ピレリF1、セバスチャン・ベッテルのウェットタイヤ批判に反論

2022年6月4日
ピレリF1、セバスチャン・ベッテルのウェットタイヤ批判に反論
ピレリのF1責任者は、モナコグランプリ後のセバスチャン・ベッテルのウェットタイヤ批判に反論した。

決勝前に雨が降ったことで、モナコグランプリでは全ドライバーがフルウェットタイヤでスタートしたが、全員が最も早くインターミディエイトタイヤに交換する機会を待っていた。

セバスチャン・ベッテル 「ピレリのF1ウェットタイヤは酷い」

2022年5月31日
セバスチャン・ベッテル 「ピレリのF1ウェットタイヤは酷い」
セバスチャン・ベッテルは、2022年のモナコグランプリを経験してもピレリのウェットタイヤについてほとんど語ることはできないとしている。

最初の2日間は暖かくドライなコンディションで行われていたが、日曜日の決勝は天気予報通り、モナコには雨が降った。雨は電源の問題を引き起こし、実際にモナコグランプリを開催する上で問題が発生した。

2022年 F1スペインGP 決勝:持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想

2022年5月22日
2022年 F1スペインGP 決勝:持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想
2022年F1第6戦スペイングランプリの決勝で各ドライバーが使用可能な持ちタイヤ数を公式タイヤサプライターのピレリが発表した。

ピレリは、第6戦の舞台となるカタルーニャ・サーキットにC1(ハード)、C2(ミディアム)、C3(ソフト)とレンジで最も硬いコンパウンドをノミネートしている。決勝ではハードとミディアムのいずれか1セットを使うことが義務付けられる。

2022年 F1スペインGP:サーキット&タイヤコンパウンド情報

2022年5月20日
2022年 F1スペインGP:サーキット&タイヤコンパウンド情報
2022年F1第6戦スペイングランプリが、バルセロナのカタルーニャ・サーキットで開催される。公式タイヤサプライヤーのピレリが2022年スペイングランプリのタイヤについて解説した。

2022年のスペイングランプリのタイトルスポンサーを務めるピレリは、昨年と同じくC1(ハード)、C2(ミディアム)、C3(ソフト)とレンジで最も硬いタイヤをレースに持ち込む。

2022年 F1マイアミGP 決勝:タイヤ戦略解説

2022年5月9日
2022年 F1マイアミGP 決勝:タイヤ戦略解説
2022年F1第5戦マイアミGP 決勝でのタイヤ戦略をF1公式タイヤサプライヤーのピレリが解説した。

レッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペンが、今シーズン3回目の完走で3勝目を挙げた。P Zeroイエロー・ミディアムタイヤで3番グリッドからスタートしたフェルスタッペンは、P Zeroホワイト・ハードタイヤへ交換する1ストップ戦略で初開催のマイアミグランプリを制した。

2022年 F1マイアミGP:サーキット&タイヤコンパウンド情報

2022年5月7日
2022年 F1マイアミGP:サーキット&タイヤコンパウンド情報
2022年F1第5戦マイアミGPが、マイアミ・インターナショナル・オートドロームで開催される。公式タイヤサプライヤーのピレリが2022年マイアミGPのタイヤについて解説した。

待望のマイアミ・ストリート・サーキットへの最初の訪問にむけて、ピレリは、C2(ハード)、C3(ミディアム)、C4(ソフト)というレンジの真ん中にあたる3つのタイヤを選択した。この組み合わせは、一年中最も一般的に使用される組み合わせであり、最も用途が広いものでもある。

2022年 F1エミリア・ロマーニャGP 決勝:持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想

2022年4月24日
2022年 F1エミリア・ロマーニャGP 決勝:持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想
2022年F1第4戦エミリア・ロマーニャGPの決勝で各ドライバーが使用可能な持ちタイヤ数を公式タイヤサプライターのピレリが発表した。

ピレリは、第4戦の舞台となるイモラ・サーキットにC2(ハード)、C3(ミディアム)、C4(ソフト)とレンジで中間に位置するコンパウンドをノミネートしている。決勝ではハードとミディアムのいずれか1セットを使うことが義務付けられる。

F1:初開催のF1マイアミGPを含めた第4戦~第7戦のタイヤ選択を発表

2022年4月14日
F1:初開催のF1マイアミGPを含めた第4戦~第7戦のタイヤ選択を発表
F1の公式タイヤサプライヤーであるピレリは、第4戦F1エミリア・ロマーニャGPから第7戦F1モナコGPのタイヤコンパンドのノミネートを発表した。

第5戦として初開催されるF1マイアミGPでは、C2(ハード)、C3(ミディアム)、C4(ソフト)というレンジの真ん中のコンパウンドが選択された。ハードロックスタジアムの周りに建設された半常設3.36マイルのマイアミ・インターナショナル・オートドロームには19のコーナーが備えられる。

2022年 F1オーストラリアGP 決勝:タイヤ戦略解説

2022年4月11日
2022年 F1オーストラリアGP 決勝:タイヤ戦略解説
2022年F1第3戦オーストラリアグランプリ 決勝でのタイヤ戦略をF1公式タイヤサプライヤーのピレリが解説した。

フェラーリのシャルル・ルクレールが、最速と予測された1ストップ戦略を採り、ポール・トゥ・ウインでオーストラリアグランプリを制した。P Zeroイエロー・ミディアムタイヤでスタートしたルクレールは、22周目にP Zeroホワイト・ハードタイヤへ交換。ルクレールのオープニングスティントは、2番グリッドからスタートしたレッドブルのマックス・フェルスタッペンより4周長いものだった。
«Prev || ... 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 · 10 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム