ザク・ブラウン 「フェルスタッペンはレッドブルF1以外でタイトルは獲れない」

2024年5月15日
ザク・ブラウン 「フェルスタッペンはレッドブルF1以外でタイトルは獲れない」
マクラーレン・レーシングのCEOであるザク・ブラウンは、マックス・フェルスタッペンがF1の偉大なドライバーの一人である一方で、レッドブルのF1マシンが彼の優位性のカギを握っていると主張し、議論を巻き起こすに違いない新たなレッドブルの見解を発表した。

フェルスタッペンは2021年に初めてF1の頂点に立ったが、ルイス・ハミルトンとの壮絶なタイトル争いの末に初のワールドチャンピオンを獲得して以来、タイトルを獲得するのははるかに容易になっている。

フェルスタッペン ザク・ブラウン批判「レッドブルF1をかき乱そうとしている」

2024年5月14日
フェルスタッペン ザク・ブラウン批判「レッドブルF1をかき乱そうとしている」
マックス・フェルスタッペンは、マクラーレンF1のCEOであるザク・ブラウンが、エイドリアン・ニューウェイの離脱がレッドブルからのスタッフ流出を促す可能性があると発言したことを批判した。

ザク・ブラウンは、レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーをめぐる権力闘争が続く中、マクラーレンがレッドブルの関連会社から受け取った履歴書の数が増えていると述べた。

レッドブルF1代表 履歴書論争に反論「メルセデスから220人が加入」

2024年5月13日
レッドブルF1代表 履歴書論争に反論「メルセデスから220人が加入」
レッドブル・レーシングのF1チーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、チームがメルセデスから220人のメンバーを引き抜いていることを明かし、ライバルチームのF1ボスによる従業員の離脱に関する主張に反撃した。

今月、デザインの第一人者であるエイドリアン・ニューウェイが2025年にレッドブルを去ると発表されたことで、レッドブル内で大量離脱が起きるのではないかという憶測が広がっている。

ランド・ノリス 110戦でのF1初勝利は歴代8位の記録 1位は現役ドライバー

2024年5月12日
ランド・ノリス 110戦でのF1初勝利は歴代8位の記録…1位は現役ドライバー
ランド・ノリスは、2024年F1第6戦マイアミGPでF1初勝利に向けて、110戦の待機期間に終止符を打った。初優勝までランド・ノリスよりも長く待たされたドライバーは7人しかいない。そのうち2人は彼の現在のライバルだ。

レーススタート数で言えば、ノリスはジャンカルロ・フィジケラと同じくらい待たされた。フィジケラも110回目の挑戦で初勝利を挙げた。しかし、20年前のカレンダーはもっと短かったため、フィジケラの悲願の勝利は8年目のシーズン、ノリスは6年目のシーズンだった。

ランド・ノリス F1初勝利で『Lando No-wins』のニックネームを払拭

2024年5月11日
ランド・ノリス F1初勝利で『Lando No-wins』のニックネームを払拭
ランド・ノリスは、マイアミGPでF1初勝利を収めるまで、一部の批判家たちから『Lando No-wins』というニックネームを付けられていた。

それはもう過去の話だ。しかし、終盤にノリスがレースをリードしていたとき、誰もが2021年ソチGP(雨の中のレースで彼はもう少しで優勝するところだった...)を思い出していた。マシントラブル、小さなミス...?

「F1初勝利はランド・ノリスのレーススタイルの核を変えない」と元F1王者

2024年5月9日
「F1初勝利はランド・ノリスのレーススタイルの核を変えない」と元F1王者
元F1ワールドチャンピオンのジェンソン・バトンは、先週の日曜日に行われたF1マイアミGPでF1初優勝を飾ったことでランド・ノリスのレーシングスタイルの核が変わることはないと考えている。

完璧なドライブと、セーフティカー導入期間中のマクラーレンのピットウォールによる完璧な戦略判断のおかげで、ノリスはF1で悲願だった初勝利を収めた。

マクラーレンF1 「ニューウェイ離脱でレッドブルF1から多くの履歴書」

2024年5月7日
マクラーレンF1 「ニューウェイ離脱でレッドブルF1から多くの履歴書」
マクラーレンF1チームのザック・ブラウンCEOは、エイドリアン・ニューウェイがレッドブル・レーシングの権力闘争によって倒れる最後のドミノにはならないだろうと語る。

先週水曜日、デザインの第一人者であるエイドリアン・ニューウェイが、セバスチャン・ベッテルとマックス・フェルスタッペンというスタードライバーを擁して7回のドライバーズチャンピオンシップと6回のコンストラクターズチャンピオンシップ獲得に貢献し、19年間の勤務したレッドブル・レーシングを去ることが発表された。

マクラーレンF1代表 ランド・ノリスの待望の初勝利で「肩の荷が下りた」

2024年5月7日
マクラーレンF1代表 ランド・ノリスの待望の初勝利で「肩の荷が下りた」
マクラーレンF1のボスであるアンドレア・ステラは、マイアミGPでランド・ノリスが待望を優勝を手にしたことで「肩の荷が下りた 」と認めた。

ランド・ノリスは表彰台の頂点に立つことないF1最多記録(15回)を保持していたが、マイアミでの110戦目でその記録に終止符を打った。

メルセデスF1代表 ノリスの優勝は「当社PUで何が達成できるかを示した」

2024年5月7日
メルセデスF1代表 ノリスの優勝は「当社PUで何が達成できるかを示した」
メルセデスF1のチーム代表であるトト・ヴォルフは、マクラーレンのマイアミGPで勝利は、メルセデスのF1エンジンで何が達成できるかを示しており、「ポジティブに捉えている」と語った。

マクラーレンは2014年にV6ターボハイブリッドエンジンを導入して以来2勝目を挙げ、ランド・ノリスは110レース待ち続けたF1初勝利を達成した。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 ·... | | Next»
 
F1-Gate.com ホーム