レッドブルF1 「ボッタスとの接触がなければフェルスタッペンは勝てた」

2019年10月29日
レッドブルF1 「ボッタスとの接触がなければフェルスタッペンは勝てた」
レッドブルのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、マックス・フェルスタッペンはバルテリ・ボッタスとの接触で“レースを台無しにされた”と考えており、それがなければレースで優勝を狙えたはずだと語る。

4番グリッドからスタートしたマックス・フェルスタッペンは、ルイス・ハミルトン(メルセデス)をかわしにかかったものの、ターン2で接触を受けて大きく順位を落とした。

レッドブル・ホンダ 「5位と6位は期待していた結果ではない」

2019年10月29日
レッドブル・ホンダ 「5位と6位は期待していた結果ではない」
レッドブル・ホンダは、F1メキシコGPの決勝で、アレクサンダー・アルボンが5位、マックス・フェルスタッペンが6位とダブル入賞を果たしたが、マシンのペースを考えれば、満足できる結果とは言えないと語る。

クリスチャン・ホーナー(チーム代表)
「マックスは好スタートを決め、最初の数コーナーでルイスとホイール・トゥ・ホイールのハードバトルを繰り広げたが、芝生に押し出されることとなり、多くのポジションを失った」

トロロッソ・ホンダ、2ストップ戦略に苦戦もガスリーが9位入賞

2019年10月29日
トロロッソ・ホンダ、2ストップ戦略に苦戦もガスリーが9位入賞
トロロッソ・ホンダは、F1メキシコGPの決勝で、ピエール・ガスリーが9位入賞、ダニール・クビアトが11位でレースを終えた。

ギヨーム・デゾテウス(車両パフォーマンス責任者)
「今日はメキシコでタフなレースだった。2ストップ戦略を機能させるために他のミッドフィールド走者よりも早くにピットストップしなければならず、ソフトタイヤでのスタートは当然ながらレースを妥協するものとなった」

メルセデス、苦手としたF1メキシコGPでチーム力で1-3フィニッシュ

2019年10月29日
メルセデス、苦手としたF1メキシコGPでチーム力で1-3フィニッシュ
メルセデスは、F1メキシコGPの決勝で、ルイス・ハミルトンが優勝、バルテリ・ボッタスも3位に入り、苦手としてきたメキシコでダブル表彰台を達成した。

トト・ヴォルフ(チーム代表)
「今日は予期せぬ勝利だったと言える。ここ数年、我々のマシンはここメキシコのコンディションに合っていなかったが、今日は良い方向に進んで嬉しく思う。勝つためにはリスクを負わなければならないのはわかっていた。それこそ我々のやったことであり、うまくいった」

フェラーリF1、フロントロースタートも勝てず 「満足とは言えない」

2019年10月29日
フェラーリF1、フロントロースタートも勝てず 「満足とは言えない」
フェラーリは、F1メキシコGPの決勝で、セバスチャン・ベッテルが2位表彰台、シャルル・ルクレールが4位でレースを終えた。

マッティア・ビノット(チーム代表)
「当然ながら、満足とは言えない。1番手と2番手でスタートしたなら、違った結果を予想するものだろう。長い午後であり、タイヤを管理するタフなレースになるのはわかっていた」

レーシングポイト、トロロッソ・ホンダと同点に並ぶ / F1メキシコGP

2019年10月29日
レーシングポイト、トロロッソ・ホンダと同点に並ぶ / F1メキシコGP
レーシング・ポイントF1チームは、F1メキシコGPの決勝で、母国レースのセルジオ・ペレスが7位、ランス・ストロールが12位でレースを終えた。今回の結果でレーシングポイントは合計64ポイントとなり、コンストラクターズ選手権でトロロッソ・ホンダに並んだ。

オトマー・サフナウアー(チーム代表)
「セルジオが非常にうまく1ストップレースを実行して“ベスト・オブ・ザ・レスト”の7位でフィニッシュできたことに満足している。これはまた、本部と現場のハードワークのおかげであり、我々がマシンを進化させたことの表れでもある」

マクラーレン 「まったくプラン通りにいかなかった」 / F1メキシコGP

2019年10月29日
マクラーレン 「まったくプラン通りにいかなかった」 / F1メキシコGP
マクラーレンは、F1メキシコGPの決勝で、カルロス・サインツが13位、ランド・ノリスはリタイアでレースを終えた。

アンドレアス・ザイドル(チーム代表)
「これまで連続して良い日曜日を過ごしてきたが、残念ながら、今日はまったくプラン通りにいかなかった。この2日間を通して示してきた良いレースペースを継続できなかったし、そこについては分析して理解しなければならない」

アルファロメオ 「トロロッソ勢とポイントを争ていたはず」 / F1メキシコGP

2019年10月29日
アルファロメオ 「トロロッソ勢とポイントを争ていたはず」 / F1メキシコGP
アルファロメオ・レーシングは、2019年 F1メキシコGPの決勝で、アントニオ・ジョビナッツイが14位、キミ・ライコネンはリタイアでレースを終えた。

フレデリック・ヴァスール(チーム代表)
「週末を通した全体的なパフォーマンスはこれまでよりも良かったので、ポイントなしにメキシコを離れることにがっかりしている。残念ながら、キミは最初のコーナーでフロアと冷却システムにダメージを負った。多くのパフォーマンスを失い、レース終盤には冷却に問題が発生したため、ストップせざるを得なかった」

ハースF1チーム | 2019年 F1メキシコGP 決勝レポート

2019年10月29日
ハースF1チーム
ハースF1チームは、2019年 F1メキシコGPの決勝で、ケビン・マグヌッセンが15位、ロマン・グロージャンが17位でレースを終えた。

ギュンター・シュタイナー(チーム代表)
「明らかに失望のレースだった。今週末のパフォーマンスから自分たちにできるベストを引き出した。何もミスはしていない。単にこれ以上のパフォーマンスがマシンになかっただけだ」
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム