F1チーム、ピレリと13インチタイヤの供給継続について交渉

2022年1月29日
F1チーム、ピレリと13インチタイヤの供給継続について交渉
F1では13インチタイヤの時代は終わりを告げるが、それでもまだ需要はある。F1チームは13インチタイヤの少量供給を継続することをピレリと交渉している。

2022年にF1は18インチタイヤに切り替える。それは古い13インチタイヤがレース目的でどのように使用されなくなったことを意味する。ピレリのF1タイヤテストプログラムが完全に18インチタイヤに移行したことで、古い13インチタイヤの計画された生産は停止した。

F1:2022年もタイヤ配分数は固定 「チームが自由選択を望まなかった」

2022年1月21日
F1:2022年もタイヤ配分数は固定 「チームが自由選択を望まなかった」
ピレリのF1責任者を務めるマリオ・イゾラは、2022年のF1世界選手権で、F1チームがレース週末ごとに各ドライバーの3つのコンパウンドのタイヤ数を決定できるシステムが戻ることはないと説明した。

2016年にF1は戦略に柔軟性をもたせるためにF1チームが3種類のコンパウンドの13セットの内訳を自由に選ぶことができるシステムを導入。しかし、2020年に新型コロナウイルスの発生によってカレンダーに短期的な変更が発生し、ピレリ側で迅速な対応が必要となった。

2021年 F1アブダビGP 決勝:持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想

2021年12月12日
2021年 F1アブダビGP 決勝:持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想
ピレリは、2021年 F1世界選手権 第22戦 F1アブダビGPの決勝で各ドライバーが使用可能な持ちタイヤ数を発表した。

ピレリは、レイアウト変更されたヤス・マリーナ・サーキットにC3(ハード)、C4(ミディアム)、C5(ソフト)とレンジで最も柔らかいコンパウンドをノミネートしている。決勝ではハードとミディアムのいずれか1セットを使うことが義務付けられる。

ピレリ、最後のレースとなる13インチのF1タイヤに特別なロゴ

2021年12月10日
ピレリ、最後のレースとなる13インチのF1タイヤに特別なロゴ / 2021年 F1アブダビGP
今週末のF1アブダビGPは、13インチタイヤで行われるF1史上最後のレースとなり、使用されるすべての13インチのスリックタイヤには、サイドウォールに現在のタイヤとの別れ、そして、18インチへの切り替えを表す『Next year I turn 18』という特別なロゴが掲載される。

F1が13インチのタイヤを採用して半世紀以上経つ2022年に技術革命が起こる。ピレリは新しい18インチタイヤで重要な役割を果たす。

2021年 F1サウジアラビアGP 決勝:持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想

2021年12月6日
2021年 F1サウジアラビアGP 決勝:持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想
ピレリは、2021年 F1世界選手権 第21戦 F1サウジアラビアGPの決勝で各ドライバーが使用可能な持ちタイヤ数を発表した。

ピレリは、ジェッダ・コーニッシュ・サーキットにC2(ハード)、C3(ミディアム)、C4(ソフト)とレンジのなかで真ん中の硬さのコンパウンドをノミネートしている。決勝ではハードとミディアムのいずれか1セットを使うことが義務付けられる。

ピレリ、F1カタールGPでのタイヤパンクの原因は「縁石を使った時間」

2021年12月4日
ピレリ、F1カタールGPでのタイヤパンクの原因は「縁石を使った時間」
F1公式タイヤサプライヤーのピレリは、前戦F1カタールGPで見られた一連のタイヤパンクの原因として縁石を使用した時間を挙げた。

ロサイル・インターナショナル・サーキットでの初開催となったF1カタールGPでは、バルテリ・ボッタス、ランド・ノリス、ジョージ・ラッセル、ニコラス・ラティフィの全員が左フロントタイヤの故障に見舞われた。

2021年 第20戦 F1カタールGP 決勝:タイヤ戦略解説

2021年11月22日
2021年 第20戦 F1カタールGP 決勝:タイヤ戦略解説
2021年 第20戦 F1カタールGP 決勝でのタイヤ戦略をF1公式タイヤサプライヤーのピレリが解説した。

メルセデスのルイス・ハミルトンが、初開催となるカタールグランプリで優勝した。ポールポジションからC2コンパウンドのP Zeroイエロー・ミディアムタイヤでスタートしたハミルトンは、C1コンパウンドのP Zeroホワイト・ハードタイヤへ交換し、その後再度ミディアムタイヤへと繋いだ。この戦略は、最速戦略として予測されていたものだった。

2021年 F1カタールGP 決勝:持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想

2021年11月21日
2021年 F1カタールGP 決勝:持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想
ピレリは、2021年 F1世界選手権 第20戦 F1カタールGPの決勝で各ドライバーが使用可能な持ちタイヤ数を発表した。

ピレリは、ロサイル・インターナショナル・サーキットにC1(ハード)、C2(ミディアム)、C3(ソフト)と昨年よりもレンジのなかで最も硬いコンパウンドをノミネートしている。決勝ではハードとミディアムのいずれか1セットを使うことが義務付けられる。

2021年 第20戦 F1カタールGP:サーキット&タイヤコンパウンド解説

2021年11月19日
2021年 第20戦 F1カタールGP:サーキット&タイヤコンパウンド解説
2021年 第20戦 F1カタールGPがロサイル・インターナショナル・サーキットで開催される。公式タイヤサプライヤーのピレリが2021年F1カタールGPのタイヤについて解説した。

57周にわたって初開催されるF1カタールGPに向けて、ピレリはC1(ハード)、C2(ミディアム)、C3(ソフト)と最も硬いコンパンドを選択。この3種類のコンパウンドが選択されたのは今シーズンで5回目であり、最後となる。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム