角田裕毅 「F1マイアミGPでのペース不足の原因は理解できていない」

2022年5月13日
角田裕毅 「F1マイアミGPでのペース不足の原因は理解できていない」
角田裕毅(スクーデリア・アルファタウリ)は、F1マイアミGPでペースが欠如していた理由を理解できていないと嘆く。

アルファタウリは、ピエール・ガスリーが7番グリッド、角田裕毅が9番グリッドからレースをスタートし、ポイントを獲得するための正当な希望があった。

しかし、結局はそうはならなかった。ピエール・ガスリーはランド・ノリスとの衝突によって引退し、角田裕毅は12位でフィニッシュした。

マックス・フェルスタッペン 「マイアミのシケインはF1マシンに適していない」

2022年5月13日
マックス・フェルスタッペン 「マイアミのシケインはF1マシンに適していない」
F1ワールドチャンピオンのマックス・フェルスタッペンは、マイアミGPのタイトなシケインは2022年F1マシンには適していないと語り、来年には変更されることを望んでいる。

マイアミ・ドルフィンズの本拠地であるハードロックスタジアムの周りを周回するマイアミ・インターナショナル・オートドロームは、中高速のコーナー、ロングストレート、ターンパイクの下の非常にタイトなセクションのさまざまな組み合わせを特徴としている。

フェルスタッペンのF1マイアミGPでの覇権はフェラーリにとって“心配の種”

2022年5月13日
マックス・フェルスタッペンのF1マイアミGPでの覇権はフェラーリにとって“心配の種”
F1マイアミGPで、マックス・フェルスタッペンにめった打ちにされたことは、スクーデリア・フェラーリにとって“心配の種”であるに違いないと元F1ドライバーのジョナサン・パーマーは語る。

シャルル・ルクレールとカルロス・サインツは、マイアミ・インターナショナル・オートドロームでフロントロウを独占し、レッドブル・レーシングに団結して立つ向かう準備を整えた。

F1マイアミGP、初開催は予想をはるかに超える大赤字

2022年5月13日
F1マイアミGP、初開催は予想をはるかに超える大赤字
F1マイアミGPのトップエグゼクティブであるトム・ガーフィンケルは、人気を集め、セレブが大集結したマイアミGPが実際には赤字だったことを明らかにした。

トム・ガーファンケルは、新しいストリートイベントをカレンダーに載せるために多額の費用を費やしたことを後悔はしていないが、実際には予想よりもはるかに大きな損失を出したと述べた。

マックス・フェルスタッペンのマイアミGPでの勝利は「F1王者の走り」

2022年5月12日
マックス・フェルスタッペンのマイアミGPでの勝利は「F1王者の走り」と元F1ドライバー
元F1ドライバーのデビッド・クルサードは、F1マイアミGPでレッドブル・レーシングの方が速い車だったと結論付けるのは単純すぎるとし、マックス・フェルスタッペンの“F1王者の走り”は称賛に値すると語る。

マックス・フェルスタッペンは、初開催のマイアミGPでの勝利し、今シーズンのすべてのグランプリでリタイアまたは勝利という記録を続けた。そして、フェルスタッペンは両方のフェラーリをコース上で抜いてみせた。

マイアミGPはメルセデスF1の“政権交代”が表面化したレース週末?

2022年5月12日
マイアミGPはメルセデスF1の“政権交代”が表面化したレース週末?
元F1ワールドチャンピオンのジャック・ヴィルヌーヴは、F1マイアミGPはメルセデスF1の“政権交代”が表面化したレース週末だったとし、ジョージ・ラッセルがトップに立ったと主張する。

バーレーンでの開幕戦を除けば、ルイス・ハミルトンは、2022年シーズンのすべてのレースで、チームメイトのジョージ・ラッセルの後ろでレースをフィニッシュしている。だが、ハミルトンがイモラでポイントを落としたのに対し、ラッセルはすべてのレースをトップ5以内でフィニッシュしている。

F1マイアミGP:初開催のサーキットにF1ドライバーから辛辣な低評価

2022年5月12日
F1マイアミGP:初開催のサーキットにF1ドライバーから辛辣な低評価
初開催となったF1マイアミGPは、週末を取り巻く華やかな雰囲気が話題となったが、すべてのF1ドライバーが無制限の賞賛を提供しているわけではない。

たとえば、F1ワールドチャンピオンのマックス・フェルスタッペンは、レイアウトの遅くて狭いセクションを「ミッキーマウス」と呼んだ。ルイス・ハミルトンも否定的ニュアンスで語った。

マックス・フェルスタッペン、レース中に体重が3kg減少で脱水症状

2022年5月11日
マックス・フェルスタッペン、レース中に体重が3kg減少で脱水症状 / F1マイアミGP
マックス・フェルスタッペン(レッドブル・レーシング)は、優勝したF1マイアミGPで体重が3kg減少し、脱水症状が出ていたと報じられている。

フロリダの太陽の下で、気温33度、路面温度40度のコンディションで行われた57周のF1マイアミGPのレースは、F1ドライバーにとって特に厳しいものとなった。

F1マイアミGP主催者、2023年にむけてサーキットの改修にオープン

2022年5月11日
F1マイアミGP主催者、2023年にむけてサーキットの改修にオープン…F1ドライバーから批判殺到
F1マイアミGPのトップエグゼクティブであるトム・ガーファンケルは、2023年のイベントにむけてサーキットに変更を加えることにオープンだと語る。

F1ドライバーは、マイアミ・インターナショナル・オートドロームのレイアウトに批判的であり、さらにカルロス・サインツとエステバン・オコンは、最も物議を醸している狭いセクションのコンクリートバリアにクラッシュして怪我を負ったことで主催者への怒りを露わにしている。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム