ダニエル・リカルド、マクラーレンF1との早期契約終了に28億円を要求

2022年8月10日
ダニエル・リカルド、マクラーレンF1との早期契約終了に28億円を要求
ダニエル・リカルドは、契約を早期に終了させようとしているマクラーレンF1チームに2100万ドル(約28億3300万円)を要求していると報じられている。

昨年、ダニエル・リカルドは3年契約でマクラーレンF1チームに加入したが、チームメイトのランド・ノリスと比較して一貫してパフォーマンスが低く、シート喪失が噂されていた。

マクラーレンF1、リカルドに2023年のピアストリと交代を通達との報道

2022年8月5日
マクラーレンF1、リカルドに2023年のピアストリと交代を通達との報道
マクラーレンF1チームは、ダニエル・リカルドに対し、2023年にオスカー・ピアストリと交代する意向を正式に伝えたとRacingNews365が伝えている。

マクラーレンは、ダニエル・リカルドの早期契約解消の計画が最終的に合意に至ることを仮定して、オスカー・ピアストリと2023年にレースドライバーにアップグレードすることを持ち込んだリザーブドライバー契約を結んだとの報道が出てきた。

ダニエル・リカルド 「今でもF1を何よりも愛している」

2022年8月4日
ダニエル・リカルド 「今でもF1を何よりも愛している」
F1での将来が不確実となっているダニエル・リカルドだが、今でもF1を「何よりも」愛していると語った。

ダニエル・リカルドは、2021年に3年契約でマクラーレンに移籍したが、成績は期待に沿ったものとは言えない。昨年のF1イタリアGPでは、2012年以来となる勝利をマクラーレンにもたらしたが、チームでのスティントの大部分でチームメイトのランド・ノリスに大きく差をつけられている。

ピアストリの声明はダニエル・リカルドのマクラーレンF1離脱を暗示?

2022年8月3日
ピアストリの声明はダニエル・リカルドのマクラーレンF1離脱を暗示?
オスカー・ピアストリとアルピーヌF1チームの泥沼劇の幕開けによって、不本意ながらマクラーレンとダニエル・リカルドの名前が引きずり出されている。

この衝撃的な泥沼劇の意味するものは単純だ。元F1ドライバーのマーク・ウェバーが率いるオスカー・ピアストリ陣営の計画がうまくいけば、ピアストリは、2023年にダニエル・リカルドに代わってマクラーレンのF1ドライバーを務めることになる。

ランド・ノリス 7位 「前の車を見れば今日達成できた最大限の結果」

2022年8月1日
ランド・ノリス 7位 「前の車を見れば今日達成できた最大限の結果」 / マクラーレン F1ハンガリーGP 決勝
ランド・ノリス(マクラーレン)は、2022年F1第13戦ハンガリーグランプリの決勝で7位入賞を果たした。

「7位に満足している。昨日の後、もちろん、僕たち全員がもう少し良い結果を期待していたとは思うけど、今日は速い車を抑えるだけのペースがなかった」とランド・ノリスはコメント。

「昨日、僕たちは本当に良い仕事をした。それに満足しているし、前にいる車を見れば、今日できる最大限の結果だった」

ランド・ノリス 「ラッセルに美味しいところを持っていかれた!」

2022年7月31日
ランド・ノリス 「ラッセルに美味しいところを持っていかれた!」 / F1ハンガリーGP 予選
ランド・ノリスは、F1ハンガリーGPでポールポジションを獲得したジョージ・ラッセルに「美味しいところを持っていかれた!」と冗談交じりに祝福した。

友人で同期の2人は健全なライバル関係を楽しんでおり、ランド・ノリスは昨年ソチで初ポールポジションを獲得したため、、それぞれのポール獲得数は現在1対1となっている。

マクラーレンF1 ランド・ノリス 2番手「車のフィーリングはいい」

2022年7月30日
マクラーレンF1 ランド・ノリス 3番手「車のフィーリングはいい」 / F1ハンガリーGP 金曜フリー走行
ランド・ノリス(マクラーレン)は、2022年F1第13戦ハンガリーグランプリの金曜フリー走行を2番手タイムで終えた。

「フィーリングはいい。車はいい感じだし、このトラックは少し僕たちに適しているように思う。でも、僕たちはいつも土曜日に終える場所よりもFP2の方が少し速い」とランド・ノリスはコメント。

ランド・ノリス 7位 「速さがないことは予想はできていた」

2022年7月25日
ランド・ノリス 7位 「速さがないことは予想はできていた」 / マクラーレン F1フランスGP 決勝
ランド・ノリス(マクラーレン)は、2022年F1第12戦フランスグランプリの決勝を7位で終えた。

マクラーレンは、今大会にMCL36に大幅なアップグレードを投入してパフォーマンスを向上させたが、ランド・ノリスはライバルであるアルピーヌのフェルナンド・アロンソの後塵を拝して7位でフィニッシュ。さらなる最適化の必要性を訴えた。

ダニエル・リカルド 「9位だけどポイントを獲得できたのはポジティブ」

2022年7月25日
ダニエル・リカルド 「9位だけどポイントを獲得できたのはポジティブ」 / マクラーレン F1 フランスGP 決勝
ダニエル・リカルド(マクラーレン)は、2022年F1第12戦フランスグランプリの決勝で9位入賞を果たした。

2台のグリッド降格によって9番グリッドからスタートしたダニエル・リカルドは、スターティングポジションを維持して9位でフィニッシュ。それでもチームメイトやアルピーヌ勢と戦うことはできなかったと振り返る。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム