2022年 F1アゼルバイジャンGP 決勝:ドライバーコメント(優勝~10位)

2022年6月13日
2022年 F1アゼルバイジャンGP 決勝:ドライバーコメント(優勝~10位)
2022年F1第8戦アゼルバイジャングランプリの決勝でトップ10入りしたドライバーのコメント。

優勝はレッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペン。今季5勝目、通算25勝目をマーク。セルジオ・ペレスも2位に続いてレッドブル・レーシングが1-2フィニッシュ。3位にはジョージ・ラッセル、4位にはルイス・ハミルトンとメルセデスF1勢が続いた。

フェラーリF1、バクーでのF1エンジン関連の信頼性問題に困惑

2022年6月13日
フェラーリF1、バクーでのF1エンジン関連の信頼性問題に困惑
スクーデリア・フェラーリのF1チーム代表を務めるマッティア・ビノットは、2022年F1第8戦アゼルバイジャングランプリで経験したエンジン関連の信頼性問題の暗い現実を認めた。

スクーデリア・フェラーリにとって日曜日のF1アゼルバイジャングランプリは悪夢のような週末になった。ポールシッターのシャルル・ルクレールは、レースをリードしていた21周目にパワーユニット故障の犠牲者となってレースを終えた。8周目にはチームメイトのカルロス・サインツも油圧の問題でリタイアしている。

マクラーレンF1の両ドライバー、チームオーダーに葛藤と理解

2022年6月13日
マクラーレンF1の両ドライバー、チームオーダーに葛藤と理解 / F1アゼルバイジャンGP 決勝
マクラーレンF1のドライバーであるダニエル・リカルドとランド・ノリスは、F1アゼルバイジャンGPのさまざまな場所でチームオーダーに阻まれたが、リカルドはその過程で“中立化”されたと感じている。

ダニエル・リカルドはレースの早い段階でランド・ノリスの後ろにとどまるように指示された。当時のミディアムのノリスに比べて、リカルドはハードタイヤで提供するペースの方が速いと信じていた。

セルジオ・ペレス 2位表彰台 「敗因はリアのデグラデーションの悪化」

2022年6月13日
セルジオ・ペレス 2位表彰台 「敗因はリアのデグラデーションの悪化」 / レッドブル・レーシング F1アゼルバイジャンGP 決勝
セルジオ・ペレス(レッドブル・レーシング)は、2022年F1第8戦アゼルバイジャングランプリの決勝で2位表彰台を獲得した。

2番グリッドのセルジオ・ペレスは、ポールポジションのシャルル・ルクレールよりもわずかに速い発進を見せ、短い加速競争を経たターン1でインサイドに並びかける。そして、アドバンテージを守ろうとしたルクレールが深いブレーキングでタイヤをロックアップさせると首位を奪取した。

マックス・フェルスタッペン 通算25勝目 「車には驚異的なペースがあった」

2022年6月13日
マックス・フェルスタッペン 通算25勝目 「車には驚異的なペースがあった」 / レレッドブル・レーシング F1アゼルバイジャンGP 決勝
マックス・フェルスタッペン(レッドブル・レーシング)は、2022年F1第8戦アゼルバイジャングランプリの決勝で優勝。今季5勝目を挙げた。

3番グリッドからスタートしたマックス・フェルスタッペンは、好発進を決めたものの、1コーナーで行き場がなくポジションをキープ。2番手のシャルル・ルクレールがピットインした後、15周目にDRSを活かしてチームメイトのセルジオ・ペレスをかわしてリードを奪う。

ジョージ・ラッセル 3位表彰台も「他人の不運に頼り続ける訳にはいかない」

2022年6月13日
ジョージ・ラッセル 3位表彰台も「他人の不運に頼り続ける訳にはいかない」 / メルセデス F1アゼルバイジャンGP 決勝
ジョージ・ラッセル(メルセデスF1)は、2022年F1第8戦アゼルバイジャングランプリで3位表彰台を獲得。結果には喜んでいるが、メルセデスF1は上位チームのリタイアから利益を得るのではなく、実力でそこに到達し始める必要があると警告した。

フェラーリの両方のドライバーは、日曜日のアゼルバイジャングランプリでリタイア。カルロス・サインツの油圧の問題に続いて、シャルル・ルクレールはエンジンの問題に見舞われて21周目でレースお終えた。

アルファタウリF1 「角田裕毅に謝罪する。彼は6位に値する仕事をしていた」

2022年6月13日
アルファタウリF1 「角田裕毅に謝罪する。彼は6位に値する仕事をしていた」 / アゼルバイジャングランプリ 決勝
スクーデリア・アルファタウリのHead of Vehicle Performanceを務めるギヨーム・デゾトーが、2022年F1第8戦アゼルバイジャングランプリの決勝を振り返った。

今週末、決勝に向けてハードタイヤを1セットだけ残すという戦略でアゼルバイジャンのレースに挑んだスクーデリア・アルファタウリ。その戦略は2回目のバーチャルセーフティカーが導入されたことで成功しなかったが、それでもピエール・ガスリーは5位でフィニッシュした。

セバスチャン・ベッテル 6位入賞「車はアルピーヌやアルファタウリに匹敵」

2022年6月13日
セバスチャン・ベッテル 6位入賞「車はアルピーヌやアルファタウリに匹敵」 / アストンマーティン F1アゼルバイジャンGP 決勝
セバスチャン・ベッテル(アストンマーティンF1)は、2022年F1第8戦アゼルバイジャングランプリの決勝を6位入賞を果たした。

9番グリッドからミディアムタイヤでのスタートで角田裕毅をパスしたセバスチャン・ベッテルは、1ストップ戦略を採用。エステバン・オコンにオーバーテイクを仕掛けた際にコーナーを曲がり切れずにエスケープに出たことで2つ順位を落としてしまう。

角田裕毅 「今日は6位でフィニッシュしてもおかしくなかった」

2022年6月13日
角田裕毅 「今日は6位でフィニッシュしてもおかしくなかった」 / スクーデリア・アルファタウリ F1アゼルバイジャンGP 決勝
角田裕毅(スクーデリア・アルファタウリ)は、2022年F1第8戦アゼルバイジャングランプリの決勝を13位で終えた。

8番グリッドからミディアムタイヤでスタートした角田裕毅は、スタートで順位を落とすも、ハードタイヤの第2スティントでいくつかオーバーテイクを決めて6番手まで浮上。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム