F1チームの戦略をAI(人工知能)が担う時代は到来するのか?

2023年2月3日
F1チームの戦略をAI(人工知能)が担う時代は到来するのか?
F1チームの戦略をAI(人工知能)が担う時代が到来するのか? ChatGPT の発売以来のバイラルな成功により、人工知能に関する関心が高まっている。

多くの産業が、今後数年間にAI技術の進歩がもたらす影響について、その活用方法と人間の代わりになる可能性の両面から評価するようになっている。F1チームでは、マシンのセットアップ、開発の方向性、リソースの配置など、さまざまな活動においてすでにAIを活用している。

マクラーレンF1 「ランド・ノリスの才能はフェルナンド・アロンソに匹敵」

2023年2月3日
マクラーレンF1 「ランド・ノリスの才能はフェルナンド・アロンソに匹敵」
マクラーレン・レーシングのCEOであるザク・ブラウンは、ランド・ノリスが2度のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソに匹敵するほどの天賦の才能を持つ『フランチャイズ(看板)』ドライバーだと考えている。

ザク・ブラウン、チームメイトのオスカー・ピアストリよりも先輩として2023年に向かうチーム在籍5年目のシーズンを迎えるランド・ノリスを高く評価している。

ミック・シューマッハ、メルセデスF1でのテスト走行の予定はなし

2023年2月3日
ミック・シューマッハ、メルセデスF1でのテスト走行の予定はなし
メルセデスF1は、2023年のリザーブドライバーを務めるミック・シューマッハにF1マシンのステアリングを握らせる予定はない。

今週、ミック・シューマッハは、メルセデスF1チームだけでなく、メルセデスのF1パワーユニットを搭載するマクラーレンのリザーブドライバーも兼任されることが発表された。

ザク・ブラウン 「マクラーレンF1には“リセット”が必要だった」

2023年2月2日
ザク・ブラウン 「マクラーレンF1には“リセット”が必要だった」
ザク・ブラウンは、2018年にマクラーレンのCEOに就任した後、F1チームに導入した「リセット」のアプローチについて説明した。

アメリカ人のザク・ブラウンは、2016年にエグゼクティブディレクターとしてマクラーレンに入社した後、ロン・デニスの退任に伴う業務再編の一環としてCEOに異動した。

マクラーレンF1、ミック・シューマッハを2023年のリザーブに起用

2023年2月2日
マクラーレンF1、ミック・シューマッハを2023年のリザーブに起用
マクラーレンF1は、エンジンサプライヤーであるメルセデスと協定を結び、2023年にミック・シューマッハをリザーブドライバーとして起用することになった。

元ハースのミック・シューマッハは、2023年のフルタイムのF1シートを確保できず、シーズンオフにメルセデスF1チームにリザーブドライバーとして加入した。

オスカー・ピアストリ 「2023年の目標はF1についてできる限り学ぶこと」

2023年1月30日
オスカー・ピアストリ 「2023年の目標はF1についてできる限り学ぶこと」
オスカー・ピアストリは、マクラーレンF1と「張り切って取りかかる」準備をしており、できるだけ多くのことを学ぶことが2023年の目標だと語った。

バーレーンでF1デビューを果たすオーストラリア人のオスカー・ピアストリは、マクラーレンが2023年F1マシン『MCL37』のファイヤーアップを見届けた後、2023年の抱負を語った。

マクラーレンF1、MCL37をファイヤーアップ 「新車と新シーズンの誕生」

2023年1月29日
マクラーレンF1、MCL37をファイヤーアップ 「新車と新シーズンの誕生」
マクラーレンF1は、2023年F1マシン『MCL37』のエンジンを初始動させた。

マクラーレン・テクノロジー・センターのレースベイには、期待に胸を膨らませる人々が集まっていた。シミュレーターセッションを終えたばかりのアンドレア・ステラ、ザク・ブラウン、オスカー・ピアストリはチームに迎えられたが、2023年型マシンの轟音とともに、全員の注意は目の前の光景に一瞬で目を奪われた。

マクラーレンF1、2023年F1マシン『MCL37』のエンジンを初始動

2023年1月25日
マクラーレンF1、2023年F1マシン『MCL37』のエンジンを初始動
マクラーレンF1は、2023年F1マシン『MCL37』のエンジンを初始動。メルセデス製F1エンジンのサウンドを公開した。

マクラーレンは、2023年F1マシン『MCL37』を2月13日に発表。イベントに先駆けて、MCL37のファイヤーアップの模様を動画で公開。今回の動画はショートバーションであり、フルバーションは明日改めて公開される。

マクラーレンF1のランド・ノリス 「昨年のフェラーリ並みの飛躍が必要」

2023年1月24日
マクラーレンF1のランド・ノリス 「昨年のフェラーリ並みの飛躍が必要」
ランド・ノリスは、F1の大きなルール変更は過ぎたとはいえ、マクラーレンは2021年から2022年にかけてフェラーリが成し遂げたような大きな前進を今シーズンもしなければならないと語る。

昨年、マクラーレンは、第2のグランドエフェクトF1時代の始まりに勝利を収めることができず、ランド・ノリスはF1エミリア・ロマーニャGPで唯一のチーム表彰台を獲得した。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム