メルセデスF1のルイス・ハミルトン、背中痛で「10秒の脱出時間を満たせなかったと思う」
メルセデスF1のルイス・ハミルトンは、背中の痛みがひどかったので、アゼルバイジャングランプリで自分の車から脱出するために必要な時間を満たせなかっただろうと語る。

ルイス・ハミルトンは、メルセデスF1が極端な高速域でのはウンシングに見舞われたバクーでのレースの後、車から降りるのに苦戦していた。

レース後、ルイス・ハミルトンは、バクーでの最後のスイープで車を壁から遠ざけることに苦労したと述べ、F1キャリアの中で「最も過酷」なレースだったと表現した。

ルイス・ハイルトンは、背中の不快感が彼のフィニッシュを妨げるか、車をクラッシュさせるか可能性があったとし、車から脱出しなければならない10秒の時間を満たせるかどうか本当に心配していると言語った。

バクーで、義務付けられた10秒の脱出時間を満たすことができたかと思うかと質問されたルイス・ハミルトンは
「そうは思わない」とルイス・ハミルトンは語った。

「当時はとてつもなく辛かったので、出られたことに感謝している。皆さんが思っているほどのスピードではなかった」

ルイス・ハミルトンは、メルセデスF1のポーパシング問題を解決するためにより多くのセットアップ実験を行っているが、短期的に問題を軽減するためにこれ以上のことはできないことを懸念している。

「前回のレースとそれ以前のレースで車高を上げたけど、それでもバウンシングしている」とルイス・ハミルトンは語った。

「ポーポイズ現象は、車の下の流れの構造に関するものだ。そのため、ほとんどのシーズンで車を非常に高く走らせている。少し低くすることができるようになったのはバルセロナで、高速コーナーを除いて、初めてバウンドシングがなかった」

「モナコとバクーで、バンプに対処するために車高を上げたときでさえ、まだバウンシングしている」

「実際、これ以上高くすることはできない。現在、リアサスペンションに制限されている」

ルイスハミルトンは、バクーでの最悪のバンプで10Gの力に苦しんでいると語った。

37歳のルイス・ハミルトンは、週末のレース後、回復するのに一週間かかるだろうとし、それは彼の年齢ではなく、打撲傷の重症度のためだと主張していた。

彼は、他のドライバーと同様に、これらの車が将来ドライバーの体に与える可能性のある影響を心配しており、長期的な怪我をするようなものであってはいけないと強調した。

また、ルイス・ハミルトンが現在「かなり」の頭痛に苦しんでいるがが、鎮痛剤で抑えているだけだとした。

これが2023年末までとなっているメルセデスF1と新しい契約にサインしたいかどうかに影響を与えるかと質問されたルイス・ハミルトンは「まあ、少なくとも来年の終わりまでにこれを修正するだろうと想像できる」と語った。

「それは僕がより長くレースをすることを思いとどまらせるようなものにはならないないことを願っている。でも…時間だけがわかるだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス / F1アゼルバイジャンGP