マリオ・アンドレッティ、アメリカGPでマクラーレンのF1マシンでデモ走行

2022年5月14日
マリオ・アンドレッティ、アメリカGPでマクラーレンのF1マシンでデモ走行
マクラーレン・レーシングのCEOを務めるザク・ブラウンは、1978年のF1ワールドチャンピオンであるマリオ・アンドレッティが、今年のアマリカGPでマクラーレンのF1マシンでデモ走行を行うことを明らかにした。

先週末のマイアミGPで、デビッド・ベッカム、マイケル・ジョーダン、元ファーストレディのミシェル・オバマなど多くの有名人とともに参加したマリオ・アンドレッティは、オースティンでのアメリカGPで前世代のF1マシンをドライブする。

ランド・ノリス 「コルトン・ハータは高速コーナーで別次元だった」

2022年5月13日
マクラーレンF1のランド・ノリス 「コルトン・ハータは高速コーナーで別次元だった」
ランド・ノリスは、マクラーレンとコルトン・ハータのF1テストを楽しみにしており、ジュニアフォーミュラ時代のチームメイトは、高速コーナーに関しては“別次元”だと語る。

コルトン・ハータ(22歳)は、現在、アンドレッティ・オートスポーツのインディカーのチームメイトであるアレクサンダー・ロッシが2015年に参戦して以来のアメリカ人F1ドライバーになることに期待がかけられている。

ダニエル・リカルド 「軽量化のためにドリンクボトル内の飲料も低減」

2022年5月13日
F1:ダニエル・リカルド 「軽量化のためにドリンクボトル内の飲料も低減」
マクラーレンF1のダニエル・リカルドは、チームが重量を節約するために飲料の割り当てを減らしたことでマイアミGPがさらに厳しくなったと認めている。

すべてのF1チームは、2022年F1マシンに重量を減らすことに苦労している。ダニエル・リカルドは、マクラーレンF1がドリンクボトルの飲料の量でそれを達成しようとしており、実際にマイアミのレースコンディションでは望んでいるよりも足りなかったことを明らかにした。

マクラーレンF1、2024年以前にリカルドに代えてコルトン・ハータを起用?

2022年5月12日
マクラーレンF1、2024年以前にリカルドに代えてコルトン・ハータを起用?
F1ジャーナリストのジョー・サワードは、マクラーレンF1がダニエル・リカルドに変えてコルトン・ハータを起用する可能性があるとされていると主張する。

複数回のレースウィナーであるダニエル・リカルドは、2021年シーズンに先駆けてマクラーレンF1チームに加入。2021年のF1イタリアGPで勝利を収めてマクラーレンF1を表彰台のトップステップに戻したが、これまでのところ計画通りに進んではいない。

ランド・ノリス 「レーシングラインを外せばゲームオーバー」

2022年5月8日
ランド・ノリス 「レーシングラインを外せばゲームオーバー」 / F1マイアミGP
マクラーレンF1のランド・ノリスは、マイアミ・インターナショナル・オートドロームではレーシングラインを外れれば“ゲームオーバー”だと語る。

金曜日に2022年F1第5戦F1マイアミGPのフリー走行が行われ、F1マシンは初めて新しいマイアミのストリートサーキットを走行した。2回のセッションでは、バルテリ・ボッタス(アルファロメオ)とカルロス・サインツ(フェラーリ)がバリアにクラッシュし、数名のドライバーがスピンを喫した。

マクラーレン、アウディへのF1チーム売却を否定「マクラーレンF1は残る」

2022年5月7日
マクラーレン、アウディへのF1チーム売却を否定「マクラーレンF1は残る」
マクラーレン・レーシングのCEOを務めるザク・ブラウンは、アウディがF1チームの買収に関心を持っていることを認めつつも、売却することはないとその可能性を除外した。

フォルクスワーゲン・グループは、アウディとポルシェを2026年からF1に参入させるための取り組みを進めている。ポルシェはレッドブルと提携することが確実視されているが、ワークス参戦を望むアウディは、まだその選択肢を検討しているため、プロジェクトは確実ではない。

ランド・ノリス、“バスケットボール”デザインのスペシャルヘルメット

2022年5月6日
ランド・ノリス、“バスケットボール”デザインのスペシャルヘルメット / マクラーレン F1 マイアミGP
マクラーレンのF1ドライバーであるランド・ノリスは、今週末のマイアミGPでバスケットボールをモチーフとしたスペシャルヘルメットを公開した。

ランド・ノリスは、ヘルメットのデザインを頻繁に変更するドライバーの一人であり、初開催のマイアミGPにむけてユニークなデザインのヘルメットを用意した。

マクラーレンF1代表 「Bチームを持つことが成功の鍵になってはならない」

2022年5月3日
マクラーレンF1代表 「Bチームを持つことが成功の鍵になってはならない」
マクラーレンF1のチーム代表を務めるアンドレアス・ザイドルは、競争力の“原則”として、F1はいわゆる“A”チームと“B”チームの間に厳しい制限を設ける必要があると考えている。

アンドレアス・ザイドルは、“A”チームが“B”チームの仕事から利益を得るかどうかがグリッドの残りの部分にとって「懸念」であると信じている。たとえば、アルファタウリが両方のチームを助けることができる方法で革新した場合、レッドブルは仮想的に彼らの車を改善することができる可能性がある。

ランド・ノリス 「マクラーレンは今や3番目に最速のF1チーム」

2022年5月1日
ランド・ノリス 「マクラーレンは今や3番目に最速のF1チーム」
ランド・ノリスは、マクラーレンが今シーズンの困難なスタートからの立て直しに成功し、今では“快適に3番手”の最速チームであると考えている。

バーレーンテストでブレーキの冷却問題に見舞われたマクラーレンは、開幕2戦ではバックマーカーに位置に転落し、熱心なマクラーレンのファンでさえ、劇的なラーンアラウンドを想像するのに苦労した。
«Prev || ... 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 · 10 · 11 · 12 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム