マクラーレンF1、選手権3位を目指してMCL35Mのアップグレードを継続

2021年8月12日
マクラーレンF1、選手権3位を目指してMCL35Mのアップグレードを継続
マクラーレンF1は、コンストラクターズ選手権で3位を獲得することを目指しているため、MCL35Mのアップデートの開発を完了していない。

前戦F1ハンガリーGPで、マクラーレンは改良されたバージポードアレイを投入。マクラーレンは、2022年に焦点を合わせていると主張しているが、MCL35Mには細かなアップデートが定期的に導入され、結果を出している。

フェルナンド・アロンソ 「ハミルトンとの軋轢はマクラーレンF1に責任」

2021年8月12日
フェルナンド・アロンソ 「ハミルトンとの軋轢はマクラーレンF1に責任」
フェルナンド・アロンソは、2007年にチームでのルイス・ハミルトンの関係が悪化した責任をマクラーレンF1に負わせました。

ルノーで2回のF1ワールドチャンピオンを獲得したフェルナンド・アロンソは、2007年にマクラーレンに移籍。マクラーレンの秘蔵っ子と呼ばれたルーキーであるルイス・ハミルトンと組んだ。

マクラーレンF1のザク・ブラウン 「タイトルスポンサーは必要ではない」

2021年8月12日
マクラーレンF1のザク・ブラウン 「タイトルスポンサーは必要ではない」
マクラーレンのCEOを務めるザク・ブラウンは、タイトルスポンサーを獲得することに反対することはないが、現在のマクラーレンのシンプルなブランディグが好きだと主張する。

2013年にボーダフォンと別れた後、マクラーレンにはタイトルスポンサーがいないが、2015年から2017年の間はマクラーレン・ホンダとして知られていた。

マクラーレンF1首脳 「リカルド復調のためにやれることはもう何もない」

2021年8月12日
マクラーレンF1首脳 「リカルド復調のためにやれることはもう何もない」
ダニエル・リカルドが、マクラーレンの2021年F1マシンで完全にスピードを上げるためにチームとしてやれることは「何もない」とトップチームエンジニアのアンドレア・ステラは語る。

今シーズン、マクラーレンに加入したダニエル・リカルドだが、10歳若いランド・ノリスと比較して低調なパフォーマンスに対して批判の声が高まっている。

マクラーレン、アロー・マクラーレンSPの株式の過半数を取得

2021年8月10日
マクラーレン、アロー・マクラーレンSPの株式の過半数を取得 / インディカー
マクラーレン・レーシングは、これまでシュミット・ピーターソン・モータースポーツ(SPM)とのパートナーシップとして運営されていたアロー・マクラーレンSPのインディカーチームの過半数の株式を購入したと発表した。

契約の金銭的条件は明らかにされていないが、マクラーレンの声明によると、取引は年末までに終了し、マクラーレン・レーシングがチームの75%の株式保有率を占めることになる。

マクラーレン、アプライド部門を売却…F1の標準ECUを供給

2021年8月6日
マクラーレン、アプライド部門を売却…F1の標準ECUを供給
マクラーレン・グループは、“スーパーカー製造とエリートモータースポーツ”に焦点を当てるために、そのアプライド部門であるマクラーレン・アブライドを売却した。

マクラーレン・アプライドは、F1のすべてのチームが使用する標準ECU、フォーミュラEで2018年の第2世代マシンの導入以降の制御バッテリーを含め、モータースポーツ固有のプロジェクトでテクノロジービジネスを展開していた。

ランド・ノリス、ボッタスを批判 「ヒーローになろうとしていた」

2021年8月3日
ランド・ノリス、ボッタスを批判 「ヒーローになろうとしていた」 / F1ハンガリーGP 決勝
マクラーレンF1のランド・ノリスは、F1ハンガリーGPのオープニングラップで多重クラッシュを引き起こしたバルテリ・ボッタスは“ヒーローになろうとしていた”として批判した。

バルテリ・ボッタスは、1コーナーへのブレーキングでランド・ノリスに追突。ノリスはマックス・フェルスタッペンに追突し、ボッタスはその後セルジオ・ペレスに追突した。

マクラーレンF1、ピットストップに関する技術指令の導入延期を支持

2021年7月29日
マクラーレンF1、ピットストップに関する技術指令の導入延期を支持
マクラーレンF1のチーム代表を務めるアンドレアス・ザイドルは、ピットストップをより安全にすることを目的とした技術指令の導入を延期するという決定を支持している。

当初、FIA(国際自動車連盟)はF1ハンガリーGPでピットストップに関する技術指令(TD)を発行する予定だったが、内容を調整し、F1ベルギーGPまで導入を延期した。これにより、F1チームは新しいルールに準備するための追加の時間を得ることができる。

フェルナンド・アロンソ 「マクラーレンでならF1復帰はもっと容易だった」

2021年7月26日
フェルナンド・アロンソ 「マクラーレンでならF1復帰はもっと容易だった」
フェルナンド・アロンソは、マクラーレンに戻っていれば、F1復帰はもっと容易に進んでいたと考えている。

2回のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソは、マクラーレンでポイント獲得さえ難しい不遇の4シーズンを過ごした後、2018年シーズンの終わりにF1を離れた。
«Prev || ... 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 · 10 · 11 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム