フェラーリF1、セーフティカー時にステイアウトを選択した理由を説明

2022年5月10日
フェラーリF1、セーフティカー時にステイアウトを選択した理由を説明 / マイアミGP
フェラーリF1は、マイアミGPのレース終盤にセーフティカーが出動した際にピットインせずにレッドブル・レーシングに“危機を脱出させた”理由について説明した。

41周目、ピエール・ガスリーとランド・ノリスの接触によってセーフティカーが出動。首位を走るマックス・フェルスタッペンを追っていたフェラーリ勢にとっては戦略でギャンブルをする絶好の機会を手にしたように見えた。

【接触事故】 ピエール・ガスリーとランド・ノリス 両者の見解

2022年5月10日
【接触事故】 ピエール・ガスリーとランド・ノリス 両者の見解 / 2022年 F1マイアミGP 決勝
F1マイアミGPの41周目にランド・ノリス(マクラーレン)とピエール・ガスリー(スクーデリア・アルファタウリ)が接触事故を起こして最終的にリタイア。両者は異なる見解を示しており、ノリスは、フェルナンド・アロンソとの接触で損傷した車で防御したガスリーとのこの事件を“愚か”と呼んだ。

ランド・ノリスは、ターン7でコース外を走行して勢いを失っていたピエール・ガスリーに接近。ターン8のアウトサイドからガスリーを追い抜こうとした。

【接触事故】 フェルナンド・アロンソとピエール・ガスリー 両者の見解

2022年5月10日
【接触事故】 フェルナンド・アロンソとピエール・ガスリー 両者の見解 / 2022年 F1マイアミGP 決勝
F1マイアミGPの39周目にフェルナンド・アロンソ(アルピーヌF1チーム)とピエール・ガスリー(スクーデリア・アルファタウリ)が接触事故を起こした。

フェルナンド・アロンソは、ターン1で9番手のピエール・ガスリーを抜こうとインサイドを突いて接触。ガスリーの右リアサスペンションはダメージを負った。

【接触事故】 セバスチャン・ベッテルとミック・シューマッハ 両者の見解

2022年5月10日
【接触事故】 セバスチャン・ベッテルとミック・シューマッハ 両者の見解  / 2022年 F1マイアミGP 決勝
F1マイアミGPの53周目に師弟関係にあるミック・シューマッハ(ハースF1チーム)とセバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)が9位を争っている際に接触。F1初ポイントを目指していたシューマッハのチャンスは潰えた。両者ともトップ10内でフィニッシュできなかったことに不満を感じつつも、お互いを非難することはしなかった。

F1での初ポイントフィニッシュを目指していたミック・シューマッハは、エステバン・オコン(アルピーヌ)と9位を争っていた際にターン17で膨らみ、セバスチャン・ベッテルに抜かれた。

2022年 F1マイアミGP 決勝:ドライバーコメント(1位~10位)

2022年5月10日
2022年 F1マイアミGP 決勝:ドライバーコメント(1位~10位)
2022年F1第5戦マイアミGPの決勝でトップ10入りしたドライバーのコメント。

初開催の初代ウィナーに輝いたのはマックス・フェルスタッペン(レッドブル・レーシング)。3番グリッドからレース序盤にリードを奪うと、ライバルであるシャルル・ルクレール(スクデーリア・フェラーリ)を抑え込んで、今季3勝目を挙げた。

F1マイアミGP:各界のセレブが大集結

2022年5月10日
F1マイアミGP:各界のセレブが大集結
初開催となったF1マイアミGPには、各界のセレブが大集結した。

マイアミ・インターナショナル・オートドロームは、NFLチームのマイアミドルフィンズの本拠地であるハードロックスタジアムの周りに設置されたサーキットであり、アメリカのエンターテインメントを存分に感じさせる選出が多数用意された。

赤毛に変身のアルボン 「アップグレードは必要ない。髪を染めるだけでいい」

2022年5月10日
赤毛に変身のアルボン 「アップグレードは必要ない。髪を染めるだけでいい」 / ウィリアムズF1 マイアミGP
F1マイアミGPに派手な赤毛のヘアーで9位入賞を果たしたアレクサンダー・アルボンは「アップフレードは必要ない。髪を染めるだけでいい」と笑った。

先月のオーストラリアGPで孤児院を訪問したアレクサンダー・アルボンは、リバプールに敬意を表して髪の毛を赤に染めた子供たちに触発され、子供たちはアルボンの髪を染め、決勝で彼は10位のポイントを獲得した。

カルロス・サインツ、首の怪我をおして表彰台「こんなレースが必要だった」

2022年5月10日
カルロス・サインツ、首の怪我をおして表彰台「こんなレースが必要だった」 / スクーデリア・フェラーリ F1 マイアミGP 決勝
カルロス・サインツJr.(スクーデリア・フェラーリ)は、2022年F1第5戦マイアミGPの決勝で3位表彰台を獲得した。

フリー走行2回目でクラッシュを喫するなど、過去数戦の悪い流れを断ち切れていなかったカルロス・サインツJr.は、クラッシュの影響で首に痛みがあるまま決勝を迎えたが、重要なところでセルジオ・ペレス(レッドブル)を抑え、3位表彰台を獲得した。

2022年 F1マイアミGP 決勝:ドライバーコメント(11位~DNF)

2022年5月9日
2022年 F1マイアミGP 決勝:ドライバーコメント(11位~DNF)
2022年F1第5戦マイアミGPの決勝で11位以下だったドライバーのコメント。

レース後、フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)に5秒加算ペナルティが科せられて、9位から11位に降格。11位でフィニッシュしたダニエル・リカルド(マクラーレン)も5秒ペナルティで13位に降格している。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム