F1ドライバー、FIAに狭いピットレーンの安全性の見直しを要求

2022年9月28日
F1ドライバー、FIAに狭いピットレーンの安全性の見直しを要求
F1ドライバーは、FIA(国際自動車連盟)は狭いピットレーンでの潜在的な安全性の問題を検討する必要があると語る。

F1オランダGPが開催されたザントフォールトの週末には危険なアンセーフリリースのインシデントが多発。セルジオ・ペレス(レッドブル)は、ピットを離れるときにフェラーリがカルロス・サインツJr.のタイヤ交換時に放置したホイールガンを轢くというアクシデントがあった。

レッドブルF1代表 「ラッセルをハミルトンの盾にしなかったのは驚き」

2022年9月7日
レッドブルF1代表 「ラッセルをハミルトンの盾にしなかったのは驚き」 / オランダグランプリ
レッドブル・レーシングのF1チーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、オランダグランプリのレース終盤のセーフティカー期間中にメルセデスがジョージ・ラッセルをステイアウトさせなかったことに驚いたと語る。

アルファロメオのバルテリ ボッタスが55周目にホームストレートでストップし、セーフティ カーがレースを無力化した。

アルファタウリF1、角田裕毅VSC陰謀論とハンナ・シュミッツへの中傷に声明

2022年9月6日
アルファタウリF1、角田裕毅VSC陰謀論とハンナ・シュミッツへの中傷に声明
アルファタウリF1チームは、角田裕毅のオランダグランプリからのリタイアに関する陰謀論とレッドブルの戦略責任者であるハンア・シュミッツの誹謗中傷に声明で対応した。

角田裕毅のリタイアがトリガーとなったバーチャルセーフティカー(VSC)がその後のレース展開に影響を与えたことによって、ソーシャルメディアでは非難の声が煽られた。VSCは、メルセデスF1のルイス・ハミルトンとジョージ・ラッセルに不利に、マックス・フェルスタッペンに有利に働いた。

マックス・フェルスタッペン 「メルセデスF1がハードを機能させたのは驚き」

2022年9月6日
マックス・フェルスタッペン 「メルセデスF1がハードを機能させたのは驚き」 / オランダグランプリ
マックス・フェルスタッペンは日曜日のザントフォールト・サーキットで、フレッシュタイヤに交換した最後のセーフティカーのリスタートでルイス・ハミルトンをオーバーテイクし、今シーズン10勝目を挙げた。

メルセデスF1チームは1ストップ戦略を選択し、ミディアムタイヤとハードタイヤの両方で良いペースを見せた後、ルイス・ハミルトンとチームメイトのジョージ・ラッセルを優勝争いに巻き込むことに成功した。

角田裕毅 不運なマシントラブル 「ポイント圏内を視界に捉えていた」

2022年9月5日
角田裕毅 不運なマシントラブル 「ポイント圏内を視界に捉えていた」 / スクーデリア・アルファタウリ F1オランダグランプリ
角田裕毅(スクーデリア・アルファタウリ)は、2022年F1オランダグランプリの決勝をリタイアで終えた。

角田裕毅は、1回目のピットストップ後に無線でタイヤがしっかりと装着されていないと報告し、コース脇にマシンを止めた。しかし、チームは問題はないので、続行してピットに戻るように指示。このとき、角田裕毅は車から降りるためにシートベルトを緩めていた。

2022年 F1オランダGP 決勝:トップ10 ドライバーコメント

2022年9月5日
2022年 F1オランダGP 決勝:トップ10 ドライバーコメント
2022年 F1 第15戦 オランダグランプリの決勝でトップ10入りしたドライバーのコメント。

優勝はポールポジションからマックス・フェルスタッペン(レッドブル・レーシング)。中盤に1ストップ戦略を狙ったハードタイヤのメルセデス勢に迫られたが、バーチャルセーフティカーとセーフティカーを味方につけて優勝。4連勝で今季10勝目を挙げて2年連続で母国レースを制した。

フェルナンド・アロンソ 6位 「チェッカーまで予選セッションのようだった」

2022年9月5日
フェルナンド・アロンソ 6位 「チェッカーまで予選セッションのようだった」 / アルピーヌF1チーム オランダグランプリ
フェルナンド・アロンソ(アルピーヌF1チーム)は、2022年F1オランダグランプリの決勝を6位で終えた。

「今日は6位でフィニッシュし、順位表でより多くのポイントを獲得できた良いレースだった。明らかにスタートでいくつか順位を落としたけど、少し挽回して、ハードタイヤのために非常に早い段階でストップした」とフェルナンド・アロンソはコメント。

ピエール・ガスリー 11位 「ポイント獲得に必要なペースはなかった」

2022年9月5日
ピエール・ガスリー 11位 「ポイント獲得に必要なペースはなかった」 / スクーデリア・アルファタウリ F1オランダグランプリ
ピエール・ガスリー(スクーデリア・アルファタウリ)は、2022年F1オランダグランプリの決勝を11位で終えた。

「11位は嬉しい結果ではない。ポイント圏内に入るために全力を尽くしたけれど、今日はそのために必要なペースがなかったと思う」とピエール・ガスリーはコメント。

アルファタウリF1車両担当 「角田裕毅の問題の原因は現在調査中」

2022年9月5日
アルファタウリF1車両担当 「角田裕毅の問題の原因は現在調査中」 / オランダグランプリ
スクーデリア・アルファタウリのF1ビークルパフォーマンス チーフエンジニアを務めるクラウディオ・バレストリが、2022年F1オランダグランプリの決勝を振り返った。

スクーデリア・アルファタウリは、角田裕毅がディファレンシャルの問題によってリタイア。ピエール・ガスリーは11位でフィニッシュとノーポイントでオランダを後にすることになった。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム