メルセデスF1代表 「セーフティカーがなければハミルトンは勝っていた」

2022年7月5日
メルセデスF1代表 「セーフティカーがなければハミルトンは勝っていた」
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、F1イギリスグランプリ終盤のセーフティカーがなければ、ルイス・ハミルトンは勝つことができたと信じている。

マックス・フェルスタッペンの車の問題に続いて、勝利はルイス・ハミルトンとカルロス・サインツJr.とシャルル・ルクレールの2台のフェラーリに絞られたように見えた。

角田裕毅、同士討ちを反省 「ガスリーを抜く別の機会を待てばよかった」

2022年7月5日
角田裕毅、同士討ちを反省 「ガスリーを抜く別の機会を待てばよかった」 / F1イギリスGP
角田裕毅は、F1イギリスグランプリでスクーデリア・アルファタウリのチームメイトであるピエール・ガスリーとのクラッシュの責任を負っている。

スクーデリア・アルファタウリのデュオは、ヴィレッジ(ターン3)でシンクロナイズドスピンを披露。角田裕毅がAT03のコントロールを失い、その過程でピエール・ガスリーをスピンさせた。

レッドブルF1のセルジオ・ペレス 「セーフティカーはラッキーだった」

2022年7月5日
レッドブルF1のセルジオ・ペレス 「セーフティカーはラッキーだった」
セルジオ・ペレス(レッドブル・レーシング)は、F1イギリスグランプリのレース終盤のセーフティカーで表彰台争いに戻れたのは「ラッキーだった」と認める。

セルジオ・ペレスは、シャルル・ルクレールとの接触によってフロントウイングにダメージを負って6周目に交換のためにピットインを余儀なくされて最下位まで転落。トップ3入りのチャンスはほぼ見過ごされていた。

フェルスタッペン、アルファタウリのパーツで負ったダメージを説明

2022年7月5日
マックス・フェルスタッペン、アルファタウリのパーツで負ったダメージを説明 / F1イギリスGP
マックス・フェスタッペン(レッドブル・レーシング)は、F1イギリスグランプリのレース序盤をリードしていたが、乗り越えたデブリがフロアを破壊したことでRB18は戦闘力を失って7位でフィニッシュした。

2番グリッドからスタートしたマックス・フェルスタッペンは、ソフトタイヤでの1回目の抜群のスタートは赤旗に取り消されたが、ミディアムでの2回目のスタート後、ポールシッターのカルロス・サインツJr.のミスを突いてリードを奪った。

フェラーリF1代表、シャルル・ルクレールをステイアウトさせた戦略を擁護

2022年7月5日
フェラーリF1代表、シャルル・ルクレールをステイアウトさせた戦略を擁護
スクーデリア・フェラーリのF1チーム代表を務めるマッティア・ビノットは、F1イギリスグランプリでチームは正しい戦略判断を行ったと信じているが、その決定は明らかにシャルル・ルクレールを苛立たせた。

シャルル・ルクレールは、レース序盤からフロントランナーの1人であり、終盤にはレースをリード。チームメイトのカルロス・サインツJr.とルイス・ハミルトンが彼の後ろを走行していた。

2022年 F1イギリスGP 決勝:ドライバーコメント(1位~10位)

2022年7月4日
2022年 F1イギリスGP 決勝:ドライバーコメント(1位~10位)
2022年F1第10戦イギリスグランプリの決勝でトップ10入りしたドライバーのコメント。

優勝はカルロス・サインツJr.(スクーデリア・フェラーリ)。ポールポジションからスタートしたサインツは、一時はペースが落ちて勝利のチャンスが零れ落ちたかに見えたが、レース終盤のセーフティカー中にソフトタイヤに交換したことで息を吹き返し、大波乱となった151戦目のレースでうれしいF1初優勝を挙げた。

【動画】 セバスチャン・ベッテル、ウィリアムズFW14Bでデモ走行

2022年7月4日
【動画】 セバスチャン・ベッテル、ウィリアムズFW14Bでデモ走行 / F1イギリスGP
4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルは、F1イギリスグランプリの決勝前に、ナイジェル・マンセルが1992年にタイトルを獲得したウィリアムズFW14Bをシルバーストン・サーキットでドライブし、35歳の誕生日を祝った。

数年前にこのマシンをオークションで落札したセバスチャン・ベッテルは、ナイジェル・マンセルがピットレーンで見守るなか、“レッド5”のFW14Bをカーボンニュートラル燃料で走らせた。

F1イギリスGP:レース中に7人の活動家がコース上に乱入して逮捕

2022年7月4日
F1イギリスGP:レース中に7人の活動家がコース上に乱入して逮捕
2022年F1第10戦イギリスグランプリの決勝レース中、7名の気候変動活動団体「Just Stop Oil」の7名がコースに乱入したことで逮捕された。

活動家たちは、ウェリントンストレートにかけられた橋のそばにあったフェンスを飛び越えて侵入し、コース上に座り込んだ。幸いなことに、その少し前に周冠宇が巻き込まれた大クラッシュによってレースは赤旗が振られていた。

レッドブルF1代表 「ペレスのペースとレースクラフトは並外れていた」

2022年7月4日
レッドブルF1代表 「ペレスのペースとレースクラフトは並外れていた」 / イギリスグランプリ 決勝
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーが、2022年F1第10戦イギリスグランプリの決勝を振り返った。

スリリングでインシデント満載のイギリスGP決勝は、キャリア初優勝を飾ったカルロス・サインツ(フェラーリ)に続き、序盤の接触で最後尾に落ちたセルジオ・ペレスが見事に挽回して劇的な2位表彰台を獲得した。フロア損傷でリードを失い、パワー低下とグリップ不足に苦しんだマックスは懸命に持ちこたえて7位完走を記録した。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム