マクラーレンF1、ゴールドマン・サックスとのパートナー契約を発表

2022年6月22日
マクラーレンF1、ゴールドマン・サックスとのパートナー契約を発表
マクラーレンF1チームは、グローバル金融機関であるゴールドマン・サックス・グループ・インクと2022年以降のオフィシャルパートナー契約を結んだことを発表した。

複数年にわたるパートナーシップにより、卓越性に重点を置いた2つのハイマフォーマンス組織が結集する。これには、マクラーレンのネットゼロ目標に向けた進展を加速するというコミットメントが含まれている。

レッドブルF1育成のユアン・ダルバラ、マクラーレンのF1テストに参加

2022年6月21日
レッドブルF1育成のユアン・ダルバラ、マクラーレンのF1テストに参加
レッドブルF1の育成ドライバーだるユアン・ダルバラは、今週末シルバーストンでマクラーレンのテストに参加し、F1マシンでの初走行を行う。

今年、プレマからFIA-F2に参戦するユアン・ダルバラは、ランキング3位につけている。2020年からFIA-F2を戦っているダルバラは3勝を挙げている。

インド出身のユアン・ダルバラは、フォース・インディアが“ONE IN A BILLION HUNT”プロジェクトによって見いだされ、2019年にレッドブルF1のジュニアプログラムに参加した。

マクラーレンF1首脳 「過去の“障害”をようやく取り除くことができた」

2022年6月16日
マクラーレンF1首脳 「過去の“障害”をようやく取り除くことができた」
マクラーレンF1は、新世代F1マシンのMCL36で過去に苦しんできた低速コーナーの“障害”をようやく取り除くことができたと信じている。

2022年に導入された新世代F1マシンは、後続のドライバーの妨げになっていた車からの汚れた空気の影響を最小限に抑えることを目的として設計され、グランドエフェクトカーへと生まれ変わった。

ランド・ノリス 「メルセデスF1のポーパシングは車高を上げれば済む話」

2022年6月15日
ランド・ノリス 「メルセデスF1のポーパシングは車高を上げれば済む話」
マクラーレンF1のランド・ノリスは、メルセデスF1にはバウンシングの問題を解決するためにパフォーマンスを犠牲にすることを頑なに拒んでいると語る。

ルイス・ハミルトンとジョージ・ラッセルは、F1アゼルバイジャングランプリの週末を通してバウンシングに苦しんでいると述べ、ハミルトンはF1キャリアの中で最も苦痛なレースだったと述べた。

ダニエル・リカルド 「疑いは僕の中に小さな火をつけた」

2022年6月15日
マクラーレンF1のダニエル・リカルド 「疑いは僕の中に小さな火をつけた」
マクラーレンF1のダニエル・リカルドは、自分のパフォーマンスに没頭するよりも、現在の問題を克服するという挑戦を「楽しんでいる」と語った。

ダニエル・リカルドは、これまでのシーズンを通してチームメイトのランド・ノリスよりも大幅にパフォーマンスが劣っていたため、マクラーレンのCEOであるザク・ブラウンは、リカルドには契約を1年早く終了できる「メカニズム」があることを認めるほどの失望を示した。

マクラーレンF1の両ドライバー、チームオーダーに葛藤と理解

2022年6月13日
マクラーレンF1の両ドライバー、チームオーダーに葛藤と理解 / F1アゼルバイジャンGP 決勝
マクラーレンF1のドライバーであるダニエル・リカルドとランド・ノリスは、F1アゼルバイジャンGPのさまざまな場所でチームオーダーに阻まれたが、リカルドはその過程で“中立化”されたと感じている。

ダニエル・リカルドはレースの早い段階でランド・ノリスの後ろにとどまるように指示された。当時のミディアムのノリスに比べて、リカルドはハードタイヤで提供するペースの方が速いと信じていた。

リカルド 「マクラーレンF1と契約があることに満足することはない」

2022年6月12日
ダニエル・リカルド 「マクラーレンF1と契約があることに満足することはない」
ダニエル・リカルドは、マクラーレンF1チームの全面的なサポートがあると言われているからといって、F1での将来に満足していないと主張する。

マクラーレンF1でのダニエル・リカルドのポジションについての憶測は、CEOのザク・ブラウンがオーストラリアの結果が期待に応えておらず、契約のなかに彼らが別れる結果となる可能性のある「メカニズム」があると述べたモナコグランプリの週末に現れた。

ダニエル・リカルド、アストンマーティンF1移籍が良い選択肢?

2022年6月9日
ダニエル・リカルド、アストンマーティンF1移籍が良い選択肢?
ダニエル・リカルドがマクラーレンF1のシートを失った場合、アストンマーティンF1は“良い家”になるだろうると元F1ワールドチャンピオンのデイモン・ヒルとF1ジャーナリストのトム・クラークソンは提案する。

マクラーレンで2シーズン目を迎えているダニエル・リカルドは、2023年末までの契約を結んでいるが、早期契約解消について多くの憶測が飛び交っている。2021年のF1イタリアGPでの勝利を除けば、マクラーレンとダリカルドのパートナーシップは決して成功しているとは言えない。

ダニエル・リカルド 「F1界に僕の実力を思い出せることに興奮している」

2022年6月8日
ダニエル・リカルド 「F1界に僕の実力を思い出せることに興奮している」
ダニエル・リカルドは、マクラーレンF1での迫力に欠けるパフォーマンスを向上させるために精神的なジェットコースターに乗っている。

マクラーレンF1でのダニエル・リカルドの将来は、チームメイトのランド・ノリスによって日陰に追いやられ続けていることで、ますます憶測の対象となっている。
«Prev || ... 7 · 8 · 9 · 10 · 11 · 12 · 13 · 14 · 15 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム