シャルル・ルクレール 「チームと一緒に最適な判断を下せるようにしたい」

2019年10月28日
シャルル・ルクレール 「チームと一緒に最適な判断を下せるようにしたい」 / フェラーリ F1メキシコGP 決勝
フェラーリのシャルル・ルクレールは、F1メキシコGPの決勝レースを4位でフィニッシュ。チーム戦略に自分から意見する必要があるとの見解を述べた。

ポールポジションからスタートしたシャルル・ルクレールは、序盤にレースをリード。しかし、アレクサンダー・アルボン(レッドブル)をカバーするために早めにピットインしてミディアムタイヤに交換して2ストップ戦略が確定。

マックス・フェルスタッペン 「ペースもマシンもよかったので結果は残念」

2019年10月28日
マックス・フェルスタッペン 「ペースもマシンもよかったので結果は残念」
レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、F1メキシコGPの決勝レースで6位入賞を果たした。

前日の予選では、マックス・フェルスタッペンがトップタイムをマークしたが、その後のペナルティーによって4番グリッドへ降格。決勝では好スタートを決めてルイス・ハミルトン(メルセデス)をかわしにかかったものの、ターン2で接触を受けて大きく順位を落とした。

【動画】 2019年 F1メキシコGP 決勝 ハイライト

2019年10月28日
【動画】 2019年 F1メキシコGP 決勝 ハイライト
2019年 F1メキシコGP 決勝のハイライト動画。10月27日(土)にエルマノス・ロドリゲス・サーキットでF1メキシコGPの決勝レースが行われた。

優勝はルイス・ハミルトン。4番グリッドからスタートしたハミルトンは、24周目にピットインする1ストップ戦略が奏功。今季10勝目、通算83勝目を挙げた。ボッタスの結果により、ドライバーズ選手権は次戦以降に持ち越された。

セバスチャン・ベッテル 「すべてがメルセデス勢に有利に働いた」

2019年10月28日
セバスチャン・ベッテル 「すべてがメルセデス勢に有利に働いた」
フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、2019年 F1メキシコGPの決勝レースを2位表彰台で終えたが、運に恵まれていれば優勝を得られたと考えている。

「今日はそれほど間違ったことはしていない。レース序盤にルイス(ハミルトン)がピットインしたことを考えれば、ハードタイヤがあれほど長く持つとは思わなかっただけだ。彼はリスクを取り、それが成功した」とセバスチャン・ベッテルはコメント。

アレクサンダー・アルボン、5位入賞「順調に成長できていると感じている」

2019年10月28日
アレクサンダー・アルボン、5位入賞「順調に成長できていると感じている」
レッドブル・ホンダのアレクサンダー・アルボンは、F1メキシコGPの決勝レースで5位入賞を果たした。

5番手スタートのアレクサンダー・アルボンは、この混乱を避けて3番手に浮上。前を行くフェラーリ勢2台を追う展開となった。2ストップ戦略を採用したアルボンは、2スティント目をミディアム、最終スティントをハードで走行。1ストップ作戦を採った上位勢に次いで5位でチェッカーフラッグを受けた。

キミ・ライコネン、リタイアの原因は「1周目の接触で冷却系が損傷」

2019年10月28日
キミ・ライコネン、リタイアの原因は「1周目の接触で冷却系が損傷」
アルファロメオ・レーシングのキミ・ライコネンは、F1メキシコGPの決勝レースをリタイアで終えた。

14番グリッドからスタートしたキミ・ライコネンは、1コーナーでケビン・マグヌッセンと接触してフロアが大きく破損した。この接触でレースにはバーチャル・セーフティカーが導入される。

その後もレースを続行したキミ・ライコネンだが、接触による冷却系のダメージによって60周目にリタイアを選択。これで6戦連続でノーポイントとなる。

2019年 F1 メキシコGP 決勝 | ピレリ タイヤ戦略解説

2019年10月28日
2019年 F1 メキシコGP 決勝
ピレリが、2019年のF1世界選手権 第18戦 メキシコGP 決勝でのタイヤ戦略を振り返った。

メルセデスのルイス・ハミルトンがメキシコグランプリを制しました。3番グリッドからスタートしたハミルトンは、ミディアムからハードへ交換する1ストップ戦略を採った。トップ3が採用したこの戦略は、エルマノス・ロドリゲス・サーキットの厳しいコンディションにおいて、可能ではあるものの難しいと予測されていた。昨日までよりも高くなった気温がグレイニングの抑制につながり、この1ストップ戦略実行に寄与した。

ピエール・ガスリー 「チャンピオンシップの戦いにおいては大きな結果」

2019年10月28日
ピエール・ガスリー 「チャンピオンシップの戦いにおいては大きな結果」
トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーは、F1メキシコGPの決勝レースで9位入賞を果たした。

10番グリッドからスタートしたピエール・ガスリーは、序盤でソフトタイヤからハードタイヤへ交換。前方からスタートしたマクラーレン勢の前でレースを進めるなど、好調な出だしとなる。2ストップ戦略を採用したガスリーは、10位でチェッカー。クビアトのペナルティによって9位が最終結果となった。

ダニール・クビアト 「最後の接触によるペナルティーには納得していない」

2019年10月28日
ダニール・クビアト 「最後の接触によるペナルティーには納得していない」
トロロッソ・ホンダのダニール・クビアトは、F1メキシコGPの決勝レースを11位で終えた。

ダニール・クビアトは、2ストップを行い、10番手で最終ラップに突入。クビアトは9番手のニコ・ヒュルケンベルク(ルノー)を追い詰めるが、パスしようとした際に接触してしまい、10秒のタイムペナルティーを科される。この結果、クビアトは11位となった。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム