レッドブルF1代表 「用意していた戦略をお見せできなかったのは残念」

2022年6月13日
レッドブルF1代表 「用意していた戦略をお見せできなかったのは残念」 / アゼルバイジャングランプリ 決勝
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーが、2022年F1第8戦アゼルバイジャングランプリの決勝を振り返った。

アゼルバイジャングランプリはフェラーリのシャルル・ルクレールとカルロス・サインツが共にテクニカルトラブルでリタイアを強いられた一方、マックス・フェルスタッペンが見事にレースをコントロールして優勝を飾り、チームメイトのセルジオ・ペレスを従えてレッドブル・レーシングにシーズン3回目となる1-2フィニッシュをプレゼントした。3位にはジョージ・ラッセル(メルセデス)が入った。

ピエール・ガスリー、5位入賞「本当に信じられないような展開だった」

2022年6月13日
ピエール・ガスリー、5位入賞「本当に信じられないような展開だった」 / スクーデリア・アルファアウリ F1アゼルバイジャンGP 決勝
ピエール・ガスリー(スクーデリア・アルファアウリ)は、2022年F1第8戦アゼルバイジャングランプリで5位入賞を果たした。

5番グリッドからミディアムでスタートしたピエール・ガスリーは、順位をキープしてレースを進め、8周目の1回目のバーチャルセーフティカー期間にハードタイヤに交換。フェラーリ勢のリタイアによって一時は4番手まで順位を上げる。

シャルル・ルクレール、困惑のエンジン故障「3戦連続の失望」

2022年6月13日
シャルル・ルクレール、困惑のエンジン故障「3戦連続の失望」 / スクーデリア・フェラーリ F1アゼルバイジャンGP 決勝
シャルル・ルクレール(スクーデリア・フェラーリ)は、2022年F1第8戦アゼルバイジャングランプリをエンジン故障によってリタイア。3レースで2回目となるリタイアに公枠下。

アゼルバイジャンでシャルル・ルクレールは、4戦連続となる今季6回目ノポールポジションを獲得したが、スタートでセルジオ・ペレス(レッドブル)にリードを奪われた。

ルイス・ハミルトン、背中の激痛に耐え4位「レースが終わることを祈った」

2022年6月13日
ルイス・ハミルトン、背中の激痛に耐え4位「レースが終わることを祈った」 / メルセデス F1アゼルバイジャンGP 決勝
ルイス・ハミルトン(メルセデスF1)は、2022年F1第8戦アゼルバイジャングランプリを4位でフィニッシュ。51周のレース中に車のバウンシングによる背中の激痛に耐えて「終わることを祈っていた」と振り返った。

メルセデスF1は、バクーで目覚ましい結果を出し、ジョージ・ラッセルが3位表彰台、ルイス・ハミルトンがは4位でチェッカーを受けた。

セルジオ・ペレス 「チームの『戦うな』という指示は正しかった」

2022年6月13日
セルジオ・ペレス 「チームの『戦うな』という指示は正しかった」 / レッドブル・レーシング F1アゼルバイジャンGP 決勝
セルジオ・ペレス(レッドブル・レーシング)は、2022年F1第8戦アゼルバイジャングランプリで2位表彰台を獲得。レース序盤、チームからマックス・フェルスタッペンと『戦うな』というオーダーが出たのは「正しかった」と振り返った。

セルジオ・ペレスは、2戦連続でレッドブル・レーシングのチームメイトであるマックス・フェルスタッペンをアウトクオリファイし、アゼルバイジャンのグリッドで彼の前の2番グリッドからスタートし、モナコでの勝利後に連勝を収めるチャンスがあった。

マックス・フェルスタッペン 「ルクレールがリタイアしなくても勝っていた」

2022年6月13日
マックス・フェルスタッペン 「ルクレールがリタイアしなくても勝っていた」 / F1アゼルバイジャンGP 決勝
F1アゼルバイジャンGPのウィナーであるマックス・フェルスタッペン(レッドブル・レーシング)は、シャルル・ルクレール(フェラーリ)がパワーユニット故障に見舞われていなくても、捕えることができたと語る。

ポールポジションからスタートしたシャルル・ルクレールは、スタートでセルジオ・ペレスにリードを奪われた後、チームメイトのカルロス・サインツJr.のリタイアによるバーチャルセーフティカーを利用して“フリー”のピットストップを実施。レッドブル・レーシングの2台がピットストップを行った後、トップに返り咲いた。

【動画】 2022年 F1アゼルバイジャンGP 決勝 ハイライト

2022年6月13日
【動画】 2022年 F1アゼルバイジャンGP 決勝 ハイライト
2022年 F1アゼルバイジャンGP 決勝のハイライト動画。6月12日(日)にバクー・シティ・サーキットで2022年F1第8戦アゼルバイジャングランプリの決勝レースが行われた。

優勝はレッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペン。今季5勝目、通算25勝目をマーク。セルジオ・ペレスも2位に続いてレッドブル・レーシングが1-2フィニッシュ。

2022年 F1ポイントランキング (第8戦アゼルバイジャンGP終了時点)

2022年6月12日
2022年 F1ポイントランキング (第8戦アゼルバイジャンGP終了時点)
2022年F1第8戦アゼルバイジャングランプリが終了。マックス・フェルスタッペンとレッドブル・レーシングが両方のチャンピオンシップでリードを広げた。

レースは、スクーデリア・フェラーリの2台揃ってリタイア。マックス・フェルスタッペンが優勝、セルジオ・ペレスが2位に続き、レッドブル・レーシングが1-2フィニッシュを達成。

フェルスタッペン今季5勝目&ペレス2位でレッドブルF1が1-2!

2022年6月12日
フェルスタッペン今季5勝目&ペレス2位でレッドブルF1が1-2! フェラーリはダブルリタイア / F1アゼルバイジャンGP 決勝
2022年F1第8戦アゼルバイジャングランプリの決勝が6月12日(日)にバクー・シティ・サーキットで行われ、レッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペンが優勝した。

気温25度、路面温度44度のドライコンディションで現地時間15時から51周のアゼルバイジャングランプリはスタート。2番グリッドのセルジオ・ペレス(レッドブル・レーシング)が1コーナーを制して先頭で序盤のレースを引っ張る。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム