大クラッシュのランド・ノリス、肘のX線検査のため病院に搬送

2021年8月29日
大クラッシュのランド・ノリス、肘のX線検査のため病院に搬送 / F1ベルギーGP 予選
マクラーレンのランドノリスは、F1のベルギーGPの予選での高速クラッシュの後、肘の予防的X線検査のために病院に搬送された。

Q1とQ2をトップで通過して初ポールポジションへの期待がかかったランド・ノリスだったが、Q3の初めに雨が強くなり、最初のフライングラップでオー・ルージュを介してハイドロプレーニングに巻き込まれた。

【動画】 ランド・ノリス、予選Q3でオー・ルージュで大クラッシュ

2021年8月29日
【動画】 ランド・ノリス、予選Q3でオー・ルージュで大クラッシュ / F1ベルギーGP
マクラーレンのランドノリスは土曜日のF1ベルギーGP予選の最終セグメントでの大クラッシュを喫した。

ランド・ノリスは、ウェットンおスパ・フランコルシャンで素晴らしいパフォーマンスを見せており、Q1とQ2でトップタイムをマークしてQ3に進出。だが、Q3はセバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)が無線で赤旗を出すように呼びかけるほど、サーキットで雨が激しく降り始めていた。

ダニエル・リカルド 「セナの時代からF1マシンのコアは変わっていない」

2021年8月20日
ダニエル・リカルド 「セナの時代からF1マシンのコアは変わっていない」
マクラーレンF1のダニエル・リカルドは、技術の進歩にもかかわらず、現代のF1マシンは過去のものと多くの共通点を共有していると感じている。

最近、ダニエル・リカルドは、グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードで、アイルトン・セナが1990年のF1世界選手権に出場したマクラーレン MP4 / 5Bのハンドルを握った。

マクラーレンF1 「レッドブルとメルセデスの戦争から利益を得たい」

2021年8月20日
マクラーレンF1 「レッドブルとメルセデスの戦争から利益を得たい」
マクラーレンF1は、レッドブルとメルセデスとの間のF1戦争がどのように展開するかを興味深く見守っている。

現在、コンストラクターズ選手権で4位につけているマクラーレンは、2021年シーズン前半戦で2つのトップチームとレースをする状況にあった。

マクラーレンのF1マシン特性と相反するリカルドのブレーキングスタイル

2021年8月19日
マクラーレンのF1マシン特性と相反するリカルドのブレーキングスタイル
今年マクラーレンに移籍したダニエル・リカルドは、移籍組のなかでも適応に特に苦戦を強いられている。中でもリカルドの代名詞とされたブレーキングは影を潜めている。マクラーレンのレーシングエグゼクティブディレクターであるアンドレア・ステラがその理由に迫った。

チームメイトのランド・ノリスと元マクラーレンのチームメイトであるカルロス・サインツも、マクラーレンのF1マシンを運転するのは難しいと感じていたが、最終的にはうまく適応した。

マクラーレン 「F1とインディカーの相乗効果が利益をもたらしている」

2021年8月17日
マクラーレン 「F1とインディカーの相乗効果が利益をもたらしている」
マクラーレン・レーシングのCEOを務めるザク・ブラウンは、F1とインディカーの両方への関与が利益をもたらしていると考えている相乗効果について語った。

最近、マクラーレンは、インディカーチームのアロー・マクラーレンSPの過半数の株式を取得し、オペレーションを実行するための新しい5人の取締役会議長をザク・ブラウンが務めることを発表した。

ダニエル・リカルドが思いい描くF1引退後のライフプラン

2021年8月15日
ダニエル・リカルドが思いい描くF1引退後のライフプラン
ダニエル・リカルドのF1以外のビジネスへの関与の増加は意図的な計画の一部だ。

32歳のダニエル・リカルドは7回のグランプリウィナーですが、近年、彼自身のマーチャンダイズの範囲を広げ始めている。コース外のポートフォリオは増加しており、現在、セントヒューゴとのパートナーシップを通じてワインにまで拡大されている。

ザク・ブラウン 「次世代F1マシンでもひとまずDRSは継続するべき」

2021年8月14日
ザク・ブラウン 「次世代F1マシンでもひとまずDRSは継続するべき」
マクラーレンのCEOであるザク・ブラウンは、来年F1の新時代が始まるときにDRSがF1マシンの一部であり続けることへの支持を表明した。

F1レギュレーションの大幅な変更は、DRSシステムを不要にするように設計されており、マシンの追従や追い越しを容易にすることを目的としている。

マクラーレンF1、選手権3位を目指してMCL35Mのアップグレードを継続

2021年8月12日
マクラーレンF1、選手権3位を目指してMCL35Mのアップグレードを継続
マクラーレンF1は、コンストラクターズ選手権で3位を獲得することを目指しているため、MCL35Mのアップデートの開発を完了していない。

前戦F1ハンガリーGPで、マクラーレンは改良されたバージポードアレイを投入。マクラーレンは、2022年に焦点を合わせていると主張しているが、MCL35Mには細かなアップデートが定期的に導入され、結果を出している。
«Prev || ... 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 · 10 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム