ロマン・グロージャン、2019年のF1ヘルメットを公開

2019年2月4日
F1 ロマン・グロージャン ハースF1チーム
ハースF1チームのロマン・グロージャンが、2019年に着用する新デザインのF1ヘルメットを公開した。

今年、ハースF1チームで4年目を迎えるロマン・グロージャン。BELL製のヘルメットにはマット塗装が施され、基本的なデザインは踏襲しつつも、これまでよりもシックなベイビーのカラーリングへと変更。どこかレトロな雰囲気を漂わせている。

ハースF1、2月7日に“リッチエナジーカラー”のF1マシンをお披露目

2019年2月4日
F1 ハースF1チーム リッチ・エナジー
ハースF1チームとリッチエナジーは、2月7日(木)に2019年F1マシンのカラーリングを披露することを予告した。

ハースF1チームは、2019年のF1世界選手権からリッチエナジーと複数年のタイトルスポンサー契約を締結。2019年からチームは「リッチエナジー・ハースF1チーム(Rich Energy Haas F1 Team)」の名称で参戦する。

ハースF1 「少なくとも今後2年はフェラーリとの関係は何も変わらない」

2019年2月3日
F1 ハースF1 フェラーリ
ハースF1チームは、2021年にF1がレギュレーションを大幅に変更することを踏まえ、フェラーリからパーツを購入し、ダラーラにシャシーをアウトソーシングするという現在のチーム体制を変えることはないと語る。

F1グリッドの他の9チームと同様に、ハースF1チームは今後2年間、フォーミュラ1マネジメントと契約を結んでいる。だが、その後の将来についてはまだ宙に浮いたままとなっている。

ハースF1チーム 「タイトルスポンサーのリッチエナジーからは入金済」

2019年2月1日
F1 ハースF1チーム リッチエナジー
ハースF1チームは、新しいタイトルスポンサーとなるリッチエナジーを巡る懐疑的な見方に反論。すでにスポンサー料金は入金済であると明かした。

昨年10月、ハースF1チームは英国のエナジードリンク企業であるリッチエナジーとの複数年のタイトルスポンサー契約を発表。2019年から「リッチエナジー・ハースF1チーム(Rich Energy Haas F1 Team)」にチーム名を変更し、マシンカラーは同社のゴールド&ブラックに変更されることを示唆している。

ハースF1、ケビン・マグヌッセンのデイトナ24時間レース参戦を許可

2019年1月31日
F1 ケビン・マグヌッセン
ケビン・マグヌッセンは、将来、世界3大耐久レースのひとつであるデイトナ24時間レースへの参戦を所属チームであるハースから許可された。

過去数年間、ケビン・マグヌッセンは、父親のヤン・マグヌッセンとともにデイトナ24時間レースへ参戦するとの報道が定期的になされてきたが、いまだ親子共演は実現はしていない。

ハースF1 「現状の3強支配に変化がなければF1を続ける意味はない」

2019年1月17日
F1 ハースF1チーム
ハースF1チームのチームプリンシパルを務めるギュンター・シュタイナーは、今後もトップ3チームに挑戦する機会を得られるような変化が訪れないようであれば、ハースが長期的にF1を続けても意味はないと考えている。

現在のF1グリッドは、メルセデス、フェラーリ、レッドブルの3強チームが上位6位を占め、残りのチームは“Bクラス”呼ばれミッドフィールドのトップである“ベスト・オブ・ザ・レスト”をかけて戦っているのが現状となってる。

ハースF1、ライバルを挑発 「マシンが非合法だと思うなら監査すればいい」

2019年1月15日
F1 ハースF1チーム
ハースF1チームのプリンシパルを務めるギュンター・シュタイナーは、彼のチームはF1のルールに則って合法性のもとで活動していると改めて主張。違反していると思うライバルは好きに監査すればいいと挑発した。

2016年にF1に参入したハースは、フェラーリとの密接な技術パートナーシップに基づいてマシンを設計してきた。ハースのF1マシンは、チーム内で製造する必要のある“掲載部品”として競技規約で定められているモノコック、ウイングなど以外のあらゆるパーツをフェラーリから供給されている。

ロマン・グロージャン 「ハースはルノーにとって脅威となっている」

2019年1月10日
F1 ロマン・グロージャン ハースF1チーム
ロマン・グロージャンは、2018年のバトルの後、ルノーがハースF1チームを将来のライバルとして“恐れている”はずだと語る。

ルノーは、ハースF1チームに29ポイント差をつけてコンストラクターズ選手権を4位で終了。だが、バトルはコース内だけに留まらなかった。

ハースF1チーム 「2019年F1マシンの開発は順調」

2019年1月6日
F1 ハースF1チーム
ハースF1チームは、2019年F1マシンの開発は順調に進んでいるものの、中団チームのライバルが生み出すゲインを考えれば慎重にならざるを得ないと語る。

昨年、ハースF1チームはF1参戦3年目でワークスルノーと“ベスト・オブ・ザ・レスト”を争う戦闘力を見せたが、開幕戦オーストリアGPを始めとする一連のミスなどが響き、コンストラクターズ選手権5位でシーズンを終えた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム