メルセデスF1 「ポーパシング解消で隠れていたバウンシングが強調」
メルセデスF1は、アゼルバイジャングランプリでチームがW13のバウンシングの問題を軽減するために試した実験的なセットアップによってドライバーが「重大な不快感」を感じることになったと述べた。

先月のバルセロナで、メルセデスF1は、2022年F1マシンに影響を与えるポーポイズ問題の理解が進んだと述べ、問題は制御されていると述べていた。

しかし、モナコ、特に先週末のバクーは苦境が前面に押し出される形となり、ルイス・ハミルトンはアゼルバイジャンで車の硬くて不快な乗り心地に苦しみ、レース後、激しい背中の痛みによってコックピットから降りるのに苦労するほどだった。

メルセデスF1のチーフストラテジストを務めるジェームス・ボウルズは、チームのアゼルバイジャングランプリのYouTubeでの動画で「ルイスが今朝ここにいることを報告できることをうれしく思う」と語った。

「私は彼と数時間を過ごした。彼は大丈夫だ。彼はモントリオールの車に戻ってくる」

「彼は彼自身と車の持久力の限界を押し上げるエリートアスリートだそれがF1ドライバーが行うことであり、彼らを並外れたものにしている」

メルセデスは、慢性的なポーポイズ問題をしっかりと把握するために、バクーでセットアップを実験した。しかし、ジェームス・ボウルズは、このアプローチが週末にルイス・ハミルトンとチームメイトのジョージ・ラッセルが耐えることになった試練に貢献したことを認めた。

「この機会に、我々はパッケージとドライバーをプッシュすぎてしまった。我々は彼らをかなりの不快感に晒した。それを再び行うことはできない」

ルイス・ハミルトンの肉体的苦痛は、背中にしびれを引き起こた。それは放射状に広がり、暖かい周囲温度にもかかわらず彼のシートが「冷たい」という奇妙な印象を与えた。

「ルイスと数分間過ごして、実際に何が起こったのかを彼に尋ねた」とジェームス・ボウルズは説明しました。

「車の中は実際には何も変わっていない。バウンシングが背中を殴る量によって、基本的に彼はしびれを感じた。冷たさはそれに反応したようだ」

「車の中には何も冷たいものはなかった。それは彼がレースで経験した持久力と痛みの量への反応に過ぎない」

「我々のドライバーだけが苦しんでいるわけではない。メディアには、同じように不快感と痛みを感じている多くのドライバーからのコメントがたくさん寄せられた」

「そして今、我々には、これを続けないようにする責任がある」

ジェームス・ボウルズは、ポーパシング、バウンシング、ボトミングの違いを説明。ポーパシングはバルセロナでW13からほぼ解消されたが、他の2つの効果は、会場によって強度が変化して持続している。

「バルセロナでは、車は安定していて頑丈で、車高を下げることができた。それが鍵だ」とジェームス・ボウルズは語った。

「我々は、空力的にそれをより多く使用できるパッケージを作成することができた。セットアップを使用して、車高が生成するパフォーマンスという観点から車を下げることができた」

「今、モナコとバクーに来て、残念ながら、最初の問題によって隠されていた2番目の問題が明らかになった」

「我々はポーポイズの面で一歩前進したが、バウンシングは非常にはっきりしており、外見はほとんど同じに見えるが、2つの間に微妙な違いがある」

「今起こっていることは、最初の問題を修正した結果、車が低くなっているが、今ではデッキにかなり強く当たっており、それがバウンシングを引き起こしている」

「繰り返しになりますが、車を低くしてパフォーマンスを引き出すようにしているが、問題は大きく異なる。トラックがでバンピーなほど、その入力がバクーで見たような効果を発生させていることは明らかだ」

「明らかなことは、我々が前線で戦うために必要なすべてを学ぶために、我々の前にはまだ長い旅があるということだ」

「しかし、おそらくもっと重要なことは、前進するにつれてコース毎にパフォーマンスの変動が見られることだろう。確かに、カナダは我々の車のパフォーマンスの点でシルバーストンとは大きく異なるだろう」

メルセデスAMG・ペトロナス・モータースポーツ ポーポイズ現象

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / F1アゼルバイジャンGP