マクラーレンF1、“ルノーだけパーティモード使用”説を否定

2019年7月19日
F1 マクラーレン ルノーF1
マクラーレンのF1チーム代表を務めるアンドレアス・ザイドルは、ルノーのワークスチームには“パーティモード”の設定があるが、カスタマーであるマクラーレンはそれを使用することができないとの噂を否定した。

F1イギリスGP後、マクラーレンのカルロス・サインツは、理論的にはまったく同じエンジンを使用しているにもかかわらず、ルノーのダニエル・リカルドがワークスマシンで達成したトップスピードに驚いたと述べていた。

マクラーレン、ルノーF1チームの“Bチーム”化を拒否

2019年7月18日
F1 マクラーレン ルノーF1
マクラーレンは、ルノーF1チームの“Bチーム”になることはなく、あくまで“独立”したF1チームであることを固く決意している。

ルノーF1チームのダニエル・リカルドは、ルノーとエンジンカスタマーのマクラーレンがシャシーのエリアで協力すれば、“かなりまともなレーシングカー”を製造できるだろうと冗談交じりに語っていた。

アンドレアス・ザイドル 「マクラーレンの復調は自分の手柄ではない」

2019年7月17日
F1 マクラーレン
マクラーレンF1チームの新たなチームプリンシパルに就任したアンドレアス・ザイドルは、自分の加入が2019年のマクラーレンの復調の鍵であるとの見方を否定した。

ポルシェのLMP1チームの代表として大成功を収めたアンドレアス・ザイドルは、5月1日からマクラーレンに加入。CEOを務めるザク・ブラウンの元、F1チームの全権を任されている。

マクラーレン | 2019年 F1イギリスGP 決勝レポート

2019年7月16日
F1 マクラーレン イギリスGP
マクラーレンは、2019年のF1イギリスGPの決勝レースで、カルロス・サインツが8位、ランド・ノリスが11位でレースを終えた。

アンドレアス・ザイドル(チーム代表)
「今回も現場のチームとファクトリーにいる皆に祝福と感謝を伝えたい。今週末も我々は4番目に強いチームとなり、ミッドフィールドの主要なライバルに対して1ポイントのリードを広げることができた」

カルロス・サインツ 「リカルドとの6位をかけたバトルは楽しかった」

2019年7月15日
F1 カルロス・サインツJR.
マクラーレンのカルロス・サインツは、F1オーストリアGPの決勝で6位入賞を果たした。

13番グリッドからスタートしたカルロス・サインツだったが、ミディアムタイヤでの第1スティントを伸ばした1ストップ戦略とセーフティカー導入のタイミングがぴったりと合って6番手に浮上。その後、ひとつ順位を落とすが、接触したセバスチャン・ベッテルが後退したことで再び順位を上げ、“ベスト・オブ・ザ・レスト”となる6位でレースを終えた。

マクラーレン 「フェルナンド・アロンソの他チーム移籍をサポートしたい」

2019年7月13日
F1 マクラーレン フェルナンド・アロンソ
マクラーレンは、フェルナンド・アロンソに2020年にF1に復帰するチャンスがあるならば、他チームへの移籍をサポートするとしている。

今年、マクラーレンはカルロス・サインツとランド・ノリスにドライバーラインナップを一新。フェルナンド・アロンソはF1を離れてがマクラーレンのアンバサダーとしてチームとの関係を継続しており、マクラーレンが競争力をつけた場合、F1に復帰する可能性を残していた。

ランド・ノリス 「2020年のマクラーレンとの契約が何かを変えることはない」

2019年7月11日
F1 ランド・ノリス マクラーレン
ランド・ノリスは、継続してパフォーマンスを発揮することを目標にしているので、2020年のマクラーレンのF1シートを確保したことで自分は何もかわらないと語る。

今年、マクラーレンでF1デビューを果たしたランド・ノリスは、他のルーキー(アレクサンダー・アルボン、ジョージ・ラッセル、アントニオ・ジョビナッツィ))の2倍以上のポイントを獲得して、チームメイトのカルロス・サインツに次ぐランキング8位に位置している。

ダニエル・リカルド 「マクラーレンにはルノーが求めるパッケージがある」

2019年7月11日
F1 ダニエル・リカルド
ルノーF1チームのダニエル・リカルドは、ライバルチームのマクラーレンは“ルノーが求めていうるパッケージ”を持っていると語る。

ルノーF1チームは、F1フランスGPでアップグレードを投入し、R.S.19がF1グリッドで4番目に最速のマシンになることを望んでいたが、結果としてまだそれは実現できていない。

マクラーレン、2020年もノリス&サインツのラインナップ続投を発表

2019年7月10日
マクラーレン、2020年もノリス&サインツのラインナップ続投を発表
マクラーレンは、2020年のF1世界選手権でもランド・ノリスとカルロス・サインツというドライバーラインナップを継続することを発表した

今年F1デビューを果たしたランド・ノリスは、過去2戦を5番グリッドからスタートし、両方のレースで入賞するなど印象的なパフォーマンスを見せている。また、複数年契約でマクラーレンに加入したカルロス・サインツも過去6戦で5度の入賞を果たし、ドライバーズ選手権で7位につける活躍をみせている。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム