ダニエル・リカルド 「アメリカでのF1人気にごり押し感はない」

2022年5月17日
ダニエル・リカルド 「アメリカでのF1人気にごり押し感はない」
マクラーレンのF1ドライバーであるダニエル・リカルドは、アメリカでのF1人気の高まりはごり押しだとは感じていないと語る。

今年、F1はマイアミGPを初開催。マイアミはアメリカでの2つ目のレースであり、2023年には3つ目のレースとなるラスベガスGPがオースティンとマイアミに加わる。

マクラーレンF1、スペインGPでシーズン最初の大規模アップデートを投入

2022年5月17日
マクラーレンF1、スペインGPでシーズン最初の大規模アップデートを投入
マクラーレンF1は、今週末の2022年F1第6戦スペインGPでMCL36に今シーズン最初の大規模アップデートを投入する。

カタルーニャ・サーキットは、2022年シーズンの最初のプレシーズンテストのホスト役を務めました。つまり、今週末は、F1チームが今シーズンこれまでに行った改善をすでに収集されたデータと相互に関連付け、新しいコンポーネントを試す絶好の機会を提供する。

コルトン・ハータ 「F1でレースをすることは真剣な野心」

2022年5月16日
コルトン・ハータ 「F1でレースをすることは真剣な野心」 6月にマクラーレンでシート合わせ
コルトン・ハータは、F1でレースをすることは“真剣な野心”だと認め、今年初めてF1テストと契約を結んだマクラーレンで6月にシート合わせを実施することを明かした。

インディカーのドライバーであるコルトン・ハータは、マクラーレンF1チームのファクトリーでのシミュレーター作業、そして、年内に2021年のマクラーレンのF1マシンをテストする機会を得る。

マクラーレン、メルセデスのフォーミュラEチーム買収は「簡単な決断」

2022年5月16日
マクラーレン、メルセデスのフォーミュラEチーム買収は「簡単な決断」
マクラーレン・レーシングのCEOであるザク・ブラウンは、タイトルを獲得したメルセデスのフォーミュラEチームを引き継ぐチャンスを逃すことはできなかったと語る。

マクラーレンでは、レーシングシリーズのポートフォリオを拡大する取り組みの一環として、フォーミュラEがかなり長い間議題にされていた。

ダニエル・リカルド 「F1キャリアの後半にいるのは間違いない」

2022年5月14日
ダニエル・リカルド 「F1キャリアの後半にいるのは間違いない」
マクラーレンF1のダニエル・リカルドは、F1キャリアの“後半”にいるのは間違いないと認め、もう10年もそれが続くことはないだろうと語る。

昨年、チャンピオンシップを狙える可能性のある車を求めていたダニエル・リカルドは、4年間で3つ目のチームとなるマクラーレンに移籍した。

マクラーレン、メルセデスチームを継承してフォーミュラE参戦を発表

2022年5月14日
マクラーレン、メルセデスのチームを継承してフォーミュラE参戦を発表
マクラーレンは、2022/2023年のシーズン9からフォーミュラEに参戦することを発表。チームは、メルセデスEQフォーミュラEチームを継承して形成される。

マクラーレン・レーシングは、シーズン9から2022/2023 ABB FIAフォーミュラE世界選手権に参加し、先駆的な全電気レースシリーズのGen3時代の始まりとなると電気モータースポーツの旅の次の段階を開始する。

マリオ・アンドレッティ、アメリカGPでマクラーレンのF1マシンでデモ走行

2022年5月14日
マリオ・アンドレッティ、アメリカGPでマクラーレンのF1マシンでデモ走行
マクラーレン・レーシングのCEOを務めるザク・ブラウンは、1978年のF1ワールドチャンピオンであるマリオ・アンドレッティが、今年のアマリカGPでマクラーレンのF1マシンでデモ走行を行うことを明らかにした。

先週末のマイアミGPで、デビッド・ベッカム、マイケル・ジョーダン、元ファーストレディのミシェル・オバマなど多くの有名人とともに参加したマリオ・アンドレッティは、オースティンでのアメリカGPで前世代のF1マシンをドライブする。

ランド・ノリス 「コルトン・ハータは高速コーナーで別次元だった」

2022年5月13日
マクラーレンF1のランド・ノリス 「コルトン・ハータは高速コーナーで別次元だった」
ランド・ノリスは、マクラーレンとコルトン・ハータのF1テストを楽しみにしており、ジュニアフォーミュラ時代のチームメイトは、高速コーナーに関しては“別次元”だと語る。

コルトン・ハータ(22歳)は、現在、アンドレッティ・オートスポーツのインディカーのチームメイトであるアレクサンダー・ロッシが2015年に参戦して以来のアメリカ人F1ドライバーになることに期待がかけられている。

ダニエル・リカルド 「軽量化のためにドリンクボトル内の飲料も低減」

2022年5月13日
F1:ダニエル・リカルド 「軽量化のためにドリンクボトル内の飲料も低減」
マクラーレンF1のダニエル・リカルドは、チームが重量を節約するために飲料の割り当てを減らしたことでマイアミGPがさらに厳しくなったと認めている。

すべてのF1チームは、2022年F1マシンに重量を減らすことに苦労している。ダニエル・リカルドは、マクラーレンF1がドリンクボトルの飲料の量でそれを達成しようとしており、実際にマイアミのレースコンディションでは望んでいるよりも足りなかったことを明らかにした。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム