F1アゼルバイジャンGPの2022年06月のF1情報を一覧表示します。

ルイス・ハミルトン、背中痛で「10秒の脱出時間を満たせなかったと思う」

2022年6月18日
メルセデスF1のルイス・ハミルトン、背中痛で「10秒の脱出時間を満たせなかったと思う」
メルセデスF1のルイス・ハミルトンは、背中の痛みがひどかったので、アゼルバイジャングランプリで自分の車から脱出するために必要な時間を満たせなかっただろうと語る。

ルイス・ハミルトンは、メルセデスF1が極端な高速域でのはウンシングに見舞われたバクーでのレースの後、車から降りるのに苦戦していた。

フェラーリF1首脳 「シミュレーションではルクレールが勝利を収めていた」

2022年6月17日
フェラーリF1首脳 「シミュレーションではルクレールが勝利を収めていた」
スクーデリア・フェラーリのイニャキ・ルエダは、レース戦略責任者であるイニャキ・ルエダは、チームのシミュレーションはエンジン故障がなければ、シャルル・ルクレールがアゼルバイジャンで快適な勝利を収めていたことを示していると述べた。

シャルル・ルクレールは、バーチャルセーフティカー(VSC)中の9周目にピットイン。両方のレッドブル・レーシングの両方のドライバーが、ミディアムタイヤで通常の長さのスティントを走行してピットインした後、レースをリードした。

メルセデスF1 「ポーパシング解消で隠れていたバウンシングが強調」

2022年6月16日
メルセデスF1 「ポーパシング解消で隠れていたバウンシングが強調」
メルセデスF1は、アゼルバイジャングランプリでチームがW13のバウンシングの問題を軽減するために試した実験的なセットアップによってドライバーが「重大な不快感」を感じることになったと述べた。

先月のバルセロナで、メルセデスF1は、2022年F1マシンに影響を与えるポーポイズ問題の理解が進んだと述べ、問題は制御されていると述べていた。

デイモン・ヒル、狡猾なアロンソを称賛「古いトリックの使い手」

2022年6月15日
F1:デイモン・ヒル、狡猾なアロンソを称賛「古いトリックの使い手」
元F1ワールドチャンピオンのデイモン・ヒルは、アレクサンダー・アルボンが予選中に故意にトラックを離れたと非難した件について、フェルナンド・アロンソはバクーで「古いトリックに取り込んだ」と語り、そのずる賢さを称賛した。

F1アゼルバイジャンGPの予選Q1の赤旗後の2分30秒のリスタートで、フェルナンド・アロンソはカットアウトライン上にいるドライバーの前で低速で走行し、ターン5でコースオフしてイエローフラッグを出した。

レッドブルF1代表、『戦うな』の指示は「厳密にはチームオーダーではない」

2022年6月14日
レッドブルF1代表、『戦うな』の指示は「厳密にはチームオーダーではない」 
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、アゼルバイジャングランプリでの『戦うな』という指示は“厳密には”チームオーダーではないと語り、2人のドライバーのペース差が“大きかった”と説明した。

セルジオ・ペレスはスタートでシャルル・ルクレールからリードを奪い、マックス・フェルスタッペンは、ルクレールがバーチャル・セーフティカーの下にピットインしたときに2番につけた。

フェルスタッペン、ルクレールのDNFに同情せず「そういう事もある」

2022年6月14日
マックス・フェルスタッペン、ルクレールのDNFに同情せず「そういう事もある」 / F1アゼルバイジャンGP
マックス・フェルスタッペンは、F1アゼルバイジャングランプリでシャルル・ルクレールがリタイアしたことについて「そういう事もある」もあるとほとんど同情していないことを示した。

シャルル・ルクレールは、パワーユニットの問題でレースからリタイアすることを余儀なくされたとき、レースをリードしていた。

角田裕毅、DRS故障でのピットインは「エンジンの問題だと思った」

2022年6月14日
角田裕毅、DRS故障でのピットインは「エンジンの問題だと思った」 / スクーデリア・アルファタウリ F1アゼルバイジャンGP
角田裕毅(スクーデリア・アルファタウリ)は、2022年F1第8戦アゼルバイジャングランプリでDRSフラップの故障でピットインを指示されたとき、何も知らされていなかったことで「エンジンに問題があると思った」と語った。

角田裕毅は6番手でレース終盤を迎えていたが、DRSが壊れて片側しか作動しなくなってしまったことで角田裕毅もピエール・ガスリーに次ぐ6番手でレース終盤を迎えていたが、DRSが片側しか作動しなくなってしまったことでブラック&オレンジフラッグを掲示されてポイント争いから脱落。

ニコラス・ラティフィ 「グリッド侵害で10秒ペナルティは厳しすぎる」

2022年6月14日
ニコラス・ラティフィ 「グリッド侵害で10秒ペナルティは厳しすぎる」 / ウィリアムズ F1アゼルバイジャンGP 決勝
ウィリアムズF1のニコラス・ラティフィは、2022年F1第8戦アゼルバイジャングランプリで科された10秒のストップ&ゴー ペナルティに不満を露わにしている。

ニコラス・ラティフィは、アゼルバイジャングランプリのグリッドボックスをわずかにオーバーシュート。ウィリアムズF1のクルーは、新設にも彼を元の位置に戻した。問題は、すべての人員がグリッドを離れることを要求された後に彼がそれを行ったことだ。

角田裕毅のリアウイングの“ガムテープ修理”に驚きと歓喜の声

2022年6月14日
角田裕毅のリアウイングの“ガムテープ修理”に驚きと歓喜の声 / F1アゼルバイジャンGP 決勝
スクーデリア・アルファタウリが角田裕毅のF1マシンのリアウイングをガムテープ(正しくはより粘着性の高いダクトテープ)で修理したシーンがソーシャルメディアで話題となっている。

F1アゼルバイジャンGPの決勝で、角田裕毅は6番手を走行中にリアウイングのDRSのフラップが破損するというトラブルに見舞われた。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 9 | 10 | 11 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム