レッドブル・ホンダF1を含めた3チームが18インチタイヤのテストを完了

2021年7月22日
レッドブル・ホンダF1を含めた3チームが18インチタイヤのテストを完了
レッドブル・ホンダ、ハース、アストンマーティンの3チームが、2日間にわたってシルバーストンで行われたピレリの18インチタイヤのテストを完了された。

F1チームが根本的に再設計された2022年F1マシンへの開発を強化し続けるなか、F1公式タイヤサプライターのピレリは、それらのマシンに適合する18インチのタイヤ構造の開発に熱心に取り組んでいる。

ニコ・ヒュルケンベルグ、ハースもしくはウィリアムズでF1復帰を目指す

2021年7月20日
ニコ・ヒュルケンベルグ、ハースもしくはウィリアムズでF1復帰を目指す
ニコ・ヒュルケンベルグは、2022年にハースもしくはウィリアムズでF1復帰を目指していることを否定しない。

2019年にフルタイムのF1シートを失ったニコ・ヒュルケンベルグだが、昨年はレーシング・ポイントの“スーパーサブ”を務め、今年はアストンマーティンとメルセデスの正式なリザーブドライバーの役割を担っている。

ハースF1、2022年もニキータ・マゼピン&ウラルカリの続投は確定

2021年7月20日
ハースF1、2022年もニキータ・マゼピン&ウラルカリの続投は確定
ニキータ・マゼピンが、2022年もウラルカリのカラーリングを纏ったハースのF1マシンを走らせることは決定事項のようだ。

ニキータ・マゼピンの父親であるドミトリー・マゼピンが会長を務めるウラルカリは、2022年もハースF1チームのタイトルスポンサーを継続すると報じられている。

ハースF1、ドミトリー・マゼピンがチーム代表に就任?

2021年7月17日
ハースF1、ドミトリー・マゼピンがチーム代表に就任?
ハースF1のチーム代表を務めるギュンター・シュタイナーは、彼の役割が脅威に晒されているという噂を“ナンセンス”だと却下した。

最近、ウラルカリを通じて息子のニキータ・マゼピンが所属するハースF1のタイトルスポンサーを務めている億万長者のドミトリー・マゼピンが、ギュンター・シュタイナーからチーム代表の役割を引き継ぐと報じられていた。

ハースF1代表、ミック・シューマッハのアルファロメオ移籍の噂を否定

2021年7月15日
ハースF1代表、ミック・シューマッハのアルファロメオ移籍の噂を否定
ハースF1のチーム代表を務めるギュンター・シュタイナーは、チームがミック・シューマッハを失う可能性があるとの報道を否定する。

ハースF1とフェラーリの間の緊密な関係にもかかわらず、フェラーリは、アルファロメオをミック・シューマッハがF1のコツを覚えて一人前になるためにより良い場所と見なすかもしれないと報じられている。

ハースF1代表 「ベッテルのメンターシップはシューマッハにとって利点」

2021年7月14日
ハースF1代表 「ベッテルのメンターシップはシューマッハにとって利点」
ハースF1のチーム代表を務めるギュンター・シュタイナーは、4回のF1ワールドチャンピオンのメンターシップは、ミック・シューマッハにとってポジティブなことしかないと語る。

ミック・シューマッハの父親であるミハエル・シューマッハは、セバスチャン・ベッテルのメンターとしてキャリア初期に指導してきた。それは世代を超えて、ミックにベッテルが指導するという形で受け継がれている。

「ニキータ・マゼピンはF1でミック・シューマッハの理想的な僚友ではない」

2021年7月13日
「ニキータ・マゼピンはF1でミック・シューマッハの理想的な僚友ではない」とニコ・ヒュルケンベルグ
ニキータ・マゼピンはミック・シューマッハにとって理想的なF1チームメイトではない。それは今年はF1グリッドにいないが、メルセデスとアストンマーティンのリザーブドライバーとして活躍している新人シューマッハの同胞ニコ・ヒュルケンベルグの見解だ。

33歳のニコ・ヒュルケンベルグは、2022年のジョージ・ラッセルのウィリアムズF1のシートともリンクしている。

ハースF1のニキータ・マゼピン 「F1の技術面は予想以上に複雑」

2021年7月13日
ハースF1のニキータ・マゼピン 「F1の技術面は予想以上に複雑」
ハースF1のニキータ・マゼピンは、ハースF1との運命を改善するために技術面の知識を増やす必要性を痛感していると語る。

ロシア出身のニキータ・マゼピンは、予想されてはいたものの、チームメイトで同じくルーキーであるミック・シューマッハとともにF1キャリアの困難なスタートに耐えている。

「ミック・シューマッハのアルファロメオF1移籍が良い選択肢かは疑問」

2021年7月9日
「ミック・シューマッハのアルファロメオF1移籍が良い選択肢かは疑問」と叔父のラルフ・シューマッハ
元F1ドライバーのラルフ・シューマッハは、甥のミック・シューマッハにとってアルファロメオがハースよりも“良い選択肢”であるかどうかを疑っている。ハースは2022年のラインナップを“それほど遠くない”将来に発表するとしている。

今シーズン、ミック・シューマッハはハースでF1デビューを果たしたが、チームはシーズン開幕前から今季マシンのアップデートに多額の費用をかけることはないことを明言しており、難しいシーズンになることは十分に認識されていた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム