マクラーレン 「F1のアメリカでの成功はドライバーやチームに依存しない」

2022年9月23日
マクラーレン 「F1のアメリカでの成功はドライバーやチームに依存しない」
マクラーレン・レーシングのCEOを務めるザク・ブラウンは、アメリカでのF1での成功が、アメリカ人ドライバーやアメリカを拠点とするチームの存在に依存するとは考えていないが、「それが実現するのを楽しみにしている」と語る。

現在、F1はアメリカで人気が高まっており、2023年のF1カレンダーでは、オースティンとマイアミにラスベガスが加わり、3つのアメリカのレースが発表されている。

ニコ・ロズベルグ 「ノリスを倒せなければピアストリの選択は裏目に出る」

2022年9月23日
元F1王者ニコ・ロズベルグ 「ノリスを倒せなければピアストリの選択は裏目に出る」
元F1ワールドチャンピオンのニコ・ロズベルグは、マクラーレンに加入するというオスカー・ピアストリの決定は勇敢な動きだが、ランド・ノリスを倒せなければ、最終的に裏目に出る可能性があると考えている。

オスカー・ピアストリは来シーズン、アルピーヌからF1に参戦する予定だった。評価の高い21歳のオスカー・ピアストリは、2020年から彼の活動をサポートしてきたアルピーヌによる指導の最終段階に論理的に到達していた。

ダニエル・リカルド 「2023年にF1にいられないことを受け入れている」

2022年9月22日
ダニエル・リカルド 「2023年にF1にいられないことを受け入れている」
ダニエル・リカルドは、2023年にF1から1年離れて過ごすかもしれないという考えを受け入れたと語った。

フェルナンド・アロンソがアルピーヌF1チームからアストンマーティンに移籍したというニュースが流れたとき、マクラーレンを退団するダニエル・リカルドは2023年のシーズンのエンストンのチームへの復帰に結び付けられていた。

フェルナンド・アロンソはマクラーレンF1の人員に現金入り封筒を配った

2022年9月22日
フェルナンド・アロンソはマクラーレンF1の人員に現金入り封筒を配った
マクラーレンF1チームの元メカニックであるマーク・プリーストリーは、フェルナンド・アロンソが現金でいっぱいの茶封筒を配ったことがあるので、ルイス・ハミルトンよりも彼のガレージにいることが好ましかったと主張した。

ルイス・ハミルトンとフェルナンド・アロンソがチームメイトだったのはわずか1年間だけだったが、そのパートナーシップはお互いを苛立たせた。

マクラーレンF1代表 「序盤のブレーキ問題がいまだに尾を引いている」

2022年9月21日
マクラーレンF1代表 「序盤のブレーキ問題がいまだに尾を引いている」
マクラーレンF1のチーム代表であるアンドレアス・ザイドルは、アルピーヌF1チームとの戦いにおいて、シーズン序盤のブレーキ問題の長期的な影響をいまだに感じていると語った。

マクラーレンは、2022年の残りのシーズンで、レッドブル、フェラーリ、メルセデスに次ぐコンストラクターズ チャンピオンシップのベスト・オブ・ザ・レスト枠をめぐって、アルピーヌF1チームと激しい戦いに直面している。

マクラーレン 「コスト上限下でのレッドブルF1のアドバンテージは驚き」

2022年9月21日
マクラーレン 「コスト上限下でのレッドブルF1のアドバンテージは驚き」
マクラーレンF1チームのテクニカルディレクターであるジェームス・キーは、2022年にレッドブル・レーシングとの間に存在する大きなギャップに驚いていると語る。

2022年の新世代F1マシンは、サーキットでのレースを改善し、競争を強化するために、製造方法が大幅に変更された。また、F1はフィールドの競争力を高めるために組織間のコストの差を減らすことを目的とした予算上限の下での2年目に入っている。

マクラーレン 「ピアストリ騒動でアルピーヌF1代表は愚かに映った」

2022年9月20日
マクラーレン 「ピアストリ騒動でアルピーヌF1代表は愚かに映った」
マクラーレンのCEOであるザク・ブラウンは、先月のオスカー・ピアストリをめぐる契約のエピソードが、アルピーヌF1チームの代表であるオトマー・サフナウアーを「愚か者」のように見せたと考えている.

アルピーヌF1チームは、2023年のフェルナンド・アロンソの後任としてオスカー・ピアストリを発表したが、すぐに何かがおかしいのではないかとの憶測が飛び交った。

ランド・ノリス、F1未勝利での最多ポイント獲得記録でグロージャンを抜く

2022年9月20日
ランド・ノリス、F1未勝利での最多ポイント獲得記録でグロージャンを抜く
マクラーレンF1チームのランド・ノリスは、F1でレースに勝てずに最も多くのポイントを獲得したドライバーのリストで、ロマン・グロージャンを追い抜いた。

F1イタリアGPでの7位入賞により、ランド・ノリスは通算394ポイントに到達。この記録のリーダーであるニコ・ヒュルケンベルグ (レース未勝利で521ポイント獲得) にわずかに迫った。

元F1王者デイモン・ヒル 「ダニエル・リカルドのペースはどこにいった?」

2022年9月19日
元F1王者デイモン・ヒル 「ダニエル・リカルドのペースはどこにいった?」
元F1ワールドチャンピオンのデイモン・ヒルは、F1チームのマネージャーたちは、ダニエル・リカルドのキャリアを延長する前に彼がまだ十分に速いかどうかを自問するだろうと語る。

ダニエル・リカルドの将来は、契約の最終年だった2023年を残してマクラーレンF1チームから追放された後、流動的な状態にある。
«Prev || ... 8 · 9 · 10 · 11 · 12 · 13 · 14 · 15 · 16 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム