ピレリF1、曖昧な調査結果報告 「タイヤにもチーム側にも落ち度なし」

2021年6月16日
ピレリF1、曖昧な調査結果報告 「タイヤにもチーム側にも落ち度なし」「今後は内圧の監視を強化」
ピレリは、F1アゼルバイジャンGPの決勝で発生したランス・ストロール(アストンマーティン)とマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)のタイヤ故障に関する調査方向を発表。タイヤの製造や品質に欠陥はなく、報じられたチーム側の内圧の違反も否定したが、「内側のサイドウォールの円周方向の破損」がなぜ発生したかは明確にせず、「今後は内圧の監視を強化していく」とした曖昧なものとなった。

ピレリF1、マックス・フェルスタッペンのタイヤ内圧を故障の原因に疑う

2021年6月15日
ピレリF1、マックス・フェルスタッペンのタイヤ内圧を故障の原因に疑う
マックス・フェルスタッペンのF1アゼルバイジャンGPでのタイヤ故障を分析したピレリF1は、製造もしくは構造上の欠陥の兆候は見られなかったとの結果を出したようだと La Gazzetta dello Sport は報じている。

ピレリF1のミラノでの調査はまだ完了しておらず、結果は公表されていないが、La Gazzetta dello Sport は、ピレリの関係者はマックス・フェルスタッペンのタイヤ故障が同社のせいではなかったことに胸をなでおろしていると報道。

マックス・フェルスタッペン、大クラッシュもマシンダメージは「限定的」

2021年6月14日
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペン、大クラッシュもマシンダメージは「限定的」
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンのRB16Bは、F1アゼルバイジャンGPでの高速での大クラッシュにも関わらず、わずかな損傷した見つからなかったようだ。

F1アゼルバイジャンGPの残り5周。スタート/フィニッシュラインでマックス・フェルスタッペンの左リアタイヤがバースト。約200mphでウォールにクラッシュした。

ピレリF1責任者 「タイヤを蹴ったフェルスタッペンの怒りは理解できる」

2021年6月11日
ピレリF1責任者 「タイヤを蹴ったフェルスタッペンの怒りは理解できる」
ピレリのF1責任者を務めるマリオ・イゾラは、F1アゼルバイジャンGPでタイヤバーストでクラッシュを喫したマックス・フェルスタッペンが、怒りが最高潮に達して細断されたタイヤに蹴りを入れた気持ちは“完全に理解できる”と語る。

この事故によって、勝利とチャンピオンシップのリードを広げるチャンスを失ったマックス・フェルスタッペンは、ピレリがタイヤ故障を認めずにデブリのせいにするだろうとすぐに正確に予測した。

メルセデスF1、ルイス・ハミルトンの“ブレーキマジック”ミスを説明

2021年6月10日
メルセデスF1、ルイス・ハミルトンの“ブレーキマジック”ミスを説明
メルセデスF1のテクノロジーディレクターを務めるマイク・エリオットは、ルイス・ハミルトンがF1アゼルバイジャンGPのリスタートでポイント圏内に落ちることになった“ブレーキマジック”ミスの詳細を説明した。

ルイス・ハミルトンは、F1アゼルバイジャンGPの残り2周のスタンディングスタートで2番グリッドに並び、1コーナーに向けた走行でトップに躍り出た。

レッドブルF1首脳 「ペレスがリスタートでホイールスピンしたのは幸運」

2021年6月10日
レッドブルF1首脳 「ペレスがリスタートでホイールスピンしたのは幸運」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、F1アゼルバイジャンGPのリスタートでセルジオ・ペレスがホイールスピーンに悩まされていなければ、スピードを落とせなかったルイス・ハミルトンに接触されてレースを終えていた可能性があると考えている。

スタンディングリスタートでは、セルジオ・ペレスがポールポジション、ルイス・ハミルトンが2番グリッドに並んだ。だが、蹴り出しがよかったのはハミルトンでストレートで先行した。

レッドブルF1 「フェルスタッペンのタイヤは酷使されてはいなかった」

2021年6月9日
レッドブルF1 「フェルスタッペンのタイヤは酷使されてはいなかった」
レッドブル・ホンダF1は、マックス・フェルスタッペンがタイヤ故障でクラッシュに追い込まれるまで、F1アゼルバイジャンGPの最後に到達できない危険はないと信じていたと語る。

レッドブル・ホンダF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、プラクティスでの走行に基づいて、マックス・フェルスタッペンのC3(ハード)コンパウンド タイヤは最後まで“楽に走れる”と予想していたと語った。

角田裕毅 「最終ラップに2人に抜かれて本当に腹が立っている」

2021年6月8日
角田裕毅 「最終ラップに2人に抜かれて本当に腹が立っている」 / F1アゼルバイジャンGP 決勝
アルファタウリ・ホンダF1の角田裕毅は、F1アゼルバイジャンGPの最後の2周のスプリントレースで2人のドライバーに抜かれたことへの欲求不満を語った。

角田裕毅は、F1アゼルバイジャンGPの週末に安定したビルドアップを行い、予選ではQ3初進出を果たし、レースではフェルナンド・アロンソを追い抜き、しっかりポイント圏内を走行するなど、はるかに改善されたパフォーマンスをみせた。

F1アゼルバイジャンGP 決勝:ドライバーコメント(11位~DNF)

2021年6月8日
F1アゼルバイジャンGP 決勝:ドライバーコメント(11位~DNF)
2021年のF1世界選手権 第6戦 F1アゼルバイジャンGPの決勝で11位からDNFまでの10名のドライバーのコメント。

11位:アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)
「素晴らしいスタートを切って、スタートからポイント争いに戻ることができていた。ブレーキに少しトラブルがあって簡単なレースではなかった。このようなトラックでは理想的ではない」
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム