F1マイアミGP、2023年も“偽のマリーナ”は健在

2022年10月3日
F1マイアミGP、2023年も“偽のマリーナ”は健在
F1マイアミGPの主催者は、2023年に提供されるものを改善するための契約を発表。酷評とともに話題となった“偽のマリーナ”が来年のレースで再び戻ってくることが明らかになった。

マイアミ ドルフィンズ スタジアムで開催された今年の最初のイベントでの主要な話題の1つは、ターン6、7、および8の内側にある10隻のヨットのコレクションで構成され、固体のビニール水に囲まれた偽のマリーナだった。

フェルナンド・アロンソ、F1マイアミGPの罰則を批判「無能なスチュワード」

2022年5月20日
フェルナンド・アロンソ、F1マイアミGPの罰則を批判「無能なスチュワード」
アルピーヌF1チームのフェルナンド・アロンソは、彼のポイントを犠牲にしたペナルティを科した、F1マイアミGPのスチュワードを「あまり専門的ではない」と批判した。

フェルナンド・アロンソは、F1マイアミGPを9位で終えたが、レース後、シケインをカットしてアドバンテージを得たと判断されて5秒ペナルティを科せられ、トップ10圏外に降格した。

F1マイアミGP:アメリカでのF1生放送で史上最高の視聴者数を記録

2022年5月18日
F1マイアミGP:アメリカでのF1生放送で史上最高の視聴者数を記録
F1マイアミGPは、アメリカでのF1生放送で史上最高の視聴者数を記録した。

NetflixのF1ドキュメンター『Drive to Survive』に影響もあり、アメリカではF1人気が高まっている中、F1はアメリカ第2のレースとしてマイアミグランプリを初開催した。

ESPNが発表した数字を見ると、2022年のマイアミグランプリは米国で大成功を収めた。

F1マイアミGPのVIPへの待遇に苦情殺到?有名DJが批判

2022年5月17日
F1マイアミGPのVIPへの待遇に苦情殺到?有名DJが批判
F1マイアミGPでのVIPの待遇をアマリカの有名DJであるディプロが批判している。

F1ドライバーは、マイアミのトラックのレイアウトとアスファルトの表面を批判したが、イベント後にVIP指向のパドッククラブの運営を担当する会社に苦情で殺到しているという噂もある。

フェルスタッペン 「米国のF1レースがモナコのステータスを奪うことはない」

2022年5月16日
マックス・フェルスタッペン 「米国のF1レースがモナコのステータスを奪うことはない」
レッドブル・レーシングのF1ドライバーであるマックス・フェルスタッペンは、F1がマイアミやラスベガスなどの新しいイベントにシフトしたとしても、F1カレンダーにおけるモナコのステータスが失われることはないと考えている。

F1は先週末、マイアミGPを初開催し、ソールドアウトのとなった新しいイベントは、観客と多くの有名人を魅了して、シリーズに活気を与えた。

メルセデスF1、マイアミGPのパフォーマンスの低下は「答えが出ていない」

2022年5月14日
メルセデスF1、マイアミGPのパフォーマンスの低下は「答えが出ていない」
メルセデス1のテクニカルディレクターを務めるマイク・エリオットは、F1マイアミGPで有望な金曜日の後、残りの週末にW13がパフォーマンスを失った理由をチームが理解していないことを認める。

フリー走行2回目では、ジョージ・ラッセルがトップタイム、ルイス・ハミルトンが4番手タイムを記録。メルセデスF1はマイアミのトラックで機能するものを見つけたと思われた。

角田裕毅 「F1マイアミGPでのペース不足の原因は理解できていない」

2022年5月13日
角田裕毅 「F1マイアミGPでのペース不足の原因は理解できていない」
角田裕毅(スクーデリア・アルファタウリ)は、F1マイアミGPでペースが欠如していた理由を理解できていないと嘆く。

アルファタウリは、ピエール・ガスリーが7番グリッド、角田裕毅が9番グリッドからレースをスタートし、ポイントを獲得するための正当な希望があった。

しかし、結局はそうはならなかった。ピエール・ガスリーはランド・ノリスとの衝突によって引退し、角田裕毅は12位でフィニッシュした。

マックス・フェルスタッペン 「マイアミのシケインはF1マシンに適していない」

2022年5月13日
マックス・フェルスタッペン 「マイアミのシケインはF1マシンに適していない」
F1ワールドチャンピオンのマックス・フェルスタッペンは、マイアミGPのタイトなシケインは2022年F1マシンには適していないと語り、来年には変更されることを望んでいる。

マイアミ・ドルフィンズの本拠地であるハードロックスタジアムの周りを周回するマイアミ・インターナショナル・オートドロームは、中高速のコーナー、ロングストレート、ターンパイクの下の非常にタイトなセクションのさまざまな組み合わせを特徴としている。

フェルスタッペンのF1マイアミGPでの覇権はフェラーリにとって“心配の種”

2022年5月13日
マックス・フェルスタッペンのF1マイアミGPでの覇権はフェラーリにとって“心配の種”
F1マイアミGPで、マックス・フェルスタッペンにめった打ちにされたことは、スクーデリア・フェラーリにとって“心配の種”であるに違いないと元F1ドライバーのジョナサン・パーマーは語る。

シャルル・ルクレールとカルロス・サインツは、マイアミ・インターナショナル・オートドロームでフロントロウを独占し、レッドブル・レーシングに団結して立つ向かう準備を整えた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム