ダニエル・リカルド マクラーレンF1の解雇は「コロナ禍の加入も影響」

2024年3月29日
ダニエル・リカルド マクラーレンF1の解雇は「コロナ禍の加入も影響」
ダニエル・リカルドの元F1レースエンジニアであるトム・スタラードは、マクラーレンF1チームからの解雇について新たな洞察を提供した。

リカルドは2022年のシーズン終了とともにマクラーレンを拠点とするチームを去り、チームでの困難な2シーズンに終止符を打った。

ランド・ノリス F1オーストラリアGP決勝「2位になれるペースはあった」

2024年3月25日
ランド・ノリス F1オーストラリアGP決勝「2位になれるペースはあった」
マクラーレンのランド・ノリスは、2024年F1第3戦オーストラリアGPでフェラーリのシャルル・ルクレールを破り、2位でフィニッシュするペースが自分にはあったと断言している。

ノリスは予選でルクレールが最後の走行を断念したことを利用してルクレールの前でスタートし、レース序盤は3番手をキープした。

ピアストリ F1オーストラリアGPのチームオーダーは「完全にフェア」

2024年3月25日
ピアストリ F1オーストラリアGPのチームオーダーは「完全にフェア」
オスカー・ピアストリは、F1オーストラリアGPでマクラーレンがランド・ノリスを先に行かせるよう求めたことは「完全にフェア」だったと認めた。

マクラーレンがレース中盤にピアストリにノリスとポジションを交換するよう求めた後、ノリスとピアトリはメルボルンでフェラーリのカルロス・サインツとシャルル・ルクレールに次ぐ3位と4位でフィニッシュした。

F1チームを所有するマクラーレン・グループをムムタラカットが完全買収

2024年3月23日
F1チームを所有するマクラーレン・グループをムムタラカットが完全買収
バーレーンの政府系ファンドであるムムタラカットが、有名なF1チームの過半数の株式を所有するマクラーレン・グループの完全買収を完了した。

12月、マクラーレンの株主は、「簡素化」と「合理化」されたガバナンスプロセスを可能にするという表向きの理由で、全会一致で事業の完全な資本増強を承認した。しかし、このスーパーカー・メーカーの財務は以前から精査されてきた。

マクラーレンF1 CEOのザク・ブラウンが2030年まで契約延長

2024年3月23日
マクラーレンF1 CEOのザク・ブラウンが2030年まで契約延長
マクラーレンは、ザク・ブラウンがチームの最高経営責任者(CEO)としての契約を延長したことを発表。新たな契約により同氏は2030年までその職に留まる。

ザク・ブラウンは2016年にマクラーレン・テクノロジー・グループのエグゼクティブディレクターとしてマクラーレンに入社した後、2018年4月にCEOに就任した。

オスカー・ピアストリ 「勝てないF1マシンで勝利を夢見ても無意味」

2024年3月19日
マクラーレンF1 オスカー・ピアストリ 「勝てないF1マシンで勝利を夢見ても無意味」
「ビジュアライゼーション(視覚化)」という手法はスポーツ心理学では一般的なものだが、マクラーレンのF1ドライバーであるオスカー・ピアトリは明らかに信者ではなく、F1へのアプローチにおいてはより冷静で現実的であることを好む。

メルボルン出身の22歳は2023年のルーキーシーズンにポールポジションからスプリントレースを制し、年間を通じて2回のグランプリで表彰台に上った。初表彰台は鈴鹿サーキットだった。

マクラーレンF1 MCL38の最初の大型アップグレードは5月に投入

2024年3月18日
マクラーレンF1 MCL38の最初の大型アップグレードは5月に投入
マクラーレンF1チームは、MCL38への最初の大型アップグレードパッケージは、現在の24戦シーズンのおよそ6~7レース後の5月まで登場しないことを示唆した。

マクラーレンとそのドライバーであるランド・ノリスとオスカー・ピアストリがポイント獲得に苦戦した12カ月前と比べれば、今年はかなり好調なスタートを切っている。

F1チームの価値は10億ポンドを「はるかに上回る」とザク・ブラウン

2024年3月17日
F1チームの価値は10億ポンドを「はるかに上回る」とザク・ブラウン
マクラーレン・レーシングのボスであるザック・ブラウンは、現在すべてのF1チームが10億ポンド(約1900億円)以上の価値を持つと信じている。

この数十年の間に、F1は巨大なファンベースを持つ真のグローバルスポーツへと進化した。2024年のシーズン終了までに、チームとドライバーはヨーロッパ、アジア、北米、オーストラリアの21カ国を訪問する予定だ。

ランド・ノリス フェルスタッペンの今季F1の圧倒的な強さは「心配してない」

2024年3月16日
ランド・ノリス フェルスタッペンの今季F1の圧倒的な強さは「心配してない」
マクラーレンのランド・ノリスは、2024年F1シーズンにおけるマックス・フェルスタッペンの圧倒的なスタートは懸念すべきことではないと考えている。

フェルスタッペンはバーレーンでの開幕2連戦を比較的簡単に制した。開幕戦ではチームメイトのセルジオ・ペレスに20秒以上の差をつけてフィニッシュ。サウジアラビアGPでは、ペレスがアンセーフリリースのためにタイムペナルティを受けるまで、その差は10秒以下だった。
«Prev || ... 5 · 6 · 7 · 8 · 9 · 10 · 11 · 12 · 13 ·... | | Next»
 
F1-Gate.com ホーム