F1アゼルバイジャンGP 決勝 速報:マックス・フェルスタッペンが優勝!

2022年6月12日
F1アゼルバイジャンGP 決勝 速報:マックス・フェルスタッペンが優勝! レッドブル・レーシングが1-2!
F1アゼルバイジャンGP 決勝の結果速報。2022年F1第8戦 アゼルバイジャングランプリの決勝が行われ、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・レーシング)が優勝した。

2位にもセルジオ・ペレスが続いて、レッドブル・レーシングが1-2フィニッシュを達成。3位表彰台にはジョージ・ラッセル(メルセデス)が入った。4位にはチームメイトのルイス・ハミルトンが続いている。

2022年 F1アゼルバイジャンGP 決勝:順位結果…レッドブルが1-2!

2022年6月12日
2022年 F1アゼルバイジャンGP 決勝:順位結果…レッドブルが1-2!
2022年F1第8戦アゼルバイジャンGP 決勝の順位結果。

2022年のF1世界選手権 第8戦 F1アゼルバイジャンGPの決勝が6月11日(日)にバクー・シティ・サーキットで行われ、レッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペンが優勝。2位にもセルジオ・ペレスが続き、レッドブル・レーシングがワンツーフィニッシュを達成した。

メルセデスF1代表 「上位4台がリタイアすれば勝てる(笑)」

2022年6月12日
メルセデスF1代表 「上位4台がリタイアすれば勝てる(笑)」 / アゼルバイジャングランプリ
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは「トップ4のドライバーがリタイア」すれば、2022年のF1アゼルバイジャングランプリに勝てる可能性があると冗談で語った。

メルセデスF1は、5番グリッドと7番グリッドからアゼルバイジャングランプリをスタートする。ジョージ・ラッセルは土曜日の予選でワンラップでルイス・ハミルトンを再びアウトクオリファイした。

F1アゼルバイジャンGP:フェラーリ、ルクレール&サインツともにリタイア

2022年6月12日
F1アゼルバイジャンGP:フェラーリ、ルクレール&サインツともにリタイア
スクーデリア・フェラーリは、2022年F1第8戦アゼルバイジャンGPの決勝レースで、シャルル・ルクレール、カルロス・サインツがリタイアでレースを終えた。

ポールポジションからスタートしたシャルル・ルクレールは、スタートでセルジオ・ペレス(レッドブル・レーシング)にリードを奪われて2位でレースを進める。そして、9周目にカルロス・サインツがブレーキ・バイ・ワイヤの問題でリタイアを喫する。

レッドブルF1代表 「フェラーリを倒すために集合的に働く必要がある」

2022年6月12日
レッドブルF1代表 「フェラーリを倒すために集合的に働く必要がある」 / アゼルバイジャングランプリ
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、アゼルバイジャングランプリでフェラーリを倒すために“集合的”に働かなければならないと語り、1人のドライバーに有利なチームオーナーの話を排除した。

スペインで、レッドブル・レーシングがセルジオ・ペレスにマックス・フェルスタッペンを先に行かせるように命じたとき、チームオーダーのトピックが前面に出てきた。

ジョージ・ラッセル 「バウンシングで大事故が発生するのは時間の問題」

2022年6月12日
ジョージ・ラッセル 「バウンシングで大事故が発生するのは時間の問題」 / メルセデス F1 アゼルバイジャングランプリ
メルセデスF1のジョージラッセルは、2022年F1マシンがバウンシングが原因で大事故が発生するのは時間の問題だと考えている

今年、F1は新しい技術規則を導入し、F1チームは「グラウンドエフェクト効果」によってダウンフォースを生み出すために、新世代F1マシンを可能な限り地面に近づけて走らせようとしている。

2022年 F1アゼルバイジャンGP 決勝:スターティンググリッド

2022年6月12日
2022年 F1アゼルバイジャンGP 決勝:スターティンググリッド
F1は、2022年F1第8戦アゼルバイジャングランプリの決勝スターティンググリッドを発表した。

今大会ではどのドライバーにもペナルティは発行されておらず、予選順位のとおりにグリッドに並ぶ。ポールポジションにはシャルル・ルクレール(スクーデリア・フェラーリ)、2番グリッドにはセルジオ・ペレス(レッドブル・レーシング)が並び、フロントローからスタートする。

2022年 F1アゼルバイジャンGP 決勝:持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想

2022年6月12日
2022年 F1アゼルバイジャンGP 決勝:持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想
2022年F1第8戦アゼルバイジャングランプリの決勝で各ドライバーが使用可能な持ちタイヤ数を公式タイヤサプライターのピレリが発表した。

ピレリは、第8戦の舞台となるバクー・シティ・サーキットにC3(ハード)、C4(ミディアム)、C5(ソフト)とレンジで最も軟らかいコンパウンドをノミネートしている。決勝ではハードとミディアムのいずれか1セットを使うことが義務付けられる。

2022年 F1アゼルバイジャンGP 予選:ドライバーコメント(1位~10位)

2022年6月12日
2022年 F1アゼルバイジャンGP 予選:ドライバーコメント(1位~10位)
2022年F1第8戦アゼルバイジャングランプリの予選でトップ10入りしたドライバーのコメント。

ポールポジションを獲得したのはスクーデリア・フェラーリのシャルル・ルクレール。1分41秒359をマークし、今季6回目、通算15回目、バクーでは2年連続となるポールポジションを獲得した。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム