【動画】 ピレリ、モンツァで18インチF1タイヤのデモ走行を実施

2019年9月9日
【動画】 ピレリ、モンツァで18インチF1タイヤのデモ走行を実施
F1公式タイヤのサプライヤーであるピレリは、2020年のFIA-F2選手権の導入に先立ち、F1イタリアGPが開催されたモンツァでF2マシンによる18インチF1タイヤでのデモ走行を実施した。

ピレリは、2021年のF1レギュレーション変更の一部としてF1タイヤを現在の13インチから18インチに拡大。来週、ルノーとともに公式テストは開始する予定となっている。

2019年 F1 イタリアGP 決勝 | ピレリ タイヤ戦略解説

2019年9月9日
2019年 F1 イタリアGP 決勝
ピレリが、2019年のF1世界選手権 第14戦 イタリアGP 決勝でのタイヤ戦略を振り返った。

フェラーリのシャルル・ルクレールが、ドライバー中で唯ひとり、ソフト – ハードと繋ぐ1ストップ戦略を採り、2週連続のポール・トゥ・ウィンを達成した。ルクレールは、ソフト – ミディアムと繋いだメルセデスの猛追を抑え、フェラーリに2010年以来のホームグランプリ優勝をもたらした。メルセデスの両ドライバーが残る表彰台を占めた。

F1イタリアGP 決勝 | 各ドライバーの持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想

2019年9月8日
F1イタリアGP 決勝
ピレリは、2019年 F1イタリアGPの決勝で各ドライバーが使用可能な持ちタイヤ数を発表した。

ピレリは高速のモンツァ・サーキットにC2(ハード/ホワイト)、C3(ミディアム/イエロー)、C4(ソフト/レッド)という中間のコンパウンドを配分。決勝ではハードもしくミディアムのいずれか1セットを使用しなければならない。

2019年 F1イタリアGP | 各ドライバーのタイヤ選択

2019年9月4日
F1
2019年のF1世界選手権 第14戦 イタリアGPの各ドライバーのタイヤ選択をF1公式タイヤサプライヤーのピレリが発表した。

ピレリは、2019年のF1世界選手権から新しいタイヤ命名システムを導入。ドライコンパウンドは7種類から5種類への削減され、最も硬いものをC1(コンパウンド1)、最も柔らかいものをC5(コンパウンド5)と名付け、各レースでハード(ホワイト)、ミディアム(イエロー)、ソフト(レッド)として配分する。

2019年 F1 ベルギーGP 決勝 | ピレリ タイヤ戦略解説

2019年9月3日
2019年 F1 ベルギーGP 決勝 ピレリ タイヤ戦略解説
ピレリが、2019年のF1世界選手権 第13戦 ベルギーGP 決勝でのタイヤ戦略を振り返った。

ポールポジションからスタートしたフェラーリのシャルル・ルクレールがスパを制した。ルクレールは、我々が最速戦略と予測した、ソフトからミディアムへと繋ぐ1ストップ戦略を実行した。

F1ベルギーGP 決勝 | 各ドライバーの持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想

2019年9月1日
F1 ベルギーGP
ピレリは、2019年 F1ベルギーGPの決勝で各ドライバーが使用可能な持ちタイヤ数を発表した。

ピレリはF1ベルギーGPに高速のスパ・フランコルシャンにC1(ハード/ホワイト)、C2(ミディアム/イエロー)、C3(ソフト/レッド)という最も硬いコンパウンドを配分。決勝ではハードもしくミディアムのいずれか1セットを使用しなければならない。

ピレリ 「2019年仕様のF1タイヤは少しピーキーすぎた」

2019年8月26日
F1 ピレリ
ピレリのF1責任者を務めるマリオ・イゾラは、2021年シーズンの主な目標は“より広いワーキングレンジ”を持ったコンパウンドを開発することだと語る。

ピレリは、2019年F1シーズンからトレッドの薄いタイヤを導入したが、2020年シーズンにむけてはそれほど多くの変更は予想されていない。だが、2021年のF1世界選手権から18インチタイヤに変更されることが決定している。

ピレリ 「トレッドの薄いF1タイヤとメルセデスの優位性は無関係」

2019年8月21日
F1 ピレリ メルセデス
ピレリのF1責任者を務めるミリオ・イゾラは、2019年F1シーズンにメルセデスが好スタートを切ったのは、今年導入されたトレッド薄いタイヤによるものではないと改めて主張した。

ピレリは昨年の3ラウンドに薄いタイヤを持ち込み、そのうち2戦でメルセデスが優勝。今シーズンは全体を通して同じ同じ薄型トレッドを投入し、メルセデスが開幕8連勝という強力なスタートを切った。

2019年 F1ベルギーGP | 各ドライバーのタイヤ選択

2019年8月11日
2019年 F1ベルギーGP
2019年のF1世界選手権 第13戦 ベルギーGPの各ドライバーのタイヤ選択をF1公式タイヤサプライヤーのピレリが発表した。

ピレリは、2019年のF1世界選手権から新しいタイヤ命名システムを導入。ドライコンパウンドは7種類から5種類への削減され、最も硬いものをC1(コンパウンド1)、最も柔らかいものをC5(コンパウンド5)と名付け、各レースでハード(ホワイト)、ミディアム(イエロー)、ソフト(レッド)として配分する。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム