2021年 第13戦 F1オランダGP:サーキット&タイヤコンパウンド解説

2021年9月1日
2021年 第13戦 F1オランダGP:サーキット&タイヤコンパウンド解説
2021年 第13戦 F1オランダGPがザントフォールト・サーキットで開催される。公式タイヤサプライヤーのピレリが2021年F1おらんだGPのタイヤについて解説した。

36年ぶりにF1オランダGPとザントフォールトがF1カレンダーに戻ってくる。ピレリは、レンジで最も硬いC1(ハード)、C2(ミディアム)、C3(ソフト)をノミネート。このパターンは今シーズン4度目となる。

2021年 F1ベルギーGP 決勝:トップ10 ドライバーコメント

2021年8月30日
2021年 F1ベルギーGP 決勝:トップ10 ドライバーコメント
2021年 F1世界選手権 第12戦 F1ベルギーGPの決勝でトップ10入りしたドライバーのコメント。

F1ベルギーGPの決勝は降り続く雨によりセーフティカー先導走行のみでの終了となり、前日の予選でポールポジションを獲得したマックス・フェルスタッペンが優勝。規定周回数に満たずハーフポイントの付与となった。

2021年 第12戦 F1ベルギーGP:ピレリ 決勝レポート

2021年8月30日
2021年 第12戦 F1ベルギーGP:ピレリ 決勝レポート
悪天候のため、ベルギーGPはF1史上最短のレースとして成立し、ハーフポイントが適用された。レッドブルのマックス・フェルスタッペンが優勝し、ウイリアムズのジョージ・ラッセル、メルセデスのルイス・ハミルトンが続いた。

当初のスタートから3時間以上遅延後、全ドライバーがCinturatoブルー・フルウエットタイヤを装着してピットレーンから再スタートした。

2021年 F1ベルギーGP 決勝:持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想

2021年8月29日
2021年 F1ベルギーGP 決勝:持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想
ピレリは、2021年 F1世界選手権 第12戦 F1ベルギーGPの決勝で各ドライバーが使用可能な持ちタイヤ数を発表した。

ピレリは、ハンガロリンクに昨年のと同じC2(ハード)、C3(ミディアム)、C4(ソフト)とレンジの中央の硬さのコンパウンドをノミネートしているしかし、土曜日はFP3でドライタイヤを試したランド・ノリス(マクラーレン)を除いては全員が雨用タイヤしか使用しなかったため、全ドライバーが全種類の新品のドライタイヤを残している。

2021年 第12戦 F1ベルギーGP:サーキット&タイヤコンパウンド情報

2021年8月27日
2021年 第12戦 F1ベルギーGP:サーキット&タイヤコンパウンド情報
2021年 第12戦 F1ベルギーGPがスパ・フランコルシャンで開催される。公式タイヤサプライヤーのピレリが2021年F1ベルギーGPのタイヤについて解説した。

F1は、2021年シーズンの2回目のトリプルヘッダーの緒戦となるスパ・フランコルシャンに、レンジの真ん中にあたるC2(ハード)、C3(ミディアム)、C4(ソフト)を選択。これは昨年と同じノミネートで、2019年よりも一段階柔らかい。

セバスチャン・ベッテル 「18インチのF1タイヤは縁石が見えない」

2021年8月19日
セバスチャン・ベッテル 「18インチのF1タイヤは縁石が見えない」
アストンマーティンF1のセバスチャン・ベッテルは、2022年F1マシンで使用される18インチタイヤを試した後、称賛できる点と欠点の両方の側面を発見した。

ピレリは、F1に大幅なレギュレーション変更が導入される2022年に可能な限り最高のタイヤを供給することを可能にするデータを取得するために、今シーズンを通して新しい18インチタイヤのテストを繰り返した。

ピレリF1、ウィリアムズの18インチテスト不参加の影響を軽視

2021年8月15日
ピレリF1、ウィリアムズの18インチテスト不参加の影響を軽視
ウィリアムズF1は、2022年の18インチタイヤをテストしなかった唯一のチームだが、ピレリF1はこれが必ずしも彼らを不利にするだろうとは感じていなん。

2022年に登場する新世代F1マシンの一部として、ピレリは現在の13インチタイヤを18インチタイヤに置き換える。これに備えて、ウィリアムズF1を除たチームは、18インチ用に改良したマシンで今シーズンを通してテストを行った。

ピレリ、2022年のドライ用18インチF1タイヤのテストを完了…来月にも承認

2021年8月5日
ピレリ、2022年のドライ用18インチF1タイヤのテストを完了…来月にも承認
ピレリは、2022年にドライ用18インチF1タイヤの全7回のテストを完了。来月初めにもF1チームに供給するドライタイヤを完成させる。

今週、ハンガロリンクで2日間にわたって2022年に導入される18インチのF1タイヤのテストが行われ、マクラーレン、フェラーリ、メルセデスの3チームが参加し、合計で523周を走り込んだ。

ジョージ・ラッセル、メルセデスF1の18インチタイヤテストで137周を走破

2021年8月4日
ジョージ・ラッセル、メルセデスF1の18インチタイヤテストで137周を走破
ジョージ・ラッセルは、ハンガロリンクで実際された2022年の18インチタイヤテストにメルセデスF1のマシンで合計137周を走破した。

F1ハンガリーGPの直後、ジョージ・ラッセルが、ピレリのタイヤテストで、昨年のF1サヒールGPでルイス・ハミルトンの代役を務めて以来、メルセデスにF1マシンを運転することが発表された。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム