F1 70周年記念GP 決勝:ピレリ タイヤ戦略解説

2020年8月10日
F1 70周年記念GP 決勝:ピレリ タイヤ戦略解説
ピレリが、2020年のF1世界選手権 第5戦 70周年記念GP 決勝でのタイヤ戦略を振り返った。

先週、ピレリはシルバーストンに最も硬いタイヤであるC1、C2、C3を持ち込んだが、今週のF1 70周年記念GPではC2、C3、C4と全体的に一段階柔らいコンパウンドを持ち込んだ。

ルイス・ハミルトン 「半分のタイヤでレースをしている感覚だった」

2020年8月10日
ルイス・ハミルトン 「半分のタイヤでレースをしている感覚だった」 / メルセデスF1 70周年記念GP 決勝
メルセデスF1のルイス・ハミルトンは、2020年のF1世界選手権 第5戦 70周年記念GPで2位表彰台を獲得。タイヤのブリスターに苦しみ、最後は“半分のタイヤでレースをしている気分だった”と語った。

2番グリッドからスタートしたルイス・ハミルトンは、第2スティントを伸ばす2ストップ戦略を採用。最後は新品タイヤでシャルル・ルクレールとバルテリ・ボッタスを抜いたが、優勝したマックス・フェルスタッペンには11秒届かなかった。

マックス・フェルスタッペン 「ハードタイヤで予選Q2を走る戦略が奏功」

2020年8月10日
マックス・フェルスタッペン 「ハードタイヤで予選Q2を走る戦略が奏功」 / レッドブル・ホンダF1 70周年記念GP 決勝
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、2020年のF1世界選手権 第5戦 70周年記念GPで今季初勝利を挙げた。

前日の予選でハードタイヤでのQ3進出を決めたフェルスタッペンは、トップ10からスタートするマシン中で唯一、ハードタイヤを履いた状態で決勝をスタートする。4番グリッドからスタートするとすぐに3番手にポジションを上げ、前を行くメルセデスの2台にプレッシャーをかける。

ダニール・クビアト 「マシンのすべてを引き出すことができた」

2020年8月10日
ダニール・クビアト 「マシンのすべてを引き出すことができた」 / アルファタウリ・ホンダF1 70周年記念GP 決勝
アルファタウリ・ホンダF1のダニール・クビアトは、2020年のF1世界選手権 第5戦 70周年記念GPで10位入賞を果たした。

ハードタイヤで16番グリッドからスタートしたダニール・クビアトは19周目で初めてピットイン。35周目でミディアムタイヤに履き替えると10位に入り、ポイントを獲得した。

4位入賞のシャルル・ルクレール 「最高でも8位かなと思っていた」

2020年8月10日
4位入賞のシャルル・ルクレール 「最高でも8位かなと思っていた」 / フェラーリF1 70周年記念GP 決勝
フェラーリF1のシャルル・ルクレールは、シルバーストーンでの70周年記念GPで1ストップ戦略で4位入賞を果たせたことは“勝利のように感じている”と語る。

今週末、気温が上昇するなかでピレリが1ステップ柔らかいタイヤを持ち込んでいることもあり、レース前には誰も1ストップ戦略を実行するドライバーはいないだろうと考えていた。

アレクサンダー・アルボン、挽回の5位「レースペースは想像以上によかった」

2020年8月10日
アレクサンダー・アルボン、挽回の5位 「レースペースは想像以上によかった」 / レッドブル・ホンダF1 70周年記念GP 決勝
レッドブル・ホンダF1のアレクサンダー・アルボンは、2020年のF1世界選手権 第5戦 70周年記念GPで5位入賞を果たした。

9番手スタートからミディアムタイヤでスタートしたアレクサンダー・アルボンは、6周目でハードタイヤに履き替え、ルフィードコーナーでノリス(マクラーレン)をオーバーテイク。30周目で再びハードタイヤに履き替えると、最後の2周でストロール(レーシングポイント)をオーバーテイクし5位でフィニッシュした。

レッドブル・ホンダF1 「チーム全体の多大な努力で掴んだ優勝と5位」

2020年8月10日
レッドブル・ホンダF1 「チーム全体の多大な努力で掴んだ優勝と5位」  / F1 70周年記念GP 決勝
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、F1 70周年記念GPでの優勝と5位という結果はエンジンパーナーであるホンダを含めたチームの多大な努力のおかげだと語る。

前戦イギリスGPで苦戦を強いられたレッドブル・ホンダは、同じシルバーストンで開催された70周年記念GPでも苦戦すると予想されていた。実際、予選ではメルセデスに1秒以上の差をつけられていた。

マックス・フェルスタッペン 「タイヤマネジメントに自信があった」

2020年8月10日
マックス・フェルスタッペン 「タイヤマネジメントに自信があった」 / レッドブル・ホンダF1 70周年記念GP 決勝
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、F1 70周年記念GPの決勝でタイヤマネジメントに自信があったため、タイヤを労われというチームからの指示を無視してメルセデスを追いかけたと語る。

マックス・フェルスタッペンは、ハードタイヤでスタートした第1スティントで印象的なタイヤマネジメントが勝利へとつながった。これにより、1回目のピットストップ後にバルテリ・ボッタスとルイス・ハミルトンよりも有利な状況となった。

ホンダF1 田辺豊治TD 「PUを力強く機能させて勝利に貢献できた」

2020年8月10日
ホンダF1 田辺豊治TD 「PUを力強く機能させて勝利に貢献できた」 / F1 70周年記念GP 決勝
ホンダF1のテクニカルディレクターを務める田辺豊治が、2020年のF1世界選手権 第5戦 70周年記念GPの決勝レースを振り返った。

F1 70周年記念GPでは、巧みなタイヤ戦略とともにレースを戦ったレッドブル・ホンdナのマックス・フェルスタッペンが今シーズン初となる勝利を収めた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム