角田裕毅 F1マイアミGP「ルイス・ハミルトンとのバトルは楽しかった」

2024年5月15日
角田裕毅 F1マイアミGP「ルイス・ハミルトンとのバトルは楽しかった」
角田裕毅は、F1マイアミGPでメルセデスの2台とバトルを展開。ルイス・ハミルトンとのバトルは「楽しかった」と語った。

RBは、マイアミで今年最も競争の激しい戦いを満喫し、角田裕毅は土曜のスプリントで8位フィニッシュ、その後日曜のレースでは7位と力強い走りで週末合計7ポイントを獲得した。

アストンマーティンF1 マイアミGPで新型リアウイングを見送った理由

2024年5月14日
アストンマーティンF1 マイアミGPで新型リアウイングを見送った理由
アストンマーティンF1は、マイアミGPの週末におけるピレリタイヤのデリケートな性質が、チームに新しいリアウイングのデザインを断念させたと説明した。

アストンマーティンは、マイアミ・インターナショナル・オートドロームに直線での競争力を高める低ドラッグのコンフィギュレーションを意図した改良型リアウイングを持ち込んだ。

ダニエル・リカルド F1マイアミGPで「RBは現実を突きつけられた」

2024年5月13日
ダニエル・リカルド F1マイアミGPで「RBは現実を突きつけられた」
ダニエル・リカルドは、F1マイアミGPでグリッド後方からのスタートで15位にとどまったRBチームが「現実を突きつけられた 」と評した。

RBは週末を通してペースがあり、それはスプリントでのリカルドが素晴らしいパフォーマンスに裏付けられたものだった。金曜日にマイアミ・インターナショナル・オートドローム・サーキットで行われたスプリント予選で4番手タイムを記録したリカルドは、土曜日の朝に見事に4位フィニッシュを果たした。

F1マイアミGP 2024年大会でアメリカのF1視聴者数の新記録を樹立

2024年5月13日
F1マイアミGP 2024年大会でアメリカのF1視聴者数の新記録を樹立
アメリカにおけるF1人気は急上昇を続けており、2024年のF1マイアミGPは視聴者数の記録を塗り替えた。

ESPNによると、記録的な平均310万人の視聴者がランド・ノリスのF1キャリア初勝利のマイルストーンを目撃するためにABCを視聴した。ピーク時の視聴者数は360万人に達して、2022年の初開催となったマイアミGPで記録した260万人を余裕で上回った。

ランド・ノリス 110戦でのF1初勝利は歴代8位の記録 1位は現役ドライバー

2024年5月12日
ランド・ノリス 110戦でのF1初勝利は歴代8位の記録…1位は現役ドライバー
ランド・ノリスは、2024年F1第6戦マイアミGPでF1初勝利に向けて、110戦の待機期間に終止符を打った。初優勝までランド・ノリスよりも長く待たされたドライバーは7人しかいない。そのうち2人は彼の現在のライバルだ。

レーススタート数で言えば、ノリスはジャンカルロ・フィジケラと同じくらい待たされた。フィジケラも110回目の挑戦で初勝利を挙げた。しかし、20年前のカレンダーはもっと短かったため、フィジケラの悲願の勝利は8年目のシーズン、ノリスは6年目のシーズンだった。

角田裕毅 F1マイアミGPの公式パワーランキングで2位にランクイン

2024年5月12日
角田裕毅 F1マイアミGPの公式パワーランキングで2位にランクイン
Formula1.comが2024年F1第6戦マイアミGP版のF1パワーランキングを発表。角田裕毅(RB)が2位にランクイン。総合でも8位をランクアップした。

F1はマイアミ・インターナショナル・オートドロームでスリリングな週末を過ごしたが、パワーランキングの審査員に感銘を与え、チャートの上位半分に入ったドライバーは誰だったのだろうか?

2024年 F1マイアミGP:WINNERS & LOSERS

2024年5月11日
2024年 F1マイアミGP:WINNERS & LOSERS
2024年のF1世界選手権 第6戦 F1マイアミGPでは、ランド・ノリス(マクラーレン)がセンセーショナルな走りを披露し、キャリア初のグランプリ勝利を確実にした。しかし、彼とマクラーレンのチームは夜遅くまでパーティーを楽しんでいたが、他の選手たちは帰国の飛行機の中であまり祝うことができなかった。

騒ぎが収まる中、Formula1.comのローレンス・バレットはマイアミグランプリの勝者と敗者を選出した...

角田裕毅 F1マイアミGPのポイント獲得数は「RBのクレイジーな進歩」

2024年5月10日
角田裕毅 F1マイアミGPのポイント獲得数は「RBのクレイジーな進歩」
角田裕毅は、レッドブルの姉妹チームであるRBがF1マイアミGPでの週末ポイント獲得数を2024年の2倍に伸ばし、今シーズンのチームの 「クレイジー 」な進歩を反映する生産的な取り組みを行ったと主張した。

土曜日にはダニエル・リカルドが4位でF1スプリントを終えてRBは開始早々に5ポイントを獲得。一方、角田裕毅は10位で1ポイントの獲得にとどまった。

ピアストリ F1マイアミGPのマグヌッセンの開き直りは「危険な前例」

2024年5月10日
オスカー・ピアストリ F1マイアミGPのマグヌッセンの開き直りは「危険な前例」
マクラーレンのオスカー・ピアストリは、先週末のF1マイアミGPスプリントイベントでケビン・マグヌッセンがスポーツマンシップに反する戦術に訴えたことを露骨に認めたことは「危険な前例 」になると考えている。

マグヌッセンは土曜日のショートレースで、ハースのチームメイトであるニコ・ヒュルケンベルグのすぐ後ろでトップ10圏内を走っていた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»
 
F1-Gate.com ホーム