フェラーリF1首脳 「シミュレーションではルクレールが勝利を収めていた」
スクーデリア・フェラーリのイニャキ・ルエダは、レース戦略責任者であるイニャキ・ルエダは、チームのシミュレーションはエンジン故障がなければ、シャルル・ルクレールがアゼルバイジャンで快適な勝利を収めていたことを示していると述べた。

シャルル・ルクレールは、バーチャルセーフティカー(VSC)中の9周目にピットイン。両方のレッドブル・レーシングの両方のドライバーが、ミディアムタイヤで通常の長さのスティントを走行してピットインした後、レースをリードした。

バクーでは1ステップが最速の戦略であり、シャルル・ルクレールは快適にリードを築いていたが、チェッカーフラッグに到達するためによりフレッシュなタイヤを持っていたマックス・フェルスタッペンとセルジオ・ペレスの追撃をかわす必要があるように見えた。

だが、20周目にシャルル・レクレールのパワーユニットが故障。レッドブルは快適な1-2フィニッシュを果たした。

ファンは、スクーデリア・フェラーリの戦略的ギャンブルがレッドブルに対して報われたかどうかを確認する機会を奪われたが、イニャキ・ルエダは、すべてがシャルル・ルクレールの勝利に向けて準備ができているように見えたと説明した。

「シャルルのレースは異なっていた。彼はペレスとリードを争っていた。そして、ペレスは彼のギアボックスにフェルスタッペンが迫っていた」とイキャニ・ルエダはアゼルバイジャンのフェラーリのでデブリーフで説明した。

「フェルスタッペンはシャルルのDRS圏内にたどり着いた。これは我々が後半に取り組んでいたことだ。レッドブルとのそのような小さなマージンでは、DRSのオーバーテイクが勝敗を決めた」

「バクーでは、別のリアウィングを使用して戦略に取り組んだ。重要なのは、カルロス(サインツJr,)が油圧問題でストップしたとき、バーチャルセーフティカーができる可能性が非常に高いことに気づき、準備を整えたことだ」

「レースディレクションがVSCを展開する必要があると考えた場合に備えて、シャルルがピットインする準備を進めた。VSCでのピットストップは通常のピットストップよりも約10秒短いため、これは我々のレースにとって非常に重要だった」

「このため、シャルルは両方のレッドブルズよりもはるかに少ないペナルティでレースの彼の唯一のピットストップを行うことができた。VSC期間の後、シャルルはハードタイヤで最後まで行くために出発した」

「レッドブルはミディアムタイヤで可能な限り長く走ろうとしたが、かなりドロップしていた。ミディアムタイヤはかなり劣化していて、ペレスはシャルルに対してオグセットを築くために、どんどん長く走ろうとして多くのタイムを失っていた。残念ながら、ハードタイヤで11周した後、シャルルはパワーユニットの故障に見舞われ、これが我々のレースを短くした」

「我々のシミュレーションは、もう1つのVSC期間がなかったら、シャルルはフェルスタッペンとのレースに快適に勝ったであろうことを示している」

最近の結果によって、レッドブルは、コンストラクターズチャンピオンシップでスクーデリア・フェラーリに80ポイント差をつけたが、イニャキ・ルエダはスクーデリア・フェラーリがアゼルバイジャンからのポジティブなことに固執していると語った。

「必要なポイント数を獲得できなかったことに失望してバクーから戻ってきた」とイニャキ・ルエダは説明した。

「しかし、我々はいくつかのポジティブな点を得た。予選とレースで非常に強力なパフォーマンスの車を持っている。我々はあらゆる可能なシナリオで戦うことができる」

「我々の信頼性は弱点だ。我々はこれを認識しており、将来的にこれに対処する予定だ。我々の野心はまだ高く、我々の目標は変わっていない」



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ / シャルル・ルクレール / F1アゼルバイジャンGP