ダニエル・リカルド 「アロンソのレースクラフトはグリッドで1番」

2021年7月18日
ダニエル・リカルド 「アロンソのレースクラフトはグリッドで1番」 / F1イギリスGP スプリント予選
マクラーレンF1のダニエル・リカルドは、F1イギリスGPのスプリウント予選で抜群のスタートを見せたフェルナンド・アロンソのレースクラフトは「グリッドで一番」だと表現した。

2回のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソは、17周のスプリント予選のスタートで6台をオーバーテイクし、11番手から5番手に上昇するパフォーマンスで土曜日のハイライトのひとつを生み出した。

強盗被害のランド・ノリス 「完璧なコンディションではない」

2021年7月16日
強盗被害のランド・ノリス 「完璧なコンディションではない」 / F1イギリスGP
マクラーレンF1のランド・ノリスは、先週の日曜日にウェンブリー・スタジアムの外で強盗に遭った後、メンタルヘルスへの影響についてオープンにし、今週末のF1イギリスGPにむけて「完全なコンディションではない」と認める。

UEFAユーロ2020(欧州選手権)の決勝を観戦したランド・ノリスは、イングランド代表がイタリア代表に敗れた後、強盗に襲われ、リシャール・ミルの時計を奪われた。

マクラーレンのザク・ブラウン、新型コロナ感染でF1イギリスGPを欠席

2021年7月15日
マクラーレンのザク・ブラウン、新型コロナ感染でF1イギリスGPを欠席
マクラーレンF1のザク・ブラウンが、新型コロナウイルスに感染したことで、今週末のF1イギリスGPに参加しないことをチームが発表した。

レースウィークエンドは、ドライバーのメディア対応で木曜日にスタートする。また、2022年に次世代F1マシンがお披露目され、金曜日にシルバーストンでコース上でのアクションがスタートする。

ランド・ノリス、ユーロ2020での強盗被害で「トラウマを負った」

2021年7月15日
マクラーレンF1のランド・ノリス、ユーロ2020での強盗被害で「トラウマを負った」
マクラーレンF1のランド・ノリスは、日曜日にロンドンのウェンブリースタジアムで行われたUEFAユーロ2020(欧州選手権)のサッカー決勝戦の事件の後で「トラウマを負った」と語る。

イングランドがイタリアに敗れたという混沌とした余波の中で、21歳のランド・ノリスはマクラーレンのスポーツカーに戻ったときに強盗に遭い、高価な時計を手首から奪われた。

マクラーレンF1代表 「F1イギリスGPの見通しについては現実的」

2021年7月14日
マクラーレンF1代表 「F1イギリスGPの見通しについては現実的」
マクラーレンF1のチーム代表を務めるアンドレアス・ザイドルは、レッドブル・リンクでの強力なパフォーマンスにもかかわらず、F1イギリスGPの見通しについては現実的なままだと主張する。

前戦F1オーストリアGPではランド・ノリスが、メルセデスF1の2台とセルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)に先んじて2番グリッドを獲得。決勝でもパフォーマンスは変わらず、今シーズン3度目となる3位表彰台を獲得した。

F1:強盗被害のランド・ノリス 「僕は元気。みんなのメッセージに感謝」

2021年7月14日
F1:強盗被害のランド・ノリス 「僕は元気。みんなのメッセージに感謝」
マクラーレンF1のランド・ノリスは、ユーロ2020の決勝で時計を奪われる強盗被害に遭ったが、ソーシャルメディアで「僕は元気だ」と語り、今週末のF1イギリスGP焦点を合わせている。

ランド・ノリスは7月11日(日)にロンドンのウェンブリー・スタジアムで行われたユーロ2020の決勝戦イングランド対イタリアの試合を観戦。母国のチームを応援した。

F1:ランド・ノリス、ユーロ2020観戦後に強盗に襲われ時計を奪われる

2021年7月13日
F1:ランド・ノリス、ユーロ2020観戦後に強盗に襲われ時計を奪われる
マクラーレンのF1ドライバーであるランド・ノリスは、7月11日(日)にウェンブリー・スタジアムでUEFAユーロ2020(欧州選手権)の決勝戦・イタリア代表対イングランド代表を観戦後に強盗に襲われて時計を奪われた。幸いにも“無傷”だったが、“動揺”していると語った。

The Sun の報道によると、ランド・ノリスは、試合後にマクラーレン GTに乗り込もうとしたときに強盗に襲われ、着用していたリシャール・ミルの時計を盗まれたという。

レッドブルF1代表 「マクラーレンでのリカルドの苦境を見るのは悲しい」

2021年7月12日
レッドブルF1代表 「マクラーレンでのリカルドの苦境を見るのは悲しい」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、元レッドブルドライバーのダニエル・リカルドが、今年マクラーレンに加入して以来、苦しんでいる状況を“悲しい”と感じていると語る。

ダニエル・リカルドは、2018年に明確なナンバー1になることを望んでレッドブルを離れ、クリスチャン・ホーナーとチームにショックを与えた。

マクラーレンF1 「ノリス出場停止の場合はバンドーンがファーストチョイス」

2021年7月12日
マクラーレンF1 「ノリス出場停止の場合はバンドーンがファーストチョイス」
マクラーレンF1のアンドレアス・ザイドルは、ランド・ノリスが1レースの出場停止に見舞われる“リスク”があることを恐れており、そうなってしまった場合は、ストフェル・バンドーンが代役としての“ファーストチョイス”になると語った。

ランド・ノリスは、F1オーストリアGPの決勝でペナルティを科された数名のドライバーの一人だった。レース序盤にセルジオ・ペレスと2位争いをしている際にターン4でペレスをコース外に追いやったと見なされた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム