マクラーレンF1、MCL60の“Bスペック”版はF1イギリスGPがターゲット

2023年5月30日
マクラーレンF1、MCL60の“Bスペック”版はF1イギリスGPがターゲット
マクラーレンのチーム代表であるアンドレア・ステラは、MCL60の“Bスペック”アップグレードがいつ導入する計画であるかを確認した。

今年初め、ステラはチームが事実上Bスペックカーに相当する大規模なパッケージを準備していることを明らかにした。

マクラーレンF1、デロイトとのパートナーシップを複数年延長

2023年5月24日
マクラーレンF1、デロイトとのパートナーシップを複数年延長
マクラーレン・レーシングは本日、デロイトとのパートナーシップを複数年延長し、2023年シーズンからマクラーレンF1チームのオフィシャル・トランスフォーメーション・パートナーとして継続することを発表しました。

2020年以降、デロイトとマクラーレンは、マクラーレンF1チームとそのオペレーションのパフォーマンス向上を支援するために緊密に連携し、マシンパフォーマンスを最適化するためのデータの取得と分析、レース日の意思決定に役立つデジタルツインシミュレーションの適用などを行っている。

マクラーレンF1、2023年F1モナコGPに“三冠”を誇示する特別カラーで出場

2023年5月24日
マクラーレンF1、2023年F1モナコGPに“三冠”を誇示する特別カラーで出場
マクラーレンF1チームは、2023年のF1モナコGPとF1スペインGPのレースで使用する特別なカラーリングを公開。60周年記念の一環として「トリプルクラウン」の成功を強調する。

ランド・ノリスとオスカー・ピアストリがドライブするMCL60は、次の2つのF1ラウンドで、インディ500、F1モナコGP、ル・マン24時間レースでの成功を思い起こさせるカラーリングを採用することになった。

マクラーレンF1のオスカー・ピアストリ 「レースエンジニアと関係を構築中」

2023年5月20日
マクラーレンF1のオスカー・ピアストリ 「レースエンジニアと関係を構築中」
オスカー・ピアストリは、マクラーレンF1のレースエンジニアであるトム・スタラードとの関係をまだ築いているところだ。

2人はこれまで5回のレースウィークエンドを共に過ごし、さらに2023年のキャンペーンを円滑に進めるためのプレシーズンを過ごしてきた。
その結果、2人の関係は順調なスタートを切ったが、まだお互いのことを学んでいる最中だ。

マクラーレンF1のランド・ノリスがデザインした「765LTスパイダー」が完成

2023年5月19日
マクラーレンF1のランド・ノリスがデザインした「765LTスパイダー」が完成
F1ドライバーのランド・ノリスは、マクラーレン・スペシャル・オペレーションズ(MSO)によってカスタマイズされ、イギリス・ウォーキングのマクラーレン・プロダクション・センターで初公開されたマクラーレン765LTスパイダーを手に入れた。

23歳のランド・ ノリスは、自身のパーソナル・ブランドから大きな影響を受けたユニークな仕様を愛車に選んだ。

マクラーレンF1、持続可能性対策のためにコストキャップの変更を要求

2023年5月18日
マクラーレンF1、持続可能性対策のためにコストキャップの変更を要求
マクラーレン・レーシングのCEO、ザク・ブラウンは、F1がより持続可能性を追求するために、F1のコストキャップを変更するよう求めている。

マクラーレンは木曜日に2022年のサステナビリティレポートを発表。報告書には、2年間で2年間で航空貨物の排出量を9%削減すること、MTCの照明をLEDSに変えること、使い捨てプラスチックを廃止ことなどが含まれていた。

ランド・ノリス、ブランズハッチでバレンティーノ・ロッシを応援

2023年5月16日
マクラーレンF1のランド・ノリス、ブランズハッチでバレンティーノ・ロッシを応援
バレンティーノ・ロッシは、日曜日にブランズハッチで開催されたGTワールドチャレンジ・ヨーロッパのラウンドで初の表彰台を獲得。MotoGPレジェンドはその偉業を見届けるために、彼のナンバーワンファンを同席させた。

バレンティーノ・ロッシはランド・ノリスの幼少期のヒーローであり、2人は2019年のイギリスGPで初めて顔を合わせた。そしてマクラーレンのF1ドライバーであるノリスは、2022年に2輪から4輪に乗り換えたアイドルに追いつく機会があると、今でも目を見開くほどの熱狂的なファンである。

マクラーレンF1代表 「マシンの“DNA”は時代遅れの風洞と方法論に起因」

2023年5月16日
マクラーレンF1代表 「マシンの“DNA”は時代遅れの風洞と方法論に起因」
マクラーレンは、最近のF1マシンの『DNA』の問題は、時代遅れの風洞と方法論によってシミュレーションされた再現性のない状況の結果であると考えるようになっている。

2022年のグランドエフェクトデザインレギュレーションへの画期的な移行にもかかわらず、昨シーズンのMCL36は2021年の前モデルと同様にコーナー中盤のハンドリングの予測不能さに悩まされた。

マクラーレンF1、MCL60のオフスロットル/オフブレーキ時の弱点が露呈

2023年5月13日
マクラーレンF1、MCL60のオフスロットル/オフブレーキ時の弱点が露呈
マクラーレンは、F1マイアミGPの低グリップコンディションとF1アゼルバイジャンGPの「キャッスル・セクション」がどのようにF1マシンの明確な弱点を露呈させたかについて説明した。

マクラーレンのF1チーム代表のアンドレア・ステラは、ランド・ノリスがフロアにダメージを受け、オスカー・ピアストリがブレーキ・バイ・ワイヤーの不具合を起こしたにもかかわらず、17位と19位というマイアミの結果は「現実を確認」するものだと考えている。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム