キミ・ライコネンの酒乱伝説…ホテルのスイートルームがめちゃくちゃに

2020年6月28日
キミ・ライコネンの酒乱伝説…ホテルのスイートルームがめちゃくちゃに / F1回顧録
キミ・ライコネンの酒好きは有名だが、元マクラーレンのエンジニアを務めたマーク・プレーストリーが、ホテルのスイーツルームがめちゃくちゃになったある夜のパーティーについて振り返った。

「キミがパーティーをするのが好きなのは秘密ではない。マクラーレンにいる間、たくさんの楽しいことを経験した」とマーク・プレーストリーは自身のYoutubeチャンネルで語った。

マクラーレン 「レッドブル・ホンダF1はメルセデスを追い詰める」

2020年6月27日
マクラーレン 「レッドブル・ホンダF1はメルセデスを追い詰める」
マクラーレンF1のCEOであるザク・ブラウンは、2020年もメルセデスが依然として圧倒的な勢力ではあるが、レッドブル・ホンダF1が王者を“追い詰める”ことができると考えている。

昨年、メルセデスF1はドライバーズおよびコントラクターズ選手権を6連覇して歴史を築いたが、今年はそれを7まで伸ばし、さらに比類のない記録を築き上げる可能性がある。

マクラーレンF1、バーレーン国立銀行からの融資を確保との報道

2020年6月27日
マクラーレンF1、バーレーン国立銀行からの融資を確保との報道
マクラーレン・グループは、緊急の現金不足に対処するためにバーレーン国立銀行(NBB)からの融資を確保したと報じられている。

この動きにより、マクラーレンは所有権の大部分を共有する“友好的”な組織から、必要な借り換えの少なくとも最初の段階を取得できるようになる。

マクラーレン、ルノーF1のテスト妨害で緊張関係は不可避?

2020年6月25日
マクラーレン、ルノーF1のテスト妨害で緊張関係は不可避?
マクラーレンとルノーF1は、パートナーシップ最終に良好な関係を望むことはできないかもしれない。

マクラーレンは、ホンダに代えて2018年からルノーのF1パワーユニットを搭載。昨年はパフォーマンスを大幅に向上させて、ルノーF1を上回るコンストラクターズ選手権4位でシーズンを終えた。

だが、マクラーレンは2021年からメルセデスのF1パワーユニットに切り替えることが決定している。

マクラーレンF1、シーズン開幕にむけてレースチームを隔離

2020年6月25日
マクラーレンF1、シーズン開幕にむけてレースチームを隔離
マクラーレンF1のチーム代表アンドレアス・ザイドルは、2020年シーズン再開にむけてレースチームのスタッフはマクラーレン・テクノロジー・センターで他の従業員から“隔離”された状態で仕事をしていると語る。

2020年のF1世界選手権は、7月最初の週末にオーストリアのレッドブル・リンクで再開する。63日間にわたって閉鎖されていたF1ファクトリーも稼働を再開し、現在での通常の作業に戻り、準備の最終仕上げを行っている。

マクラーレンF1、“緊急”の資金確保のために債権者と法廷バトル

2020年6月24日
マクラーレンF1、“緊急”の資金確保のために債権者と法廷バトル
マクラーレンF1は、歴史的なF1マシンコレクションとファクトリーを新しいローンの担保として使用できるために高等裁判所の宣言を求めている。

BBC の報道によると、マクラーレンは裁判所の文書で、現金不足につながった新型コロナウイルスのパンデミックで「深刻で予期しない財政難」を経験しており、7月17日までに新たな資金が必要になるとしている。

ダニエル・リカルド 「後手に回ればマクラーレンF1に移籍できなかった」

2020年6月22日
ダニエル・リカルド 「後手に回ればマクラーレンF1に移籍できなかった」
ダニエル・リカルドは、2020年シーズン末でセバスチャン・ベッテルがフェラーリF1を離脱するという予期せぬニュースにより、もし決断に時間をかけていたら、2021年にマクラーレンF1に移籍する機会を失うリスクがあったと語る。

先月のセバスチャン・ベッテルのフェラーリF1離脱は、2021年のドライバー市場に多くの動きをもたらた。ますは現在マクラーレンのF1ドライバーを務めるカルロス・サインツが後任としてフェラーリに加入することが決定。

マクラーレンF1のランド・ノリス、F3マシンのテストで「身体が痛い」

2020年6月21日
マクラーレンF1のランド・ノリス、F3マシンのテストで「身体が痛い」
マクラーレンF1のランド・ノリスは、チームメイトのカルロス・サインツとともに今週シルバーストーンでF3マシンをテスト。7月5日のシーズン開幕にむけて本気のトレーニングを行った。

また、ランド・ノリスは、カルロス・サインツ、マクラーレンのCEOであるザク・ブラウン、その他のチームスタッフとともにカートで走行を実施し、レースの緊張感を呼び戻した。

マクラーレンF1、両ドライバーがシルバーストーンでF3マシンで走行

2020年6月19日
マクラーレンF1、両ドライバーがシルバーストーンでF3マシンで走行
マクラーレンF1のカルロス・サインツとランド・ノリスは、6月18日(木)にシルバーストーンでF3マシンによる走行を実施。2020年のF1世界選手権の再開にむけた準備を強化した。

2週間後にオーストリアで再開する大幅に遅れた2020年のF1世界選手権を前に多くのF1チームがプライベートテストを実施。新型コロナウイルスに対応したF1の厳格な衛生プロトコルになれるとともに、ドライバーたちもレースにむけて肩慣らしを行っている。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム