マクラーレン、F1マシンにデジタル広告ディスプレイを搭載 / F1アメリカGP

2022年10月21日
マクラーレン、F1マシンにデジタル広告ディスプレイを搭載 / F1アメリカGP
マクラーレンF1チームは、F1アメリカGPからMCL36にデジタルディスプレイを搭載。スポンサーロゴなどを動的に表示できるこの仕組みはF1マシンの広告に確信をもたらす可能性を秘めている。

車載カメラにはっきりと表示されるこのデジタルパネルを使用するためにマクラーレンは英国のシームレス デジタル(Seamless Digital)社と複数年契約を締結。

ルイス・ハミルトン 「F1ステアリング設計の特許を取っておくべきだった!」

2022年10月18日
ルイス・ハミルトン 「F1ステアリング設計の特許を取っておくべきだった!」
ルイス・ハミルトンは、自分のクリエイティビティを活かしてF1の基本的なコンポーネントの設計を変更したことがあると語る。

ルイス・ハミルトンは、2007年にマクラーレンのドライバーとしてF1に到達し、F1カナダGPで初勝利を挙げるまでに5回連続でトップ3フィニッシュを達成した。

マクラーレンF1代表 「アルピーヌはピアストリをシーズン終了まで渡さない」

2022年10月18日
マクラーレンF1代表 「アルピーヌはピアストリをシーズン終了まで渡さない」
マクラーレンは、アルピーヌF1チームが2022年F1シーズンの終わりまでリザーブドライバーのオスカー・ピアストリを保持すると予想している。

オスカー・ピアストリは、2023年にマクラーレンのF1ドライバーを務めることが決定している。アルピーヌF1チームは、ピアストリが2023年にレースをする契約を結んだと主張していたが、契約認識委員会はマクラーレンに有利な判決を下した。

マクラーレンF1、FIAに書簡「レッドブルの予算上限違反に厳罰を求める」

2022年10月18日
マクラーレンF1、FIAに書簡「レッドブルの予算上限違反に厳罰を求める」
マクラーレンF1のCEOであるザク・ブラウンは、FIA(国際自動車連盟)に予算上限を破ったチームに対して“速やか”に行動して厳しく取り締まるよう促し、予算超過は“不正行為に相当する”と宣言した。

先週、FIAはレッドブルが昨年の予算上限を超過し、さらに手続き上の違反を犯したことを発表し、現在次のステップを評価している。アストンマーティンも手続き違反で財務規則を破ったことが判明している。

ランド・ノリス 「ピアストリの加入はマクラーレンF1に再び火をつける」

2022年10月17日
ランド・ノリス 「ピアストリの加入はマクラーレンF1に再び火をつける」
ランド・ノリスは、2023年にオスカー・ピアストリの加入を歓迎し、マクラーレンF1チームに「再び火をつける」と信じていると語った。

オスカー・ピアストリは、2023年にダニエル・リカルドの後任を務める。リカルドは契約満了の1シーズン前にマクラーレンF1チームと退団することになった。

82歳のマリオ・アンドレッティ、マクラーレンの2013年型F1マシンで爆走

2022年10月17日
82歳のマリオ・アンドレッティ、マクラーレンの2013年型F1マシンで爆走
82歳のマリオ・アンドレッティが、先週土曜日にラグナセカでマクラーレン MP4-28をドライブ。「私のバケットリストはかなり満足している。これ以降に私たちがすることはすべてケーキの飾りになる」と語った。

1978年のF1ワールド チャンピオンのコース上での大きな瞬間は、昨年5月の初開催のF1マイアミグランプリのグリッドで取引したマクラーレンのCEOであるザク・ブラウンの好意によるものだった。

ダニエル・リカルド 「マクラーレンのF1マシンは自分の弱点を露わにした」

2022年10月16日
ダニエル・リカルド 「マクラーレンのF1マシンは自分の弱点を露わにした」
ダニエル・リカルドは、マクラーレンF1チームでの2年間でマシンの扱いに苦戦した厳しい期間の後、この経験を「謙虚な気持ち」と呼んだ。

2021年F1イタリアGPでの魔法の瞬間を除けば、ダニエル・リカルドはマクラーレンにいる間、ずっとチームメイトのランド・ノリスと一貫して競争し、打ち負かすことができなかった。

マクラーレンF1、アレックス・パロウとパトリシオ・オワードをFP1に起用

2022年10月15日
マクラーレンF1、アレックス・パロウとパトリシオ・オワードをFP1に起用
マクラーレンF1チームは、アレックス・パロウとパトリシオ・パワードが、それぞれオースティンとアブダビでフリー走行1回目に出走することを発表した。

スペイン人ドライバーのアレックス・パロウは、2022年F1アメリカGPのフリー 走行1回目に参加。60分間のセッションでダニエル・リカルドに代わってMVL36を運転する。

ダニエル・リカルド、2023年F1シーズンのハース/ウィリアムズ移籍を除外

2022年10月8日
ダニエル・リカルド、2023年F1シーズンのハース/ウィリアムズ移籍を除外
ダニエル・リカルドは、近シーズン終了後にマクラーレンを退団した後、2023年にF1グリッドにいないことを初めて認めた。

ダニエル・リカルドは、空いているシートのいずれとも強い結びつきがなかったが、土曜日にアルピーヌF1チームがピエール・ガスリーとの契約を発表したことを受け、リカルドは来シーズンはドライブしないことを認めた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム