた選択よりも一段階硬くないものとなっている。新しい18インチタイヤは、コンパウンドの点でも、前の13インチのタイヤとは完全に異なっている。

ピレリ、2022年のF1世界選手権のオープニング3戦のタイヤ選択を発表

2022年3月16日
ピレリ、2022年のF1世界選手権のオープニング3戦のタイヤ選択を発表…オーストラリアGPはC4をスキップする変則配分
ピレリは、2022年のF1世界選手権のオープンニング3レースに持ち込むタイヤコンパンドを発表。F1オーストラリアGPではC4コンパウンドをスキップする変則的な配分となっている。

メルボルンは、来月に第3ラウンドを開催。2020年に新型コロナウイルスによって土壇場でキャンセルになって以来のカレンダー復帰となる。ピレリのドライコンパウンドのなかで最も軟らかいC5タイヤが配分されるが、C4タイヤはスキップし、他の2つのタイヤはC2とC3が選択された。

F1バルセロナテスト:最終日の午後をウェットタイヤのテストに割当

2022年2月23日
F1バルセロナテスト:最終日の午後をウェットタイヤのテストに割当
2022年F1バルセロナテストは、最終日となる2月25日(金)の午後にトラックを人工的に濡らしてウエットタイヤのテストを実施する。

F1チームは2月23日(水)にスペインのカタルーニャ・サーキットで2022年のプレシーズンテストを開始。今年の大幅な空力コンセプトの変更に加えて、F1は18インチタイヤに切り替えており、ピレリは新たな仕様のタイヤとコンパンドを開発している。

ピレリF1、18インチタイヤ導入の2022年は「1ストップが主流になる」

2022年2月6日
ピレリF1、18インチタイヤ導入の2022年は「1ストップが主流になる」
ピレリのF1責任者を務めるマリオ・イゾラは、デグラデーションの少ない特徴を備えた18インチタイヤのおかげで、2022年は1ストップレースが主流になる可能性があると考えている。

今年、F1はまったく新しい空力コンセプトのF1マシンが導入されると同時に、タイヤは13インチから18インチに切り替わり、ピレリは新しいタイヤ構造とコンパンドを開発した。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム