【動画】 2022年 F1イギリスGP 決勝 ハイライト

2022年7月4日
【動画】 2022年 F1イギリスGP 決勝 ハイライト
2022年 F1イギリスGP 決勝のハイライト動画。7月2日(土)にシルバーストン・サーキットで2022年F1第10戦イギリスグランプリの決勝レースが行われた。

優勝はカルロス・サインツJr.(スクーデリア・フェラーリ)。ポールポジションからスタートしたサインツは、一時はペースが落ちて勝利のチャンスが零れ落ちたかに見えたが、レース終盤のセーフティカー中にソフトタイヤに交換したことで息を吹き返し、大波乱となった151戦目のレースでうれしいF1初優勝を挙げた。

ピエール・ガスリー 「角田裕毅との不必要な接触でリアウイングを破損」

2022年7月4日
ピエール・ガスリー 「角田裕毅との不必要な接触でリアウイングを破損」 / スクーデリア・アルファタウリ F1イギリスGP 決勝
ピエール・ガスリー(スクーデリア・アルファタウリ)は、2022年F1第10戦イギリスグランプリの決勝をリタイアで終えた。

11番グリッドからスタートしたピエール・ガスリーは、7位のポジションを争っていたチームメイトの角田裕毅と10周目に接触。リアウイングにダメージを負い、最終的にブラック&オレンジフラッグを掲示され、26周目にピットに戻りレースをリタイアした。

周冠宇、大クラッシュも無傷 「僕は大丈夫。Haloに救われた」

2022年7月4日
周冠宇、大クラッシュも無傷 「僕は大丈夫。Haloに救われた」 / F1イギリスGP 決勝
周冠宇(アルファロメオ)は、2022年F1イギリスグランプリの恐ろしいクラッシュでHaloに救われたと語った。

レーススタートで、ジョージ・ラッセル(メルセデス)が、ピエール・ガスリー(アルファタウリ)に接触したことで多重クラッシュに展開。スピンしたラッセルは周冠宇にヒットし、周冠宇の車は逆さまになり、そのままグラベルへと滑っていった。

フェラーリF1のカルロス・サインツJr.が大波乱のレースでF1初優勝!

2022年7月4日
フェラーリF1のカルロス・サインツJr.が波乱のレースで大F1初優勝!メルセデスのハミルトンがファステスト3位 / F1イギリスGP 決勝
2022年F1第10戦イギリスグランプリの決勝が7月3日(日)にシルバーストン・サーキットで行われ、カルロス・サインツJr.(スクーデリア・フェラーリ)がF1初優勝を達成した。

2022年のF1イギリスグランプリは大波乱の展開となった。オープニグラップでは、多重クラッシュに巻き込まれた周冠宇(アルファロメオ)が車が逆さまになってまま1コーナーのタイヤバリアまで滑り、バリアを乗り越えてフェンスに激突する大クラッシュ。

F1イギリスGP 結果:カルロス・サインツJr.が待望のF1初勝利!

2022年7月4日
F1イギリスGP 結果:カルロス・サインツJr.が待望のF1初勝利!ミック・シューマッハがF1初ポイント!
F1イギリスGP 決勝の結果速報。2022年F1第10戦 イギリスグランプリの決勝がシルバーストン・サーキットで行われ、カルロス・サインツJr.(スクーデリア・フェラーリ)がF1初優勝を果たした。

2022年F1第10戦イギリスグランプリは波乱のスタート。3台がリタイアする多重クラッシュで周冠宇(アルファロメオ)が車が逆さまになってタイヤバリアを超えてフェンスに激突する大クラッシュ。1時間の赤旗中断となる。

2022年 F1イギリスGP 決勝:速報 カルロス・サインツJr.が初優勝!

2022年7月4日
2022年 F1イギリスGP 決勝:速報 カルロス・サインツJr.が初優勝! フェルスタッペン7位
2022年のF1世界選手権 第10戦 F1イギリスGPの決勝が7月3日(日)にシルバーストン・サーキットで行われ、カルロス・サンツJr.(スクーデリア・フェラーリ)がF1初初優勝。2位にはセルジオ・ペレス(レッドブル・レーシング)、3位にはルイス・ハミルトン(メルセデス)が続いた。

チャンピオンシップリーダーのマックス・フェルスタッペン(レッドブル・レーシング)は7位、角田裕毅(スクーデリア・アルファタウリ)は14位でレースを終えた。

【動画】 周冠宇、車が逆さまになる大クラッシュも意識はあり

2022年7月3日
【動画】 周冠宇、車が逆さまになる大クラッシュも意識はあり / F1イギリスGP決勝
周冠宇(アルファロメオ)は、2022年F1第10戦イギリスグランプリ決勝のオープニングラップでの多重クラッシュで車が逆さまになる大クラッシュを喫したが、意識はあると伝えられている。

オープニングラップでは、ジョージ・ラッセル、アレクサンダー・アルボン、周冠宇、角田裕毅、エステバン・オコンが関与する大クラッシュがあり赤旗鋳鍛。ラッセル、アルボン、周冠宇はリタイアとなった。

マックス・フェルスタッペン 「今はタイトルのリードを祝う理由はない」

2022年7月3日
マックス・フェルスタッペン 「今はタイトルのリードを祝う理由はない」 / レッドブル・レーシング F1イギリスGP 記者会見
マックス・フェルスタッペン(レッドブル・レーシング)は、現在、ドライバーズチャンピオンシップの首位で健全な46ポイントのリードを築いているが、今週末のF1イギリスグランプリの準備をしているなかで、それらについて祝うことは何もないと主張する。

昨年、マックス・フェルスタッペンは、最終戦のファイナルラップまでタイトルを争って初のF1ワールドチャンピオンを獲得した。今年は、今シーズンここまでの9レースで6勝を挙げ、ほぼ2レース分に相当するリードを築いている。

2022年 F1イギリスGP 決勝:持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想

2022年7月3日
2022年 F1イギリスGP 決勝:持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想
2022年F1第10戦イギリスグランプリの決勝で各ドライバーが使用可能な持ちタイヤ数を公式タイヤサプライヤーのピレリが発表した。

ピレリは、第10戦の舞台となるシルバーストン・サーキットにC1(ハード)、C2(ミディアム)、C3(ソフト)とレンジで最も硬いコンパウンドをノミネートしている。決勝では2種類のコンパンドを使うことが義務付けられる。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム