ウィリアムズ:ノーポイントもパフォーマンスに手応え / F1メキシコGP

2018年10月30日
F1 ウィリアムズ メキシコグランプリ
ウィリアムズは、F1メキシコGPの決勝レースで、ランス・ストロールが12位、セルゲイ・シロトキンが13位で終えた。

パディ・ロウ (チーフテクニカルオフィサー)
「我々の総合的なパフォーマンスレベルを考えれば、比較的良い一日だった。再び2台のクルマは良好な状態にあり、それはチームにとってポジティブなことだ。タイヤマネジメントに関して非常にタフなレースだ」

エステバン・オコン 「これまでのF1キャリア全体で最悪のレース」

2018年10月30日
F1 エステバン・オコン フォースインディア
フォースインディアのエステバン・オコンは、F1メキシコGPの決勝レースを11位で終えた。

「僕のここまでのF1キャリア全体で最悪のレースだったかもしれない。まったく思い通りにならなかったし、とにかく酷い午後だった。とても良いスタートを切って、1コーナーまでに2台のザウバーを抜くことができたけど、今日ポジティブだったのはほぼそれだけだ」とエステバン・オコンはコメント。

F1 メキシコGP 決勝 | ピレリ タイヤ戦略解説

2018年10月30日
F1 メキシコGP ピレリ
ピレリが、2018年のF1世界選手権 第19戦 メキシコGP 決勝でのタイヤ戦略を振り返った。

高地の薄い空気の下でマシンのダウンフォースが低減され、スライドを誘発したことからもタイヤデグラデーションレートが高くなり、1ストップと2ストップが入り混じる展開となった。終盤にファステストラップを記録したメルセデスのバルテリ・ボッタスは、3ストップ戦略で5位を獲得した。

ランス・ストロール 「ポイントを獲得できなかったのは本当に残念」

2018年10月30日
F1 ランス・ストロール ウィリアムズ メキシコGP
ウィリアムズのランス・ストロールは、F1メキシコGPの決勝レースを12位で終えた。

「今日、ポイントを獲得できなかったのは本当に残念だった。もしかしたら、1ストップならいけたかもしれない。セルゲイが1ストップを成功させたからね。でも、第1スティントはコース上で別のポジションを争っていた」とランス・ストロールはコメント。

セルゲイ・シロトキン 「プライムタイヤで58周は素晴らしい仕事」

2018年10月30日
F1 セルゲイ・シロトキン メキシコGP
ウィリアムズのセルゲイ・シロトキンは、F1メキシコGPの決勝レースを13位で終えた。

「今日はチームとしてとてもうまく取り組めた。プライムタイヤでの58周の最終スティントを管理できたのは本当に素晴らしかった。残り10周でもまだ周りのクルマよりもタイヤは良かった。本当に良いリズムを掴んでいたし、前のクルマよりも多くのペースがあった」とセルゲイ・シロトキンはコメント。

ケビン・マグヌッセン 「タイヤが機能しなければレースにならない」

2018年10月30日
F1 ケビン・マグヌッセン メキシコGP
ハースF1チームのケビン・マグヌッセンは、F1メキシコGPの決勝レースを15位で終えた。

「僕たちは良いポジションに入っていたし、40周目くらいにピットインした。でも、ウルトラソフトでコースに出ているときは、とにかくまったく昨日していなかった。と言うか、素晴らしいレースをしたければ、タイヤが必要だ」とケビン・マグヌッセンはコメント。

ロマン・グロージャン 「とにかくタフな一日だった」 / F1メキシコGP

2018年10月30日
F1 ロマン・グロージャン メキシコGP
ハースF1チームのロマン・グロージャンは、F1メキシコGPの決勝レースを16位で終えた。

「とてもタフな一日だった。僕たちはウルトラソフトで期待していたパフォーマンスを得られなかった。スーパーソフトでは可能な限り良いパフォーマンスを引き出すことができた。タイヤの寿命を最大限に引き出していた」とロマン・グロージャンはコメント。

カルロス・サインツ 「フラストレーションを感じるけど、それがレース」

2018年10月30日
F1 カルロス・サインツ メキシコGP
ルノーのカルロス・サインツは、F1メキシコGPの決勝レースをリタイアで終えた。

「今日は本当に残念だった。僕たちは快適にミッドフィールドをリードしていたし、ポイントを争っていた。そのあと、警告もなくクルマがシャットダウンした。1周目にあれほど良いスタートを切っていたので本当にフラストレーションを感じるけど、それがレースだ」

バルテリ・ボッタス 「来年チャンピオンを争うのを楽しみにしている」

2018年10月29日
F1 バルテリ・ボッタス メルセデス メキシコGP
メルセデスのバルテリ・ボッタスは、F1メキシコGPの決勝レースを5位入賞で終えた。

「ルイス、本当におめでとう! 彼はまた力強いシーズンを戦った。シーズン後半は特にね。彼は本当にこのタイトルにふさわしいと思う。自分が今年のこのタイトルの機会を失ったとき、少しでも彼がワールドチャンピオンを獲得する手助けができればと思っていたけど、僕はすでに来年また戦うのを楽しみにしている」とバルテリ・ボッタスはコメント。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム