F1:デイモン・ヒル、狡猾なアロンソを称賛「古いトリックの使い手」
元F1ワールドチャンピオンのデイモン・ヒルは、アレクサンダー・アルボンが予選中に故意にトラックを離れたと非難した件について、フェルナンド・アロンソはバクーで「古いトリックに取り込んだ」と語り、そのずる賢さを称賛した。

F1アゼルバイジャンGPの予選Q1の赤旗後の2分30秒のリスタートで、フェルナンド・アロンソはカットアウトライン上にいるドライバーの前で低速で走行し、ターン5でコースオフしてイエローフラッグを出した。

その結果、タイムを更新する機会を失ってQ1で敗退したアレクサンサー・アルボンは、無線で激怒し、スチュワードにペナルティを科すようアピール。フェルナンド・アロンソのコースアウトは「馬鹿げている」とし、その意図は「非常に明白だ」と非難した。

フェルナンド・アロンソは過去に自分にも同様のことが起こったと主張して故意であることを否定し、代わりに予選フォーマットの変更を提案したが、結果としてQ2に進出したことが利益をもたらしたことは間違いない。

デイモン・ヒルは、フェルナンド・アロンソが自分が何をしているか正確に分かってトラックを離れたと示唆した。

「私は彼が好きだ。彼はとても狡猾だ」とデイモン・ヒルはF1 Nationのポッドキャストで語った。

「アレックス・アルボンは、彼を信じられないほど賢い男と呼んだ。彼は予選でゲームに取り組んだからだ」

「彼は間違いなく彼の古いトリックに取り組んでいた。だが、我々はトリックスターをこっそりと賞賛することはできない。どういうわけか自分の利益のためにあらゆることをプレイすることができる男であり、彼は少し生意気な笑顔でそれを行う」

「そして、彼はパフォーマンスを発揮する。彼が厄介者ではないし、配達を出していないわけではない。彼は結果を出している。彼はアルピーンのために結果を出している。私なら彼を外に置いておくよりも自分んおチームに入れて、同じことをさせたい」

フェルナンド・アロンソは、マックス・フェルスタッペンのような誰かのセカンドフィドルをプレーすることを意味することになっても、トップチームへ移籍することを厭わない提案したが、年齢を考えると、それが実現する可能性は低いと考えられている。

しかし、デイモン・ヒルは、7月に41歳の誕生日が近づいているフェルナンド・アロンソンに減速の兆候は見られないと語る。

「倦怠感は始まっていないようですよね? または熱意の欠如もない。彼に今、フロントエンドにもう一つのチャンスがあると言えば、彼はそれに飛びつき、彼はそこにいて、おそらく勝つだろう」

「だから、問題はトップチームに関してだ、彼はどれくらいの間そこにいるつもりか? そして、彼が始めたら、どれだけの大虐殺があるか? 彼はそうする傾向があるが、どれくらい会社の運営とその政治に関与するだろうか?」

「彼が最初の年齢(スティント)でマクラーレンにいたとき、そして、またフェラーリにいたとき、彼は間違いなく度を超えていた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェルナンド・アロンソ / F1アゼルバイジャンGP / アルピーヌ