ピレリ、2017年F1オーストラリアGPとF1中国GPのタイヤ配分を発表

2016年12月22日
ピレリ 2017 F1
ピレリは、2017年の開幕戦F1オーストラリアGPと第2戦F1中国GPのコンパウンドとタイヤ配分数を発表した。

タイヤコンパウンドは、ヨーロッパでは9週間前、長距離イベントでは15週間前に発表されることになっており、ピレリは2017年の開幕2戦のタイヤ配分を発表した。

ピレリ「2018年のF1タイヤはまた違ったものになる」

2016年12月12日
ピレリ 2018 F1タイヤ
ピレリのレーシングマネージャーを務めるマリオ・イソラは、2017年F1マシンをテストで使用することができる2018年は、再び異なるタイヤになると述べた。

2017年の大幅なレギュレーション変更の一部として、ピレリは、フロントタイヤを60mm、リアタイヤを80mm幅広にすることを含め、コンパウンドを劇的に変化させることになった。

ピレリ、2017年F1タイヤのテストを完了

2016年11月30日
ピレリ 2017 F1 タイヤ
ピレリは、29日(火)にヤス・マリーナ・サーキットで2017年F1タイヤのテストを実施。メルセデス、レッドブル、フェラーリの3チームが参加し、アブダビのドライで暖かいコンディションのもと、2015年型マシンをベースに来季のダウンフォースレベルに適応させたミュールカーを走らせた。

テストは9時から18時まで行われ、3台のクルマは距離にして1839km、アブダビGP6回分に相当する合計331周を走行した。

ピレリ:F1アブダビグランプリ 決勝レースレポート

2016年11月29日
ピレリ F1 アダブグランプリ
ピレリが、F1アブダビグランプリの決勝レースを振り返った。

メルセデスのルイス・ハミルトンが、タイヤのデグラデーションを意図的に大きくした現行レギュレーションの下での最終戦となるアブダビグランプリを制した。チームメイトのニコ・ロズベルグが2位でフィニッシュし、自身初となるドライバーズチャンピオンシップタイトルを獲得した。

ピレリ、ウェットタイヤ批判についてF1ドライバーと議論

2016年11月26日
ピレリ ウェットタイヤ
ピレリのレースディレクターを務めるマリオ・イソラは、ウェットタイヤを改善する方法を議論するためにヤス・マリーナ・サーキットでF1ドライバーと話し合いを行った。

激しい雨に見舞わたF1ブラジルGP後、数名のドライバーはピレリのウェットタイヤのパフォーマンスを批判した。

ピレリ、2017年F1タイヤの全レンジを公開

2016年11月25日
ピレリ 2017年F1タイヤ
ピレリは、F1アブダビGPの木曜日に新たなトレッドパターンを採用したインターミディエイトとフルウェットを含めた2017年F1タイヤのフルレンジを公開した。

2017年の新しいレギュレーションでは、フロントタイヤが245mmから305mm、リアタイヤが325mmから405mmと約25%幅広となる。直径もわずかに拡大されるが、ホイールサイズは13インチのままで変わりはない。

F1アブダビGP:各ドライバーのタイヤ選択

2016年11月16日
2016 F1 アブダビGP
ピレリは、2016年 最終戦 F1アブダビGPの各ドライバーのタイヤ選択を発表した。

ピレリは、ヤス・マリーナ・サーキットにウルトラソフト、スーパーソフト、ソフトと最も軟らかいレンジのコンパウンドを持ち込む。

2016年のワールドチャンピオンをかけて戦うニコ・ロズベルグとルイス・ハミルトンは同じタイヤ選択(ソフト5、スーパーソフト2、ウルトラソフト7)。

ピレリ:F1ブラジルグランプリ 決勝レースレポート

2016年11月14日
F1 ブラジルグランプリ 決勝
ピレリが、F1ブラジルグランプリの決勝レースを振り返った。

メルセデスのルイス・ハミルトンが、Cinturatoブルー・フルウェットタイヤのみを使用して、赤旗中断も生じたウェットレースのブラジルグランプリを制した。

インテルラゴスの金曜と土曜は概ねドライ走行が続いたが、決勝はウェットコンディションとなった。

ピレリ、WRCへのタイヤ供給から撤退

2016年11月13日
ピレリ WRC 撤退
ピレリは、今シーズン限りでWRCへのタイヤ供給を終了。2017年はミシュランとDMACKが新世代のWRCカーにタイヤを供給する。

F1のタイヤ供給元であるピレリは、独占供給した3年間を含め、WRCと長い関係を築いてきた。

1年間の中断を経て2014年にWRCに復帰したピレリだが、今年は上位チームへの供給はなかった。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム