ハースF1チーム、リッチエナジー配色の2019年版レーシングスーツを披露

2019年2月8日
F1 ハースF1チーム
ハースF1チームは、2019年版のレーシングスーツを披露。2019年F1マシン『VF-19』と同じブラック&ゴールドの配色に変更された。

ハースF1チームは2月7日(木)に2019年F1マシン『VF-19』のカラーリングを発表。タイトルスポンサーに就任した英国のエナジードリンクメーカーであるリッチエナジーのカラーリングであるブラック&ゴールドの新カラーリングをお披露目した。

ハースF1、2019年F1マシンのカラーリング発表をライブ配信

2019年2月7日
F1 ハースF1チーム
ハースF1チームは、2月7日(木)に開催する2019年F1マシンのカラーリング発表をインターネットでライブストリーミング中継することを明らかにした。

ハースF1チームは、2019年のF1世界選手権から英国のエナジードリンク企業であるリッチエナジーと複数年のタイトルスポンサー契約を締結。2019年からチームは「リッチエナジー・ハースF1チーム(Rich Energy Haas F1 Team)」の名称で参戦する。

ハースF1チーム、ブラック&ゴールドの新チームウエアを披露

2019年2月7日
F1 ハースF1チーム
ハースF1チームは、ブラック&ゴールドのカラーリングを用いた新チームウエアを公開。2019年にリッチエナジーのカラーのF1マシンを走らせることは間違いないかもしれない。

ハースF1チームは、2019年のF1世界選手権から英国のエナジードリンク企業であるリッチエナジーと複数年のタイトルスポンサー契約を締結。2019年からチームは「リッチエナジー・ハースF1チーム(Rich Energy Haas F1 Team)」の名称で参戦する。

ロマン・グロージャン、2019年のF1ヘルメットを公開

2019年2月4日
F1 ロマン・グロージャン ハースF1チーム
ハースF1チームのロマン・グロージャンが、2019年に着用する新デザインのF1ヘルメットを公開した。

今年、ハースF1チームで4年目を迎えるロマン・グロージャン。BELL製のヘルメットにはマット塗装が施され、基本的なデザインは踏襲しつつも、これまでよりもシックなベイビーのカラーリングへと変更。どこかレトロな雰囲気を漂わせている。

ハースF1、2月7日に“リッチエナジーカラー”のF1マシンをお披露目

2019年2月4日
F1 ハースF1チーム リッチ・エナジー
ハースF1チームとリッチエナジーは、2月7日(木)に2019年F1マシンのカラーリングを披露することを予告した。

ハースF1チームは、2019年のF1世界選手権からリッチエナジーと複数年のタイトルスポンサー契約を締結。2019年からチームは「リッチエナジー・ハースF1チーム(Rich Energy Haas F1 Team)」の名称で参戦する。

ハースF1 「少なくとも今後2年はフェラーリとの関係は何も変わらない」

2019年2月3日
F1 ハースF1 フェラーリ
ハースF1チームは、2021年にF1がレギュレーションを大幅に変更することを踏まえ、フェラーリからパーツを購入し、ダラーラにシャシーをアウトソーシングするという現在のチーム体制を変えることはないと語る。

F1グリッドの他の9チームと同様に、ハースF1チームは今後2年間、フォーミュラ1マネジメントと契約を結んでいる。だが、その後の将来についてはまだ宙に浮いたままとなっている。

ハースF1チーム 「タイトルスポンサーのリッチエナジーからは入金済」

2019年2月1日
F1 ハースF1チーム リッチエナジー
ハースF1チームは、新しいタイトルスポンサーとなるリッチエナジーを巡る懐疑的な見方に反論。すでにスポンサー料金は入金済であると明かした。

昨年10月、ハースF1チームは英国のエナジードリンク企業であるリッチエナジーとの複数年のタイトルスポンサー契約を発表。2019年から「リッチエナジー・ハースF1チーム(Rich Energy Haas F1 Team)」にチーム名を変更し、マシンカラーは同社のゴールド&ブラックに変更されることを示唆している。

ハースF1、ケビン・マグヌッセンのデイトナ24時間レース参戦を許可

2019年1月31日
F1 ケビン・マグヌッセン
ケビン・マグヌッセンは、将来、世界3大耐久レースのひとつであるデイトナ24時間レースへの参戦を所属チームであるハースから許可された。

過去数年間、ケビン・マグヌッセンは、父親のヤン・マグヌッセンとともにデイトナ24時間レースへ参戦するとの報道が定期的になされてきたが、いまだ親子共演は実現はしていない。

ハースF1 「現状の3強支配に変化がなければF1を続ける意味はない」

2019年1月17日
F1 ハースF1チーム
ハースF1チームのチームプリンシパルを務めるギュンター・シュタイナーは、今後もトップ3チームに挑戦する機会を得られるような変化が訪れないようであれば、ハースが長期的にF1を続けても意味はないと考えている。

現在のF1グリッドは、メルセデス、フェラーリ、レッドブルの3強チームが上位6位を占め、残りのチームは“Bクラス”呼ばれミッドフィールドのトップである“ベスト・オブ・ザ・レスト”をかけて戦っているのが現状となってる。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム