2019年 F1 カナダGP 決勝 | ピレリ タイヤ戦略解説

2019年6月11日
F1 カナダGP
ピレリが、2019年のF1世界選手権 第7戦 カナダGP 決勝でのタイヤ戦略を振り返った。

フェラーリのセバスチャン・ベッテルがトップでフィニッシュしたが、ベッテルには5秒ペナルティーが課されたことから、カナダグランプリの優勝は、メルセデスのルイス・ハミルトンとなった。トップ4を占めたフェラーリとメルセデスのドライバーは、4位のバルテリ・ボッタスを除き、我々が最速戦略と予測したミディアムからハードへ繋ぐ1ストップ戦略を採った。

F1 | ピレリ 「メルセデスの独走状態をタイヤのせいにするのは筋違い」

2019年6月11日
F1 ピレリ
ピレリは、2019年F1タイヤがメルセデスのマシンにしか適していないとする主張に反論した。

レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、今年のトレッドの薄いタイヤを“メルセデス・タイヤ”と呼び、「残念ながら、我々の飲料缶にはタイヤが付いていない」と皮肉った。

F1カナダGP 決勝 | 各ドライバーの持ちタイヤ数

2019年6月9日
F1 ピレリ カナダGP
ピレリは、F1カナダGPの決勝で各ドライバーが使用可能な持ちタイヤ数を発表した。

ピレリは、モントリオールにC3(ハード/ホワイト)、C4(ミディアム/イエロー)、C5(ソフト/レッド)という最も軟らかいレンジのコンパウンドを持ち込んでおり、決勝ではハードもしくミディアムのいずれか1セットを使用されなければならない。

2019年 F1カナダGP | 各ドライバーのタイヤ選択

2019年5月29日
F1 カナダGP
2019年のF1世界選手権 第7戦 カナダGPの各ドライバーのタイヤ選択をF1公式タイヤサプライヤーのピレリが発表した。

ピレリは、2019年のF1世界選手権から新しいタイヤ命名システムを導入。ドライコンパウンドは7種類から5種類への削減され、最も硬いものをC1(コンパウンド1)、最も柔らかいものをC5(コンパウンド5)と名付け、各レースでハード(ホワイト)、ミディアム(イエロー)、ソフト(レッド)として配分する。

2019年 F1 モナコGP 決勝 | ピレリ タイヤ戦略解説

2019年5月29日
F1 ピレリ
ピレリが、2019年のF1世界選手権 第6戦 モナコGP 決勝でのタイヤ戦略を振り返った。

優勝したルイス・ハミルトンは、「これまでで最もハードなレースだった」とコメント。ソフトでスタートしたハミルトンは、セーフティーカー導入周回中の11周目にミディアムへ交換する1ストップ戦略をとった。その後、78周のフィニッシュまで、より耐久性の高いハードタイヤで走行するライバルに猛追されながら、終始ミディアムでのペースコントロールを余儀なくされた。

レッドブル&フェラーリ、2020年型F1ウエットタイヤのテストを開始

2019年5月29日
F1 レッドブル フェラーリ
レッドブルとフェラーリは、5月28日(火)にポール・リカールでピレリの2020年のウエットタイヤとインターミディエイトタイヤの開発テストを開始した。

レッドブルはピエール・ガスリーがテストを担当。RB15に新しいプロトタイプタイヤを装着して108周を走破。フェラーリはレースドライバーの二人がテストを担当。午前中にセバスチャン・ベッテルが64周、午後にシャルル・ルクレールが46周を走り込んだ。

F1モナコGP 決勝 | 各ドライバーの持ちタイヤ数

2019年5月26日
F1 モナコGP タイヤ
ピレリは、F1モナコGPの決勝で各ドライバーが使用可能な持ちタイヤ数を発表した。

ピレリは、今回のF1モナオGPにC3(ハード/ホワイト)、C4(ミディアム/イエロー)、C5(ソフト/レッド)という最も軟らかいレンジのコンパウンドを持ち込んでおり、決勝ではハードもしくミディアムのいずれか1セットを使用されなければならない。

ピレリ、2019年F1タイヤの“作動ウインドウが狭い”との苦情に困惑

2019年5月22日
F1 ピレリ
ピレリは、今年のF1タイヤが扱いにくいとするF1チームやドライバーからの苦情は“理解できない”と語る。

今年、ハースF1チームはタイヤを作動ウインドウに入れることに苦労しており、チーム代表のギュンター・シュタイナーは、タイヤの影響を大きすぎると批判。今年導入された薄いトレッドによってドライバーがタイヤの温度を保つことが難しくなっていることを示唆した。

2019年 F1モナコGP | 各ドライバーのタイヤ選択

2019年5月16日
F1 モナコグランプリ
2019年のF1世界選手権 第6戦 モナコGPの各ドライバーのタイヤ選択をF1公式タイヤサプライヤーのピレリが発表した。

ピレリは、2019年のF1世界選手権から新しいタイヤ命名システムを導入。ドライコンパウンドは7種類から5種類への削減され、最も硬いものをC1(コンパウンド1)、最も柔らかいものをC5(コンパウンド5)と名付け、各レースでハード(ホワイト)、ミディアム(イエロー)、ソフト(レッド)として配分する。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム