ハースF1チーム | 2019年 F1アメリカGP 決勝レポート

2019年11月5日
ハースF1チーム
ハースF1チームは、F1アメリカGPの決勝レースで、ロマン・グロージャンが15位、ケビン・マグヌッセンはリタイアでレースを終えた。

ギュンター・シュタイナー(チーム代表)
「明らかに期待外れな結果だが、予想外だったわけではない。現時点の自分たちのポジションは分かっているし、そこは我々の望む場所ではない。レースをスタートしてから後退し始める。マシンに十分なパフォーマンスがない」

ロマン・グロージャン 「クビサが加入してもFP1は譲りたくない」

2019年10月31日
ロマン・グロージャン 「クビサが加入してもFP1は譲りたくない」
ハースF1チームのロマン・グロージャンは、チームが2020年にロバート・クビサを開発ドライバーとして雇ったとしてもFP1を譲りたくはないと語る。

今シーズン末でウィリアムズを離れることが決定しているロバート・クビサは、2020年の開発ドライバーの役割についてハースF1チームと交渉していることが報じられている。

グロージャン&マグヌッセン、ハースのNASCARマシンでデモ走行

2019年10月30日
グロージャン&マグヌッセン、ハースのNASCARマシンでデモ走行
ハースのF1ドライバーであるケビン・マグヌッセンとロマン・グロージャンは、F1アメリカGPに先立ち、木曜日にサーキット・オブ・ジ・アメリカズでNACARマシンでのデモ走行を披露する。

NASCARで成功を収めているスチュワート・ハースは、#14 ハース・オートメーション フォード マスタングを持ち込んでデモ走行を実施。その後、ハースの両F1ドライバーがNASCARマシンをドライブする。

ハースF1チーム | 2019年 F1メキシコGP 決勝レポート

2019年10月29日
ハースF1チーム
ハースF1チームは、2019年 F1メキシコGPの決勝で、ケビン・マグヌッセンが15位、ロマン・グロージャンが17位でレースを終えた。

ギュンター・シュタイナー(チーム代表)
「明らかに失望のレースだった。今週末のパフォーマンスから自分たちにできるベストを引き出した。何もミスはしていない。単にこれ以上のパフォーマンスがマシンになかっただけだ」

ハースF1、ロバート・クビサとの開発ドライバーについての交渉を認める

2019年10月25日
ハースF1、ロバート・クビサとの開発ドライバーについての交渉を認める
ハースのF1チーム代表を務めるギュンター・シュタイナーは、ロバート・クビサと2020年のシミュレーター及びテストドライバーの役割について話し合っていることを確認した。

今年、ウィリアムズで9年ぶりにF1復帰を果たしたロバート・クビサは、F1ドイツGPで1ポイントを獲得したが、わずか1シーズンでチームを離れることを発表している。

ハースF1チーム代表、ポーランドでクビサのスポンサーと会談

2019年10月19日
ハースF1チーム代表、ポーランドでクビサのスポンサーと会談
ハースF1チームのギュンター・シュタイナーが、ロバート・クビサのスポンサーであるPKNオーレンとと会談するために今週末ワルシャワにいたと TVP が伝えた。

ロバート・クビサは、今シーズン限りでウィリアムズを離れることが決定しており、チームをスポンサードするPKNポーレンはハースに切り替える可能性が報じられている。

ハースF1チーム:2019年 F1日本GP 決勝レポート

2019年10月15日
ハースF1チーム:2019年 F1日本GP 決勝レポート
ハースF1チームは、2019年F1日本GPの決勝レースで、ロマン・グロージャンが15位、ケビン・マグヌッセンが17位でレースを終えた。

ギュンター・シュタイナー(チーム代表)
「午前中の予選でのロマンはそれほど悪くなく、Q3に進出したことは今日のちょっとしたハイライトだったと言えるだろう。ケビンは最初のラップでクラッシュを喫したが、非常に速いラップを走っていたので、1周のパフォーマンスに関してはこのマシンは良いラップを走れている」

ハースF1代表ギュンター・シュタイナー、スチュワード批判で罰金90万円

2019年10月13日
ハースF1代表ギュンター・シュタイナー、スチュワード批判で罰金90万円
ハースのF1チーム代表を務めるギュンター・シュタイナーは、F1ロシアGPでスチュワードを批判したことに対して7500ユーロ(約90万円)を罰金を科せられた。

F1ロシアGPではケビン・マグヌッセンのコースの合流方法に対して5秒加算ペナルティが科せられ、マグヌッセンは8位から9位に降格した。レース直後のインラップでギュンター・シュタイナーは「馬鹿げた愚かなスチュワードがいなければ8位だった」と無線でケビン・マグヌッセンに伝えていた。

ロマン・グロージャン、ティレル P34のプラモデルを完成「100点満点」

2019年10月12日
ロマン・グロージャン、ティレル P34のプラモデルを完成「100点満点」
ハースF1チームのロマン・グロージャンは、セッションがすべて中止となったF1日本GPの土曜日を利用してホテルの部屋でプラモデルを完成させた。

台風19号の接近に伴ってF1日本GPは土曜日の全セッションの中止が決定。ロマン・グロージャンはそうなることを想定して前日に地元のショップでティレル P34のプラモデルを購入していた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム