F1、2023年にタイヤウォーマーの温度を下げる計画を中止へ

2022年11月3日
F1、2023年にタイヤウォーマーの温度を下げる計画を中止へ
F1は、2023年にタイヤウォーマーの温度を70℃から50℃に下げる計画を再評価しており、温度を下げる代わりにタイヤブランケットの使用時間を短縮することに置き換えられる可能性が高い。

タイヤブランケットの温度を下げることは、2024年の変更に備えて計画されていた。F1は、持続可能性推進の一環として、2024年にタイヤウォーマーの使用を完全に廃止することを予定している。

2022年 F1メキシコGP 決勝:タイヤ戦略解説

2022年10月31日
2022年 F1メキシコGP 決勝:タイヤ戦略解説
2022年 F1 第20戦 メキシコGP 決勝でのタイヤ戦略をF1公式タイヤサプライヤーのピレリが解説した。

P Zeroレッド・ソフトタイヤでスタートしてトップに立ったマックス・フェルスタッペン(レッドブル)は、25周目にP Zeroイエロー・ミディアムタイヤへ交換するピットストップを行い、トップの座を譲った。

2022年 F1メキシコGP 決勝:持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想

2022年10月31日
2022年 F1メキシコGP 決勝:持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想
2022年 F1メキシコGPの決勝で各ドライバーが使用可能な持ちタイヤ数を公式タイヤサプライヤーのピレリが発表した。

ピレリは、第20戦の舞台となるエルマノス・ロドリゲス・サーキットにC2(ハード)、C3(ミディアム)、C4(ソフト)とレンジで中間に位置するコンパンドをノミネートしている。決勝がドライな場合、2種類のコンパンドを使うことが義務付けられる。

2022年 F1メキシコGP:サーキット&タイヤコンパウンド情報

2022年10月29日
2022年 F1メキシコGP:サーキット&タイヤコンパウンド情報
2022年F1 第19戦 メキシコGPが、メキシコシティのエルマノス・ロドリゲス・サーキットで開催される。公式タイヤサプライヤーのピレリが2022年 F1メキシコGPのタイヤについて解説した。

F1メキシコGPでは、先週末と同じC2(ハード)、C3(ミディアム)、C4(ソフト)と中間の3つのコンパウンドがノミネートされた。メキシコは、海抜2200メートルを超える F1カレンダーで最も標高の高いイベントとなる。薄い空気はエンジンだけでなく空力にも影響を与え、特に低速でのダウンフォースが少なくなる。

2022年 F1アメリカGP 決勝:タイヤ戦略解説

2022年10月25日
2022年 F1アメリカGP 決勝:タイヤ戦略解説
2022年F1第19戦アメリカGp 決勝でのタイヤ戦略をF1公式タイヤサプライヤーのピレリが解説した。

P Zeroイエロー・ミディアムタイヤでスタートしたレッドブルのマックス・フェルスタッペンが、第1コーナーでトップに立った。20名中の16名がミディアムタイヤでスタートした。フェルスタッペンがP Zeroホワイト・ハードタイヤへ交換後、ハミルトンも同様のピットストップを行い、フェルスタッペンが再びトップに立った。

2022年 F1アメリカGP 決勝:持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想

2022年10月24日
2022年 F1アメリカGP 決勝:持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想
2022年 F1アメリカGPの決勝で各ドライバーが使用可能な持ちタイヤ数を公式タイヤサプライヤーのピレリが発表した。

ピレリは、第19戦の舞台となるサーキット・オブ・ジ・アメリカズにC2(ハード)、C3(ミディアム)、C4(ソフト)とレンジで中間に位置するコンパンドをノミネートしている。決勝がドライな場合、2種類のコンパンドを使うことが義務付けられる。

2022年 F1アメリカGP:サーキット&タイヤコンパウンド情報

2022年10月22日
2022年 F1アメリカGP:サーキット&タイヤコンパウンド情報
2022年F1 第19戦 アメリカGPが、サーキット・オブ・ジ・アメリカズで開催される。公式タイヤサプライヤーのピレリが2022年 F1アメリカGPのタイヤについて解説した。

F1アメリカGPでは、C2(ハード)、C3(ミディアム)、C4(ソフト)と中間の3つのコンパウンドがノミネートされた。サーキット・オブ・ジ・アメリカズの路面の凹凸により、車高を上げて走行する必要が生じ、空力パフォーマンスに影響を与える可能性がある。チームはデータを注意深く調べて、最適なセットアップを見つける必要がある。

ピレリ、ウェットF1タイヤへの批判に反論 「テストも開発の機会もない」

2022年10月12日
ピレリ、ウェットF1タイヤへの批判に反論 「テストも開発の機会もない」
ピレリは、F1のレインタイヤの品質に関するドライバーから苦情をチームに向けた。

雨となった鈴鹿サーキットのF1日本GP後、ファンは、このF1が現代において非常に雨の多いコンディションでのレースを嫌うように見える理由を改めて疑問視した。

マックス・フェルスタッペン、ピレリに雨天用F1タイヤのテストを申し出

2022年10月11日
マックス・フェルスタッペン、ピレリに雨天用F1タイヤのテストを申し出
マックス・フェルスタッペンは、ピレリが雨天用にもっと良いテイヤを開発するのに役立つならば、ウェットタイヤのテストに参加することを申し出た。

日曜日に行われたF1日本GPの延期により、F1が悪天候にうまく対処できるようにマシンを再考する必要があるかどうかについての議論が再開された.
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム