コルトン・ハータ、マクラーレンF1チームとの2日間のF1テストを開始

2022年7月12日
コルトン・ハータ、マクラーレンF1チームとの2日間のF1テストを開始
インディカーに参戦するコルトン・ハータは、7月12日(月)にポルトガルのポルティマオ・サーキットでマクラーレンとの2日間のF1テストを開始した。

F1でレースをする次のアメリカ人ドライバーだと称賛されているコルトン・ハータは、まだ決定していないマクラーレンF1チームとの今後のグランプリでの金曜日の公式プラクティスセッションへの出走に備えて、マクラーレンの2021年F1マシンであるMCL35Mでの走行をスタートさせた。

ランド・ノリス 「金曜日から良いリカバリーを果たせた」

2022年7月11日
ランド・ノリス 「金曜日から良いリカバリーを果たせた」/ マクラーレン F1オーストリアGP 決勝
ランド・ノリス(マクラーレン)は、2022年F1第11戦オーストリアグランプリの決勝を7位で終えた。

金曜日の予選15位で終えていたランド・ノリスは、スプリントで11位までグリッドを上げることに成功。決勝でもポイント争いを繰り広げ、トラックリミット違反による5秒ペナルティを跳ねのけて7位でフィニッシュした。

ダニエル・リカルド 「左フロントタイヤに苦労。やれることはやった」

2022年7月11日
ダニエル・リカルド 「左フロントタイヤに苦労。やれることはやった」 / マクラーレン F1オーストリアGP 決勝
ダニエル・リカルド(マクラーレン)は、2022年F1第11戦オーストリアグランプリを9位で終えた。

「当然、目標はポイント獲得だった。チームとして満足していい結果だと思う。金曜日の僕たちの位置よりもはるかにいいし、ダブル入賞は僕たちにとって良い結果だ」とダニエル・リカルドはコメント。

ランド・ノリス、6位入賞 「最後のピットストップで1つポジションを失った」

2022年7月4日
ランド・ノリス、6位入賞 「最後のピットストップで1つポジションを失った」 / マクラーレン F1イギリスGP 決勝
ランド・ノリス(マクラーレンF1)は、2022年F1第10戦イギリスグランプリの決勝を6位で終えた。

「まず、周、アレックス、ジョージが今日安全に車から降りるのを見ることができたのは素晴らしかった。あのような事故を見るのは決していいことではないので、安全装置がしっかり機能したことをうれしく思う」とランド・ノリスは語った。

2022年 F1イギリスGP 決勝:持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想

2022年7月3日
2022年 F1イギリスGP 決勝:持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想
2022年F1第10戦イギリスグランプリの決勝で各ドライバーが使用可能な持ちタイヤ数を公式タイヤサプライヤーのピレリが発表した。

ピレリは、第10戦の舞台となるシルバーストン・サーキットにC1(ハード)、C2(ミディアム)、C3(ソフト)とレンジで最も硬いコンパウンドをノミネートしている。決勝では2種類のコンパンドを使うことが義務付けられる。

【動画】 マクラーレン、慌てたクルーがタイヤを逆向きに装着

2022年7月2日
【動画】 マクラーレン、慌てたクルーがタイヤを逆向きに装着 / F1イギリスGP フリー走行2回目
マクラーレンF1のランド・ノリスは、F1イギリスGPのプラクティスでのタイヤ交換時にピットクルーの2つのミスに苦しんだ。

フリー走行2回目の40分が経過した頃、ランド・ノリスはタイヤ交換のためにピットに入った。しかし、車の後部で2つの問題が発生した。最初のミスは誰のせいでもなかった。車の後部を持ち上げるジャッキが壊れ、タイヤが外れた状態のままシャシーは地面に叩きつけられた。

ランド・ノリス、自身と交際相手にSNSで殺害予告「彼女を守りたい」

2022年7月1日
F1:ランド・ノリス、自身と交際相手にSNSで殺害予告「彼女を守りたい」
マクラーレンF1のランド・ノリスは、彼自身と交際相手のルイシナ・オリベイラが、ソーシャルメディアで“かなり恐ろしい”誹謗中傷、さらには殺害予告の標的になっていると明かした。

F1で最も人気のある若手ドライバーの1人として、ランド・ノリスはソーシャルメディアで多くのフォロワー集めているが、成功には欠点もある。今日のデジタル時代では、フォロワーの全員が心からノリスのことを思っているわけではない。荒らしはしばしば出番を待っており、なんでも叩こうと待ち受けている。

Hulu、新しいF1番組シリーズを企画との報道 ダニエル・リカルドが協力?

2022年6月30日
Hulu、新しいF1番組シリーズを企画との報道 ダニエル・リカルドが協力?
動画配信大手のHuluが、新しいF1番組シリーズを制作しており、マクラーレンのF1ドライバーであるダニエル・リカルドが協力していると報じられている。

Hollywood Reporterは、Huluが現在のF1ブームに乗るために新しい番組を制作することを企画していると報道。現時点でダニエル・リカルドがどのように関与しているかは不明だが、リカルドは自身のこの報道にInstagramアカウントでハッピーフェイスの絵文字を投稿している。

レッドブルF1代表 「リカルドはF1への愛情を失っているように見える」

2022年6月29日
レッドブルF1代表 「リカルドはF1への愛情を失っているように見える」
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、マクラーレンのF1シートを維持するためにプレッシャーをかけられているダニエル・リカルドが、F1に対して以前と同じ情熱を持っているかどうかを疑問視している。

ダニエル・リカルドは、厳しい2022年シーズンを過ごしており、今年マクラーレンF1で唯一の表彰台を獲得しているチームメイトのランド・ノリスに50ポイント差をつけられている。結果の差は、マクラーレンF1でのリカルドの将来についての憶測を引き起こしている。
«Prev || ... 11 · 12 · 13 · 14 · 15 · 16 · 17 · 18 · 19 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム