オスカー・ピアストリ F1初勝利 「ソフト勢の追い上げはヤバいと思った」

2023年10月8日
オスカー・ピアストリ F1初勝利 「ソフト勢の追い上げはヤバいと思った」
マクラーレンのオスカル・ピアストリは、2023年F1第18戦カタールGPのスプリントでF1初勝利。カルロス・サインツ(フェラーリ)に抜かれていたら「ちょっと困ったことになっていただろう」とレースを振り返った。

ピアストリは、先に行われたスプリント・シュートアウト予選でチームメイトのランド・ノリスを抑えてトップに立ち、それをF1初勝利につなげた。

ランド・ノリス F1カタールGP予選でタイム抹消「ポールを獲れたはず」

2023年10月7日
ランド・ノリス F1カタールGP予選でタイム抹消「ポールを獲れたはず」
ランド・ノリスは、2023年F1第18戦カタールGPの予選セッションを終えて、ポールポジションを獲れたはずだったとマクラーレンF1チームに対して語った。

ノリスは当初、予選でフロントロウを獲得したと聞かされていたが、Q3での2回目のラップタイムが1回目と同様にトラックリミット違反で削除されたことを知った。

オスカー・ピアストリ F1カタールGP予選 「マシンが速かっただけに残念」

2023年10月7日
オスカー・ピアストリ F1カタールGP予選 「マシンが速かっただけに残念」
オスカー・ピアストリ(マクラーレン)は、2023年F1第18戦カタールGPの予選を6番手で終えた。

Q3セッションを4番手で終えたピアストリは、チームメイトのランド・ノリスがトラックリミット違反でタイム抹消となったことで、3番手としてトップ3インタビューを受けていたが、その最中に自身もトラックリミット違反で6番手に降格することが告げられた。

ランド・ノリス、アロンソの「マクラーレンF1は自信過剰」発言に「愚か」

2023年10月6日
ランド・ノリス、アロンソの「マクラーレンF1は自信過剰」発言に「愚か」
ランド・ノリスは、マクラーレンが2023年のF1コンストラクターズ選手権でアストンマーティンに追いつくと「過信している」とのフェルナンド・アロンソからの指摘を「愚かな」な提案だと反論した。

前戦日本GPで優勝したマックス・フェルスタッペンに続くダブル表彰台を獲得したマクラーレンは、チームランキングで4位アストンマーティンから49ポイント差につけている。その先の戦いではメルセデスとフェラーリがすでにリードしており、レッドブルはすでにタイトルを確定させている。

マクラーレンF1、F3王者ガブリエル・ボルトレトと育成ドライバー契約

2023年10月5日
マクラーレンF1、F3王者ガブリエル・ボルトレトと育成ドライバー契約
マクラーレン・レーシングは、2023年FIAフォーミュラ3チャンピオンのガブリエル・ボルトレトがマクラーレンのドライバー育成プログラムに参加することを発表した。ガブリエルは、元マクラーレンのテストドライバーであり、F1ドライバーであり、ル・マン優勝経験もあるエマヌエーレ・ピッロの指導のもとプログラムを進めていく。

マクラーレンF1代表 「平川亮との契約はトヨタとの扉を開く」

2023年10月4日
マクラーレンF1代表 「平川亮との契約はトヨタとの扉を開く」
マクラーレンF1のチーム代表を務めるアンドレア・ステラは、リザーブドライバーとして平川亮と契約したことで、トヨタとマクラーレンの関係はさらに緊密になったと語る。

平川亮はトヨタから世界耐久選手権に出場し、ワールドタイトルとル・マン24時間レースの両方を獲得している。

トニー・カナーン、アロー・マクラーレンのスポーティングディレクターに就任

2023年10月4日
トニー・カナーン、アロー・マクラーレンのスポーティングディレクターに就任
インディカー:アロー・マクラーレンは、トニー・カナーンの昇進を含む、チームメンバーのリーダー職の変更を発表した。

長年のレーサーであるカナーンは、今年のインディ500でお別れのドライブをした後、ヘルメットを脱ぎ、アロー・マクラーレンのスペシャルアドバイザーに就任していた。

マクラーレンF1、新しい風洞は「MTC開設以来の最大の投資」

2023年10月3日
マクラーレンF1、新しい風洞は「MTC開設以来の最大の投資」
マクラーレンF1チームは、2010年以来初めて空力チームが社内に戻るにあたり、新しい風洞の舞台裏画像を公開した。

マクラーレン・テクノロジー・センター(MTC)は2003年にオープンしており、チームはすぐにいくつかの設備が急速に時代遅れになっていることに気づいた。

ランド・ノリス“レッドブルのF1マシン、フェルスタッペン専用設計説”を否定

2023年10月2日
ランド・ノリス“レッドブルのF1マシン、フェルスタッペン専用設計説”を否定
ランド・ノリスは、レッドブルのF1マシンがマックス・フェルスタッペンの好みに合わせてF1マシンを開発するという主張をきっぱりと否定した。

レッドブル・レーシングは2023年s-イズンを支配しており、現段階で16戦中1勝を除いてすべて勝利し、6戦を残してコンストラクターズ選手権を制覇している。
«Prev || ... 11 · 12 · 13 · 14 · 15 · 16 · 17 · 18 · 19 ·... | | Next»
 
F1-Gate.com ホーム