F1イギリスGP、トラック侵入者の裁判が開始「深刻な危害の危険性」

2023年1月27日
F1イギリスGP、トラック侵入者の裁判が開始「深刻な危害の危険性」
2022年のF1イギリスGP開催中にシルバーストーン・サーキットに侵入した抗議者グループは、F1ドライバーに“深刻な危害”を加える危険性があったと法廷で告げられました.

ジャスト・ストップ・オイル(Just Stop Oil)グループの 6 人のメンバーが水曜日にノーサンプトン・クラウン裁判所に出廷し、全員が公害を引き起こしたことを否定しました。

F1イギリスGP、グランプリ週末の4日間での開催を提唱

2023年1月20日
F1イギリスGP、グランプリ週末の4日間での開催を提唱
シルバーストーン・サーキットは、将来的にF1イギリスGPを木曜日にはファンがサーキットのアクションを楽しむことができる4日間のイベントにすることを推進している。

2022年F1シーズンはほぼすべてのグランプリで観客動員数の記録を更新しており、現在、プロモーターは参加するファンにより良いエキスペリエンスを提供する方法を模索している。

シルバーストン責任者 「エクレストンはF1プロモーターを潰していた」

2023年1月14日
シルバーストン責任者 「エクレストンはF1プロモーターを潰していた」
シルバーストンのマネージングディレクターであるスチュアート・プリングルは、バーニー・エクレストン運営時代のF1のリーダーシップはプロモーターを「潰していた」と述べ、現在のオーナーであるリバティ・メディアの姿勢を称賛した.

スチュアート・プリングルは、F1イギリスGP、ますます高まるF1への関心、そして、プロモーターとしてその人気をどのように活用しなければならないかについて話した。

F1ファンが選んだ2022年F1世界選手権のベストレース

2023年1月11日
F1ファンが選んだ2022年F1世界選手権のベストレース
F1公式サイトがファンに投票を集めた2022年シーズンのベストレースが発表され、総投票数の34%を獲得してF1イギリスGPが年間ベストレースに選ばれた。

シルバーストーンからレースでは、カルロス・サインツが(フェラーリ)土曜日にF1初ポールポジションを獲得し、翌日にはアドバンテージをF1初勝利に変えた。オープニングラップで周冠宇(アルファロメオ)がジョージ・ラッセル(メルセデス)の接触によって車がひっくり返る大事故でレースは劇的な形で始まった。

ルイス・ハミルトン、レッドブルF1代表の“戦略ミス”説を笑い飛ばす

2022年7月8日
ルイス・ハミルトン、レッドブルF1代表の“戦略ミス”説を笑い飛ばす
ルイス・ハミルトンは、メルセデスF1がイギリスグランプリで戦略を間違えたというレッドブル・レーシングのF1チーム代表であるクリスチャン・ホーナーの提案を笑い飛ばした。

先週末のシルバーストンでのレース後、クリスチャン・ホーナーは、メルセデスF1のタイヤ戦略がフェラーリを「窮地から救った」と語った。クリスチャン・ホーナー、33周目にルイス・ハミルトンにより速いソフトではなくハードを履かせるという決定が、メルセデスが2022年の初勝利を犠牲にしたと感じている。

セバスチャン・ベッテル、マンセルのFW14Bでの走行は「5歳の頃に戻った」

2022年7月8日
セバスチャン・ベッテル、マンセルのFW14Bでの走行は「5歳の頃に戻った」 / F1イギリスグランプリ
セバスチャン・ベッテルは、シルバーストン・サーキットでのF1デモ走行でウィリアムズFW14Bを運転したとき、30年前に戻されたように感じたと語る。

4回のF1ワールドチャンピオンでセバスチャン・ベッテルは、1992年にナイジェル・マンセルをF1タイトルに導き、そして現在は自身が所有しているウィリアムズFW14Bをシルバーストン・サーキットで走らせるチャンスを得た。

F1技術解説:レッドブル RB18の“ニューウェイらしい”アップデート

2022年7月8日
F1技術解説:レッドブル RB18の“ニューウェイらしい”アップデート / イギリスグランプリ
レッドブル・レーシングは、F1イギリスグランプリでRB18にアップデートを投入。エイドリアン・ニューウェイらしい気流の導き方が明確に強化された変更点をFormula1.comのTECH.FRIDAYでマーク・ヒューズが解説した。

興味深いことに、新しい空力レギュレーションの初年度となる2022年F1マシンのサイドポッドは二極化しており、レッドブル・レーシングのアンダーカットクランク型か、フェラーリのアウトウォッシュに好都合な絶壁型のどちらかに収束している。メルセデスF1の“ゼロポッド”だけが異彩を放っている。

周冠宇、大クラッシュを語る「車が炎上することを恐れていた」

2022年7月8日
周冠宇、大クラッシュを語る「車が炎上することを恐れていた」 / F1イギリスグランプリ
周冠宇は、F1イギリスグランプリでの恐ろしいクラッシュを振り返り、逆さまに閉じ込められたF1マシンが炎上することを恐れていたと語った。

F1イギリスグランプリのオープニングラップで、周冠宇は、ジョージ・ラッセルとピエール・ガスリーの接触に巻き込まれ、車は宙に浮いて逆さまになり、ランオフまで滑って後、タイヤバリアを超えてフェンスに激突した。レースは40分以上赤旗中断となった。

ジョージ・ラッセル、周冠宇を助けに向かったのは「自然な反応だった」

2022年7月8日
ジョージ・ラッセル、周冠宇を助けに向かったのは「自然な反応だった」 / F1イギリスグランプリ
メルセデスF1のジョージ・ラッセルは、F1イギリスグランプリで周冠宇が恐ろしいクラッシュに見舞われた後、走ってチェックしにいったのは“自然な反応”だったと語る。

ジョージ・ラッセルは、F1イギリスグランプリのオープニングラップでの多重クラッシュに巻き込またドライバーの一人。ピエール・ガスリーと衝突して回転したラッセルの車は、反動で周冠宇の車にぶつかった。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム