ハース、“悪童”ケビン・マグヌッセンのドライビングを擁護

2017年10月4日
ハースF1チーム ケビン・マグヌッセン
ハースF1チームのギュンサー・シュタイナーは、防御時のドライビングが非難の的となっているケビン・マグヌッセンを擁護。最終的には“悪童”の汚名を返上することになると考えている。

ケビン・マグヌッセンは、防戦時に相手のスペースを消す動きをすることが頻繁にあり、最近はあまり評判が良くない。

ハース:ダブル完走もポイントには届かず / F1マレーシアGP

2017年10月2日
ハースF1チーム マレーシアグランプリ
ハースは、F1マレーシアGPの決勝で ケビン・マグヌッセンが12位、ロマン・グロージャンが13位でレースを終えた。

ケビン・マグヌッセン (12位)
「まずまずのスタートを切って、1周目にいくつか順位を上げることができた。とにかく順位を守ろうと頑張った。今日の僕たちはそれをしっかりと成し遂げるペースはなかった」

ハース:F1マレーシアGP 予選レポート

2017年10月1日
ハースF1チーム マレーシアグランプリ ロマン・グロージャン
ハースは、F1マレーシアGPの予選でロマン・グロージャンが16番手、ケビン・マグヌッセンは17番手だった。

ロマン・グロージャン (16番手)
「昨日の後、チームが成し遂げてくれたことにはかなり驚いた。本当に素晴らしいチームだし、それは僕たちが当初からいかに改善しているかを示している。夜間禁止時間の後で彼らはクルマを何とか修復してくれたど、それでも迅速な時間が必要だった。彼らのことを本当に誇りに思うし、走れたことを嬉しく思った」

ハースF1、グロージャンの事故を誘発したサーキットの状態に怒り

2017年9月30日
ロマン・グロージャン マレーシアグランプリ ハースF1チーム
ロマン・グロージャンのF1マレーシアGP フリー走行2回目での事故を受け、ハースF1のチームプリンシパルを務めるギュンサー・シュタイナーは、現代サーキットでは“起きてはならない”出来事だと怒りを露わにした。

ロマン・グロージャンは、ターン13の縁石部分で浮き上がっていた排水溝のカバーで右リアタイヤをバーストさせ、ウォールに激しくクラッシュ。セッションは赤旗中断のまま終了となった。

ハース:F1マレーシアGP 金曜フリー走行レポート

2017年9月30日
ハースF1チーム マレーシアグランプリ ロマン・グロージャン
ハースは、F1マレーシアGP初日のフリー走行で ロマン・グロージャンが17番手、ケビン・マグヌッセンが18番手だった。午前中はマグヌッセンに代わって、アントニオ・ジョビナッツィが走行を行った。

ロマン・グロージャン (17番手)
「今日はかなり多くのことを学ぶことができたと思う。午前中ウェットで午後はドライだったので、両方のコンディションで走れることができた」

ロマン・グロージャン:2017 F1マレーシアGP プレビュー

2017年9月27日
ロマン・グロージャン ハースF1 マレーシアグランプリ
ロマン・グロージャンが、F1マレーシアGPへの意気込みを語った。

ロマン・グロージャン (ハース)
「一年で最も厳しいレースだと思う。シンガポールは低速コーナーがあってもっと遅いトラックだけど、マレーシアは高速コーナーがあってハイスピードだ。素晴らしいチャレンジだし、素晴らしいトラックだ。良いクルマがあるときは驚きべき経験だ」

ケビン・マグヌッセン:2017 F1マレーシアGP プレビュー

2017年9月27日
ケビン・マグヌッセン ハースF1 マレーシアグランプリ
ケビン・マグヌッセンが、F1マレーシアGPへの意気込みを語った。

ケビン・マグヌッセン (ハース)
「かなり暑い場所だ。体力を回復して風を得られるの長めのストレートがあるのが救いだ。シンガポールはすべてがとても低速だし、ブレーキを踏んで、パワーをかけて、絶えずステアリングホイールを動かしている。マレーシアよりもシンガポールの方がずっと厳しい」

ハース:ロマン・グロージャンが9位入賞 / F1シンガポールGP

2017年9月18日
ハースF1 シンガポールグランプリ
ハースは、F1シンガポールGPの決勝で、ロマン・グロージャンが9位、ケビン・マグヌッセンはリタイアでレースを終えた。

ロマン・グロージャン (9位)
「僕たち全員のために嬉しく思う。特に僕たちにはあまりペースがないことがわかっていた難しい週末の後だけにね。全員がピットインを終えた後、適切なタイヤを装着できていたので、自分のチョイスにはかなり満足だった」

ハース:F1シンガポールGP 予選レポート

2017年9月17日
ハースF1 シンガポールグランプリ
ハースは、F1シンガポールGPの予選で ロマン・グロージャンが15番手、ケビン・マグヌッセンは16番手だった。

ロマン・グロージャン (15番手)
「予選でベストを尽していることが最も重要なことだ。僕たち二人とも望まる最大限の結果だったと思う。かなり激しくプッシュしたけど、残念ながら、あここではあまりバランスがとれていない」
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム