シャルル・ルクレール 「ターン2の出口でブレーキをリリースして祈った」

2022年6月12日
シャルル・ルクレール 「ターン2の出口でブレーキをリリースして祈った」 / スクーデリア・フェラーリ F1アゼルバイジャンGP 予選
シャルル・ルクレール(スクーデリア・フェラーリ)は、2022年F1第8戦アゼルバイジャングランプリの予選でポールポジションを獲得。最後のラップでは、ターン2の立ち上がりで「ブレーキをリリースして大丈夫であることを祈った」と語った。

シャルル・ルクレールは、アゼルバイジャングランプリで2022年のF1シーズンで6回目、4戦連続となるポールポジションを獲得しました。ポールラップについて、ルクレールは、週末を通して苦労していたターン2でリスクを冒したと語った。

フェルナンド・アロンソ、アルボンの批判をスルー「わざとな訳ない」

2022年6月12日
フェルナンド・アロンソ、アルボンの批判をスルー「わざとな訳ない」 / F1アゼルバイジャンGP 予選
アルピーヌF1のフェルナンド・アロンソは、F1アゼルバイジャンGPの予選Q1で故意にコースオフしてイエローフラッグを出したとするアレクサンダー・アルボンから非難したを一蹴した。

ランス・ストロールのクラッシュで赤旗中断となった後、ドライバーは残り2分30秒でコースに戻り、時間切れで最後のアタックができないという状況を避けようとした。

セルジオ・ペレス 「給油の問題でアタックのシーケンスが狂った」

2022年6月12日
セルジオ・ペレス 「給油の問題でアタックのシーケンスが狂った」 / レッドブル・レーシング F1アゼルバイジャンGP 予選
セルジオ・ペレス(レッドブル・レーシング)は、2022年F1第8戦アゼルバイジャングランプリの予選を2番手で終了。、給油のトラブルの後の「ミスコミニュケーション」でタイムを犠牲にしてしまったと語った。

セルジオ・ペレスは、予選Q3の最後のアタックで大幅にタイムを更新したものの、ポールポジションを獲得したシャルル・ルクレール(フェラーリ)から0.282秒差の2番手で予選を終えた。

マックス・フェルスタッペン 「F1ドライバーのサラリーキャップには反対」

2022年6月12日
マックス・フェルスタッペン 「F1ドライバーのサラリーキャップには反対」 若手ドライバーへの影響も懸念
マックス・フェルスタッペンは、F1ドライバーのサラリーキャップに反対を表明し、若手ドライバーがキャリアの早い段階で投資を呼び込むのを難しくする可能性があると指摘した。

F1では、チームの2人のドライバー全体で3000万ドルの潜在的な給与上限がしばらくの間議論されてきたが、これまでのところ、それを実装することについて合意には達していない。

ジョージ・ラッセル 「今週末は長所と短所が浮き彫りになった」

2022年6月12日
ジョージ・ラッセル 「今週末は長所と短所が浮き彫りになった」 / メルセデス F1アゼルバイジャンGP 予選
ジョージ・ラッセル(メルセデスF1)は、2022年F1第8戦アゼルバイジャングランプリの予選を5番手で終えた。

W13の過度なバウンシングに悩まされ続けているジョージ・ラッセルだが、予選では2強の4台の後ろの5番グリッドを獲得。それでも、トップとのギャップは1.3秒であり、メルセデスF1はW13から真のパフォーマンスを引き出せていないと語った。

ケビン・マグヌッセン 「ボッタスはイエローで減速していなかった」

2022年6月12日
ケビン・マグヌッセン 「ボッタスはイエローで減速していなかった」 / F1アゼルバイジャンGP 予選
ハースF1チームのケビン・マグヌッセンは、2022年F1aero-の予選Q1でバルテリ・ボッタス(アルファロメオ)がイエローフラッグでスローダウンしなかったことを罰せられなかったことに疑念を表明した。

ケビン・マフヌッセンはは、ランス・ストロール(アストンマーティン)のクラッシュで残り2分30秒でセッションが赤旗になった浅井にドロップゾーンにはいなかった。

レッドブルF1代表 「両方のドライバーが車からすべてを引き出した」

2022年6月12日
レッドブルF1代表 「両方のドライバーが車からすべてを引き出した」 / アゼルバイジャングランプリ 予選
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーが、2022年F1第8戦アゼルバイジャングランプリの予選を振り返った。

ポールポジションはフェラーリのシャルル・ルクレールの手に渡ったものの、セルジオ・ペレスは給油の問題によってシークエンスがずれたアタックとなったものの、0.282秒差で2番グリッドを獲得。マックス・フェルスタッペンもペレスから0.065秒差の3番手につけた。

アルファタウリF1 「決勝にはハードを1セットだけキープすることを選択」

2022年6月12日
アルファタウリF1 「決勝にはハードを1セットだけキープすることを選択」 / アゼルバイジャングランプリ 予選
スクーデリア・アルファタウリのHead of Vehicle Performanceを務めるギヨーム・デゾトーが、2022年F1第8戦アゼルバイジャングランプリの予選を振り返った。

週末のスタートから競争力を見せていたスクーデリア・アルファタウリは、2台揃って予選Q3に進出。ピエール・ガスリーが6番手、角田裕毅が8番手でセッションを終えた。

ピエール・ガスリー、6番手にご満悦「メルセデスF1勢に割って入れた」

2022年6月12日
ピエール・ガスリー、6番手にご満悦「メルセデスF1勢に割って入れた」 / スクーデリア・アルファタウリ F1アゼルバイジャングランプリGP 予選
ピエール・ガスリー(スクーデリア・アルファタウリ)は、2022年F1第8戦アゼルバイジャングランプリの予選で6番手タイムをマーク。「今シーズン最高の予選だった」と語った。

スクーデリア・アルファタウリは、バクーでのプラクティスを通して競争力があった。彼らはそのペースを今年の最高の予選に変え、ピエール・ガスリーはチームメイトの角田裕毅に2位差をつけた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム