2019年 F1オーストラリアGP:各ドライバーのタイヤ選択

2019年3月6日
F1 オーストラリアGP 2019年のF1世界選手権
2019年のF1世界選手権 開幕戦 オーストラリアGPの各ドライバーのタイヤ選択をF1公式タイヤサプライヤーのピレリが発表した。

ピレリは、2019年のF1世界選手権から新しいタイヤ命名システムを導入。ドライコンパウンドは7種類から5種類への削減され、最も硬いものをC1(コンパウンド1)、最も柔らかいものをC5(コンパウンド5))と名付け、各レースでハード(ホワイト)、ミディアム(イエロー)、ソフト(レッド)として配分する。

ピレリ、2019年のF1プレシーズンテストでのタイヤ不足を否定

2019年3月4日
F1 ピレリ
ピレリは、2019年F1プレシーズンテストでタイヤ不足によっていくつかのチームが走行を制限されていたとの噂を否定した。

ピレリは、2回のF1プレシーズンテストで各チームに40セットずつのスリックタイヤを割り当てた。これは、2016年以降、FIA(国際自動車連盟)がプレシーズンテストの回数を3回から2回に減らしたためだ。

ピレリ 「2019年型の各F1タイヤのパフォーマンス差は0.6~0.7秒」

2019年2月22日
F1 ピレリ
ピレリは、2019年型F1タイヤのパフォーマンス差は0.6~0.7秒だと語った。

ピレリは、2019年のF1世界選手権から新しいタイヤ命名システムを導入。ドライコンパウンドは7種類から5種類への削減され、内部的に最も硬いものをC1(コンパウンド1)、最も柔らかいものをC5(コンパウンド5))と名付け、その中から3つのコンパウンドを各レースでハード(ホワイト)、ミディアム(イエロー)、ソフト(レッド)として配分する。

ピレリ、2019年のF1公式テストでのタイヤの識別カラーを公開

2019年2月7日
F1 ピレリ
F1のタイヤサプライヤーであるピレリは、2019年のF1公式テストにおけるタイヤの識別カラーを公開した。

ピレリは、2019年のF1世界選手権から新しいタイヤ命名システムを導入。ドライコンパウンドは7種類から5種類への削減され、内部的に最も硬いものをC1(コンパウンド1)、最も柔らかいものをC5(コンパウンド5))と名付け、その中から3つのコンパウンドを各レースでハード(ホワイト)、ミディアム(イエロー)、ソフト(レッド)として配分する。

ピレリ、2019年F1シーズンのレッドブル・ホンダとルノーの躍進を予想

2019年2月6日
F1 ピレリ レッドブル・ホンダ ルノーF1
F1の公式タイヤサプライヤーであるピレリの責任者のマリオ・イゾラは、2019年のF1世界選手権ではレッドブル・ホンダとルノーがタイトル争いに絡んでいると予想する。

ピレリは、2019年シーズンにむけてシンプルなタイヤシルテムを導入。2019年型のタイヤは保守的なコンパウンドになり、ドライバーはタイヤを温存せずにレースでより長いスティントでプッシュできるようになるとされている。

ピレリ、2019年のF1世界選手権で新型ウエットタイヤを導入

2019年2月1日
F1 ピレリ 2019年のF1世界選手権
ピレリは、2019年F1世界選手権でF1チームに新しいデザインのウエットタイヤを供給するようだ。

F1の公式タイヤサプライヤーであるピレリは、新シーズンに向けてドライコンパウンドを微調整しており、さらに識別カラーを3色に簡素化したことはすでに知られている。

ピレリ、2019年のF1プレシーズンテスト開始時のバルセロナの天候を懸念

2019年1月31日
F1 ピレリ
2019年のF1プレシーズンテスト開始まで3週間を切ったが、ピレリは3月18日のバルセロナの天候を懸念している。

昨年は、ヨーロッパには大寒波が押し寄せており、カタロニア・サーキットの位置するスペイン・バルセロナもテスト3日目には朝から雪が降り、サーキット周辺には雪が積もった。セッション開始時刻の9時になっても気温は0℃となり、ほとんどのチームが走行を見送った。

ピレリ、今シーズン後半に18インチのF1タイヤのテストを実施へ

2019年1月25日
F1 ピレリ
ピレリは、今シーズン後半に2021年に導入される18インチの扁平タイヤについて考え始めることになるだろう。

2020年以降のF1タイヤ供給にはハンコックの入札もあったが、ピレリは2020年から2023年にF1の単独タイヤ供給者として契約を勝ち取った。

ピレリ 「2019年のF1タイヤではブリスター問題は発生しない」

2019年1月5日
F1 ピレリ 2019年のF1世界選手権
ピレリは、2019年のF1世界選手権ではブリスターの問題は発生しないと考えている。

昨シーズン、ピレリのF1タイヤは、ブリスター問題がドライビングを困難なものにしているとしてF1チームやドライバーから多くの苦情が寄せられていた。

しかし、ピレリはブレスターはもはや過去のものであると考えている。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム