ルイス・ハミルトン、レッドブルF1代表の“戦略ミス”説を笑い飛ばす

2022年7月8日
ルイス・ハミルトン、レッドブルF1代表の“戦略ミス”説を笑い飛ばす
ルイス・ハミルトンは、メルセデスF1がイギリスグランプリで戦略を間違えたというレッドブル・レーシングのF1チーム代表であるクリスチャン・ホーナーの提案を笑い飛ばした。

先週末のシルバーストンでのレース後、クリスチャン・ホーナーは、メルセデスF1のタイヤ戦略がフェラーリを「窮地から救った」と語った。クリスチャン・ホーナー、33周目にルイス・ハミルトンにより速いソフトではなくハードを履かせるという決定が、メルセデスが2022年の初勝利を犠牲にしたと感じている。

セバスチャン・ベッテル、マンセルのFW14Bでの走行は「5歳の頃に戻った」

2022年7月8日
セバスチャン・ベッテル、マンセルのFW14Bでの走行は「5歳の頃に戻った」 / F1イギリスグランプリ
セバスチャン・ベッテルは、シルバーストン・サーキットでのF1デモ走行でウィリアムズFW14Bを運転したとき、30年前に戻されたように感じたと語る。

4回のF1ワールドチャンピオンでセバスチャン・ベッテルは、1992年にナイジェル・マンセルをF1タイトルに導き、そして現在は自身が所有しているウィリアムズFW14Bをシルバーストン・サーキットで走らせるチャンスを得た。

F1技術解説:レッドブル RB18の“ニューウェイらしい”アップデート

2022年7月8日
F1技術解説:レッドブル RB18の“ニューウェイらしい”アップデート / イギリスグランプリ
レッドブル・レーシングは、F1イギリスグランプリでRB18にアップデートを投入。エイドリアン・ニューウェイらしい気流の導き方が明確に強化された変更点をFormula1.comのTECH.FRIDAYでマーク・ヒューズが解説した。

興味深いことに、新しい空力レギュレーションの初年度となる2022年F1マシンのサイドポッドは二極化しており、レッドブル・レーシングのアンダーカットクランク型か、フェラーリのアウトウォッシュに好都合な絶壁型のどちらかに収束している。メルセデスF1の“ゼロポッド”だけが異彩を放っている。

周冠宇、大クラッシュを語る「車が炎上することを恐れていた」

2022年7月8日
周冠宇、大クラッシュを語る「車が炎上することを恐れていた」 / F1イギリスグランプリ
周冠宇は、F1イギリスグランプリでの恐ろしいクラッシュを振り返り、逆さまに閉じ込められたF1マシンが炎上することを恐れていたと語った。

F1イギリスグランプリのオープニングラップで、周冠宇は、ジョージ・ラッセルとピエール・ガスリーの接触に巻き込まれ、車は宙に浮いて逆さまになり、ランオフまで滑って後、タイヤバリアを超えてフェンスに激突した。レースは40分以上赤旗中断となった。

ジョージ・ラッセル、周冠宇を助けに向かったのは「自然な反応だった」

2022年7月8日
ジョージ・ラッセル、周冠宇を助けに向かったのは「自然な反応だった」 / F1イギリスグランプリ
メルセデスF1のジョージ・ラッセルは、F1イギリスグランプリで周冠宇が恐ろしいクラッシュに見舞われた後、走ってチェックしにいったのは“自然な反応”だったと語る。

ジョージ・ラッセルは、F1イギリスグランプリのオープニングラップでの多重クラッシュに巻き込またドライバーの一人。ピエール・ガスリーと衝突して回転したラッセルの車は、反動で周冠宇の車にぶつかった。

ロス・ブラウン 「イギリスGPはF1新時代の完璧なデモンストレーション」

2022年7月7日
ロス・ブラウン 「イギリスGPはF1新時代の完璧なデモンストレーション」
F1のモータースポーツマネージングディレクターを務めるロス・ブラウンは、2022年のF1イギリスグランプリが、新しい大幅なF1レギュレーション変更が正しい方向に進んだ理由についての完璧な例を示したと考えている。

シルバーストン・サーキットは、昨年7月に新世代F1マシンがどのように見えるかを世界に初公開した場所だった。コース上でプロトタイプモデルの周りに20人のドライバーが立っている写真がリリースされた。

フェラーリF1で内紛? 一部スタッフがサインツの祝勝を拒否との報道

2022年7月7日
フェラーリF1で内紛? 一部スタッフがサインツの祝勝を拒否との報道
スクーデリア・フェラーリのスタッフの一部が、F1イギリスグランプリでカルロス・サインツJr.が勝利した後、表彰台セレモニーに参加することを拒否したと伝えられている。

カルロス・サインツJr.は、151戦目にして悲願をF1初勝利を挙げたが、再びシャルル・ルクレールを犠牲にしたスクーデリア・フェラーリの選択決定に疑問を投げかけた。

フェラーリF1代表、カルロス・サインツJr.のチームオーダー無視を否定

2022年7月6日
フェラーリF1代表、カルロス・サインツJr.のチームオーダー無視を否定
スクーデリア・フェラーリのF1チーム代表を務めるマッティア・ビノットは、F1シルバーストングランプリのセーフティカーの後ろでシャルル・ルクレールとの車間を空けるとのチームオーナーをカルロス・サインツJr.が無視したとの見方を否定した。

カルロス・サインツJr.は、F1イギリスグランプリのレース終盤、セーフティカーのリスタートで新品のソフトタイヤを履いたおかげで、チームメイトのシャルル・ルクレールを残り10周でパスしてF1初勝利を挙げた。

角田裕毅、同士討ちを釈明 「僕の方が速かったけど、責任は僕にある」

2022年7月6日
角田裕毅、同士討ちを釈明 「僕の方が速かったけど、責任は僕にある」 / F1イギリスGP
角田裕毅は、F1イギリスグランプリでのスクーデリア・アルファタウリのピエール・ガスリーとの衝突の責任を認めたが、ガスリーが彼の方にターンインしてくるとは思っていなかったと釈明した。

衝突時には7位と8位で走っていたが、ピエール・ガスリーは最終的にリタイアし、角田裕毅は14位でフィニッシュした。オンボードの映像で10周目に彼らの戦いがストウで最初にヒートアップし始めたことを明らかになった。ガスリーのグレイニングしたソフトタイヤが彼角田裕毅の接近を許した。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム