マクラーレンF1代表 「オスカー・ピアストリには成長する時間が必要」

2022年11月6日
マクラーレンF1代表 「オスカー・ピアストリには成長する時間が必要」
マクラーレンF1チームは、オスカー・ピアストリに「大きな挑戦」が待ち受けていることを知っているが、ルーキーをF1で良い結果に導くことができると確信している。

アルピーヌF1チームから正式にリリースされれば、オスカー・ピアストリは、マクラーレンでF1デビューするための準備に全力を注ぐことができる。

ランド・ノリス「マクラーレンF1との契約延長前にレッドブルと話した」

2022年11月3日
ランド・ノリス「マクラーレンF1との契約延長前にレッドブルと話した」
ランド・ノリスは、今年初めにマクラーレンF1チームと契約を延長する前に、レッドブルや他のチームと話をしたと語る。

2019年にマクラーレンのF1ドライバーとなったランド・ノリスは、2025年末までチームと契約を結んでいる。マクラーレンでの4シーズンで、ランド・ノリスは1回のポールポジションと6回の表彰台を獲得し、昨年はドライバーランキング6位でシーズンを終えている。

マクラーレン、F1メキシコGPで2022年の最速ピットストップを記録

2022年11月1日
マクラーレン、F1メキシコGPで2022年の最速ピットストップを記録
マクラーレンは、F1メキシコGPで、新世代F1マシンで2秒未満のピットストップを記録した最初のF1チームになった。

F1メキシコGPでのダニエル・リカルドの1.98秒のピットストップは、今年初めにセルジオ・ペレスのタイヤを交換したレッドブルのメカニックによって設定された2.09秒の以前のベストタイムを破った。

ダニエル・リカルド、角田裕毅との接触は「100%が僕のせいではない」

2022年11月1日
ダニエル・リカルド、角田裕毅との接触は「100%が僕のせいではない」  / F1メキシコGP
ダニエル・リカルド(マクラーレン)は、2022年F1メキシコGPでの角田裕毅(アルファタウリ)との接触事故は「100%が僕のせいだとは感じていない」と語る。

ダニエル・リカルドは、71周中51周目に11番手の角田裕毅に追き、ターン6のインサイドを突いたが、角田の右側のサイドポッドにぶつかり、空中に飛ばしてランオフに追い込んだ。

マクラーレンF1代表 「レッドブルのF1予算上限違反ペナルティは甘い」

2022年10月31日
マクラーレンF1代表 「レッドブルのF1予算上限違反ペナルティは甘い」
マクラーレンのF1チーム代表であるアンドレアス・ザイドルは、2021年のF1コストキャップのプロセスが成功裏に終わったことを歓迎しているが、レッドブル・レーシングのペナルティは十分に厳しいものではなかったと述べている。

金曜日、FIA(国際自動車連盟)は、レッドブルに700万ドル(約10億円)の罰金を科し、今後12か月間、空力テストの10%削減を言い渡した。一方、アストン マーティンは、手続き違反で45万ドル(約6630万円)の罰金を科された。

ダニエル・リカルド 角田裕毅との接触は「目に余るほどではない」

2022年10月31日
ダニエル・リカルド 角田裕毅との接触は「目に余るほどではない」 / F1 メキシコGP 決勝
ダニエル・リカルドは、F1メキシコGPの途中で角田裕毅との劇的な衝突で彼のレースに汚点を残したが、2022年で最も強力ともいえるパフォーマンスで10秒ペナルティを跳ね返して7位でフィニッシュ。複雑な心境を語った。

71周中51周目に角田裕毅に追いついたダニエル・リカルドは、ターン6のインサイドで11位を奪おうとしたが、角田の右側のサイドポッドにぶつかり、空中に飛ばしてランオフに追い込んだ。

ダニエル・リカルド 「ハースF1移籍よりリザーブドライバーの方がベター」

2022年10月26日
ダニエル・リカルド 「ハースF1移籍よりリザーブドライバーの方がベター」
ダニエル・リカルドは、2023年にハースF1チームでF1キャリア維持したくないというギュンター・シュタイナーの疑いを確認した。

ハースF1チームの代表ギュンター・シュタイナーは、オースティンで、ダニエリ・リカルドがミッドフィールドのフルタイムのF1レースシートよりも来年トップチームのリザーブシートを好むように見える理由がわからないと語った。

アレックス・パロウ 「インディカーを捨ててF1リザーブを務める気はない」

2022年10月25日
アレックス・パロウ 「インディカーを捨ててF1リザーブを務める気はない」
2021年のインディカーチャンピオンであるアレックス・パロスは、最初にリザーブドライバーを受け入れて、F1にフルタイムに参戦するという手順を踏むつもりはないと語る。

25歳のスペイン人であるアレックス・パロウは、F1アメリカGPのフリー走行1回目にマクラーレンから出走して正式なF1デビューを果たしたかもしれないが、2023年にフルタイムでサインアップする気はない。

アレックス・パロウ 「スーパーハッピー!1時間できることはすべてやった」

2022年10月22日
アレックス・パロウ 「スーパーハッピー!1時間できることはすべてやった」  / マクラーレン F1アメリカGP ルーキーFP1
インディカーチャンピオンのアレックス・パロウが、2022年F1アメリカGPのフリー走行1回目にマクラーレンをドライブ。グランプリ週末デビューを果たした。

マクラーレンF1のドライバー育成プログラムと契約しているアレックス・パロウは、事前に旧型のF1マシンで何度かテストを実施していたが、自分の車ではない環境での走行はプレッシャーがあったと認める。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム