「アンドレッティのF1計画が死んでいないことを願う」とザク・ブラウン

2022年6月29日
「アンドレッティのF1計画が死んでいないことを願う」とザク・ブラウン
マクラーレン・レーシングのCEOを務めるザク・ブラウンは、元F1ドライバーのマイケル・アンドレッティが新しいチーム『アンドレッティ・グローバル』でF1に参入するという計画が「死んだ」のではないかと心配している。

アンドレッティ・オートスポーツは、アメリカを拠点とするモータースレースだけでなく、フォーミュラEなど世界的にも有名だ。しかし、F1とFIA(国際自動車連盟)は、アンドレッティF1チームの参戦を承認することに消極的であるように見える。

ランド・ノリス 「シルバーストンは新世代F1マシンの違いが浮き彫りになる」

2022年6月28日
ランド・ノリス 「シルバーストンは新世代F1マシンの違いが浮き彫りになる」
マクラーレンF1のランド・ノリスは、F1カレンダーで最速のトラックの1つであるシルバーストンの高速コーナーは、新世代F1マシンの“大きな違い”を浮き彫りにする可能性があると考えている。

F1は、2022年に車同士が追いかけ合い、ホイール・トゥ・ホイールのバトルを容易にして、コース上のスペクタクルを改善することを目的に技術規則を見直した。

レッドブルF1育成のユアン・ダルバラ、マクラーレンでF1マシン初走行

2022年6月25日
レッドブルF1育成のユアン・ダルバラ、マクラーレンでF1マシン初走行
ユアン・ダルバラは、今週初めにシルバーストンでマクラーレンの2021年F1マシンのステアリングを握った。

インド出身のユアン・ダルバラはレッドブルF1のジュニアプログラムのメンバーだが、マクラーレンのF1マシンを運転するためにチームから許可を受けた。ダルバラにとって、今回のテストはF1マシンでの初走行となった。

マクラーレン・レーシング、ローゼンクヴィストとの契約を延長

2022年6月24日
マクラーレン・レーシング、ローゼンクヴィストとの契約を延長
マクラーレン・レーシングは、フェリックス・ローゼンクヴィストと2023年まで契約を延長。インディカーもしくはフォーミュラEのどちらかのチームに割り当てる可能性を示唆した。

最近、アロー。マクラーレンSPは、パトリシオ・オワードのチームメイトとしてフルタイムでレースをドライバーとしてアレクサンダー・ロッシと契約したが、3台目のエントリーを追加することを検討している。

マクラーレンF1、ゴールドマン・サックスとのパートナー契約を発表

2022年6月22日
マクラーレンF1、ゴールドマン・サックスとのパートナー契約を発表
マクラーレンF1チームは、グローバル金融機関であるゴールドマン・サックス・グループ・インクと2022年以降のオフィシャルパートナー契約を結んだことを発表した。

複数年にわたるパートナーシップにより、卓越性に重点を置いた2つのハイマフォーマンス組織が結集する。これには、マクラーレンのネットゼロ目標に向けた進展を加速するというコミットメントが含まれている。

レッドブルF1育成のユアン・ダルバラ、マクラーレンのF1テストに参加

2022年6月21日
レッドブルF1育成のユアン・ダルバラ、マクラーレンのF1テストに参加
レッドブルF1の育成ドライバーだるユアン・ダルバラは、今週末シルバーストンでマクラーレンのテストに参加し、F1マシンでの初走行を行う。

今年、プレマからFIA-F2に参戦するユアン・ダルバラは、ランキング3位につけている。2020年からFIA-F2を戦っているダルバラは3勝を挙げている。

インド出身のユアン・ダルバラは、フォース・インディアが“ONE IN A BILLION HUNT”プロジェクトによって見いだされ、2019年にレッドブルF1のジュニアプログラムに参加した。

マクラーレンF1首脳 「過去の“障害”をようやく取り除くことができた」

2022年6月16日
マクラーレンF1首脳 「過去の“障害”をようやく取り除くことができた」
マクラーレンF1は、新世代F1マシンのMCL36で過去に苦しんできた低速コーナーの“障害”をようやく取り除くことができたと信じている。

2022年に導入された新世代F1マシンは、後続のドライバーの妨げになっていた車からの汚れた空気の影響を最小限に抑えることを目的として設計され、グランドエフェクトカーへと生まれ変わった。

ランド・ノリス 「メルセデスF1のポーパシングは車高を上げれば済む話」

2022年6月15日
ランド・ノリス 「メルセデスF1のポーパシングは車高を上げれば済む話」
マクラーレンF1のランド・ノリスは、メルセデスF1にはバウンシングの問題を解決するためにパフォーマンスを犠牲にすることを頑なに拒んでいると語る。

ルイス・ハミルトンとジョージ・ラッセルは、F1アゼルバイジャングランプリの週末を通してバウンシングに苦しんでいると述べ、ハミルトンはF1キャリアの中で最も苦痛なレースだったと述べた。

ダニエル・リカルド 「疑いは僕の中に小さな火をつけた」

2022年6月15日
マクラーレンF1のダニエル・リカルド 「疑いは僕の中に小さな火をつけた」
マクラーレンF1のダニエル・リカルドは、自分のパフォーマンスに没頭するよりも、現在の問題を克服するという挑戦を「楽しんでいる」と語った。

ダニエル・リカルドは、これまでのシーズンを通してチームメイトのランド・ノリスよりも大幅にパフォーマンスが劣っていたため、マクラーレンのCEOであるザク・ブラウンは、リカルドには契約を1年早く終了できる「メカニズム」があることを認めるほどの失望を示した。
«Prev || ... 12 · 13 · 14 · 15 · 16 · 17 · 18 · 19 · 20 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム