F1チームの価値は10億ポンドを「はるかに上回る」とザク・ブラウン

2024年3月17日
F1チームの価値は10億ポンドを「はるかに上回る」とザク・ブラウン
マクラーレン・レーシングのボスであるザック・ブラウンは、現在すべてのF1チームが10億ポンド(約1900億円)以上の価値を持つと信じている。

この数十年の間に、F1は巨大なファンベースを持つ真のグローバルスポーツへと進化した。2024年のシーズン終了までに、チームとドライバーはヨーロッパ、アジア、北米、オーストラリアの21カ国を訪問する予定だ。

ランド・ノリス フェルスタッペンの今季F1の圧倒的な強さは「心配してない」

2024年3月16日
ランド・ノリス フェルスタッペンの今季F1の圧倒的な強さは「心配してない」
マクラーレンのランド・ノリスは、2024年F1シーズンにおけるマックス・フェルスタッペンの圧倒的なスタートは懸念すべきことではないと考えている。

フェルスタッペンはバーレーンでの開幕2連戦を比較的簡単に制した。開幕戦ではチームメイトのセルジオ・ペレスに20秒以上の差をつけてフィニッシュ。サウジアラビアGPでは、ペレスがアンセーフリリースのためにタイムペナルティを受けるまで、その差は10秒以下だった。

マクラーレンF1 ピアストリ 「僕のアプローチはセナよりもプロストに近い」

2024年3月13日
マクラーレンF1 ピアストリ 「僕のアプローチはセナよりもプロストに近い」
マクラーレンのF1ドライバーであるオスカー・ピアストリは、自分のF1へのアプローチをアイルトン・セナよりも4度のワールドチャンピオンであるアラン・プロストに喩えている。

現役時代に“プロフェッサー”と呼ばれたプロストは、199戦で51勝を記録し、その計算されたアプローチで有名だった。

ノリス F1サウジアラビアGPでジャンプスタートを取られなかった理由

2024年3月11日
ランド・ノリス F1サウジアラビアGPでジャンプスタートを取られなかった理由
F1サウジアラビアGPのFIAスチュワードは、ランド・ノリスのマシンに取り付けられたトランスポンダーがジャンプスタートを検知しなかったため、ペナルティは科されなかったと述べた。

ノリスは消灯時に停止する前にボックスから早めに移動したことが目に見えて指摘されており、ジョージ・ラッセルなどはジャンプスタートが指摘され、ペナルティが科されることを期待していた。

マクラーレンF1 「ランド・ノリスは2026年にどこへでも移籍できた」

2024年3月6日
マクラーレンF1 「ランド・ノリスは2026年にどこへでも移籍できた」
マクラーレンF1のCEOであるザク・ブラウンは、ランド・ノリスが2026年に「どこにでも」移籍できたが、ウォーキングを拠点とするチームに「やり残した仕事」があるため残留することを選択したと認めた。

ノリスはこの冬休み中にマクラーレンとの契約延長にサインし、2026年の新パワーユニットレギュレーションに参戦することになり、多くの人を驚かせた。

ラッセル F1バーレーンGP予選「レースペースが損なわれてないことを願う」

2024年3月2日
ジョージ・ラッセル F1バーレーンGP予選「レースペースが損なわれてないことを願う」 メルセデス
メルセデスのジョージ・ラッセルは、2024年F1第1戦F1バーレーンGPの予選で3位を獲得した後、1周のパフォーマンスでレースの展望を損なっていないことを願っている。

ラッセルは最終的に素晴らしい努力を見せて3位を獲得し、ルイス・ハミルトンはチームメイトにわずかコンマ2秒差だったにもかかわらず、さらに6つ後方で終了した。

ランド・ノリス F1バーレーンGP初日「明日はもっといい仕事をしたい」

2024年3月1日
ランド・ノリス F1バーレーンGP初日「明日はもっといい仕事をしたい」 マクラーレン
ランド・ノリスは、2024年F1第1戦バーレーンGP初日のフリー走行を最下位で終えた。

しかし、これらの順位はチームのその日のすべてを物語っているわけではなく、マクラーレンは代表的ではないFP1セッションでソフトタイヤを使用した唯一のトップチームであり、両ドライバーはトップ3でフィニッシュした。そのためその夜は残り1セットのみとなったが、ノリスはフライングラップでミスを犯し、結果として代表タイムをマークすることができなかった。

ランド・ノリス F1バーレーンGP展望「望んでいたほど進歩していない」

2024年2月29日
ランド・ノリス F1バーレーンGP展望「望んでいたほど進歩していない」
ランド・ノリスは、マクラーレンが2024年シーズンに向けて自身やチームが望んでいたほどの進歩を遂げていないと感じており、チームが今週末の開幕戦バーレーングランプリで多少の苦戦に直面する可能性があることを認めている。

2023年を振り返ると、マクラーレンは、アップグレード以前のマシンでバーレーンのトラックに乗り込み、最初の数レースでフィールドの後方でゴールするなど、難しいシーズンのスタートを切った。

ピアストリ マクラーレンF1は定期的な表彰台には「まだ少し足りない」

2024年2月28日
ピアストリ マクラーレンF1は定期的な表彰台には「まだ少し足りない」
オスカー・ピアストリは、マクラーレンF1が今後の204年F1シーズン中に定期的な表彰台と潜在的なレース勝利に挑戦するために「もう少し見つける必要がある」と認めた。

マクラーレンは、ポイントを獲得するのに苦戦していた状態から、シャープエンドの常連に成長した昨季の勢いを継続しようとしている。
«Prev || ... 6 · 7 · 8 · 9 · 10 · 11 · 12 · 13 · 14 ·... | | Next»
 
F1-Gate.com ホーム