2021年 第18戦 F1メキシコGP:サーキット&タイヤコンパウンド解説

2021年11月7日
2021年 第18戦 F1メキシコGP:サーキット&タイヤコンパウンド解説
2021年 第18戦 F1メキシコGPがエルマノス・ロドリゲス・サーキットで開催される。公式タイヤサプライヤーのピレリが2021年F1メキシコGPのタイヤについて解説した。

前戦F1アメリカGPと同世に、F1メキシコGPも2年ぶりにカレンダーに戻ってきた。このレースでは、C2(ハード)、C3(ミディアム)、C4(ソフト)という中間のタイヤが選択された。これは2019年と同じ選択だが、2018年よりも1ステップ硬くなっている。C5はメキシコにとってあまりにもアグレッシブな選択だった。

「2022年F1マシンはそこまで遅くはならない」とピレリF1責任者

2021年11月4日
「2022年F1マシンはそこまで遅くはならない」とピレリF1責任者
ピレリのF1責任者を務めるマリオ・イゾラは、2022年F1マシンが今季の史上最速のF1マシンと比較して“そこまで遅くはならない”と語る。

後続マシンが追従しやすく、オーバーテイクを促進するために設計された次世代F1マシンは、2021年F1マシンよりも5秒以上遅くなるのではないかとの懸念がある。

2021年 第17戦 F1アメリカGP 決勝:タイヤ戦略解説

2021年10月25日
2021年 第17戦 F1アメリカGP 決勝:タイヤ戦略解説
2021年 第17戦 F1アメリカGP 決勝でのタイヤ戦略をF1公式タイヤサプライヤーのピレリが解説した。

ポールポジションからスタートしたレッドブルのマックス・フェルスタッペンが、2ストップ戦略で緊迫した戦術的レースを制した。フェルスタッペンは、オープニングラップでメルセデスのルイス・ハミルトンにトップを奪われた後、11周目にP Zeroイエロー・ミディアムからP Zeroホワイト・ハードへ交換し、3周後にピットストップを行ったハミルトンに対する『アンダーカット』に成功してトップの座を奪還した。

2021年 F1アメリカGP 決勝:持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想

2021年10月25日
2021年 F1アメリカGP 決勝:持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想
ピレリは、2021年 F1世界選手権 第17戦 F1アメリカGPの決勝で各ドライバーが使用可能な持ちタイヤ数を発表した。

ピレリは、サーキット・オブ・ジ・アメリカズにC2(ハード)、C3(ミディアム)、C4(ソフト)と昨年よりも1段階柔らかいコンパウンドをノミネートしている。決勝ではハードとミディアムのいずれか1セットを使うことが義務付けられる。

ダニール・クビアト、2022年の雨天用F1タイヤの最終テストを完了

2021年10月19日
ダニール・クビアト、2022年の雨天用F1タイヤの最終テストを完了
ピレリは、2022年にむけた18インチタイヤの最終テストを10月18日(月)にポール・リカールで実施。アルピーヌF1のリザーブドライバーを務めるダニール・クビアトがその任務を担当した。

本来ならば、9月にマニクールでの2日間のテストが最終テストになる予定だったが、アルピーヌF1のマシンに技術的なトラブルが発生したことで2日目が中止となった。

2021年 F1トルコGP 決勝:持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想

2021年10月10日
2021年 F1トルコGP 決勝:持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想
ピレリは、2021年 F1世界選手権 第16戦 F1トルコGPの決勝で各ドライバーが使用可能な持ちタイヤ数を発表した。

ピレリは、イスタンブール・パークにC2(ハード)、C3(ミディアム)、C4(ソフト)と昨年よりも1段階柔らかいコンパウンドをノミネートしている。決勝ではハードとミディアムのいずれか1セットを使うことが義務付けられる。

2021年 第16戦 F1トルコGP:サーキット&タイヤコンパウンド解説

2021年10月8日
2021年 第16戦 F1トルコGP:サーキット&タイヤコンパウンド解説
2021年 第15戦 F1トルコGPがイスタンブール・パークで開催される。公式タイヤサプライヤーのピレリが2021年F1トルコGPのタイヤについて解説した。

今年のF1トルコGPでは、C2(ハード)、C3(ミディアム)、C4(ソフト)というレンジの真ん中にある3本のタイヤがノミネートされた。これは昨年11月に9年ぶりに開催された昨年のF1トルコGPよりも一段階柔らかにノミネートとなる。

ピレリF1 「タイヤで水しぶきによる視界不良を解決することはできない」

2021年9月30日
ピレリF1 「タイヤで水しぶきによる視界不良を解決することはできない」
ピレリのF1責任者を務めるマリオ・イゾラは、雨天時にタイヤによって生成される水しぶきのレベルについては何もできないと語る。

F1ロシアGPの土曜日は雨に見舞われ、事実上レースができなかったF1ベルギーGPのフラッシュバックを引き起こした。スパ・フランコルシャンは、持続的な雨によってドライバーはセーフティカーの後ろで2周行列になって走行しただけで終わった。

2021年 F1ロシアGP 決勝:持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想

2021年9月26日
2021年 F1ロシアGP 決勝:持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想
ピレリは、2021年 F1世界選手権 第15戦 F1ロシアGPの決勝で各ドライバーが使用可能な持ちタイヤ数を発表した。

ピレリは、ソチ・オートドロームにC3(ハード)、C4(ミディアム)、C5(ソフト)と最も柔らかいコンパウンドをノミネートしている。決勝ではハードとミディアムのいずれか1セットを使うことが義務付けられる。
«Prev || ... 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 · 10 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム