シャルル・ルクレール 「最後のステイアウトはうまくいかなかった」

2022年7月4日
シャルル・ルクレール 「最後のステイアウトはうまくいかなかった」 / スクーデリア・フェラーリ F1イギリスGP 決勝
シャルル・ルクレール(スクーデリア・フェラーリ)は、2022年F1第10戦イギリスグランプリの決勝を4位で終えた。

シャルル・ルクレールは、4月のメルボルン以来の勝利を収めるために良いポジションにいるように見えた。だが、それはレース終盤のセーフティカーによって一変した。フェラーリのチームメイトであるカルロス・サインツJr.は、新品タイヤのアドバンテージを生かしてルクレールをオーバーテイクし、F1初勝利を収めた。

アレクサンダー・アルボン、クラッシュで病院に搬送も無事退院

2022年7月4日
アレクサンダー・アルボン、クラッシュで病院に搬送も無事退院 / ウィリアムズ F1イギリスGP 決勝
ウィリアムズF1チームは、F1イギリスグランプリのオープニングラップでクラッシュに巻き込ま輪れた後、病院に搬送されていたアレクサンダー・アルボンが退院したことを発表した。

周冠宇、ジョージ・ラッセル、ピエール・ガスリーが絡み、周冠宇が逆さまでフェンスに激突する大クラッシュのさらに後方で、アレクサンダー・アルボンは角田裕毅、セバスチャン・ベッテル、エステバン・オコンとのクラッシュに巻き込まれていた。

カルロス・サインツJr. F1初優勝 「この勝利を信じ続けてきた」

2022年7月4日
カルロス・サインツJr. F1初優勝 「この勝利を信じ続けてきた」 スクーデリア・フェラーリ F1カナダGP 決勝
カルロス・サインツJr.(スクーデリア・フェラーリ)は、2022年F1第10戦イギリスグランプリで151戦待つことになった念願の初勝利を挙げた。

土曜日に初ポールポジションを獲得したカルロス・サインツJr.だが、スタートでソフトタイヤを装着していたマックス・フェルスタッペンにリードを奪われた。だが、全車が2つ目のセーフティカーラインを通過する前に赤旗が掲示されたことから、再びポールポジションからでグリッドに再スタートとなる。

セルジオ・ペレス 2位表彰台「絶対にギブアップしないことが重要だった」

2022年7月4日
セルジオ・ペレス 2位表彰台「絶対にギブアップしないことが重要だった」 / レッドブル・レーシング F1イギリスGP 決勝
セルジオ・ペレス(レッドブル・レーシング)は、2022年F1第10戦イギリスグランプリの決勝で2位表彰台を獲得した。

4番グリッドのセルジオ・ペレスは、スタート加速が遅れてフェルナンド・アロンソにかわされて5番手に順位を落とす。しかし、全車が2つ目のセーフティカーラインを通過する前に赤旗が掲示されたことから、残りのマシンが当初のスタート順でグリッドに再スタートとなる。

アルファタウリF1 「角田裕毅のムーブはベストとは言えない」

2022年7月4日
アルファタウリF1 「角田裕毅のムーブはベストとは言えない」 / イギリスグランプリ 決勝
スクーデリア・アルファタウリのテクニカルディレクターを務めるジョディ・エギントンが、2022年F1第10戦イギリスグランプリの決勝を振り返った。

F1イギリスグランプリでスクーデリア・アルファタウリは、チームメイトが同士討ちを演じた。7位を争っていた際に角田裕毅がスピンが喫してピエール・ガスリーに衝突。ガスリーはリタイアとなり、角田裕毅は完走最下位となる14位でレースを終えた。

マックス・フェルスタッペン 「デブリを踏んでフロアの左半分が壊れた」

2022年7月4日
マックス・フェルスタッペン 「デブリを踏んでフロアの左半分が壊れた」 / レッドブル・レーシング F1イギリスGP 決勝
マックス・フェルスタッペン(レッドブル・レーシング)は、2022年F1第10戦イギリスグランプリの決勝を7位で終えた。

2番グリッドからスタートしたマックス・フェルスタッペンは、10周目にカルロス・サインツへわずか0.8秒まで迫ると、プレッシャーに晒されていたサインツがべケッツの立ち上がりでミスを犯してコースオフ。そこにフェルスタッペンが猛然と襲いかかり、ハンガーストレートへ向かう途中でリードを奪う。

2022年 F1ポイントランキング (第10戦イギリスGP終了時点)

2022年7月4日
2022年 F1ポイントランキング (第10戦イギリスGP終了時点)
2022年F1第10戦イギリスグランプリが終了。両方のチャンピオンシップで順位にいくつか変動が見られた。

大波乱のレースとなったF1イギリスグランプリでは、カルロス・サインツJr.が初優勝。今季初リタイアとなったジョージ・ラッセルを抜いてランキング4位に浮上した。トップ3では、ポイントリーダーのマックス・フェルスタッペンが7位、ランキング2位のセルジオ・ペレスが2位、ランキング3位のシャルル・ルクレールが4位でレースを終了。フェルスタッペンのリードは、2位に34ポイント差、3位に43ポイント差に縮まった。

ジョージ・ラッセル、周冠宇の事故現場に直行「恐ろしい状況だった」

2022年7月4日
ジョージ・ラッセル、周冠宇の事故現場に直行「恐ろしい状況だった」 / F1イギリスGP 決勝
ジョージ・ラッセル(メルセデスF1)は、F1イギリスGPのオープニングラップで大クラッシュを喫した周冠宇(アルファロメオ)の事故現場に直行。バリアとフェンスに挟まった現場を見たことで、F1は検討することがあると語った。

周冠宇は、ジョージ・ラッセルとの接触によって車が逆さまになった1コーナーへと滑り、タイヤバリアを超えてフェンスに激突して、バリアとフェンスの間に挟まった。

角田裕毅 「ガスリーとの接触は僕のミス。チームに謝りたい」

2022年7月4日
角田裕毅 「ガスリーとの接触は僕のミス。チームに謝りたい」 / スクーデリア・アルファタウリ F1イギリスGP 決勝
角田裕毅(スクーデリア・アルファタウリ)は、2022年F1第10戦イギリスグランプリの決勝を14位で終えた。

13番グリッドからスタートした角田裕毅は、オープニングラップの多重クラッシュでフロントウイングにダメージを負ったものの、赤旗中断中に修理して再スタートを切ることができた。だが、レース中盤にチームメイトのピエール・ガスリーと同士討ち。結果、完走中最下位となる14位でレースを終えた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム