2022年 F1イギリスGP 決勝:持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想

2022年7月3日
2022年 F1イギリスGP 決勝:持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想
2022年F1第10戦イギリスグランプリの決勝で各ドライバーが使用可能な持ちタイヤ数を公式タイヤサプライヤーのピレリが発表した。

ピレリは、第10戦の舞台となるシルバーストン・サーキットにC1(ハード)、C2(ミディアム)、C3(ソフト)とレンジで最も硬いコンパウンドをノミネートしている。決勝では2種類のコンパンドを使うことが義務付けられる。

【動画】 マクラーレン、慌てたクルーがタイヤを逆向きに装着

2022年7月2日
【動画】 マクラーレン、慌てたクルーがタイヤを逆向きに装着 / F1イギリスGP フリー走行2回目
マクラーレンF1のランド・ノリスは、F1イギリスGPのプラクティスでのタイヤ交換時にピットクルーの2つのミスに苦しんだ。

フリー走行2回目の40分が経過した頃、ランド・ノリスはタイヤ交換のためにピットに入った。しかし、車の後部で2つの問題が発生した。最初のミスは誰のせいでもなかった。車の後部を持ち上げるジャッキが壊れ、タイヤが外れた状態のままシャシーは地面に叩きつけられた。

ランド・ノリス、自身と交際相手にSNSで殺害予告「彼女を守りたい」

2022年7月1日
F1:ランド・ノリス、自身と交際相手にSNSで殺害予告「彼女を守りたい」
マクラーレンF1のランド・ノリスは、彼自身と交際相手のルイシナ・オリベイラが、ソーシャルメディアで“かなり恐ろしい”誹謗中傷、さらには殺害予告の標的になっていると明かした。

F1で最も人気のある若手ドライバーの1人として、ランド・ノリスはソーシャルメディアで多くのフォロワー集めているが、成功には欠点もある。今日のデジタル時代では、フォロワーの全員が心からノリスのことを思っているわけではない。荒らしはしばしば出番を待っており、なんでも叩こうと待ち受けている。

Hulu、新しいF1番組シリーズを企画との報道 ダニエル・リカルドが協力?

2022年6月30日
Hulu、新しいF1番組シリーズを企画との報道 ダニエル・リカルドが協力?
動画配信大手のHuluが、新しいF1番組シリーズを制作しており、マクラーレンのF1ドライバーであるダニエル・リカルドが協力していると報じられている。

Hollywood Reporterは、Huluが現在のF1ブームに乗るために新しい番組を制作することを企画していると報道。現時点でダニエル・リカルドがどのように関与しているかは不明だが、リカルドは自身のこの報道にInstagramアカウントでハッピーフェイスの絵文字を投稿している。

レッドブルF1代表 「リカルドはF1への愛情を失っているように見える」

2022年6月29日
レッドブルF1代表 「リカルドはF1への愛情を失っているように見える」
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、マクラーレンのF1シートを維持するためにプレッシャーをかけられているダニエル・リカルドが、F1に対して以前と同じ情熱を持っているかどうかを疑問視している。

ダニエル・リカルドは、厳しい2022年シーズンを過ごしており、今年マクラーレンF1で唯一の表彰台を獲得しているチームメイトのランド・ノリスに50ポイント差をつけられている。結果の差は、マクラーレンF1でのリカルドの将来についての憶測を引き起こしている。

「アンドレッティのF1計画が死んでいないことを願う」とザク・ブラウン

2022年6月29日
「アンドレッティのF1計画が死んでいないことを願う」とザク・ブラウン
マクラーレン・レーシングのCEOを務めるザク・ブラウンは、元F1ドライバーのマイケル・アンドレッティが新しいチーム『アンドレッティ・グローバル』でF1に参入するという計画が「死んだ」のではないかと心配している。

アンドレッティ・オートスポーツは、アメリカを拠点とするモータースレースだけでなく、フォーミュラEなど世界的にも有名だ。しかし、F1とFIA(国際自動車連盟)は、アンドレッティF1チームの参戦を承認することに消極的であるように見える。

ランド・ノリス 「シルバーストンは新世代F1マシンの違いが浮き彫りになる」

2022年6月28日
ランド・ノリス 「シルバーストンは新世代F1マシンの違いが浮き彫りになる」
マクラーレンF1のランド・ノリスは、F1カレンダーで最速のトラックの1つであるシルバーストンの高速コーナーは、新世代F1マシンの“大きな違い”を浮き彫りにする可能性があると考えている。

F1は、2022年に車同士が追いかけ合い、ホイール・トゥ・ホイールのバトルを容易にして、コース上のスペクタクルを改善することを目的に技術規則を見直した。

レッドブルF1育成のユアン・ダルバラ、マクラーレンでF1マシン初走行

2022年6月25日
レッドブルF1育成のユアン・ダルバラ、マクラーレンでF1マシン初走行
ユアン・ダルバラは、今週初めにシルバーストンでマクラーレンの2021年F1マシンのステアリングを握った。

インド出身のユアン・ダルバラはレッドブルF1のジュニアプログラムのメンバーだが、マクラーレンのF1マシンを運転するためにチームから許可を受けた。ダルバラにとって、今回のテストはF1マシンでの初走行となった。

マクラーレン・レーシング、ローゼンクヴィストとの契約を延長

2022年6月24日
マクラーレン・レーシング、ローゼンクヴィストとの契約を延長
マクラーレン・レーシングは、フェリックス・ローゼンクヴィストと2023年まで契約を延長。インディカーもしくはフォーミュラEのどちらかのチームに割り当てる可能性を示唆した。

最近、アロー。マクラーレンSPは、パトリシオ・オワードのチームメイトとしてフルタイムでレースをドライバーとしてアレクサンダー・ロッシと契約したが、3台目のエントリーを追加することを検討している。
«Prev || ... 6 · 7 · 8 · 9 · 10 · 11 · 12 · 13 · 14 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム